10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

エクセルVBAを利用した積立投資信託用シミュレーションソフト

SBI証券で取得できる投資信託の基準価額データを利用して、過去のある一定期間に実在する投資信託に積み立てた際に得られるリターンを計算するエクセルシートを作ってみました。 まだグラフ描画などの高機能な機能はつけていませんが、同じ金額を同じ回数貯蓄した場合の金額との比較が可能です。

本エクセルシートは単独では利用できないので、必ずSBI証券で取得できる投資信託の基準価額データとセットで利用することになります。

公開:2016年06月10日 最終更新:2016年06月10日

[広告]

はじめに

投資信託の積み立てを行ったときに、どの程度の運用成果が得られるのかチェックできるエクセル向けソフトを作ってみました。

まだ試作段階なので、利便性は悪いです。

積立投資信託概算ツールについて

投資信託の過去の基準価額の変化を利用し、過去の特定期間に積み立てた場合に、現在どの程度の運用成果が得られているのか、を概算できるシミュレーションツールです。 将来の運用成績は保証できるものではありませんが、過去のリスクリターンをチェックすることはできると思います。

計算では毎月特定日に一定の金額を積み立てた場合に、積み立てることが出来た口数と、最新の基準価額に基づく現在の時価が表示されます。 また、同じ金額を同じ回数貯蓄した場合の総計値も表示されますので、貯蓄に対して積立の結果が成功か失敗か比べることができます。

現在のところ、ボーナス月の設定や、途中で積立金額を変えた場合、また分配金を出す投資信託への対応は行っていません。

基準価額データはSBI証券で取得可能な基準価額のCSVファイルを利用します。 本ファイルでは基準価額データをもたないため、単独では利用できません。 必ず、SBI証券で取得可能なCSVファイルとセットで利用します。

その代わり、データを自分でインプットできるため、SBI証券で買付可能な投資信託は全てチェック可能なはずです。

計算ツールはエクセルVBAを利用します。 利用のためにパソコン及び、エクセルが必要です。

使い方

積立投資信託概算ツール.xlsm

積立投資信託概算ツール.xlsm

積立投資信託概算ツール.xlsmをダウンロードします。 ダウンロード後に任意の場所に置きます。

マクロの警告画面

マクロの警告画面

積立投資信託概算ツール.xlsmを立ち上げると、マクロの警告画面が表示される場合があります。 マクロを有効にするを選択してください。

起動画面

起動画面

マクロを有効にするを選択するとエクセルの画面が表示されます。

表のうち、A列からD列にSBI証券からダウンロードできる基準価額データをそのまま貼り付けます。 図では参考にニッセイ日経225インデックスファンドの例を示しています。 A9のセルに年月日が表示されるようにします。

入力画面と操作機能

入力画面と操作機能

以下のような手順で操作します。

  1. G4セルとG5セルに積立開始日と終了日を入力します(入力フォーマットは必ず20160610など8桁の半角整数)
  2. G6セルに1回あたりの積立金額を入力します(入力フォーマットは必ず半角整数)
  3. G7セルに毎月の積立日を入力します(入力フォーマットは必ず半角整数)
  4. A列からD列に基準価額データを貼り付けます
  5. データ数取得ボタンをクリックし、基準価額データの数を数えます(少し時間がかかります)
  6. 口数再計算ボタンをクリックし、1回あたりの積立金額で購入できる口数を計算します。積立金額を変えた場合には、再度このボタンをクリックして再計算してください。
  7. 計算開始ボタンをクリックすると、積立回数や積立口数などのセルが埋まります。

将来的にはグラフ描画機能もつけて、より検証に利用しやすくする予定です。

既知のバグ

今月の積立日がまだ来ていない場合(例えば積立日が10日で、基準価額データが5日までしかないようなケース)、そこで計算が終わってしまうために、正常な結果が返りません。 SBI証券でデータを取得する際に、例えば5月31日までなどと、キリの良い数字でダウンロードすることをお勧めします。

プログラムがループにはまっていると感じた場合には、ESCキーを長押ししてください。 処理を中断することができます。

まだエクセルVBA経験者向けのプログラムになっているかもしれません。

ダウンロード

積立投資信託概算ツール v0.01

利用は無料です。 二次配布はご遠慮ください。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

サムネイル

[投資信託導入]

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

投資信託は、約1万円程度から手軽に購入できる金融商品で、10万円の資産運用を始める際にもおすすめです。

サムネイル

[少額投資信託編]

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

「純資産 / 口数 = 基準価額」の公式に基づき、基準価額と純資産額の推移から投資信託の特徴を推定してみます。

サムネイル

[少額投資信託編]

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「売れているから儲かる」とは限りません。

サムネイル

[少額投資信託編]

分配型投信から分配金を貰うときに注意しておきたいこと

分配金欲しさで投資信託を選ぶのであれば、きちんと普通分配金が貰えそうかという点を考えることをお勧めします

サムネイル

[10万円で行う少額株式投資編]

私が株式投資を始めた理由

資産運用に興味を持った筆者が株式投資を始めるまでにいろいろ考えたお話です。

上に戻る

[広告]
[広告]

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

投資信託各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。