10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?

投資信託は、その買い方によって1回の購入金額を1万円以内に抑えることが可能です。

  • 金額買い付けで1万円と指定して買う
  • 基準価額が1万円以下の投資信託を口数買い付け

はじめての投資で10万円を投資するなんてとんでもない!とあなたが考えるなら、投資信託の1万円スポット買いから投資デビューをオススメします。

また、投資信託には月額500円からの積立制度(月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資)もあります。 1回のスポット買いで利益を狙うよりも、定期的な積み立てを通じて緩やかに資産を増大化させていくのが現実的な運用です。

ぜひ1万円でのスポット買いと、毎月500円からの積み立てで利益を狙ってみてください。

ちなみに銀行やゆうちょで投資信託を買うのは手数料面で不利なので、証券会社を通して買うのがオススメです。 ネット証券なら500円の積立買いも併用できますよ!

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2014年12月16日 最終更新:2016年08月25日

[広告]

はじめに

あなたが、たとえ10万円でも金融商品を購入するのは難しいと考えるなら、1万円以内でお試しでやってみるのがお勧めです。 仮に全損しても1ヶ月お小遣い無しでなんとかなりますよね。

1万円以内で購入できる商品の1つに投資信託があります。 その最少購入額は月々500円の積立投信です。

積み立てについては月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資で紹介しているため、以下では1万円以内で1回限りの購入(スポット購入)に限ったケースをご紹介します。

仮に、年利10%で運用できても11,000円ですから、資産運用「ごっこ」的なニュアンスですけどね。

1万円以内で投資信託を買う方法

投資信託の売買は投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?で述べているように、

の3種類があります。

積み立てを除く2つのケースで、投資額を1万円以内に抑える方法を見てみましょう。

1万円からの金額買い付けを選ぶ場合、1万円で買える口数を買い付けます。 例えば、投資信託の価格である基準価額が1万口あたり5,000円ならば、1万円で2万口購入可能です。

1万口からの口数買い付けならば、万口の基準価額に相当するお金を支払います。 この場合は支払う金額が流動的で、基準価額が8,000円ならば、支払額は8,000円ですが、基準価額が12,000円ならば、支払額が1万円を超えるため、1万円以内では購入できません。

つまり、口数買い付け時は1基準価額が1万円以下のものを選択する必要があります。

まとめると、

  • 金額買い付けで1万円と指定して買う
  • 基準価額が1万円以下の投資信託を口数買い付け

が、1万円以内で投資信託を買う方法です。

これなら金額的なハードルがとても低いですよね。

手数料に注意

投資信託の選び方②。できるだけ手数料がかからない投信を選びたい!で述べているように、投資信託には特有の手数料があります。 中には、数%の購入手数料が生じるものもあります。

購入手数料が生じる投資信託は、たとえきっちり1万円の投信を選んでも、1万円 + 手数料分の費用が必要になる場合があります。 特に、銀行や証券会社の窓口で投資信託を買う場合には注意が必要です。

  • 金額買い付け・・・購入金額は変わらない代わりに、購入口数が減る
  • 口数買い付け・・・基準価額に手数料分が上乗せ

となります。 いずれにせよ、なるべく手数料の安価な(もしくは手数料がかからない)投資信託を選んだほうが良いです。

1万円で投資信託を購入するとどの程度利益が出る?

では、1万円で投資信託を購入すると、どの程度利益が出るのかをご紹介します。

下記は、2014年12月現在で筆者が保有している投資信託です(画面はSBI証券のものです)。 3種類保有しており、簡単に上からご紹介します。

なお、記述した利回りはスクリーンショット取得時点で、将来も同じ運用成績が続くとは限りません。 同じファンドを買ってもあなたも儲かるとは限らないです(理由は投資信託は儲かる?やめたほうがよい?)。

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型)

1万口を口数で購入した投資信託です。 1万円の枠を超えてすみませんが、購入金額は11,697円です。

損保ジャパン・グローバルREITファンドは、主に北米のREIT(不動産投資信託)に投資を行います。 毎月分配金が支払われる「毎月分配型」と呼ばれる投資信託です。

半年ほど保有してしますが、およそ800円程度の普通分配金(分配型投信から分配金を貰うときに注意しておきたいこと)を得ています。 利回りは7%程度です。

eMAXIS バランス(8資産均等型)

eMAXIS バランス(8資産均等型)は、株式や債券など様々なジャンルに投資を行う投資信託です。 詳しくは、投資信託の積み立て!何かオススメある?で紹介しています。

