デジタルツール(スマホ、タブレット、パソコン)で株取引や資産運用する方法

ここでは、スマホやタブレットを用いた株取引や資産運用の仕方をご紹介します。 スマホやタブレット端末の普及に伴い、それだけで取引を完結させるユーザーも多くいらっしゃいます。

スマホやタブレット端末で株取引を行うためには、ネットへ接続する必要があります。 そのため、ネット証券の利用方法というより、スマホやタブレットの使い方やネットへの接続方法などがメインの話題になる予定です。

公開:2015年4月5日 最終更新:2016年3月07日

[広告]

コンテンツリスト

スマホ派?タブレット派?パソコン派?株式やFXの取引に適した端末はどれ?

サムネイル

[デジタルツール導入編]

スマホ派?タブレット派?パソコン派?株式やFXの取引に適した端末はどれ?

スマホやパソコンは現在の株式の売買やFXに必須です。取引ツールとしてそれぞれの端末を利用する上でのメリットとデメリットをご紹介します。

Android派?iOS派?Windows派?株式やFXの取引に適したOSはどれ?

サムネイル

[デジタルツール導入編]

Android派?iOS派?Windows派?株式やFXの取引に適したOSはどれ?

モバイル端末はAndroidやiOSなどのOSで違いがあります。株式売買やFXに利用する際の特徴を紹介します。

格安スマホで株取引。興味ある?

サムネイル

[スマホ編]

格安スマホで株取引。興味ある?

投資経験者なら1度は注目したであろうMVNOと格安スマホを利用した株取引についてご紹介します。

スマホで投資や資産運用を始めるには「何ギガ(GB)」必要?

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めるには「何ギガ(GB)」必要?

AndroidやiPhoneなど、スマホのスペック表にはギガバイト(GB)で示される数値が出てきます。 この数値は、動画や写真などを保存するためのストレージの大きさと、アプリを動作させるために必要な、一時的なメモリの大きさを示しています。

スマホで投資や資産運用を始めると「何ギガ(GB)」通信量使うの?

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めると「何ギガ(GB)」通信量使うの?

SBI証券が提供するHYPER株アプリの通信量を測定し、標準的な利用で想定される通信量の算出を行ったところ、多めに誤差を見ても0.1ギガバイト、最も過度に使ったとしても、0.89ギガバイトと得られました。

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?

サムネイル

[タブレット編]

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?

外出時にタブレット端末で株取引を行うためには、無料Wi-Fiスポットを利用するか、専用のデータ通信端末を利用するかの2つが考えられます。

室内でタブレット端末を用いて株取引がしたい!

サムネイル

[タブレット編]

室内でタブレット端末を用いて株取引がしたい!

室内でタブレット端末で株取引を行う方法として、Wi-Fi機能を持つ無線ルーターを利用して株取引を行うまでの流れを簡単にご紹介します。

株取引/FXに適したタブレット端末ってある?

サムネイル

[タブレット編]

株取引/FXに適したタブレット端末ってある?

株取引に適したタブレット端末の選び方をご紹介します。特にこだわりが無ければ、安価なAndroid端末がオススメです。

株やFXを始めるのに必要なパソコンの性能は?

サムネイル

[パソコン編]

株やFXを始めるのに必要なパソコンの性能は?

株取引に適したパソコンの選び方をご紹介します。現在市販のモデルが1台あれば十分で、モニターを何台も買い揃える必要もありません。

マルチディスプレイ対応の株取引用パソコンってどこで手に入るの?

サムネイル

[パソコン編]

マルチディスプレイ対応の株取引用パソコンってどこで手に入るの?

株の売買や為替取引でどうしてもディスプレイを3枚も4枚も並べたくなったら。

パソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策

サムネイル

[パソコン編]

パソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策

パソコン(Windows)で資産運用を行う際、経済的なリスク以外に、パソコンやインターネットが抱えるセキュリティリスクを意識する必要があります。 リスクを放置した場合、パソコンが破壊されたり、あなたの資産を失ったりする可能性があるからです。

普通のパソコンでも投資信託や株式売買できる?

サムネイル

[パソコン編]

普通のパソコンでも投資信託や株式売買できる?

「普通のパソコン」、すなわち家電量販店でも売っているような国内メーカー製パソコンでも、株や投資信託を売買ができます。 初めてパソコンを買うけど、インターネットのセキュリティソフトウェアもよくわかないあなたには、国内メーカー製パソコンが最適です。

株取引用に国内メーカー製パソコンを買うなら?富士通WEB MARTから選んでみた

サムネイル

[パソコン編]

株取引用に国内メーカー製パソコンを買うなら?富士通WEB MARTから選んでみた

「普通のパソコン」、すなわち家電量販店でも売っているような国内メーカー製パソコンのうち、富士通製パソコンを選んでみました。 株や投資信託の取引を前提に選んでいますが、わりと筆者の好みが出ている気がします。

株式用に適した2-in-1(タブレット変形可能な)パソコンってある?

