10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

投資信託をどうやって選択してる? -筆者流の選び方-

筆者は以下のような流れで投資信託を選定しています。

また、長期の積立投資を行うときと、短期的に分配金目当てで投資をするときで、それぞれ手数料体系や分配金の「中身」などを見て選定することが多いです。

投資信託は特に1回の分配金の額だけで売れ筋が決まることも多いです。 ですが、ここにはカラクリがありますので、分配金額にはあまりこだわりません。

今のところ、長期の積み立て目的で買っているインデックスファンドでは含み益が出ています。 あなたが投資信託で利益を目指すなら、おそらく毎月分配型よりもインデックスファンドの長期積み立てを選ぶほうが簡単だと筆者は考えます。

>>SBI証券の投資信託積み立てキャンペーンで資産形成を始めよう(2017年1月)<<

公開:2016年09月01日 最終更新:2016年09月01日

[広告]

はじめに

投資信託の選び方は、

でそれぞれ紹介していますが、ここではもう少し「血の通った」選び方として、筆者流の選定の仕方を紹介します。

あらかじめ紹介しておきますが、筆者は

  • インデックスファンドも
  • 毎月分配型も

買いますので、徹底した合理主義ではありません。

ネット上の優れた投信ブロガーらに比べると、無駄の多いこともやっていますので、あくまで参考程度でご覧ください。

筆者流投資信託の選び方

筆者は以下のような順序で絞って行くことが多いです。

投資の目的とテーマを決める

最初に投資の目的とテーマを決めます。 と、書くとなんだか難しそうに感じるでしょうが、頭の中で軽く考えるぐらいです。

  • 将来に備えた積み立てがしたい
  • 円高だから海外の投資信託はどうか

など、ざっくりしたものです。

ただ、これだけでもある程度選定することが可能です。

例えば、「将来に備えた積み立てがしたい」場合に償還(詳しくは投資信託は償還日があるものと無期限のもののどちらを選ぶべき?)日が設定されているものを選択するのは不適当です。 現役世代の筆者が積み立てるなら、必然的に30年や40年を超えて運用される投資信託を選ぶべきですから。

このように、ちょっとした条件を決めるだけでも5000本以上もある投資信託の大半を除外することが出来ます。

買付手数料無料の投資信託(ノーロード投信)を抽出

目的やテーマを決めたら、それに合致するもののうち、買付手数料無料の投資信託(ノーロード投信)を抽出します。 この時点でかなりの投資信託が選択候補から脱落しているはずです。

投資信託はどこで買っても同じなのかで触れたように、同じようなテーマの投資信託で買付手数料を支払うものを選ぶと、その分だけ赤字スタートになります。 時には1年かそれ以上運用しなければ、赤字分を回収できないため、運用上不利です。

ゆえに、筆者は基本的にノーロードの投資信託を選ぶことにしています。 特に、長期の積立投資目的で商品を選んでいるときは、ノーロードの選定は絶対です。

ちなみにこの時点で銀行やゆうちょで取り扱う投資信託は、その大半が脱落しているはずです。 特に窓口で買おうとすると手数料は支払って当たり前みたいなものばかりですから、手数料無料の投資信託もたくさんあることを是非知ってほしいです。

なお、例外的にネタに走る場合は買付手数料を支払う場合もあります。 思えば、2016年9月現在で保有している短期ロシアルーブル債も買付手数料が設定されていました。

目的に沿った投資信託を選定

あとは目的にそった投資信託を選定し、買い付けなり積み立てなりします。

投資信託の買い方には、投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?にて金額買い付けと口数買い付けがあることを紹介していますが、どちらかといえば金額で買っていることが多いです。 ただ、この点にはこだわりは特に持っていないです。

積み立て投資をする際の選び方

上記はざっくりとした投資までの流れを紹介したので、ここからは

  • 積み立て投資をする際の選び方
  • 毎月分配型の選び方

を紹介していきます。

まず、積み立て投資をする際の選び方です。

積み立て投資をする際には、以下の点に気をつけて商品を選んでいます。

とにかく手数料を安く

投資信託の選び方②。できるだけ手数料を安くしたい!で触れたように、投資信託には

  • 買付手数料(上述
  • 信託報酬
  • 信託財産留保額

といった手数料が発生します。 これらがなるべく安価なものを選ぶようにします。

例えば、投資信託はどこで買っても同じなのかで触れた、

  • ストックインデックスファンド225
  • ニッセイ日経225インデックスファンド

は、どちらも日経225に投資するインデックスファンドながら手数料体系が異なります。 より優れているのは後者で、手数料から生じるパフォーマンスの違いはリンク先にて述べたとおりです。

投資信託には、複数の運用会社が同じテーマ、似たようなテーマで商品を用意しています。 それらを選択できるならば、比較することで運用上最も優れた商品を選ぶことができます。

同じものを選べるなら、一番良いものを選ぶのが自然です。

なるべく分散投資

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのかで示したように、資産ポートフォリオの安定性(価格の変動)を抑える1つの方法は分散投資です。 分散投資は、ポートフォリオ全体に対する1つの商品の値動きの影響を低減しますので、集中投資に比べてローリスクローリターンとなります。

30年や40年を超える長期投資の場合、その途中でどのようなことがあるかわかりません。 広範に投資しておけば、ある資産セクターの影響を抑えることができます。

幸いなことに、いわゆるインデックスファンドはその投資先が世界各国にまたがることも多いです。 例えば、世界経済インデックスファンドやeMAXIS 8資産均等型などのバランス型ファンドは、新興国を含め全世界を投資対象としています。

筆者の場合、個別の投資信託のメンテナンスが容易(現在は自営業で好きに時間を捻出できるため)ですので、それぞれ個別の商品を選ぶことで分散投資を実現しています。

筆者積み立て中の投資信託(2016年8月現在)

