10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

大学生の資産運用。投資始めたらどんなメリットがあるの?

とあるアンケートによれば、現在投資を行う個人投資家の多くは、なるべく早いうちから投資を始めたかったと考えているというものがありました。 30代も筆者も今思えば20代の時から投資を始めたかったです。

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?にも書きましたが、大学生であっても20歳以上ならば社会人と同じように証券口座を開設できます。 例えばアルバイト代のうち、毎月1万円程度を資産運用に回してみるのはいかがでしょうか。

大学生のうちに投資を始めることで、いくつか得られるメリットがあります。

  • 運用次第でお金が増える
  • 「投資する」という考え方が身につく
  • お金に対する知識と関心が持てる
  • 金融詐欺にあわなくなる

資本主義社会において、自らのお金や力を投じて、それ以上のリターンを得ることは非常に大切な考え方です。 企業に就職後に新規事業を起こしたり、起業する場合にも役立つ考え方です。

また、特に日本人は現金そのものに対する関心だけが強く、自身が支払う税金や金融商品の詐欺に関する知識は乏しいことが多いです。 投資を通じて、お金に適切な関心を抱くことで、これらに対する知識を身につけることも可能になってきます。

投資は全て自己判断が原則の世界です。 あなたが何かと判断を他人に依存しがちな性格ならば、投資を通じてそれを鍛えることができるかもしれませんね。

公開:2016年05月03日 最終更新:2016年06月04日

[スポンサーリンク]

はじめに

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?に関連して、あなたが大学生であることを念頭に、資産運用の始め方や留意点などを紹介したいと思います。

ここでは、

  • あなたが普通の大学生で
  • あなたがアルバイトで得たお金で
  • 社会勉強も兼ねてお金を運用する

という前提条件で考えたいと思います。

稀に、ご両親やご家族がお金持ちだったりしてお金をもらえるケースもあるでしょうが、その場合には既にご家族から資産運用のあり方などを指導されているはずなので、たかが投資歴数年の筆者の出番はありません笑

大学生の資産運用は何から始めるの?

証券口座開設

社会人が投資を始めるときと同じで、証券口座開設投資のお金の準備です。

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?でも触れましたが、あなたが20歳未満の場合には、ご両親の承諾(もしくはご両親との一緒の口座開設)が必要になります。 20歳未満で投資を始めてみたいなら、ご両親に相談なさってみてください。

20歳以降(だいたい大学3年生以降)ならご両親の承諾は不要です。

経済学部じゃないけど資産運用できる?

投資家になるには何学部を卒業すればいいの?で触れましたが、投資・資産運用をする上で重要なのは、あなたの出身学部・在籍学部ではなく、あなたのお金に対する価値観です。

  • 小さな利益を追いすぎないか
  • 含み損を抱えたときにパニックにならないか

といった行動が投資の成否を分けることになります。 これらの知識は決して勉強では学ぶことはできません

なお、若年層の中には何事も誰かが親切丁寧に教えてくれる(導いてくれる)という価値観に囚われすぎている方がいらっしゃるように思います。 そのような価値観に囚われすぎると、自分自身で考えることができないため、人生のあらゆる局面で誰かに振り回されて、大変な思いをするかもしれません。

投資の世界では、明日市場が値上がりするかどうかは誰も教えてくれません。 投資アナリストが出す長期的な市場予報も、海外市場のちょっとニュースがきっかけで大きくひっくり返ったりするものです。

だから、その場その場であなたご自身が考えねばいけないのです。

経済学部では、市場経済の仕組みは教えてくれるでしょうが、ロスカットのタイミングを学ぶことは出来ません。 そのタイミングを考えるのはあなたの役割です。

アルバイト代の一部を投資してみよう

というわけで、証券口座を開けばいつでも資産運用を始めることが出来ます。 大学生のあなたなら、普段のアルバイト代の一部を投資資金にするのがもっとも無難かと思います。

例えば時給1,000円で月に50時間働いたときには、約50,000円の給料を手にすることが出来ます。 そのうち4万円を遊興費や食費に回したとすれば、1ヶ月あたり1万円が運用原資です。

