10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由

投資信託は、高い確度で資産形成できる金融商品だと筆者は考えます。

以下、外国株式ファンドのベンチマークとして利用されるMSCIコクサイインデックスを例に、なぜ長期投資が優れているのかを説明します。

長期投資がうまくいく理由は運用が複利で行われるためです。たしかに、リーマンショックのように50%超のマイナスリターンになる年もありましたが、ある程度運用益が乗ってしまうと、マイナスリターンになっても元本が割れなくなるのです。

一方、投資信託のよくある失敗談に、金融機関の言うがままに数年で回転売買してしまった、という話があります。金融庁のモデルケースでは、わずか2~3年程度で売買を繰り返した投資家は、最終的に運用に失敗したと示されています。長期で保有できなかったのは、「今人気の商品がありますよ」などと、甘い言葉をささやかれたからかもしれません。

これを踏まえると、あなたが運用で成功するかどうかの分岐点は投資信託を長く持ち続けられるかどうかです。多少のマイナスにもめげない我慢強さです。

なお、前提条件として商品選びは大切です。「資産形成に適した商品を選んだ上で」我慢強く投資できるかが大切です。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2017年02月02日 最終更新:2017年02月05日

[広告]

投資信託は損をする商品ではない

彼らはなぜ失敗したのか

投資信託は大昔の、そもそも「ゴミ箱みたいに扱われていた時代(※)」を除けば、簡単に損をするような商品ではありません。インストックネットでは、投資信託で失敗してしまう3つのポイントが人気記事だったりするんですが、失敗することを過度に恐れる必要はないと思います。

※法整備も行われず、金融機関の運用損を投資信託につけていた時代。セゾン投資の中野氏の書籍などでしばしば触れられています。現在から数十年前の話です。

彼らが投資信託の運用で失敗したのはいくつか理由があります。

  • そもそもゴミみたいな投資信託を買っていた
  • その投資信託は資産形成に向いていなかった
  • 金融機関の言うがままに売買していた
  • 我慢が足りなかった

2017年時点で商品選びの失敗は回避できます。

例えば「投資信託 おすすめ」とでも検索すれば、優れたサイトがたくさん出てきます。また、Fund of the yearのように、投信ブロガーが選ぶ投資信託、といったものもあります。それらで名前の出る投資信託は、大抵が資産形成向きで、長く付き合えばよい結果を見込める商品ばかりです。

最初の商品選びさえ間違えなければ、我慢することで運用は成功する可能性が高いのです。

「我慢が足りない」とはどういうことか

「運用期間が短すぎる」ことです。

投資信託に限りませんが、金融市場には10年に1回ぐらいは嵐が吹き荒れます。バブル崩壊の株価下落やリーマンショックによる世界同時株安などです。すると、我慢が足りない投資家は抱えた損失に耐え切れなくなり、損失を抱えた投資信託を手放してしまうのです。

ここに金融機関の営業員が絡むと最悪です。「今、成績が良い商品がありますよ」と甘い言葉をささやいてくるからです。

基本的に、資産運用は短期売買を繰り返すほど損失を抱えやすくなります。投機性が高くなるのと、売買にまつわるコストが発生するためです。

金融庁の調査でも、わずか2~3年程度で回転売買した投資家は最終的に損をするとのモデルケースが示されています(金融モニタリングレポート2014年7月)。

結局のところ、資産形成に適切な商品を選んだら、あとは嵐の中でも商品を持ち続ける意志が運用成果を分けるのでは、と筆者は感じるのです。将来はどうなるかはわかりませんが、少なくとも過去の実績を見る限りはそのようになっています。

参考として、以下の記事では過去のパフォーマンスを用いて、投資信託の積立結果をシミュレーションした話題を紹介しています。

これらの記事では、もちろんリーマンショック後の世界同時株安なども考慮に含まれています。嵐があっても、投資を継続すれば運用はうまくいく可能性が高いのです。

長期投資がうまくいく理由

先に答えを述べると複利運用のためです(複利の詳細は複利と単利でよりお金がたまるのはどっち?)。

以下では外国株式の指標として用いられやすいMSCIコクサイインデックスを例に話を進めます。このインデックスの話は資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!にて紹介しています。

MSCIコクサイインデックスに投資する商品は投資信託の積み立て!何かオススメある?でも触れているように、

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード 先進国株式
  • iFree 外国株式インデックス

などがあります。

運用成績がマイナスになった年はどのくらいあるか

情報サイトのmyINDEXを利用すると、過去30年の各指数のパフォーマンスを閲覧できます。ここから、円ベースのMSCIコクサイインデックスのパフォーマンスもチェックできます。

MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI) (円) | myINDEX

1976年から2016年の間で、リターンがマイナスになった年は10回あります。最もマイナスになった年は2008年のリーマンショック時で、マイナス52.6%になりました。端的には、この1年で投資金額が半分になるという悲惨な年でした。

それでも運用益がプラスになる理由

さて、投資金額が半分になるような年もありましたが、それでもこの期間投資を続けていると利益が出るのです。例えば、1976年に100万円を投資していると、2016年には1,064万円になっています(myINDEXの計算ツールによる)。途中でリーマンショックを経験してもです。

これは各年のリターンを元に考えてみるとよく分かります。以下、myINDEXの公表データを計算した結果を紹介します(図1)。

MSCIコクサイインデックスのパフォーマンスと運用損益の変遷

図1. MSCIコクサイインデックスのパフォーマンスと運用損益の変遷

ヒストグラムは年次リターン、青い折れ線はその損益です。1987年の初期投資額100万円で、以後投資額の増額は行っていません。

最初に元本が割れるものの、ある程度資産が成長すると元本は割れなくなります。2002年の米ITバブル崩壊(ドットコムバブル)と2008年のリーマンショックを経験するも、元本割れにはなりません。