損保ジャパン・グローバルREITファンドとは異なり、分配金を出さない代わりに、基準価額を大きく上げようとする投資信託です。 毎月1,000円ずつ積み立てを行っており、画像の時点で4,000円積みあがっています。

今取り崩すと4,231円になりますので、利回りは5%程度です。

SBIグローバル・ラップファンド

1万口を口数で購入した投資信託で、購入金額もちょうど1万円です。

話題の富裕層向けサービス「ラップ口座」のエッセンスを味わえる投資信託ということで、半分ブログ記事のネタとして購入してみました。 ただしその本質はeMAXIS バランス(8資産均等型)と似た、株や債券など様々な商品に投資する投資信託です。

画像では、この投資信託の評価額は1万円を割っています。 利回りはマイナス1%程度になります。

投資信託を買うときおすすめってある?

1万円の投資なので、好きなものを買えば良いと筆者は考えますが、一応ご紹介しておきます。

とりあえず困ったら、分配金を出さないバランス型のファンドをオススメします。 投資信託の積み立て!何かオススメある?で紹介している、

  • SBI資産設計オープン(資産成長型) (愛称:スゴ6)
  • 世界経済インデックスファンド
  • eMAXIS バランス(8資産均等型)

あたりです。

バランス型のファンドは、それ1つで様々な資産セクターに分散投資できる便利な投資信託です。 信託報酬が少々高い非効率性もあるものの、簡単に分散投資できるのですから、私たちの手を煩わせることがありません。

基本的に、筆者は初めての投資信託でのオススメは?と問われたら、上述のようなバランス型のファンドを挙げることにしています。

利益確定は、投資信託の価額が購入時以上に高くなったタイミングで行います。 数日や1週間程度では大した利益になりませんが、長期的に保有し続けることで少しずつ値を挙げてくるはずです。

投資信託は必ず儲かる?

がまぐち

「投資信託は投資のプロが運用する」と表されることも多いため、「投資信託は必ず儲かる」といった誤解があります。 しかし、実際には損をしてしまうケースもあります。

投資信託の基準価額は、ファンドが保有する株や債券の時価にも左右されるため、日本や世界の株価や債券価格が下落すれば基準価額も下落します。 投資信託はそのような基準価額のアップダウンも考慮して利益を出して行く金融商品です。

ほったらかしでも利益は出ますが、常時ほったらかしは拙い場合もあるのです。

逆に購入に注意を要する投資信託は?

以下のようなものはあまり利益が出ないかもしれないです。

信託報酬など手数料が高すぎるもの

手数料が高いものは、低いものに比べて利益が出にくくなります。 手数料を支払うことは、支払った額だけあなたの運用成績がマイナスになることを意味します。

運用期間中に生じる信託報酬の場合、筆者の定性的な目安として、1.0%程度より上か下かで考えることが多いです。 さすがに2%を超えてくると「高いな」と止めることが多いです。

毎月分配型は分配金に惑わされないように注意

毎月分配型の投資信託は、その高い利回りから人気が高い商品です。 しかし、特別分配金(いわゆる払い戻し)が出やすい投資信託も多く、しっかり利益が出るかは見極めが難しいです。

投資信託、最初は何を買う?お試しファンド運用例の話題は1万円以内で毎月分配型を買う話です。

将来的に毎月分配型をたくさん買いたいなら、少し投資信託に関しての勉強をされることをおすすめします。 絶対に分配金の額だけで選んではダメです。

特定のテーマに集中的に投資するもの

特定のテーマに集中的に投資するものは、話題性がある時は強いものの、飽きられると売られてしまうという欠点があります。 すると基準価額が下落しやすくなり、損失を出しやすくなります。

最近だとシェールガス関連銘柄などがそうかもしれません。

ブルベアファンドなど特殊なファンド

ブルベアファンドなど特殊なファンドは、初めて投資信託を購入しようとしている方にはお勧めいたしません。 運用に慣れてから購入されることをおすすめいたします。

まとめ

1万円での資産運用例として、ここでは1万円で投資信託を購入することについてご紹介しました。

実際のところ、10万円での運用も、1万円での運用でも、購入口数が少し違うぐらいの差異しかありません。 1万円での運用に慣れれば10万円でも運用していけるはずですから、運用に慣れてきたら少し買い足しても良いと思います。