1ヶ月あたり1万円の運用といえば、お小遣いで投資を始めよう!月1万円からでも大丈夫!という記事が役立つかもしれませんね。

ただ漠然と「お金が欲しい」と投資・運用するのも良いですが、何か目的があったほうが動きやすいです。 例えば、

  • 将来(就職活動時の交通費など)に対する積み立てにするのか
  • 毎月1万円を投じて分配金を得ることで、月々の収入を増やすか

といった方針があると運用しやすいと思います。

このあたりは大学生かどうかはあまり関係なく、あなたがお金を通じて何をしたいかにかかっています。

ちなみにその当たりも良くわからなければ、日経225連動型上場投資信託への投資が手軽でオススメです。 1口あたり16,000円程度で、日経平均株価が上昇すれば、この上場投資信託も値上がりします。

投資経験は社会に出たときに役立つか

筆者は、投資経験は就職活動に役立つと考えます。 お金が増えていたら交通費にするという直接的なリターンはもちろん、もっと考え方の面で大きなリターンがあると筆者は感じています。

「投資する」という考え方が身につく

本来投資とは、ある一定の資産や時間を投じることで、それ以上の大きなリターンを得ようとする行為です。 例えば本を読むことや資格の勉強も、書籍代と勉強の時間を使って、自分を強化するための投資行為です。

株は、どうしても金儲けというイメージが先行するものの、本来は「この事業(銘柄)にお金を投じることで将来値上がりするか」と考えるところが醍醐味の1つだと筆者は考えます。

この投資経験、必ず役に立ちます

というのも、例えば将来会社員となって新規事業を任された際に、

  • 新規事業の立ち上げに関する時間・金銭的コストと
  • 事業が回った際に得られるリターンの程度

を考えることは、株式投資で事業に投資することそれほど変わるものではないからです。

仮に事業が上手くいかなかったときに、どの程度の損失で撤退するか考えるのも、投資におけるロスカットの考え方と良く似ています。

一度手がけてしまったのを止めるのはもったいない、と赤字でずるずる事業を継続するのは最悪の選択です。 その業務の経験値は残るでしょうが、お金は確実になくなってしまいます。

お金に対する知識と関心が持てる

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?でも触れましたが、日本人の多くはお金の知識を持っていません。

  • 株式投資などお金の増やし方
  • あなたが将来払うべき税金の種類とその使われ方
  • クレジットカードの使い方(特にリボ払いなど)

20代、30代はおろか50代や60代になってもこれらを知らない人は本当にたくさんいらっしゃいます。

最近、特に大衆週刊誌においてお金を持っている層と持っていない層の二極化(格差)に関する話題が増えつつあります。 お金を持っていない層は、奨学金の返還ができなかったり、年金を払えず将来に不安を抱えたりと、悲惨な状況に陥る傾向にあります。

筆者はこの問題の原因の1つは、私たちが適切なお金の知識を持たないことにあると考えています。 「お金は銀行に大切に預けておくもの」という、必ずしも正しくない価値観が、彼らの「投資して大金を得る」という行為を妨げているのです。

ただひたすらに働いてお金を貯めるだけでは、お金を稼ぐ意味が無いんです。

詐欺にあわなくなる

投資を通じてリスクとリターンの関係を知れば、詐欺にあう可能性を下げることが出来ます。 絶対に儲かる金融商品など存在しないと体感的に知ることが出来るからです。

例えば、金融商品の勧誘において、「将来必ず値上がりする」という宣伝は、断定的判断の提供として金融商品取引法にて禁じられています。 にも関わらず、このような勧誘に引っかかる人がいるのは、金融商品のリスクとリターンの関係を良く知らないからです。

また、「自分だけは儲けることができる」という根拠のない特別感も、詐欺に引っかかりやすい考え方です。 実際に市場で相場を張っていれば、「自分だけは特別」という考えが間違いであるとすぐにわかります笑

面接で投資経験は言うべきか

筆者は、その手の業界を目指す場合を除けば、この話は言わないほうが良いと思います。 日本には「投資はけしからん!」と考える層も少なからずいらっしゃるので、そういった方が面接官なら、回答に苦しい質問が出てくるのは想像に容易いです。

余談ですが、日本に存在する会社の多くは「株式会社」という形式を取っています。 大半は株式が非公開で、創業の関係者(例えば社長とその身内)が株式を保有しているはずです。

そして、おそらくあなたも将来は株式会社に就職するはずです。

にもかかわらず、株式投資を否定的に評するのはなんだか矛盾があって面白いですよね。

まとめ

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?と大して変わらないコンテンツになってしまいましたが、要点は以下です。