サムネイル

[パソコン編]

株式用に適した2-in-1(タブレット変形可能な)パソコンってある?

最近種類が増えてきた2-in-1パソコンについて紹介。もちろん株式や投資信託の売買も出来ますが、単にそれ目的では2-in-1を選ぶ理由は弱いと思います。 Windowsにこだわる理由は何かありますか?

Macでも株取引や資産運用ってできる?

Macでも株取引や資産運用ってできる?

[パソコン編]

Macでも株取引や資産運用ってできる?

Mac(およびLinux)でもウェブブラウザを通じて株や投資信託などの金融商品を売買できます。 一方、デイトレーダーが利用する専用のデイトレツールはWindowsのみ対応が多く、提供が限られています。

資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceで

資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceで

[パソコン編]

資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceで

Microsoft Surfaceは余計な装飾のないハイスペックなWindows PCです。 ノートPCとしてもタブレットとしても利用できるため、場所を選ばない機動性も魅力です。

資産運用目的のパソコンをインターネットに接続するには

資産運用目的のパソコンをインターネットに接続するには

[インターネット編]

資産運用目的のパソコンをインターネットに接続するには

株取引やFX目的にパソコンを購入したらインターネット接続を。 契約にともない料金が発生します。

[広告]

NEC Direct(NECダイレクト)LAVIE Direct HZ(D)

[広告]

上に戻る

デジタルツールとは?

本コラムでは、株式投資やFXに利用可能なパソコンやガジェット(スマホ、タブレット)の総称として、「デジタルツール」と呼称します。 現在の株取引やFXでの売買は、これらデジタルツールを用いたインターネット経由での取引が一般的で、今後もさらに普及していくものと考えられます。

本コラムをご覧の方は、あまりパソコンやスマホなどに詳しくなく、インターネット経由での取引に不安を感じていらっしゃるかもしれません。 しかしながら、現在の取引は、市販されているどんな端末であっても、ネット接続さえすれば取引可能、と言えるほど敷居が低いものです。 加えて、Amazonで商品を買うような感覚で売買できますから、心配不要です。

是非、この機会にパソコンやスマホなどに慣れてみてください。

スマホやタブレットで株取引やFX、投資信託ってできるの?

もちろんできます。 証券会社やFX業者がモバイルサイトやスマホアプリを用意しているとさらに使いやすいです。

ネットで取引を行う証券会社やFX業者は、その全てがモバイルサイトやスマホアプリを用意していると考えていただいて良いと思います。

一方、対面式の旧来の証券会社では、対応が遅れている(対応予定にない?)ように思います。

筆者はSBI証券のモバイルサイトやスマホアプリ(FX用)、外為ジャパンのスマホアプリを用いての取引経験があります。

スマホやタブレットを使った外出中の取引について

多忙な日常を送るビジネスマンにとって、株式やFXに最適なツールは、パソコンよりもスマホやタブレット端末だと思います。 特に、通勤中にタブレット端末を利用して、株式の売買をしたいとお考えの方は多いかもしれません。

スマホは、携帯電話会社の契約を通じて、既にネットに繋がっていると思いますので、説明不要だと思います。

一方、タブレット端末で株式を売買するためには、インターネットに接続する為のちょっとした準備が必要です。 詳細は、タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?室内でタブレット端末を用いて株取引がしたい!をご覧ください。

パソコンで株取引やFX、投資信託ってできるの?

デュアルモニター環境

筆者宅の取引環境

もちろんできます。

よほど田舎の証券会社でない限り、ウェブサイトと取引ツールが用意されています。 心配は不要です。

筆者は普段、パソコンを通じてSBI証券やみずほ証券で取引を行っています。 スマホやタブレットを利用するのは、外出時が多いです。

どんなパソコンが良いの?

あなたがデイトレを行わず、長期的な資産運用を前提にしていたり、人生で初めてパソコンを購入されるのでしたら、国内メーカーのパソコンがオススメです。 詳細は、普通のパソコンでも投資信託や株式売買できる?をご覧ください。

一方、マルチディスプレイを設置し、デイトレーダーのように取引を行うのであれば、相応のパソコンが必要です。 こちらは、マルチディスプレイ対応の株取引用パソコンってどこで手に入るの?をご覧ください。

一般に、マルチディスプレイを設置するためには、多画面出力可能なグラフィックボード搭載型のデスクトップ型を準備することになります。 少々パソコンに対する知識が必要になりますので、まったく初めてパソコンを買う方には敷居が高くなっています。

筆者別サイトもよろしくね!

インストックネットは金融商品紹介がメインのサイトなので、より詳しい話は別サイトにまとめることにしました。

FXパソコン入門
FXパソコン入門

FXや株などの金融商品取引を行う際のパソコン選定にまつわるサイトです。 どちらかというば、ディスプレイを何枚も設置して取引したいトレーダー向けのネタになっています。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

[広告]
[広告]

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

カテゴリー内リンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。