毎月1万円から始める確定拠出年金(iDeCo)

2017年1月より、会社員を含む全ての成人が確定拠出年金(iDeCo)に加入できるようになります。 掛け金は自営業者の最大68,000円には劣るものの、

  • 老後の年金の備えとして
  • 全額所得控除を利用した節税策として

といった用途から、今後注目度を増してくるはずです。

確定拠出年金で選択できる商品には、元本保証の定期預金とリスク資産の投資信託があります。 前者は説明不要でしょうが、後者は投資信託の運用経験がないと商品選びをなかなか難しく感じるはずです。

そこで本カテゴリでは確定拠出年金の加入や商品選びについて紹介していきます。

2017年以降、筆者は確定拠出年金を利用します。 もちろん投資信託メインのリスクをとった運用をするので、その過程もこちらで紹介していきたいです。

公開:2016年11月05日 最終更新:2017年01月21日

コンテンツリスト

確定拠出年金(iDeCo)はSBI証券で始めます。あなたはまだ始めないの?

確定拠出年金(iDeCo)はSBI証券で始めます。あなたはまだ始めないの?

[確定拠出年金]

確定拠出年金(iDeCo)はSBI証券で始めます。あなたはまだ始めないの?

最強の節税制度「確定拠出年金(iDeCo)」。2017年1月から全ての人が加入できます。筆者はSBI証券で始めようとしていますが、あなたはもう始めましたか?

確定拠出年金(iDeCo)を利用した初めての少額資産運用

確定拠出年金(iDeCo)を利用した初めての少額資産運用

[確定拠出年金]

確定拠出年金(iDeCo)を利用した初めての少額資産運用

主に投資信託について意識しながら、確定拠出年金で選べる商品のジャンルをさっくりと紹介します

SBI証券での確定拠出年金(iDeCo)の運用の始め方

SBI証券での確定拠出年金(iDeCo)の運用の始め方

[確定拠出年金]

SBI証券での確定拠出年金(iDeCo)の運用の始め方

SBI証券での確定拠出年金の始め方を紹介。同社を利用するなら投資信託を積極的に選びたいところです

計算ツールを利用した確定拠出年金向け投資信託の選び方

計算ツールを利用した確定拠出年金向け投資信託の選び方

[確定拠出年金]

計算ツールを利用した確定拠出年金向け投資信託の選び方

投資信託用の計算ツール「投信アシスト」を利用して、確定拠出年金向け投資信託の商品性をチェックする方法を紹介します

ターゲットイヤーファンドとは?運用お任せのお手軽商品!

ターゲットイヤーファンドとは?運用お任せのお手軽商品!

[確定拠出年金]

ターゲットイヤーファンドとは?運用お任せのお手軽商品!

ターゲットイヤーファンドは将来のある年(ターゲットイヤー)に向かって、リスク選好から安定運用へと、運用方針を変更していく投資信託です

元本変動商品(投資信託)の運用で手間がかかること

元本変動商品(投資信託)の運用で手間がかかること

[確定拠出年金]

元本変動商品(投資信託)の運用で手間がかかること

複数の元本変動商品(投資信託)を保有すると、定期的なメンテナンスが必要です。当初決めた運用方針と、その後の商品の保有比率がずれてしまう場合があるからです

バランスファンドとは?簡単に分散投資を実現する方法

バランスファンドとは?簡単に分散投資を実現する方法

[確定拠出年金]

バランスファンドとは?簡単に分散投資を実現する方法

複数の元本変動商品(投資信託)を保有すると、定期的なメンテナンスが必要です。当初決めた運用方針と、その後の商品の保有比率がずれてしまう場合があるからです

楽天証券確定拠出年金プラン(iDeCo)概要とSBI証券との比較

楽天証券確定拠出年金プラン(iDeCo)概要とSBI証券との比較

[確定拠出年金]

楽天証券確定拠出年金プラン(iDeCo)概要とSBI証券との比較

楽天証券の確定拠出年金プランは、SBI証券同様に低コストで運用できる商品が揃っています。あなたが投資信託を中心に選択したい時に利用できます

SBI証券確定拠出年金プラン(iDeCo)の投資信託組み合わせ例

SBI証券確定拠出年金プラン(iDeCo)の投資信託組み合わせ例

[確定拠出年金]

SBI証券確定拠出年金プラン(iDeCo)の投資信託組み合わせ例

既存の投資信託を参考に、確定拠出年金での投資信託組み合わせ例を考えます。商品はSBI証券のiDeCoで選択できるものを例示しています

確定拠出年金(iDeCo)を通じて何に投資している?

確定拠出年金(iDeCo)を通じて何に投資している?

[確定拠出年金]

確定拠出年金(iDeCo)を通じて何に投資している?

既存の投資信託を参考に、確定拠出年金での投資信託組み合わせ例を考えます。商品はSBI証券のiDeCoで選択できるものを例示しています

上に戻る

広告

広告

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。