10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

投資信託を始める前に知っておきたい3つのこと

筆者があなたに絶対に知っておいてほしいことは以下の3つです。

  1. 投資信託は販売する金融機関ごとに取り扱い商品が異なる
  2. 投資信託は販売する金融機関ごとに手数料が異なる
  3. 投資信託は積み立てて運用できる

どの商品を買えば儲かるか、という前に、まずこの基本的な事柄を知ってほしいです。

投資信託に関するアンケート結果によると、現在投資信託を保有しているにも関わらず、手数料体系のことを知らない個人投資家が結構な割合でいらっしゃいます。 販売する商品の違いや手数料体系への無知は、あなたの損失を招く可能性があります

ゆえに、運用を始めるときには、「どこで投資信託を買うか」と金融機関を選ぶことが大切です。 特に証券会社を除く金融機関窓口での購入は、運用に不利な商品を高額で買わされることが多いため、避けた方が良いです。

上記3つの中で、筆者があなたに一番知って欲しいことは投資信託は積み立てて運用できることです(積立投信 or 投信積立と言います)。 最強の資産運用が積立投信である5つの理由でも触れたように、少額で誰でもできる資産形成方法だからです。

投資信託保有層の半数、投資未経験者の大半は積立投信を知りません。 あなたがこれを知っておくだけでも、それを知らない彼らよりも有利な運用ができるのです。

積立投信の詳しい話は月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資も見てね。

公開:2016年12月27日 最終更新:2016年12月27日

[広告]

はじめに

投資信託は株式に比べて少々複雑なため、「いろいろわからないけど勧められたから買った」みたいな話がある商品です。 事実、アンケート結果をみると、全年齢層で「よくわからないけど運用している」結果が出ています。

そこで、以下では筆者があなたに絶対に知っておいて欲しい3つのことを紹介します。 これらを知ってるだけで、あなたの運用成績は変わってくるはずです。

投資で損をしたくないですよね?

それならぜひ押さえておいてほしいです。

絶対に押さえておくべき3つのこと

  1. 販売する金融機関ごとに取り扱い商品が異なる
  2. 販売する金融機関ごとに手数料が異なる
  3. 投資信託は積み立てて運用できる

販売する金融機関ごとに取り扱い商品が異なる

投資信託は販売する金融機関ごとに商品が異なります

よって、より良い商品を選びたいなら、利用する金融機関選びは必須です。

例えば、地方銀行での投資信託取り扱い数は50~100本程度が多いのに対して、ネット証券のそれは1,000本を超えるのが普通です。 投信ブロガーが取り上げる投資信託は、だいたいネット証券で売ってます

購入する投資信託の違いはあなたの運用成績の違いに直結します。 下手なものを買うと損をする可能性が高まるのです。

プロが運用しているからどれを買っても儲かる・・・とは限らないのが投資信託です。

販売する金融機関ごとに手数料が異なる

投資信託は販売する金融機関ごとに手数料が異なります。 これは同じ投資信託であっても、です。

例えば、地方銀行で売る投資信託は1~3%の買付手数料が発生するのに、同一の投資信託をネット証券で買うと買付手数料無料で買えることもざらにあります。 ここで支払う手数料は、運用の良し悪しにはまったく影響しないため、あなたの運用成績の足をひっぱるだけです。

ストレートに言えば、買う場所を間違えるとあなたは損をするのです。

もし、あなたが銀行でめぼしい投資信託を見つけたら、同じものをSBI証券や楽天証券などのネット証券で買えないか探してみてください。 おそらく手数料無料で買えますから。

投資信託は積み立てて運用できる

投資信託は積み立てて運用するのが有利です(積立投信 or 投信積立と言います)。 その理由は以下の記事で説明しています。

積立投信では、投資信託の時価(基準価額)が高いときも低いときも関係なく、毎月決められた日に買い進めます。 そのため、長期間継続することで取得価額はだんだん平均化されます(これをドル・コスト法、またはドル・コスト平均法と言います)。

特にリーマンショックのような下落相場では、投資信託の口数をたくさん購入できます。 すると平均取得価額が低くなるため、将来の上昇相場で大きな利益につなげやすくなるのです。

また、積立投信は最低毎月500円から利用できます。 100万円や500万円といったまとまった大金が不要で、相場に一喜一憂しない、誰でもできる長期の資産形成方法なのです(最強の資産運用が積立投信である5つの理由)。

投信保有層も意外と知らない投資信託のこと

実はこれ、投資信託協会が行った投資信託アンケート(2016年(平成28年)インターネット全国調査結果)を参考に、筆者が最も基礎であると考えた3つを挙げたものです。

