10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

「日経平均株価を買いたい」を叶える株価指数を買う方法

ちまたで噂される日経平均株価を買う秘法をご紹介します。

方法は簡単で、日経225連動型上場投資信託(証券コード:1321)など、日経平均株価に連動するETF(上場投資信託)を買うだけ。 1~2万円前後から投資できるので初めてでも買いやすいのが特徴です。

例えば日経225連動型上場投資信託は、投資信託が保有する株式がおおよそ日経平均株価と同じ構成銘柄 + 構成比率です。 そのため、日経平均株価と同じように値動きします。

よくわからなければ、「日経225連動型上場投資信託を買えばいい」とだけ覚えてください。

日経225連動型上場投資信託に限らず、ETFを買うには証券口座開設が必要です。 ETFは株式と同じく上場しているため、口座開設後は株式と同じ方法で売買します(インターネットを利用した株の買い方)。

「株を買ってる暇ない!」場合は、投資信託を通じて日経平均を買う方法がオススメ。 また、夜買う方法(PTSって何?夜も株を買えるってホント?)もあります。

「何に投資しよう?」とお困りでしたら、日経225連動型上場投資信託を買ってみませんか?

なお、株価指数先物(日経225先物)を買いたければ、先物取引の始め方。先物取引って儲かるの?を。 ただしこちらはFX以上にリスクの高い取引なので上級者向けです。

公開:2015年12月20日 最終更新:2016年09月11日

[広告]

はじめに

ETF(上場投資信託)は全体的に資産運用に適した手軽な金融商品です。 投資未経験だと誰も知らないという馴染みのなさがネックですが、あなたがこれから投資に挑戦したいと思っていたり、どのような金融商品に投資をすれば良いか悩んでいるのでしたら、ETFはぜひともオススメしたい商品です。

ところで、ETFの中でも特に手軽な商品が日経平均株価や東証株価指数TOPIXに連動する指数連動型のETFです。 これらは「日経平均株価に投資したい」あなたの願い(?)をかなえてくれる商品です。

考えたことありませんか?「日経平均株価にそのまま投資できたらいいのに」と。

日経平均株価を買う方法

では、日経平均株価を買う方法をご紹介します。 ETFは証券口座を通じて買いますので口座を開設したものとして話を進めます。

日経平均株価を買うには、日経平均株価と同じ銘柄で構成されたETF(や投資信託)を購入するだけです。 それを買うことで、間接的に日経平均株価に投資をしている効果が得られます。

そもそも日経平均株価とは、東証一部市場に上場する225銘柄の平均より算出した株価の平均値です。 厳密には単純平均ではないのですが、まずは「225銘柄の平均株価である」で良いと思います。

日経平均日経225などと呼ぶこともあります。

日経平均株価は、構成する225銘柄も公表されています。

構成銘柄一覧:日経平均株価

2015年12月現在、東芝や富士通などの大手電気株やトヨタなどの自動車株、インストックネットでご紹介しているイオン株など、日本の各分野で著名な大手企業225社から構成されています。

もし、日経平均株価を構成する225企業に、日経平均株価の算出比率と同じ比率で投資を行えば、「日経平均を買った」ことになりますよね?

ですが、私たちがそれを実現するには必要投資額もとんでもないことになるので現実的ではありません。

そこで、日経平均株価の構成銘柄と算出比率が同じようなETFや投資信託に投資を行うのです。 ファンドは投資家から集めたお金を使って、日経平均株価を構成する225企業を買っているため、間接的に日経平均を買ったことになります。

間接的に日経平均を買えるETFにはどんなものがあるか?

では、いくつか例を挙げて紹介します。

2016年6月現在で、東証市場で売買できる日経225の連動銘柄には、以下のような物があります(非上場の投資信託は除く。それについては投資信託を通じて日経平均を買う方法)。

  • ダイワ上場投信−日経225(証券コード:1320)
  • 日経225連動型上場投資信託(証券コード:1321)
  • iシェアーズ 日経225 ETF(証券コード:1329)
  • 上場インデックスファンド225(証券コード:1330)
  • MAXIS 日経225上場投信(証券コード:1346)
  • DIAM ETF 日経225(証券コード:1369)
  • SMAM 日経225上場投信(証券コード:1397)
  • 上場インデックスファンド日経225(ミニ)(証券コード:1578)

いずれも日経平均株価と同じ値動きをするETFです。

これらは

  • 運用する会社が違う
  • 会社が違うためコストパフォーマンスなどもわずかに異なる
  • 売買量が異なる

といった違いがあります。

そこで、ここでは特に取引量が多い日経225連動型上場投資信託と、一口当たりの投資額が低い上場インデックスファンド日経225(ミニ)についてご紹介します。

日経225連動型上場投資信託

ETFの中でも圧倒的に取引量が多いのが野村アセットマネジメントが組成する日経225連動型上場投資信託です。 とりあえず投資先に困ったら、日経225連動型上場投資信託に投資しておけば間違いありません。

