公開:2017年02月15日 最終更新:2017年02月17日

SBI証券確定拠出年金プラン(iDeCo)の投資信託組み合わせ例

あなたが確定拠出年金(iDeCo)を始めるにあたって「どの投資信託をどのように組み合わせればよいか」とお悩みではありませんか。

投資信託の運用経験が無いと難しいですよね。

そこで、現在運用中のバランス型投資信託を参考に、5つの組み合わせ例を紹介します。いずれもプロが決めた配分を模倣しています

  1. JP4資産バランスファンド模倣例
  2. JP4資産バランスファンド模倣から日本比率を下げたもの
  3. 世界経済インデックスファンド模倣例
  4. 債券バランス(2資産均等型)模倣例
  5. DC年金バランスゼロ模倣例

なお、本記事では6つの投資信託だけで考えています。

  • DC日本株式インデックスファンドS
  • DCニッセイ外国株式インデックス
  • 三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド
  • 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
  • DC外国債券インデックスファンド
  • 三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド

あなたがバランスファンドに頼らずに、SBI証券の確定拠出年金プランを利用するなら、この6本を知っていれば十分だと筆者は思います。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

[広告]

組み合わせの考え方と計算条件

あなたの「何にどう投資すれば良いのか」という悩みに答えるべく、いくつかの組み合わせ例を考えてみました。SBI証券確定拠出年金プランで選択できる商品を基準にしています。

ただ、筆者が適当に組み合わせても説得力がなさそうなので、実在する投資信託の配分を参考にしました。「同じような投資信託が運用されている」と考えれば、「ちょっと真似てみようかな」と思いませんか。

なぜ組み合わせるのか

あなたにあった資産運用を行うためです。

例えば、日本債券はローリスクローリターン、海外株式はハイリスクハイリターンの商品として知られます。この中間的な特性の商品を作るためには、この2種を50%ずつ保有すれば実現できますよね。

私たちの資産運用は分散投資を基本とするのが良いです。集中投資は大きく儲かる可能性がある一方で、大きく損を出す可能性もあります。だから、異なるロジックで値動きする商品を組み合わせることで、大きく損を出す可能性を減らすのです。

計算条件

計算の用いたパフォーマンスは個人投資家向けに情報を公開する「myINDEX」が公表する1997年~2017年までの20年間のものを利用します。また、将来シミュレーションは計算ツールを利用した確定拠出年金向け投資信託の選び方で紹介した投信アシストを利用しています。

積み立ては毎月1.5万円を30年間です。

リスクとリターンの説明

計算で得られるのは過去のリスクリターンです。

リターンとは平均的な年間利回り、リスクはリターンの触れ幅で、標準偏差の1シグマの範囲を示します。例えばリスク10.0%、リターン4.4%なら、1年間の期待収益は約68%の確率で利回り4.4% ± 10%と考えます。

以下で示すリスクリターンは投資信託がベンチマークにする指数の成績です。投資信託そのものの成績ではないことにご留意ください。

また、この計算結果は2017年2月15日時点で公表されている過去のパフォーマンスに基づきます。将来の運用成果を示したり保証したりするものではありません。

積極的なリターンを目指す場合

JP4資産バランスファンド模倣例

JP4資産バランスファンド模倣例

図1. JP4資産バランスファンド模倣例

計算ツールを利用した確定拠出年金向け投資信託の選び方でも紹介した4資産均等配分です。日本を含む先進国の国債と株式に25%ずつ均等投資します。これに近い商品にJP4資産バランスファンド(ゆうちょで買える投資信託)があります。

  • 25%・・・DC日本株式インデックスファンドS
  • 25%・・・DCニッセイ外国株式インデックス
  • 25%・・・三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
  • 25%・・・DC外国債券インデックスファンド

リスクは10.0%、リターン4.4%です(表1)。リターンに対してリスクが高かったため、同じ状況が続くならば、相場がさえないケースで元本が割れる可能性があります。

表1. 4資産均等投資(各25%)の将来シミュレーション(1.5万円 × 30年)

リスク 10.0%
リターン 4.4%
30年間の積立額 540万円(月額1.5万円)
30年後の運用損益
(かなり悪いケース)
513万円(-27万円)
30年後の運用損益
(平均)
1,105万円(+565万円)
30年後の運用損益
(かなり良いケース)
1,689万円(+1,158万円)

この組み合わせが向いている人は?