  • 20歳以降なら証券口座の開設を
  • 学歴や在籍学部は関係ない
  • アルバイト代を投資するなら月1万円でもOK
  • 「投資する」という感覚は仕事に役立つ
  • お金に関心がもてれば尚良し

です。

投資を始めた際、借金さえしなければ、いつでも問題なく撤退することが出来ます。 お金の損失が出るかもしれませんが、ETFや投資信託といった商品にお金を投じていれば、全損することはまずありません。

あとは、様々なシチュエーションであなた自身が考えて行動を起こすという経験をなさって欲しいと筆者は考えています。 日本では、親や教師、上司の言うことに従うことが良いこととされがちなので、普通に生きていると自分の頭を使う機会がどんどんなくなっていくんですよね。

人生も株価チャートみたいなものですから、なるべく自分の人生を歩みたいですよね。

なんだか脱線しました。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?

[個人投資家ってどんな人達]

大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?

大学生でも20歳を越えていれば証券口座を開設することができます。運用する原資さえあれば、株式投資も資産運用も始めることができます。

大学生から個人投資家になるには何学部を卒業すればいいの?

[個人投資家ってどんな人たち?]

大学生から個人投資家になるには何学部を卒業すればいいの?

もしも将来個人投資家を目指すならどんな勉強する?

大学生向け10万円で投資の練習ができるポートフォリオ

[ポートフォリオ例]

大学生向け10万円で投資の練習ができるポートフォリオ

大学生でも貯めやすい10万円で、資産運用「ごっこ」をするためのポートフォリオ例を考えてみます。 個人向け国債、投資信託、ETFと単元未満株制度を利用します。

大学生の資産運用。投資始めたらどんなメリットがあるの?

サムネイル

[個人投資家ってどんな人たち?]

デイトレーダーになるには?

デイトレーダーになりたいと思うのでしたら、1日お休みを取って、トレード漬けになってみることをオススメします。 やってみると意外と楽しめるかも?

サムネイル

[10万円資産運用の始め方]

少額資産運用のために準備するもの

資産運用を始めるには証券口座を開設し、お金を入金するだけです。

サムネイル

[ポートフォリオ例]

大学生向け10万円で投資の練習ができるポートフォリオ

10万円という、大学生でも比較的手にしやすい金額で、資産運用「ごっこ」をするためのポートフォリオ例を考えてみます。 個人向け国債、投資信託、ETFと単元未満株制度を利用します。

サムネイル

[少額投資信託編]

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

プロに運用をお願いするのが投資信託です。 約1万円から投資できますので、まとまったお金を持たずとも投資のエッセンスを楽しむことが出来ます。

株式と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!

[少額ETF編]

株式と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!

株式のように売買できて、投資信託のように分配金が欲しい。そんな贅沢なあなたの望みをかなえる金融商品がETF(上場投資信託)です。

サムネイル

[少額FX編]

FXの始め方。10万円でFXってできるの?

10万円からでももちろんFXを始めることができます。 ドル円ペアで、1ドル120円ならば、20,000通貨保有できます。 1ドルが1円動けば1万円の損益です。

サムネイル

[1万円資産運用編]

1万円で不動産投資を始める方法

株式市場に上場する不動産投資信託(REIT)に投資を行う上場投資信託(ETF)を利用すれば、最低2,000円から不動産投資が可能です。 筆者も投資中で、ちょっとオススメの方法だったりします。

サムネイル

[資産運用での失敗]

少額資産運用で借金したり破産したりする?

FXは取引そのものが借金をする取引ですので、運用に失敗すると多額の借金を背負う可能性があります。

サムネイル

[その他資産運用関連コラムなど]

株やFXで失敗した!どうしよう・・・と思ったら

株式やFXでの借金は自己破産の対象にならないと考えられていますが、事情を考慮し認められる場合もあります。 困ったら、まずは弁護士に相談するのが最良です。

サムネイル

[その他資産運用関連コラムなど]

投資を経験して変わったこと

預貯金の残高の絶対値ばかりに目がいきがちですが、是非10万円程度の資金を動かしてみることをオススメしたいです。 また、あなたが将来起業や経営者を目指すにしても投資を体験することをオススメします。 株を買うことと、事業を構築することは良く似た特徴を持っているからです。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

カテゴリー内リンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。