MSCIコクサイインデックスのパフォーマンスはmyINDEXで公表されているものをヒストグラム化しています。

例えば、1987年初頭に100万円投資します。この年のリターンはマイナス20.4%なので、1987年末時点での運用額は79.6万円になります。

資産形成を始めた最初の年でさっそく赤字を抱えているのですから、「投資信託で資産形成!?嘘っぱちだ!」って投げ出したくなる瞬間ですよね。しかし、ここで止めてはいけません。

1987年に抱えたマイナスを回収できるのは1989年です。この年はリターンが49.1%と高く、前年に96万円まで戻していた投資額は142万円になります。ひさびさにほっとできる瞬間でした。

その翌年、1990年はマイナス8.9%です。142万円は130万円まで減ります

が、ここでの値動きに注目してください

というのも、この年の成績はマイナスにも関わらず、それまで積み重ねたリターンがあるため、元本割れにはならないのです。これが複利の効果です。利益を積み上げたおかげで、1年ぐらいリターンがマイナスになっても元本は割り込まないのです。

以後、しばしばマイナスリターンの年があっても、全体的にはプラスリターンの年が多いため、投資したお金は順調に含み益を増やしていきます。

2008年はリーマンショックの影響で50%超の大幅なマイナスリターンになります。ですが、この時点で最初の100万円は700万円近い評価益に成長しているため、半分になっても元本は割れないのです。

リーマンショック後は再び高いプラスリターンが続くため、5年ほどかけて評価益は800万円に成長します。たしかにリーマンショックで失ったお金は大きな金額でした。しかし、全体的にはこの投資は成功なのです。

「100万円が700万円になったけど、リーマンショックで350万円失いました」と言っても、大衆週刊誌はきっと相手にしてくれません。100万円を省略して、「700万円が350万円になった」と言えば、話は別でしょうが。

まとめ

以上をまとめると、

  • 投資信託で失敗するのは我慢が足りないから?
  • 長期投資なら1年や2年マイナスが続いてもなんとかなりやすい(過去の実績に基づけば)
  • 投資を成功に導くためには、プラスリターンになりやすい商品を選ぶこと

です。

これは、あくまで過去の結果に基づくデータで、将来の運用成績を示すものではありません。そのため、「過去はそうだった」と控えめにご覧ください。

とはいえ、この事実を知っておくと、なぜ投資信託で失敗するのかが不思議にさえ思えてくるはずです。結局彼らが失敗しているのは、

  • 好ましくない場所で
  • 好ましくない投資信託を
  • 好ましくない方法で

運用しているのが原因だと感じます。

なお、何年運用すれば良いのかは投資信託は何年運用し続ければよいのか?にて紹介しています。あくまで目安として。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

[10万円資産運用編]

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

オススメの資産運用はあなたの属性や年齢、年収を問わず開始できる積立投信。長期・分散・積立の3本柱で資産を築きます

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

[投資信託導入]

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

投資信託は、約1万円程度から手軽に購入できる金融商品で、10万円の資産運用を始める際にもおすすめです。

投資信託の取引で発生する3つの手数料とは何か

[投資信託の選び方]

投資信託の取引で発生する3つの手数料とは何か

投資信託運用時に生じる費用として、買付手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つがあります。 これらがどういう場面で発生し、どう考慮すればよいのかをご紹介します。

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

[投資信託の選び方]

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

「純資産 / 口数 = 基準価額」に基づき、基準価額と純資産を見て投資信託を選ぶ方法を紹介。 基準価額の上昇こそが私たちの利益で、純資産は二の次なのです。

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

[投資信託の選び方]

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「儲かるから売れている」とは限りません。 きちんと利益を出す為には、商品を選ぶ必要があります。

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

[少額投資信託編]

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

一般に、投資信託は年を超えるような長期の運用を通じて、ゆっくりとあなたの資産を増大化させます。 よほどハズレのファンドを選ばなければ、多くのファンドは利益を出してくれると筆者は考えています。

投資信託の積立!何かオススメある?

[少額投資信託編]

投資信託の積み立て!何かオススメある?

SBI証券で購入できる投資信託を例に、特に投信の積立購入にオススメのインデックスファンドをいくつか紹介してみます。 割と良く利用されているものなので、面白みが無いかもしれませんが、ぜひ定番的な投信として覚えていただくと良いと思います。

ゆうちょでオススメの投資信託は何?

[少額投資信託編]

ゆうちょでオススメの投資信託は何?

ゆうちょで買える投資信託としてJP4資産バランスファンドを紹介します。 本ファンドは決して悪くは無いのですが、高齢者にフォーカスをあてた作りで、現役世代の私たちが利用するには惜しい点もあります。

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

[おすすめの証券会社]

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

ネット証券って名前聞いたこと無い証券会社で、インターネットもあんまり利用しない・・・。でも大丈夫。 ネット証券は新興ですが、様々な大手企業が関与してきた経緯があります。取引もLINEアプリを使えれば大丈夫です。

SBI証券の投資信託積立キャンペーンで資産形成を始めよう(2016年11月)

[少額投資信託編]

SBI証券の投資信託積立キャンペーンで資産形成を始めよう(2016年11月)

SBI証券はしばしば投信積立利用者へのキャッシュバックキャンペーン(本記事は2016年11月末まで有効)を行っています。 投資信託を利用した資産形成を始めるきっかけに利用してはいかがでしょうか。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。