積極的な運用で、かつわかりやすさを重視したいあなたにおすすめできます。あなたが他に現預金を持っていると考えると、すこし日本びいきな組み合わせです。

JP4資産バランスファンド模倣から日本比率を下げたもの

4資産均等配分から日本比率を下げたもの

図2. 4資産均等配分から日本比率を下げたもの

4資産均等配分から日本比率を引き下げた例を考えます。株主優待株を買っており、日本への投資比率が低く抑えたい場合です。

  • 10%・・・DC日本株式インデックスファンドS
  • 40%・・・DCニッセイ外国株式インデックス
  • 10%・・・三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
  • 40%・・・DC外国債券インデックスファンド

リスクは12.0%、リターン5.3%です(表2)。過去の実績に基づく限り、4資産均等配分よりも効率的に運用できています。

表2. 4資産均等配分から日本比率を下げた将来シミュレーション(1.5万円 × 30年)

リスク 12.0%
リターン 5.3%
30年間の積立額 540万円(月額1.5万円)
30年後の運用損益
(かなり悪いケース)
584万円(+44万円)
30年後の運用損益
(平均)
1,295万円(+755万円)
30年後の運用損益
(かなり良いケース)
2,007万円(+1,467万円)

この組み合わせが向いている人は?

あなたが20代や30代で、現在毎月安定的に収入を得ているならおすすめします。個人的には今回の5つの中で一番好きです。

世界経済インデックスファンド模倣例

世界経済インデックスファンド模倣例

図3. 世界経済インデックスファンド模倣例

有名な投資信託である世界経済インデックスファンドの模倣例です。日本比率が少ない代わりに新興国株式と新興国債券を17.5%ずつ加えています。

  • 5%・・・DC日本株式インデックスファンドS
  • 27.5%・・・DCニッセイ外国株式インデックス
  • 17.5%・・・三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド
  • 5%・・・三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
  • 27.5%・・・DC外国債券インデックスファンド
  • 17.5%・・・三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド

この組み合わせのリスクは14.1%、リターン6.2%です(表3)。

表3. 世界経済インデックスファンド模倣の将来シミュレーション(1.5万円 × 30年)

リスク 14.1%
リターン 6.2%
30年間の積立額 540万円(月額1.5万円)
30年後の運用損益
(かなり悪いケース)
687万円(147万円)
30年後の運用損益
(平均)
1,523万円(+983万円)
30年後の運用損益
(かなり良いケース)
2,359万円(+1,819万円)

この組み合わせが向いている人は?

あなたが積極的にリターンを狙いたいときにおすすめできる組み合わせです。新興国が加わるとハイリスクハイリターンな運用になります。

安定運用を目指す場合

債券バランス(2資産均等型)模倣例

債券バランス(2資産均等型)模倣例

図4. 世界経済インデックスファンド模倣例

三菱UFJ国際投信のeMAXIS 債券バランス(2資産均等型)の模倣例です。50%を国内債券、50%を先進国債券に投資します。

  • 50%・・・三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
  • 50%・・・DC外国債券インデックスファンド

この組み合わせのリスクは5.6%、リターン3.5%です(表4)。

表4. 2資産均等模倣の将来シミュレーション(1.5万円 × 30年)

リスク 3.5%
リターン 5.6%
30年間の積立額 540万円(月額1.5万円)
30年後の運用損益
(かなり悪いケース)
615万円(+75万円)
30年後の運用損益
(平均)
947万円(+407万円)
30年後の運用損益
(かなり良いケース)
1,279万円(+739万円)

この組み合わせが向いている人は?

