10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

投資信託やってみたい。何を買えばいい?

投資信託をやってみたいと思ったとき、じゃあどの投信を買えばいいの?と考えたことは有りませんか? これから利益を見込めそうなファンド選びは、たとえ投信選びに熟練していたとしても、難しいことだと思います。

一方、売買ランキングや金融機関の営業員の言うがままに投資をおこなってしまうと、自分が何に投資をしているのかがわからない、という事態に陥りがちです。 その状況で損を出してしまっては、投資信託への怒りや悲しみなど、苦い思い出しか残らないと思います。

本記事では、いくつかの投資信託の具体例とその特徴を紹介します。

なるべくシンプルなもの、定性的にでも投資しやすいものを選んだつもりです。 ファンド選びの際の参考になれば幸いです。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2016年03月12日 最終更新:2016年03月12日

[広告]

はじめに

あなたが投資信託に興味を持ち、やってみたいと思ったとき、おそらく一番不安に思うことは失敗して損をするのではないかと言うことだと思います。 一生懸命に働いて得たお金を、良くわからない投資信託に投資したら溶かしてしまった、となれば、ショックで立ち直れないですよね。

確かに投資の先行きはどうなるかはわからないため、たとえどんな投資信託を買ったとしても、損をしてしまうことはあります。 絶対に儲かる投資信託など存在しません。

ただし、適切な商品を選んでいれば、損をしてもリカバーすることも可能ですし、なぜ損をしたのかと検証しやすいなど、今後のつなげることが出来ます。

そこで、以下ではいくつかの投資信託の具体的な銘柄をご紹介します。

先に述べておきますが、下記で紹介した銘柄も値下がりすることも多々あります。 その代わり、比較的シンプルなもの、値動きを検証しやすいものを選びました。

投資信託をやってみたいときに、もしファンド選びにお困りでしたら、下記を選んでみてはいかがでしょうか。

投資信託をやってみたい方向けの具体的な銘柄あれこれ

世界経済インデックスファンド

世界経済インデックスファンドは、これ1つで日本や先進国、新興国を含む、全世界への分散投資を可能にする投資信託です。

投資信託の銘柄選びにおいて、分散投資は1つの重要な要素になります。

例えば、特定の株式や国に集中投資をしている投資信託は、その国の経済事情や治安によって簡単に値が崩れます。 言い換えれば、値動きが激しくなりやすく、ハイリスクハイリターンという特徴を持っています。

一方、分散投資が行われている銘柄は、ある国の株価は下落したとしても、別の国の株価が上昇すれば、お互いを相殺することが出来ます。 その分リターンも低くなってしますのですが、値下がりリスクを低減できるために、相対的にローリスクローリターンになります。

つまり、これから投資信託をやってみたいあなたが、投資で失敗したくないと思ったときに投資しやすい銘柄が、分散投資によってリスクを低減された銘柄なのです。 大きく儲かることは少ないでしょうが、一方で大きく損を出すことも少なくなります。

このような分散投資が効いている銘柄の1つが、世界経済インデックスファンドです。

世界経済インデックスファンドは先進国への投資比率が55%で、株式と債券にそれぞれ投資が行われています。 また35%を新興国、残り10%が日本国内株式などへの投資です。

ごく単純化してしまえば、各国の株価が上がり、世界経済が上向けば利益が出て、世界的な不況になれば値下がりしやすいファンドです。 将来世界が発展すると期待をこめて投資したいファンドですね。

eMAXISバランス(8資産均等型)

eMAXISバランス(8資産均等型)は、世界経済インデックスファンドと同じような趣向のファンドで、やはり日本や先進国、新興国を含む、全世界への分散投資を可能にする投資信託です。 各セクターへの投資比率は世界経済インデックスファンドと異なるものの、その特徴と値動きは比較的良く似ています。

どちらかと言えば、世界経済インデックスファンドよりもeMAXISバランス(8資産均等型)のほうが、値動きがマイルドです。

ニッセイ日経225インデックスファンド

ニッセイ日経225インデックスファンド日経平均株価と連動する値動きをする投資信託です。 ニュースで「今日の日経は値上がりした」とあれば本ファンドも値上がりし、「値下がりした」とあれば本ファンドも値下がりします。

つまり、日本株が今後上昇すると思えば買い、下落すると思えば売りです。 投資対象が日本ですので、日ごろのニュース等を参考に運用しやすいのが特徴です。

筆者個人としては、日経平均株価と連動する投資信託を買うのであれば、「日経平均株価を買いたい」を叶える株価指数を買う方法で紹介する日経225連動型上場投資信託をオススメします。 日経225連動型上場投資信託は株式市場で買う投資信託ですので、ニッセイ日経225インデックスファンドとは買い方が少し異なります。

言い換えると、ニッセイ日経225インデックスファンドは昼間忙しすぎて投資ができない方に向いているかもしれませんね。

SSGA-ステート・ストリートUSボンド・オープン(為替ヘッジあり)

分配金が出ない銘柄には興味を持たない方もいらっしゃるので、分配金が出る銘柄も紹介しておきたいと思います。

ステート・ストリートUSボンド・オープン(為替ヘッジあり)アメリカの国社債に投資する投資信託です。 バークレイズ・キャピタル米国社債(1-10年)インデックスに連動する成果を目指しています。

先進国の債券は、日本や欧州を中心に利回りが低くなりすぎて、運用してもあまりリターンがありません。

一方、リスクとリターンのバランスに優れているのが米国債です。 発展を続ける先進国としての安心感もあります。

また、為替ヘッジされているため、円相場の変動による値動きを低減できるのも1つの魅力です。

このファンドは毎月分配型で、毎月1万口あたり20円の分配金が出てきます。 2016年3月11日現在の基準価額9,567円で計算すると、利回りは2.5~2.6%程度になるでしょうか。