筆者積み立て中の投資信託(2016年8月現在)

  • DIAMたわらノーロード日経225(日本株式)
  • 三井住友DC外国債券インデックスファンド(新興国も含む海外債券)
  • 三井住友DC外国株式インデックスファンド(新興国も含む海外株式)

バランス型ファンドと違い、もし特定のセクターが極端に値を下げたら、そこに投資額の増額も出来ます。 一方で、高値だと感じれば積み立てを止めることもできます。

もっとこだわるなら、先進国と新興国でそれぞれ異なるインデックスファンドを持つのも良いかもしれませんね。

無期限で運用されるものを

投資の目的とテーマを決めるでも挙げましたが、長期投資目的ですから、運用期間が無期限のものを選びます。 償還を迎えて途中で乗り換えや、基準価額が下落したので乗り換え、みたいなことはしません。

毎月分配型の選び方

毎月分配型を選択するときは、直近の分配金収入を目的に選ぶことが多いです。 そもそも償還が設定されることも多く、長期の運用に適したファンドは少ないと感じているからです。

それを踏まえ、選び方を紹介します。

なお、積み立て投資同様に手数料はなるべく安いものを選定します。

過剰分配されていないもの

基準価額が下がる投資信託は買い時か?で触れたように、当月外の収入から分配金を出している投資信託は基準価額が下落しやすいです。 また、これらはベンチマークが設定されておらず、運用の良し悪しすらわからないことも多いです。

このような投資信託は拙い運用がされているのは明白ですので選びません。

たとえ毎月分配でも、分配金が当月の収入で賄っているものを選びます。 言い換えれば、分配金の額だけを見て選ばない、ということです。

基準価額の値動きが分かりやすいもの

毎月分配型は

といった複雑な運用も多いです。 ですが、このようなタイプはもともと投資している商品(1階部分)の値動きが見えなくなることが多いので、あまり選ばないことにしています。

個人的に、基準価額の値動きが分かりやすいものを選ぼうとすると、債券ものの投資信託を選んでいることが多いです。 債券は債券部分の価格がほとんど動かなければ、損益は為替相場で決まるからです。

短期ロシアルーブル債も、ルーブルと円との相場の強い近似性から投資した商品の1つです。 「ルーブルに対して円安に進めば利益がでる」というわかりやすさから選んでいます。

まとめ

このような方法で筆者は投資信託を選んでいます。 あとは名前がかっこいいとか、話題性があるとか、しょうもない理由で買うことがほとんどです。

資産運用の書籍ではよくオススメ投資信託みたいな特集がありますが、それらは参考にしません。

ある時期に高い運用益が出ても、それが将来も出続けるとは限りません。 また、そのような特集を元に選択をしても、売り時は誰も教えてくれないからです。

なお、今のところ選定した毎月分配型では損をしていることが多いものの、インデックスファンドは利益を出してることが多いです。 おそらく長期の積み立て投資は、最も簡単な資産運用の1つなんだと感じています。

何より、毎日株価の変化に振り回されなくても良いのが利点ですよね。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

[投資信託導入]

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

投資信託は、約1万円程度から手軽に購入できる金融商品で、10万円の資産運用を始める際にもおすすめです。

投資信託の選び方②。できるだけ手数料を安くしたい!

[投資信託の選び方]

投資信託の選び方②。できるだけ手数料を安くしたい!

投資信託運用時に生じる費用として、買付手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つがあります。 これらがどういう場面で発生し、どう考慮すればよいのかをご紹介します。

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

[投資信託の選び方]

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

「純資産 / 口数 = 基準価額」に基づき、基準価額と純資産を見て投資信託を選ぶ方法を紹介。 基準価額の上昇こそが私たちの利益で、純資産は二の次なのです。

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

[投資信託の選び方]

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「儲かるから売れている」とは限りません。 きちんと利益を出す為には、商品を選ぶ必要があります。

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

[少額投資信託編]

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

一般に、投資信託は年を超えるような長期の運用を通じて、ゆっくりとあなたの資産を増大化させます。 よほどハズレのファンドを選ばなければ、多くのファンドは利益を出してくれると筆者は考えています。

投資信託の積立!何かオススメある?

[少額投資信託編]

投資信託の積み立て!何かオススメある?

SBI証券で購入できる投資信託を例に、特に投信の積立購入にオススメのインデックスファンドをいくつか紹介してみます。 割と良く利用されているものなので、面白みが無いかもしれませんが、ぜひ定番的な投信として覚えていただくと良いと思います。

ゆうちょでオススメの投資信託は何?

[少額投資信託編]

ゆうちょでオススメの投資信託は何?

ゆうちょで買える投資信託としてJP4資産バランスファンドを紹介します。 本ファンドは決して悪くは無いのですが、高齢者にフォーカスをあてた作りで、現役世代の私たちが利用するには惜しい点もあります。

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

[おすすめの証券会社]

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

ネット証券って名前聞いたこと無い証券会社で、インターネットもあんまり利用しない・・・。でも大丈夫。 ネット証券は新興ですが、様々な大手企業が関与してきた経緯があります。取引もLINEアプリを使えれば大丈夫です。

資産運用は銀行と証券会社のどちらで行うのが良いの?

[おすすめの証券会社]

資産運用は銀行と証券会社のどちらで行うのが良いの?

資産運用を始める際に最寄の銀行やゆうちょ、JAバンクなどで相談しようとしていませんか?それはちょっと待ってください。 資産運用で選択できる商品は各金融機関によって大きく異なり、あなたの運用成績の差として現れます。もしかしたら損をしているかも?

上に戻る

[広告]
[広告]

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

投資信託各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。