10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

公開:2017年03月23日 最終更新:2017年03月23日

10万円で投資信託を買うと儲けはどのくらい出るか?

資産運用を始めようとしたとき、どのくらい投資すればいくら利益が出そうなのか、気になりませんか。

特に少額投資の場合には、その投資額に見合ったメリットがあるのかどうかが知りたい、との声もありました。

あなたも興味ありませんか。

そこで以下では、筆者が投資信託を通じて実践している積立投資の「途中経過」を紹介します。

積立投資は資産運用の王道で、近年では銀行でも取り入れるところが出てくるほど人気です。

現在の投資額は15万程度なので、少額投資としては十分始めやすい金額だと思います。

後述しますが、毎月の投資額は15万円よりずっと少ないです。

この運用では、現時点で約6,000円の評価益(今すぐ投資信託を売却すれば「投資額 + 6,000円」戻ってくる)を持っています。

「投資で成功してやる」と考えれば少ない金額でしょうが、銀行預金などの運用利回りに比べれば大きなリターンです。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

[広告]

10万の投資信託でも儲けを出すことは可能か

可能です

筆者が保有している投資信託

図1. 筆者が保有している投資信託

図1は筆者が2017年3月23日時点で保有している投資信託とその損益です。

評価額は156,182円で、6,075円の評価益(+ 3.89%)になっています。

まだ、利益確定(売却)を行っていないため、この評価益は流動的です。明日の評価益は今日より低いかもしれませんし、高いかもしれません。

ですが、「儲かるか」と問われれば、「儲かる」と答えるのが適切な状況かと思います。

なお、投資信託は儲かる?やめたほうがよい?で触れたように、投資信託の利益は投資したタイミングにも依存します。

この記事をご覧になって、あなたが筆者と同じ投資信託に投資したとしても、運用成績は同じにならない点にご留意ください。

この儲けを出すまでのプロセス

積立投資で買っているもの

筆者が積み立て中の投資信託

図2. 筆者が積み立て中の投資信託

図2に示した投資信託のうち、最適化バランス(マイディフェンダー)を除く3つ

  • たわらノーロード日経225
  • 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
  • 三井住友・DC外国債券インデックスファンド

は、2016年中ごろから毎月定額で積み立てを実行してきました(途中で積立額の変更あり)(月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資表1

表1. 3ファンドの現在の状況

たわら225 全海外株式 外国債券
毎月の投資額 1,000円 5,000円 2,000円
評価額 18,049円 42,299円 32,991円
評価損益 +1,047円 +2,298円 +990円

この3つでちょうど10万円ぐらいですね。

約9ヶ月間で+4,335円の評価益なので、なかなか良い結果だと思っています。

その他、最適化バランス(マイディフェンダー)はSBI証券の投資信託積立キャンペーンで資産形成を始めよう(2017年1月)に便乗して買ったものです。

こちらも積み立ててますが、まだ運用歴が浅いこともあってプラスとマイナスを行ったり来たりしています(図3)。

最適化バランス(マイディフェンダー)の基準価額変遷

図3. 最適化バランス(マイディフェンダー)の基準価額変遷

3月15日~22日の値動きは、1万円投資を行うと1日あたり数円~60円程度値動きしたことを示します。

一括で買ったもの

短期ロシアルーブル債オープン(毎月分配型)は原油安のタイミングで買ったものです。

円とルーブル(ロシア通貨)の相場は、原油価格と強い関連が見られます。購入当時に比べて原油価格が高くなったため、円安ルーブル高になり、短期ロシアルーブル債オープン(毎月分配型)の評価額も高くなりました。

思えば2015年ごろから長らく持っていますね。

10万円で6,000円の利益は多い?少ない?

おそらくあなたは「たった6,000円か」と思うかもしれません。

「少額投資で一発当てたい」と考えるなら、わずか6,000円の利益はほど遠いからです。

しかし、以下の点を忘れてはいけません。

  • 銀行預金に比べたらはるかに高い運用成績
  • デイトレーダーのような売買は一切していない
  • 毎月数千円の投資額で得たリターンである

投資信託を利用した投資は、株価の変動の振り回されたり、毎日せわしく取引したりすることはありません。

特に積立投資なら、一時的な相場の不調も気にする必要さえもなくなります。

つまり、資産運用を始めることで生じる新たなストレスを最小限にして得た利益です。これぞ不労所得だと思うのですが、あなたはどう感じるでしょうか。

いつ利益確定(売却)する?

おそらく今から30年以上先です。

短期ロシアルーブル債オープン(毎月分配型)は償還期限(投資信託は償還日があるものと無期限のもののどちらを選ぶべき?)があるため、あと5年ぐらいしか保有できません。

投資信託の運用期間は長いほうが有利です(投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由)。

この6,000円を今すぐ手にするつもりはありません。

まとめ

以上をまとめると、

  • 投資信託に10万円投資して利益を出すことは可能
  • 積立投信でもちゃんと利益は出る
  • 長く運用することで利益の増大化を狙う

です。

個人的には投資信託の少額投資も十分利用価値があると感じますが、あなたはいかが感じたでしょうか。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

[少額投資信託編]

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

一般に、投資信託は年を超えるような長期の運用を通じて、ゆっくりとあなたの資産を増大化させます。 よほどハズレのファンドを選ばなければ、多くのファンドは利益を出してくれると筆者は考えています。

投資信託の積み立て!何かオススメある?

[少額投資信託編]

投資信託の積み立て!何かオススメある?

SBI証券で購入できる投資信託を例に、特に投信の積立購入にオススメのインデックスファンドをいくつか紹介してみます。 割と良く利用されているものなので、面白みが無いかもしれませんが、ぜひ定番的な投信として覚えていただくと良いと思います。

投資信託で失敗しないためにどうすればよいか?

[少額投資信託編]

投資信託で失敗しないためにどうすればよいか?

投資信託の失敗談を避ける1つの方法は分散投資です。地域も時間も分散させることでリスクの低減を目指します。

投資信託を始める前に知っておきたい3つのこと

[少額投資信託編]

投資信託を始める前に知っておきたい3つのこと

投資信託は販売する金融機関ごとに取り扱い商品とその手数料体系が異なります。 また積み立てて運用できることもご存知ですか?

投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由

[少額投資信託編]

投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由

長期投資がうまくいく理由は、運用が複利で行われるためです。リーマンショックのように50%超のマイナスリターンになる年があっても、運用益が乗っていると元本が割れにくいのです。

投資信託は何年運用し続ければよいのか?

[少額投資信託編]

投資信託は何年運用し続ければよいのか?

運用期間は長いほうが有利です。わずか数年の短期運用では時価の変動が大きく、プラスリターンにならない可能性があります

上に戻る

広告

広告

SBI証券ご利用の皆様へ

私たちの税制を有利に改正するためのアンケートにご協力ください!2~3分で完了します!

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。