資産運用目的のパソコンをインターネットに接続するには

パソコンを買ったものの株やFXができないという話があります。おそらく単にインターネットに繋がっていないだけです。

パソコンをインターネットにつなぐ方法はいくつかあります。

  • OCN光など優先式のインターネット回線を契約
  • UQ WiMAXなどのワイヤレスのモバイル回線を契約
  • 格安SIMを利用したモバイルルーターを契約
  • ケーブルテレビとセットで契約

いずれも通信事業者との契約が必要です。契約に伴い、月額の使用料金が発生します。

最も安定的な通信を享受できるのは、OCN光など有線式のインターネット回線を契約することです。ワイヤレスのモバイル回線は通信の安定性、及び通信速度で有線式のインターネット回線に劣ります。

一方、UQ WiMAXなどワイヤレスのモバイル回線は屋内外問わず利用できるのが強みです。有線式のインターネット回線は当然屋外に持ち運べません。

ライトな資産運用目的ならどれを選択しても良いです。回線の速度や安定性はあまり重要ではないからです。

一方、デイトレーダーのような短期売買に憧れるなら、有線式のインターネット回線をオススメします。不安定な回線は取引に支障をきたすからです。

ちなみに筆者はOCN光と契約しています。シェアトップの事業者ですので、困ったらチェックしてみて。相談すれば、あなたの自宅に適した環境を提案してくれるはずです。

公開:2017年01月14日 最終更新:2017年02月23日

[広告]

株取引用パソコンをインターネットにつなぐ4つの方法

いくつか方法があります。

  • OCN光など固定のインターネット回線を契約
  • UQ WiMAXなどのワイヤレスのモバイル回線を契約
  • 格安SIMを利用したモバイルルーターを契約
  • ケーブルテレビとセットで契約

OCN光など固定のインターネット回線を契約

自宅に光ファイバー回線(建物によってはメタル回線もあります)を敷設し、パソコンのイーサネットコネクタにLANケーブルを接続してインターネットを利用します。高速度で安定性の高さが魅力です。

敷設工事は業者が行いますので、私たちはサービス事業者に問い合わせるのみです。

固定のインターネット回線を利用する場合には、

  • 回線使用料
  • プロバイダ契約料(契約するインターネットプロバイダ次第)

の2つの契約料が発生します。この契約料はあなたの住宅の構造や契約するプロバイダによって変わります。

後者のプロバイダとはインターネット接続サービスを提供する事業者のことで、必ず一社契約する必要があります。言い換えると、単に光ファイバー回線のコネクタにケーブルを挿すだけではインターネットは利用できません。

UQ WiMAXなどのワイヤレスのモバイル回線を契約

スマホ同様、近所の基地局と電波で通信することでインターネットを利用します。ワイヤレスで物理的な制約を受けにくいのが魅力です。

このサービスを利用するにはUQ WiMAXやBroadWiMAXなどWiMAXサービス提供事業者との契約が必要です。当然ながら月額での通信料金が発生します。

WiMAXを利用できるかは、あなたが基地局のエリア内に住んでいるかに依存しています。よほどの山奥でなければ大丈夫ですが、ビル街では電波が届きにくいなど安定性に劣る場合もあります。

格安SIMを利用したモバイルルーターを契約

こちらもUQ WiMAX同様に、近所の基地局と電波で通信することでインターネットを利用します。やはりワイヤレスで物理的な制約を受けにくいのが魅力です。

近年は格安SIMとSIMフリーのモバイルルーターのセットも販売されています。速度に劣りますが、月額料金を安価にできるのが魅力です。

リスクはビル街では電波が届きにくいなど安定性に劣る点です。

ケーブルテレビとセットで契約

ケーブルテレビを利用しているとセットでインターネットに申し込める場合があります。あなたがケーブルテレビを契約している場合には、契約先に問い合わせてみてください。

どうするのが良いか

ライトな資産運用目的ならなんでもOK

判断ポイントはいくつかあります。

  • 宅内でのみ利用するか
  • 宅内でも屋外でも利用するか

あなたが購入したパソコンを宅内でも屋外でもインターネットに接続したい場合、ワイヤレスのモバイル回線が必要です。高速度の通信サービスを提供するWiMAXや、速度は劣るが安価に運用できる格安SIMとSIMフリーのモバイルルーターを用意するのが良いです。

一方、宅内でのみ利用する場合には、固定の光回線があると便利です。WiMAXやその他のモバイルルーターも使えますが、光回線の速度と安定性には敵いません。

  • 契約料を安価に抑えたい
  • 多少高額でも安定性や速度を重視したい

先に述べたように、格安SIMを利用すると月々の契約料を安価にできます。例えばOCNモバイルONEのデータ通信専用SIMは月額900円(税込み972円)から利用できます。

一方、WiMAXは4,000円前後、光回線は回線使用料とプロバイダ料込みで6,000~7,000円程度になるかもしれません。

デイトレがしたい場合は光回線を

あなたがパソコンを利用して専業のデイトレーダーになりたいならば、多少無理してでも光回線を契約したほうがよいです。速度の低下や不安定性は取引に支障をきたす可能性があるからです。