最初に述べたように、月々500円から購入できる積立制度(月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資)もあります。 投資信託は、1回ぽっきりの購入で利益をだすよりも、定期的な購入で利益を狙うほうが現実的な運用です。

ぜひ1万円でのスポット買いと、毎月500円からの積み立てで利益を狙ってみてください。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[1万円資産運用編]

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

月々500円から積立できる投資信託をご紹介します。 1万円で安全に資産運用をするなら鉄板の金融商品です。

サムネイル

[1万円資産運用編]

1万円から始める個人向け国債

1万円から購入できる個人向け国債についてご紹介します。 積極的に資産を増やすのは苦手ですが、様々な金融商品の中で安全性が高いのが特徴です。

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

[10万円資産運用編]

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

オススメの資産運用はあなたの属性や年齢、年収を問わず開始できる積立投信。長期・分散・積立の3本柱で資産を築きます

サムネイル

[10万円資産運用編]

1000円から始める超初心者向けお手軽投資

NISA口座とETFを組み合わせれば、取引手数料なしに1,000円台からの投資を実現できます。 お手軽に投資をしてみたい場合、投資に不安を抱く初心者の練習にも最適です。

サムネイル

[投資信託の選び方]

種類とリスクから見る投資信託の選び方

投資信託を選び方として、投資信託がどのような投資対象に投資しているのかをご紹介します。

サムネイル

[投資信託の選び方]

投資信託の取引で発生する3つの手数料とは何か

投資信託運用時に生じる費用として、買付手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つがあります。 これらがどういう場面で発生し、どう考慮すればよいのかをご紹介します。

サムネイル

[投資信託の選び方]

投資信託の選び方③。基準価額と純資産だけで選ぶ方法

「純資産 / 口数 = 基準価額」の公式に基づき、基準価額と純資産額の推移から投資信託の特徴を推定してみます。

サムネイル

[少額投資信託編]

投資信託は儲かる?やめたほうがよい?

一般に、投資信託は年を超えるような長期の運用を通じて、ゆっくりとあなたの資産を増大化させます。 よほどハズレのファンドを選ばなければ、多くのファンドは利益を出してくれると筆者は考えています。

サムネイル

[少額投資信託編]

投資信託の積み立て!何かオススメある?

SBI証券で購入できる投資信託を例に、特に投信の積立購入にオススメのインデックスファンドをいくつか紹介してみます。 割と良く利用されているものなので、面白みが無いかもしれませんが、ぜひ定番的な投信として覚えていただくと良いと思います。

サムネイル

[少額投資信託編]

SBI証券で投資信託を買う方法

株式やFXに比べ、投資信託のAndroid・iPhone向け取引アプリはほぼ皆無です。ただ「取引アプリが無い = 取引できない」わけではありません。パソコンが使えず、今まで買えないと思っていたのでしたら、是非スマホやタブレットから取引をお試しになってほしいと思います。

サムネイル

[少額投資信託編]

投資信託、最初は何を買う?お試しファンド運用例

投資信託を始める際、「最初に何を買うか」はなかなか難しいです。 ここでは三菱UFJ国際-ワールド・リート・オープン(毎月決算型)を例に、投資信託のお試し運用例をご紹介します。 敢えて基準価額の低い毎月分配型を選んだため、少ない投資額で始めることが出来ます。

サムネイル

[少額ETF編]

分配型ETFで夢の分配金生活を目指す

不動産投資信託や海外債券に投資を行うETFは分配頻度が高く、分配金も多くなる傾向にあります。 コストも低く、分配金の全てがあなたの利益になりますから、運用上のメリットがとても多いのが特徴です。

サムネイル

[少額ETF編]

「日経平均株価を買いたい」を叶える株価指数を買う方法

株価指数連動型ETFでもっとも運用しやすいのが、日経平均やTOPIXなど国内株式に連動するETFです。 ここでは、日経平均を買う方法として、日経225連動型上場投資信託を中心に紹介しています。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。