日経225連動型上場投資信託は1口、約1.6万円(2016年06月16日現在)から投資出来ます。 日々の取引が多いため、売りたいけど売れない(買いたいけど買えない)という流動性リスクはありません。

敢えて説明するまでも無いでしょうが、日経225連動型上場投資信託の構成銘柄はファーストリテイリングやファナック、ソフトバンクグループなどを筆頭に日経平均225銘柄です。 ゆえに日経平均が上昇したら日経225連動型上場投資信託も値上がりし、下降したら値下がりします。

とある5営業日の株価変動(終値ベース、小数点以下切捨て)

日付 日経平均株価 日経225連動型上場投資信託
2015/12/18 18,986 19,500
2015/12/17 19,353 19,840
2015/12/16 19,049 19,510
2015/12/15 18,569 19,070
2015/12/14 18,883 19,360

2015年12月20日現在で日経平均株価の年初来高値は、2015年6月24日の20,952.71円でした。 もちろん日経225連動型上場投資信託の年初来高値も2015年6月24日に記録しており、この時21,560円の値が付いています。

このように、日経225連動型上場投資信託の値動きは日経平均株価に連動していることがわかります。

日経平均株価よりも日経225連動型上場投資信託の方が若干値段が高い傾向にありますが、

  • 運用成績が日経平均株価とは100%一致しない(トラッキングエラー)
  • 配当金なども資産に含んでいる

といった理由が原因です。

このうち配当金については、毎月7月に分配金として受益者の投資口数に応じて分配されます。 日経平均での配当利回りはおおよそ1.5%程度ですが、日経225連動型上場投資信託の分配金利回りもやはり1.5%前後です。

繰り返しになりますが、投資先に困ったら日経225連動型上場投資信託を投資先の1つにしてみてください。

上場インデックスファンド日経225(ミニ)

投資初心者に最適?約1,500円で日経225銘柄に投資する方法で紹介しているとおり、最も安価に日経平均に投資できるETFが上場インデックスファンド日経225(ミニ)です。 上記記事執筆時より日経平均株価が上昇した為、現在は1口1,600円程度の投資額を要します。

ETFの組成会社や投資額など細部が異なる点を除けば、日経225連動型上場投資信託と同じです。 やはり構成銘柄の上位はファーストリテイリングやファナック、ソフトバンクグループが名が出てきます。

上場インデックスファンド日経225(ミニ)は、

  • 購入に必要な最低投資額が少ないため、投資額に対する売買手数料の割合が高くなってしまう
  • 日経225連動型上場投資信託ほどの取引の活発さが無いために流動性リスクがある

といった運用上のデメリットがあります。特に後者の流動性リスクのために、しばしば極端な値が付いてしまい、日経平均株価と逆行する場合も出てきます。

あなたが2万円以上の投資額を用意できるなら、日経225連動型上場投資信託を選ぶのが良いです。 もしくはNISA口座経由で株を売買すると手数料無料を謳う証券会社を利用し、長期保有するのも1つの手です。

日経225連動型上場投資信託の運用の仕方

最後に運用例についてご紹介します。

短期的に値上がり益を狙いたい場合、日経225連動型上場投資信託が値下がりしたタイミングで仕込み、値上がりしたら売る必要があります。 つまり、日経平均株価が下落したタイミングが仕込み時です。

日経平均株価は、前日の日経平均先物、アメリカのダウ平均株価や、取引時間中の円相場に影響を受けやすい傾向にあります。 アメリカの株価が下がれば翌日の日経平均も下がる、円相場が円高に進めば取引時間中の日経平均も下げる、という傾向です。

このような傾向を元に、どのような値動きをしているか追ってみてください。

なお、日経平均株価の値動きに大きな影響を与えやすいのが、ファーストリテイリングやソフトバンクです。 特にファーストリテイリングは日経平均の10%程度の割合を占めるため、これらの株式が大きく動くと日経平均も大きく動く可能性があります。

日経225連動型上場投資信託を長期的に運用する場合は、値下がりしたタイミングで大量に買い込んで放置しておくだけです。 分配金利回りが1.5%程度と大きなリターンを得るのは難しいですが、個別株式のように暴騰・暴落が発生しにくいため、安定した運用が出来るはずです。

ちなみに、TOPIXは日経平均株価と構成銘柄が異なる為に、しばしば日経平均株価と逆行します。 あなたが輸送用機器業界や銀行などの業界に興味・関心があるのでしたら、日経平均株価(日経225連動型上場投資信託)よりもTOPIX(TOPIX連動型上場投資信託)を追ったほうが親和性があるかもしれませんね。

配当金は出る?