誤解しないでほしいのですが、本格的にデイトレードで飯を食べたいときには光回線がよい、という話です。

株やFXをやるために光回線は必須ではありません。ライトな取引ではインターネットにつながっていれば何を選んでも良いのです。

毎月の契約料金が6,000~7,000円になっても専業トレーダーなら経費にできますよ。

フリーのWi-Fiスポットも利用できるよ

あなたが購入されたパソコンがノートパソコンの場合、フリーのWi-Fiスポットにてインターネットを接続することができます。サービス提供エリアまでノートパソコンを持って行くのです。

この話はタブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?をノートパソコンに置き換えてお読みください。

インターネットをつなぐ前にやること

パソコンに必ずセキュリティソフトをインストールしてください(関連してパソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策)。特にWindowsパソコンをセキュリティソフトなしにネットに接続するとごく短時間でウイルスに感染する可能性があります。

金融取引にオススメのセキュリティソフトは別途記事にします。

まとめ

以上をまとめると、

  • パソコンで株やFXをやるためにはインターネット接続が必要
  • ネット接続は固定回線かワイヤレス回線の契約を
  • ネットにつなぐ前にセキュリティソフトをインストールすること

です。

なお、筆者はNTT + OCNの光回線を契約しています。料金が高いのがネックですが、速度や安定性は満足しています。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

初めての資産運用目的パソコンを選ぶなら

様々なパソコンの中でもMicrosoft社のSurfaceシリーズは性能が高く、初めての1台としてもオススメ。 タブレットとしても利用できるため、いつもの取引環境をそのまま屋外に持ち出せます。
初めての資産運用では、マルチディスプレイを6枚も8枚も並べる必要はありません。
詳しくは、資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceででご紹介します。

[広告]

[広告]

パソコン工房外為パソコン

関連記事

サムネイル

[デジタルツールで株取引やFXをする方法]

スマホ派?タブレット派?パソコン派?株式やFXの取引に適した端末はどれ?

スマホやパソコンを利用すれば株式の売買やFXを始めることができます。取引ツールとしてそれぞれの端末を利用する上でのメリットとデメリットについてご紹介します。

サムネイル

[デジタルツールで株取引やFXをする方法]

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?

外出時にタブレット端末で株取引を行うためには、無料Wi-Fiスポットを利用するか、専用のデータ通信端末を利用するかの2つが考えられます。 SIMフリー端末であればMVNOとの契約で、取引を行うことも可能です。

サムネイル

[デジタルツールで株取引やFXをする方法]

タブレット端末を用いて自宅内で株取引やFXを始めるまでの流れ

室内でタブレット端末で株取引を行う方法として、Wi-Fi機能を持つ無線ルーターを利用して株取引を行うまでの流れを簡単にご紹介します。

サムネイル

[パソコン編]

マルチディスプレイ対応の株取引用パソコンってどこで手に入るの?

株の売買や為替取引でどうしてもディスプレイを3枚も4枚も並べたくなったら。

サムネイル

[パソコン編]

パソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策

パソコン(Windows)で資産運用を行う際、経済的なリスク以外に、パソコンやインターネットが抱えるセキュリティリスクを意識する必要があります。 リスクを放置した場合、パソコンが破壊されたり、あなたの資産を失ったりする可能性があるからです。

サムネイル

[パソコン編]

普通のパソコンでも投資信託や株式売買できる?

「普通のパソコン」、すなわち家電量販店でも売っているような国内メーカー製パソコンでも、株や投資信託を売買ができます。 初めてパソコンを買うけど、インターネットのセキュリティソフトウェアもよくわかないあなたには、国内メーカー製パソコンが最適です。

サムネイル

[パソコン編]

株取引用に国内メーカー製パソコンを買うなら?富士通WEB MARTから選んでみた

「普通のパソコン」、すなわち家電量販店でも売っているような国内メーカー製パソコンのうち、富士通製パソコンを選んでみました。 株や投資信託の取引を前提に選んでいますが、わりと筆者の好みが出ている気がします。

サムネイル

[パソコン編]

株式用に適した2-in-1(タブレット変形可能な)パソコンってある?

最近種類が増えてきた2-in-1パソコンについて紹介。もちろん株式や投資信託の売買も出来ますが、単にそれ目的では2-in-1を選ぶ理由は弱いと思います。 Windowsにこだわる理由は何かありますか?

サムネイル

[パソコン編]

Macでも株取引や資産運用ってできる?

Mac(およびLinux)でもウェブブラウザを通じて株や投資信託などの金融商品を売買できます。 一方、デイトレーダーが利用する専用のデイトレツールはWindowsのみ対応が多く、提供が限られています。

資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceで

[パソコン編]

資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceで

Microsoft Surfaceは余計な装飾のないハイスペックなWindows PCです。 ノートPCとしてもタブレットとしても利用できるため、場所を選ばない機動性も魅力です。

サムネイル

[10万円資産運用編]

パソコンを利用した株の始め方

パソコンを利用した株の始め方を紹介します。 資産運用定番のツールはやはりパソコンです。 その代わり、インターネットへつなぐことへのセキュリティリスクにはご注意。

サムネイル

[個人投資家ってどんな人たち?]

デイトレーダーになるには?

デイトレーダーになりたいと思うのでしたら、1日お休みを取って、トレード漬けになってみることをオススメします。 やってみると意外と楽しめるかも?

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

カテゴリー内リンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。