FXで祝日の暇つぶしを?1日デイトレーダー体験もできるよ!

ゴールデンウィークやシルバーウィークといった大型連休であっても、世界が土曜日、もしくは日曜日でなければ、FXは取引可能です。 どこかにお出かけする予定も無く、暇つぶしのネタに困っているのであれば、一日デイトレーダーなんかやってみてはいかがでしょうか。

祝日は機関投資家の参加がなくなるために、商いが薄くなります。 特に、アメリカ市場が祝日でお休みの場合には、その傾向が強いです。

祝日では取引は出来るものの、入金サービスは止まっている場合があります。 口座に入金する必要があれば、それは祝日になる前に行っておくのが良いです。

公開:2016年4月21日 最終更新:2016年4月21日

[広告]

はじめに

FXは、祝日であっても、それが土日でなければ取引出来ます。 例えば、ゴールデンウィークやシルバーウイークのような大型連休でも取引可能です。

株などの金融取引に興味があるけども、日曜と祝日ぐらいしか暇が無い、というあなたにオススメです。

なぜ祝日でも取引できるの?

為替取引は世界中で行うため、日本の祝日は関係ないからです。 世界が土曜日、もしくは日曜日でなければ、たとえ日本やアメリカが祝日であっても、為替相場は動いています。

一方、株式市場など、一国の中だけで取引を行う金融商品は、祝日はお休みになります。

例えば、日本の株式市場はゴールデンウィーク期間はお休みです。 同様にアメリカの市場も、アメリカの祝日(例えば、2月のWashington's Birthdayなど)もお休みです。

なので、例外的に取引ができるFXが祝日の暇つぶしには最適なのです。

祝日取引の特徴

祝日は機関投資家の参加しないために、取引は薄くなります。

ただ、日本が祝日の場合には、これといって明確な差異が無いように感じます。 もともと、ヨーロッパ、アメリカ組みが参入してくる夕方や夜間に比べて、東証が開いている時間の取引は少ないようです。

一方、ヨーロッパやアメリカなどが祝日の場合は、明確に取引が薄くなる傾向にある気がします。

祝日取引の注意点

市場参加者が減ると、時に極端な値がつく場合があります。 あなたが大きな額を運用している場合には、あなたが買う(売る)ことで為替レートが変化する、といった影響を与える可能性があります(もちろん、10万かそこらの取引額ではありえません)。

また、平日よりも流動性が低くなる為に、意図しないレートでの約定もありえます。 このあたりは参加者の少ない株式市場の銘柄と同じですよね。

入金遅れに注意

取引業者は営業しているが、その口座へ振り込むためのサービスが停止している場合があります。 入金が必要な場合には、祝日になる前に入れておくのが良さそうです。

まとめ

というわけで、祝日取引にまつわる話題でした。 ゴールデンウィークなど、祝日の暇つぶしを求めているなら、FXはいかがでしょうか。

ちなみに、専門のFX業者でも、証券口座経由のFXでも祝日取引は可能です。

例えば、2016年のゴールデンウィークでは、SBI証券では4月30日(土)、5月1日(日)、5月7日(土)、5月8日(日)がお休みです。 外為ジャパンやDMM FXも同じです。

外為ジャパンの場合、振み込み入金が反映されるのは、5月2日(月)と5月6日(金)のみです。 クイック入金サービスは原則利用可能ですが、取引する銀行によっては使えない場合もあります。

ので、お金は連休に入る前に入れておくのがオススメです。

もし、暇つぶしのネタが無ければいかがでしょうか。

上に戻る

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

10万円FXにおすすめのFX業者

筆者はDMM.com証券が運営する外為ジャパンを利用しています。 全通貨ペアとも1,000通貨から取引でき、スプレッドも狭いため、デイトレ向きの業者と言えます。 パソコン上でプレミアチャートを利用し、テクニカルを駆使して取引したい方に向いています。 もちろんスマホやタブレットでの取引にも対応しています。
DMM FXと外為ジャパンのおすすめポイントをご紹介します

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

サムネイル

[少額FX編]

FXの始め方。10万円でFXってできるの?

10万円からでももちろんFXを始めることができます。 ドル円ペアで、1ドル120円ならば、20,000通貨保有できます。 1ドルが1円動けば1万円の損益です。

サムネイル

[少額FX編]

高金利通貨を運用して毎日お金を増やす方法

FXは外国為替を1,000通貨や10,000通貨という大きい単位で取引するため、各国の政策金利の差(スワップ)で利益を得ることが可能です。 特に、新興国通貨を利用すれば、10,000通貨だけで1日50円程度のスワップがつくこともあります。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

カテゴリーリンク

カテゴリー内記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。