毎月分配の海外ETFに投資してみようで紹介している、似たような趣向のETFに比べると、おおよそ現実的な利回りだと思います。

設定来より少し基準価額が落ちていますが、筆者は悪くないと考えています。 米国市場に上場する海外ETFの代替として投資できると思います。

分配金が少なくて面白くないかもしれませんが、これ以上の分配金を求めると、必然的にリスクの高い投資信託を選ぶことになります。

MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)

最近、REIT(不動産投資信託)への投資が注目を浴びつつありますが、投資信託を通じてREITに投資することも可能です。 MHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)は、日本国内のREITに投資する投資信託です。

ニッセイ日経225インデックスファンド同様に、筆者個人としては「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」など、東証に上場するETFの売買のほうがオススメです。 こちらはやはり昼間忙しすぎて株式の売買が出来ない方向けかもしれません。

2016年3月11日現在で、年間の分配金は1万口当たり820円です。 REIT全体の利回りから考慮すると、少し分配金の額が大きいために、将来過分配によって基準価額が下がるリスクがあります。

2016年3月現在ではREITそのものが値上がりしつつあるため、それによって基準価額も維持されているようです。

毎月の分配金を不要と思うのでしたら、「ニッセイJリートインデックスファンド」や「たわらノーロード 国内リート」が良いと思います。 J-REITインデックスファンドも含め、これらは、将来マイナス金利の恩恵を受けられるかもしれません。

UBS-グローバル・アンブレラUBS原油(WTI先物指数連動型)

最後に癖の強いものを紹介しておきますが、UBS-グローバル・アンブレラUBS原油(WTI先物指数連動型)原油先物価格に連動する投資信託です。 昨今の原油相場に興味があって、投資信託をやってみたいと思っているあなたにオススメします。

UBS-グローバル・アンブレラUBS原油(WTI先物指数連動型)は原油価格が上がれば値上がりし、下がれば値下がりします。 将来原油が値上がりするかどうかが全てです。

癖が強いファンドですので万人にオススメできるものではありません。 が、原油相場と連動して動くという分かりやすさがあるため、ここで挙げてみました。

なお、記事執筆時点で2017年12月に償還予定となっているため、このファンドで遊べるのは今後1年半程度に限られるかもしれません。

できるだけわかりやすいなものを

上述の投資信託は、なるべくシンプルで運用しやすいものを紹介したつもりです。 eMAXISバランス(8資産均等型)や世界経済インデックスファンドはかなり分散されていますが、それでも世界市場がどうかという定性的な判断材料があります。

ニッセイ日経225インデックスファンドやMHAM J-REITインデックスファンド(毎月決算型)は日本市場に投資を行うものですから、日ごろのニュースをチェックすることで、その値動きの感触を掴むことが出来ます。

UBS-グローバル・アンブレラUBS原油(WTI先物指数連動型)も同様です。

SSGA-ステート・ストリートUSボンド・オープン(為替ヘッジあり)はアメリカへの投資なので、直感的には分かりにくい点もありますが、バークレイズ・キャピタル米国社債(1-10年)インデックスという投資指標に併せて動くという特徴があります。 為替ヘッジされているため、日本円と米ドルの相場を深く考慮しなくても良い点が利点です。

投資信託をやってみたいときに、最初から複雑なものを選んでしまうと、自分がなんで利益(損)が出ているのかわからないケースが出てきます。 何故かよくわからないけど毎日値下がりしていく・・・そんな状況は避けたいですよね。

だから、最初はなるべくわかりやすいものに投資をして、投資信託がどういった性格の金融商品なのかを知ってほしいなと思うのです。

それが分かれば、自身のリスク許容度や好みに応じて、インデックス型なり毎月分配型なりに投資をすれば良いからです。

まとめ

というわけで、筆者チョイスでいくつか投資信託をご紹介してみました。 あなたが投資信託をやってみたいと思った際に、選択の補助になりましたら幸いです。

ちなみに投資信託をやってみたい際に、やってはいけない事は下記です。

  • 手持ちのお金を全額投資しない
  • 売買ランキングを鵜呑みにしない
  • 銀行などの金融機関に相談してはいけない

初めて投資を行う際に、手持ちのお金を全額投資するのは避けたほうが良いです。 感触を掴むまでは、1万円や10万円程度の少額投資をオススメします。

その額であれば、途中で興味を失ってもやめやすいです。

投資信託の売買ランキングはあまりあてになりません。 リスクの高い投資信託も平気で顔を出しています

最後に、お金をもって銀行などの金融機関に相談しにいくのは避けたほうが良いです。 窓口の営業員が、あなたのことを思って運用の提案してくれる、とは限らないからです。

投資信託の売買は、リスクに応じて多様な商品選択が出来るネット証券がオススメです。 上記で紹介した投資信託は、全てSBI証券にて販売しているものです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[投資信託導入]

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

投資信託は、約1万円程度から手軽に購入できる金融商品で、10万円の資産運用を始める際にもおすすめです。

サムネイル

[少額投資信託編]

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

「純資産 / 口数 = 基準価額」の公式に基づき、基準価額と純資産額の推移から投資信託の特徴を推定してみます。

サムネイル

[少額投資信託編]

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「売れているから儲かる」とは限りません。

サムネイル

[少額投資信託編]

分配型投信から分配金を貰うときに注意しておきたいこと

分配金欲しさで投資信託を選ぶのであれば、きちんと普通分配金が貰えそうかという点を考えることをお勧めします

サムネイル

[10万円で行う少額株式投資編]

私が株式投資を始めた理由

資産運用に興味を持った筆者が株式投資を始めるまでにいろいろ考えたお話です。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。