ネットバンクで始める少額資産運用

2000年以降に普及してきたネットバンクは、従来の銀行に比べ、優れた金利や振り込み手数料や引き出し手数料の優遇といったサービスが特徴です。

もし、あなたが元本割れのリスクをとりたくないのであれば、少額資産運用先としてネットバンクを利用することをお勧めいたします。

公開:2014年12月10日 最終更新:2016年10月28日

[スポンサーリンク]

コンテンツリスト

SBIハイブリッド預金でお金を貯める

SBIハイブリッド預金でお金を貯める

[ネットバンクで始める少額資産運用]

SBIハイブリッド預金でお金を貯める

ネットバンクのうち、住信SBIネット銀行は金利や手数料面で大変定評があります。 その中でも、高金利預金として有名なSBIハイブリッド預金をご紹介します。

なぜ私たちは銀行に預金することで利子をもらえるのか

なぜ私たちは銀行に預金することで利子をもらえるのか

[ネットバンクで始める少額資産運用]

なぜ私たちは銀行に預金することで利子をもらえるのか

日本における資産運用(?)といえば、銀行預金です。しかし、銀行預金について、あなたはどこまで詳しく知っていますか? ここでは「なぜ利子がもらえるのか」というテーマから銀行に仕事についてまとめました。

ネット銀行を安全に使うためにあなたが出来ること

ネット銀行を安全に使うためにあなたが出来ること

[ネットバンクで始める少額資産運用]

ネット銀行を安全に使うためにあなたが出来ること

近年は、インターネットで取引ができる銀行も増えましたが、一方でIDや預金を盗まれる被害も増えています。 このページでは、それらを未然に防ぐ為にあなたができることをまとめました。

私のネット銀行利用状況。こんな使い方。

私のネット銀行利用状況。こんな使い方。

[ネットバンクで始める少額資産運用]

私のネット銀行利用状況。こんな使い方。

筆者のネットバンク利用状況です。日常用の口座として住信SBIネット銀行、入金用の口座としてセブン銀行をそれぞれ使いわけています。

銀行預金は投資?賢い人が預金をやめるのはなぜ?

銀行預金は投資?賢い人が預金をやめるのはなぜ?

[ネットバンクで始める少額資産運用]

銀行預金は投資?賢い人が預金をやめるのはなぜ?

お金を銀行に預けることは、日本円に投資を行うことと同義です。あなたが無意識のうちに、日本円に対するリスクを背負っていることを忘れてはいけません。

広告

広告

上に戻る

ネットバンクのおすすめポイント

ネットバンクを使うべき理由は2つあります。

  • 優れた金利
  • 振り込み手数料や引き出し手数料の優遇

注目すべきは後者の手数料の優遇です。

たしかにネットバンクは金利面で優れるものの、その利息は地銀の数倍程度です。 資産運用目的で10万円を預けたとしても、ATM利用手数料1回で簡単に吹き飛ぶぐらいの利子しかもらえません。

一方、一部のネットバンクは、振込手数料優遇や土日祝日の出金手数料無料サービスを提供しています。 お金を増やすよりも、減らさないために最適なのです。

ネットバンクの預金金利はインフレに勝てない

残念ながら、銀行預金は投資?賢い人が預金をやめるのはなぜ?でご紹介しているように、銀行預金の利息は、2015年現在に日本の金融政策が目標とする2%のインフレ目標には遠く及びません。 好利回りをほこるネットバンクの預金利率さえもインフレ率には及びません。

つまり、頑張って働いて貯めたお金を銀行口座に積み上げておくと、その価値は低減し、将来半分かそれ以下になっているかもしれないということです。

現金の価値は絶対的なスコアではなく、物の価値との相対値でしかないことを知っておくと、資産運用の有用性も見えてきます。

ちなみに、銀行にお金を預けると、そのお金は国債の売買に使われたりします。 それならば、利便性は劣るものの、自分で個人向け国債を買うほうが、10倍(2015年11月現在での10年物は利回り0.21%)も好利回りを享受できたりします。

もし銀行預金のように安全にお金を運用したいならば、MMF(マネーマネージドファンド)を利用する手もあります。 元本の保全に重点が置かれていて、メガバンク以上ネットバンク以下程度の利回りが期待できるからです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

カテゴリー内記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。