あなたが貯金等と併用しながら、保守的にお金を増やしたいときにおすすめできます。

リターンが低いため将来の資産も少なく算出されます。元本は大きく割れにくい一方で、老後資金としては少し足りないかもしれません。

DC年金バランスゼロ模倣例

DC年金バランスゼロ模倣例

図5. DC年金バランスゼロ模倣例

三井住友アセットマネジメントのDC年金バランスゼロの模倣例です。2資産均等型よりも保守的で、80%を国内債券、20%を先進国債券に投資します。

  • 80%・・・三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)
  • 20%・・・DC外国債券インデックスファンド

この組み合わせのリスクは3.0%、リターン2.8%です(表5)。

表5. 2資産均等模倣の将来シミュレーション(1.5万円 × 30年)

リスク 3.0%
リターン 2.8%
30年間の積立額 540万円(月額1.5万円)
30年後の運用損益
(かなり悪いケース)
664万円(+124万円)
30年後の運用損益
(平均)
842万円(+302万円)
30年後の運用損益
(かなり良いケース)
1,019万円(+479万円)

この組み合わせが向いている人は?

損失が出ても、その額を低く抑えたいあなたに向いています。この組み合わせは「大きく資産を増やしたい」という需要には応えられません。

日本債券比率が高いため、日本国内の状況に大きく依存します。個人的にはもう少しDC外国債券インデックスファンドを増やしたほうが良いなと思います。

で、どの組み合わせがいいの?

筆者は「JP4資産バランスファンド模倣から日本比率を下げたもの」が好きです。主な投資先は日本を除く先進国で、積極的にリターンを狙える構成です。

ただ、この組み合わせを実際に試して、

  • 値動きが大きすぎる
  • もっとリターンが欲しい

と感じることはよくありますので、あなたなりにカスタマイズして欲しいなとも思います。

ここまでご覧になって「やっぱ、難しそうだな」と感じたらバランスファンドとは?簡単に分散投資を実現する方法で紹介したバランスファンドを選ぶ方法もあります。手軽さを重視するなら、そちらもチェックして欲しいです。

まとめ

以上をまとめると、

  • 先進国株式・債券を中心に組み立てるのがおすすめ。日本比率を高くしすぎない
  • 新興国が加わるとハイリスクハイリターンになる。積極的にリターンを追いたい人向け
  • 困ったらバランスファンドやターゲットイヤーファンド

です。

なお、ここでの商品はすべてSBI証券の確定拠出年金プランで選択できます。同社のプランを利用する際にはぜひチェックしてみてください。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

関連記事

確定拠出年金(iDeCo)はSBI証券で始めます。あなたはまだ始めないの?

[確定拠出年金]

確定拠出年金(iDeCo)はSBI証券で始めます。あなたはまだ始めないの?

最強の節税制度「確定拠出年金(iDeCo)」。2017年1月から全ての人が加入できます。 筆者はSBI証券で始めようとしていますが、あなたはもう始めましたか?

確定拠出年金(iDeCo)を利用した初めての少額資産運用

[確定拠出年金]

確定拠出年金(iDeCo)を利用した初めての少額資産運用

主に投資信託について意識しながら、確定拠出年金で選べる商品のジャンルをさっくりと紹介します。

ターゲットイヤーファンドとは?運用お任せのお手軽商品!

[確定拠出年金]

ターゲットイヤーファンドとは?運用お任せのお手軽商品!

ターゲットイヤーファンドは将来のある年(ターゲットイヤー)に向かって、リスク選好から安定運用へと、運用方針を変更していく投資信託です

バランスファンドとは?簡単に分散投資を実現する方法

[確定拠出年金]

バランスファンドとは?簡単に分散投資を実現する方法

複数の元本変動商品(投資信託)を保有すると、定期的なメンテナンスが必要です。当初決めた運用方針と、その後の商品の保有比率がずれてしまう場合があるからです

確定拠出年金(iDeCo)を通じて何に投資している?

[確定拠出年金]

確定拠出年金(iDeCo)を通じて何に投資している?

既存の投資信託を参考に、確定拠出年金での投資信託組み合わせ例を考えます。商品はSBI証券のiDeCoで選択できるものを例示しています

確定拠出年金(iDeCo)で選ばないほうがよい商品例

[確定拠出年金]

確定拠出年金(iDeCo)で選ばないほうがよい商品例

iDeCoにて投資信託を選ぶ際には消去法で選択するのがオススメ。筆者が考える選ばなくても良い商品例を紹介

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。