上述のように、日経225連動型上場投資信託は、毎月7月に分配金として受益者の投資口数に応じて分配されます。 配当金と異なり、分配金が出るとETFの総資産が少なくなるため、株価は分配金相当額だけ下落します(分配金の詳細は分配型ETFで夢の分配金生活を目指す)。

その他の日経平均株価に連動するETFも7月に年1回の分配月を設定しているものが多いです。

しかし、例えばiシェアーズ日経225ETFのように、年2回の分配を設定するものもありますから、お好みに応じて選んでみてください。

まとめ

以上が、「日経平均株価を買う」方法です。

もし、あなたが投資を始めるにあたって、投資先に困っていたら、以下の2銘柄をチェックしてみてください。 どちらも2万円以内で「市場を買える」ETFです。

  • 日経225連動型上場投資信託(本命はこっち)
  • 上場インデックスファンド日経225(ミニ)

ETFを購入するには、株式と同様に証券口座を開設し、口座にお金を入金する必要があります。 その詳細は、少額資産運用のために準備するもの10万円資産運用を行うまでの流れをご覧ください。

ETFから分配金を貰いたいのであれば、分配型ETFで夢の分配金生活を目指すもあわせてご覧になってみてください。 個別株式と同様、権利確定日にETFの受益権を保有しておけば、配当金と同じようにもらうことができます

なお、昼間忙しくて株を買ってる暇がないあなたには、非上場の投資信託を通じて日経平均株価へ投資することをオススメします(詳しくは投資信託を通じて日経平均を買う方法)。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

少額資産運用のために準備するもの

[10万円資産運用編]

少額資産運用のために準備するもの

10万円で資産運用を始める方法をご紹介しています。必要なものはお金、ネット証券の口座、そして取引ツールです。 元本保証の運用や、日々の生活を楽にする点を考慮しネットバンクについても紹介します。

10万円で購入できる金融商品にはどんなものがあるの?

[10万円資産運用編]

10万円で購入できる金融商品にはどんなものがあるの?

10万円資産運用で購入できる金融商品についてご紹介します。 株式や投資信託などはもちろん、ETFやREITといった手軽で運用しやすい商品もあります。

10万円資産運用を行うまでの流れ

[10万円資産運用編]

10万円資産運用を行うまでの流れ

10万円で資産運用を行うまでの流れは、証券口座を開設しお金を入金です。 ネット証券を通じて開設を行えば、おおよそ1週間程度もしないうちに投資を始めることができます。

1000円から始める超初心者向けお手軽投資

[10万円資産運用編]

1000円から始める超初心者向けお手軽投資

NISA口座とETFを組み合わせれば、取引手数料なしに1,000円台からの投資を実現できます。 お手軽に投資をしてみたい場合、投資に不安を抱く初心者の練習にも最適です。

投資信託を通じて日経平均を買う方法

[少額投資信託編]

投資信託を通じて日経平均を買う方法

ETF同様に、非上場の投資信託においても、日経平均株価に投資する方法があります。 例えば毎月定額の投資をしたい場合や、株を買う暇がないと感じている場合には、投資信託を利用するのが良いです。

株と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!

[少額ETF編]

株と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!

株式のように売買できて、投資信託のように分配金が欲しい。そんな贅沢なあなたの望みをかなえる金融商品がETF(上場投資信託)です。

ETFはどのような投資対象に投資しているの?

[少額ETF編]

ETFはどのような投資対象に投資しているの?

ETFには、日本市場に投資を行うとてもポピュラーなものから、新興国や金、原油などに投資を行うものまで、様々な投資対象があります。 ここでは、ETFがどのようなものに投資を行っているか、概要をご紹介します。

分配型ETFで夢の分配金生活を目指す

[少額ETF編]

分配型ETFで夢の分配金生活を目指す

不動産投資信託や海外債券に投資を行うETFは分配頻度が高く、分配金も多くなる傾向にあります。 コストも低く、分配金の全てがあなたの利益になりますから、運用上のメリットがとても多いのが特徴です。

東証株価指数「TOPIX」を買う方法

[少額ETF編]

東証株価指数「TOPIX」を買う方法

東証株価指数TOPIXを買う方法をご紹介。 TOPIXは日経平均株価よりもローリスクの運用を見込めます。 NISAを利用した長期投資にもオススメです。

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

[1万円資産運用編]

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

月々500円から積立できる投資信託をご紹介します。 1万円で安全に資産運用をするなら鉄板の金融商品です。

約1500円で日経225銘柄に投資する方法

[1万円資産運用編]

約1500円で日経225銘柄に投資する方法

約1500円で日経225銘柄に間接投資できるのが上場日経225(ミニ)です。 値動きリスクが小さく投資のエッセンスを掴むのに最適です。

投資をしている個人投資家とはこんな人たち!

[個人投資家ってどんな人達]

投資をしている個人投資家とはこんな人たち!

日本証券業協会のアンケートを元に平均的な個人投資家像をさぐりました。 「ある程度所得のある会社員か金融資産の多い高齢者」と結論付けています。

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?

[個人投資家ってどんな人達]

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?

大学生でも20歳を越えていれば証券口座を開設することができます。運用する原資さえあれば、株式投資も資産運用も始めることができます。

上に戻る

[広告]
[広告]

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

ETF各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。