筆者の資産運用体験談 | インストックネット

10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

筆者の資産運用体験談

インストックネットを運営する筆者の資産運用体験談を半年毎にまとめて紹介しています。 他の人はどんな運用しているの?と興味がありましたら、参考にしていただければと思います。

筆者が保有する商品が将来値上がりするとは限りません。 紹介している商品を購入される際は、自己責任にてお願いいたします。

公開:2016年07月03日 最終更新:2016年07月03日

[スポンサーリンク]

コンテンツリスト

最近の資産運用例2015年下期版

最近の資産運用例2015年下期版

[筆者の資産運用体験談]

最近の資産運用例2015年下期版

とある記事に感化され、筆者の運用の仕方を紹介したいと思いました。 インカムゲイン取得メインでETFへの投資を強化しています。

最近の資産運用例2016年上期版

最近の資産運用例2016年上期版

[筆者の資産運用体験談]

最近の資産運用例2016年上期版

筆者のポートフォリオは2016年6月末現在で債券29%、株式49%、リート21%、その他2%となりました。 今後は仕事で精一杯稼いで投資額を増やして行くのが目的です。

最近の資産運用例2016年下期版

最近の資産運用例2016年下期版

[筆者の資産運用体験談]

最近の資産運用例2016年下期版

投資額が半年前と大して変わってない点に、「半年間何やってたんだ・・・」と自責の念にかられます。 ポートフォリオの比率は現在作成中。

広告

広告

上に戻る

資産運用体験談について

筆者のポートフォリオ

筆者のポートフォリオ 2016年06月30日現在(現金は除く)

ここでは筆者の資産運用事例を定期的に紹介したいと思います。

2016年6月現在で筆者は年収300万円未満の個人事業主です。 将来年金やらで不安を抱えてしまう層に位置しています。

個人事業主か会社員かの違いはあるでしょうが、同じような年収で将来を不安に思う方は多くいらっしゃると思います。 そのような方々に一つの運用事例を紹介するのがこのカテゴリの目的です。

筆者は分配金の出やすいETFや株主優待銘柄を中心に保有してきています。 これまでは運用資金に制約がありましたが、2016年6月以降は資金的な制約がなくなったため、仕事で稼いで全力で投資するのが目標です。

サイト作成に利用しているタブレット

サイト作成に利用しているタブレット

あなたが、筆者のように、あまり収入が多くないのであれば、オススメの運用は、

のあわせ技です。

その他まとまった資金があれば、イオン株はどこで買うの?で紹介するイオン株のような優待銘柄をおさえるのも良いと思います。

いくら収入が少なくお金が無いといえど、1万円や2万円を投資に回すことは難しくないはずです(もし、それすらも難しいなら、働き方を変えるなどの対策が必要です)。

今お金を持っていない自分を蔑んだり、お金持ちを妬む必要はありません。 これから資産を築いていけば良いのです。

参考になれば幸いです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

カテゴリー内リンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。