1万円でFX!1万円でも投資できるの? | インストックネット

10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

1万円でFX!1万円でも投資できるの?

1万円あれば約25万円分のドルを買うことが出来ます。 額が少ないためお遊び要素は強いものの、取引を重ねれば1万円を100万円にすることも不可能ではありません。

FX自体は借金をして行う取引ですから、急激な為替変動で万単位での損失が出る場合もあります。 投資額は少なくとも、リスクは高い取引であることを忘れないでください。

公開:2014年12月16日 最終更新:2015年6月17日

[スポンサーリンク]

はじめに

FXはギャンブル的な投資です。短期間で大きく利益を得ることも、大きく損失を出すこともあります。 某有名掲示板サイトでも、短期間で数100〜数1000万円の損失を出して伝説?になったコピペが多数あります。 そのため、初めてFXに挑戦する方は、最初は1万円や5万円などの限られた額から始めることをおすすめします。

ここでは、1万円から始めるFXと題して、少額でも取引可能なFXについてご紹介します。 なお、FXの詳細は少額FX編にてご紹介しています。

1万円でFXできるの?

FXは、通常1万通貨を1ロットとし、最低1ロット単位での取引を行います。 例えばドル円ペアの場合、1ロットは1万ドルで、日本円で約120万円(2015年1月現在)に相当する金額です。 残念ながら、1万円で1ロットの取引は不可能です。

ですが、一部のFX業者は1,000通貨(0.1ロット)や、さらに少ない100通貨(0.01ロット)での小ロット取引を提供しています。 この小ロットの取引であれば、わずか1万円からでも始めることができるのです。 FX初心者がトレードに慣れるため、もしくはあまり損益を追求せずに趣味程度にやってみたい方におすすめと言えます。

1,000通貨の取引なら5,000円から始められる

あなたが1,000通貨単位での取引を始めるために必要なお金はどのくらいなのでしょうか?

1,000通貨とは、ドル円ペアの場合1,000ドルに相当し、1ドル120円換算で12万円です。 本来であれば12万円が必要なのですが、レバレッジという仕組みを利用することで約5,000円で取引できるのです。

簡単に書くと、1ドルを買うためには120円が必要ですが、5円をFX業者に支払うことで、1ドルを「買える」のです。

この仕組み(レバレッジ)については、FXの始め方。10万円でFXってできるの?をあわせてご覧ください。 日本国内では、法律によって最大25倍までのレバレッジと決められていますので、約5,000円あれば1,000通貨の取引が可能になります

1,000通貨の取引ではどのくらいの利益が出るの?

1,000通貨単位で取引した場合は、1ドルが1円動くと1,000円の損益になります(通常の1ロットを保有した場合には、1ドルが1円動くと10,000円の損益です)。

例えば、2012年に1ドルは80円程度でしたが、2015年6月現在では1ドル123円にまで円安が進んでいます。 もし、1ドル80円時に1,000通貨を保有し、1ドル123円で手放していれば、43,000円の利益になります。 3年間で43,000円と言うと、銀行の預金や株式の配当金に比べると圧倒的な利回りになりますが、FXの概念からすればかなり利益が少ないと言えます。

仮に0.2ロットを保有し、1日の間に何度も売買を繰り返すと、1日あたり500円や1,000円程度を儲けることができるかもしれません。 おおよそ5,000円程度利益が積みあがれば、持てるポジションが増えますので、あとは複利で増えていきます。

とはいえ、残念ながら1万円(2,000通貨に相当)だけでは、そう簡単にお金は増えません。 FXで短期間にお金を増やすには、最初からまとまった資金が必要で、1,000通貨取引ではどうしてもお遊びの域になってしまいます。

1,000通貨単位での取引ができるFX業者

1,000通貨単位での取引ができるFX業者をご紹介します。

  1. SBI FXトレード
  2. 外為どっとコム
  3. 外為ジャパンFX
  4. SBI証券
  5. 楽天証券
  6. etc

実は、1000通貨単位で取引可能なFX業者は比較的多く存在します。 特筆すべきは、SBI FXトレードです。こちらは1通貨単位から取引ができるため、FXに怖さを感じる初心者には最適です。 キャンペーン時には、投資用の資金を入金してもらえるなどのサービスも行っています。

また証券会社自体もFXを提供しています。 そのため、少額資産運用の一環として証券口座を開設した際に、お遊びでFXを始めることも可能です。

筆者は最初にSBI証券を利用し、その後は外為ジャパンFXを利用しています。 SBI証券でのFX取引は、スワップ狙いの中長期取引がおすすめです。元が証券会社ですので、分単位で売買を繰り返す方法はあまり向いていません。 一方、外為ジャパンFXはFX専門のサービスです。こちらは分単位での売買向きで、デイトレーダー向きと言えます。

お試しでSBI FXトレードで口座開設をしてみたいとは考えていますが、筆者は基本は外為ジャパンFXを利用し続ける予定です。

まとめ

1万円から始めるFXと題して、1000通貨単位での取引をご紹介しました。FXに興味がある方は、最初は1000通貨単位などの少額で始め、慣れたら取引額を増やせばいいのです。

FX取引を始めると、日本や取引国の経済情勢に詳しくなることができます。ただし、借金を抱える可能性もありますから、用法用量は守った上での取引をお勧めいたします。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

サムネイル

[1万円資産運用]

1万円を1日運用してもっとも利益が出た金融商品はどれ?

1万円で購入できる単元未満株、投資信託、外国為替の3つについて、実際に1日間運用してみた結果をご紹介します。

サムネイル

[10万円資産運用の始め方]

少額資産運用のために準備するもの

資産運用を始めるには証券口座を開設し、お金を入金するだけです。

サムネイル

[10万円資産運用の始め方]

10万円で購入できる金融商品にはどんなものがあるの?

10万円資産運用で購入可能な金融商品についてご紹介します。 SBIハイブリット預金経由でも株式や投資信託を購入できます。

サムネイル

[少額FX編]

FXの始め方。10万円でFXってできるの?

10万円からでももちろんFXを始めることができます。 ドル円ペアで、1ドル120円ならば、20,000通貨保有できます。 1ドルが1円動けば1万円の損益です。

サムネイル

[少額FX編]

高金利通貨を運用して毎日お金を増やす方法

FXは外国為替を1,000通貨や10,000通貨という大きい単位で取引するため、各国の政策金利の差(スワップ)で利益を得ることが可能です。 特に、新興国通貨を利用すれば、10,000通貨だけで1日50円程度のスワップがつくこともあります。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

カテゴリー内記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。