投資信託に関するアンケート調査報告書 | 一般社団法人投資信託協会

株式に比べると、投資信託はちょっと難しいと感じる商品です。 筆者も実際に投資信託を買ってみるまではあんまりよくわかりませんでした。

他にもぜひ知って欲しいことはたくさんあるのですが、その中でも特に最初に押さえてほしいのが、

  • 販売する金融機関ごとに取り扱い商品が異なる
  • 販売する金融機関ごとに手数料が異なる
  • 投資信託は積み立てて運用する

です。

特に最後の投資信託は積み立てて運用するは絶対に覚えて欲しいです。

アンケートによれば、現在投資信託を保有している層のは54.5%、全体で82.4%の人が積立投信(およびドル・コスト法)を知らないと回答しています。 だから大金を持って金融機関窓口に行く投資家が後を絶たないのかもしれませんね。

積立投信(およびドル・コスト法)を知ってるだけで、他の人よりも有利な運用ができますよ

まとめ

以上です。 まとめると、

です。

それでもよくわからなかったら、ネット証券に口座を開設して、適当に1つ1万円で買ってみるのが良いです。 実際に運用してみると、そこから見えてくることもいっぱいあります。

ちなみに積み立て投資の考え方は、確定拠出年金(確定拠出年金(iDeCo))でも利用できます。 確定拠出年金でも投資信託を利用して運用できるからです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

仕事で忙しい人でも安心。誰でも手軽に資産運用を始める方法

[10万円資産運用編]

仕事で忙しい人でも安心。誰でも手軽に資産運用を始める方法

あなたが仕事で忙しくても、ちょっと収入が少なくても出来る手軽な資産運用が投資信託の積み立て。 毎月一定額をわずか1つの投資信託に積み立てるだけで数十年後に巨額の資産形成を目指します。

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

[投資信託導入]

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

投資信託は、約1万円程度から手軽に購入できる金融商品で、10万円の資産運用を始める際にもおすすめです。

投資信託の選び方②。できるだけ手数料を安くしたい!

[投資信託の選び方]

投資信託の選び方②。できるだけ手数料を安くしたい!

投資信託運用時に生じる費用として、買付手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つがあります。 これらがどういう場面で発生し、どう考慮すればよいのかをご紹介します。

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

[投資信託の選び方]

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

「純資産 / 口数 = 基準価額」に基づき、基準価額と純資産を見て投資信託を選ぶ方法を紹介。 基準価額の上昇こそが私たちの利益で、純資産は二の次なのです。

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

[投資信託の選び方]

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「儲かるから売れている」とは限りません。 きちんと利益を出す為には、商品を選ぶ必要があります。

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

[少額投資信託編]

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

一般に、投資信託は年を超えるような長期の運用を通じて、ゆっくりとあなたの資産を増大化させます。 よほどハズレのファンドを選ばなければ、多くのファンドは利益を出してくれると筆者は考えています。

投資信託の積立!何かオススメある?

[少額投資信託編]

投資信託の積み立て!何かオススメある?

SBI証券で購入できる投資信託を例に、特に投信の積立購入にオススメのインデックスファンドをいくつか紹介してみます。 割と良く利用されているものなので、面白みが無いかもしれませんが、ぜひ定番的な投信として覚えていただくと良いと思います。

ゆうちょでオススメの投資信託は何?

[少額投資信託編]

ゆうちょでオススメの投資信託は何?

ゆうちょで買える投資信託としてJP4資産バランスファンドを紹介します。 本ファンドは決して悪くは無いのですが、高齢者にフォーカスをあてた作りで、現役世代の私たちが利用するには惜しい点もあります。

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

[おすすめの証券会社]

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

ネット証券って名前聞いたこと無い証券会社で、インターネットもあんまり利用しない・・・。でも大丈夫。 ネット証券は新興ですが、様々な大手企業が関与してきた経緯があります。取引もLINEアプリを使えれば大丈夫です。

SBI証券の投資信託積立キャンペーンで資産形成を始めよう(2016年11月)

[少額投資信託編]

SBI証券の投資信託積立キャンペーンで資産形成を始めよう(2016年11月)

SBI証券はしばしば投信積立利用者へのキャッシュバックキャンペーン(本記事は2016年11月末まで有効)を行っています。 投資信託を利用した資産形成を始めるきっかけに利用してはいかがでしょうか。

上に戻る

[広告]
[広告]

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

投資信託各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。