公開:2017年03月01日 最終更新:2017年03月06日

岡三オンライン証券の口座開設キャンペーンで株主優待本を貰え!

※このキャンペーンは2017年3月31日までです。

岡三オンライン証券では、2017年3月31日まで口座開設キャンペーンを行っています。この期間に口座を開くと、月刊誌「ネットマネー2017年2月号」の別冊付録(2017年株価上昇も期待できる!株主優待ランキング129銘柄(2016年12月21日発行 産経新聞出版社)を漏れなく貰うことができます

この別冊付録は2017年6月までの株主優待銘柄をランキング形式で紹介するものです。それと同時に、なかなか知られていない(?)レアな情報もちょっとだけ掲載されています

そのレア情報の中から「信金中央金庫」について、本記事にて簡単に紹介しています。

また、別冊付録には岡三オンライン証券の株取引アプリである「岡三かんたん発注」に関する簡単な紹介記事もありますので、こちらもちょっとだけ紹介。

岡三オンライン証券の特徴は岡三オンライン証券のおすすめポイントで紹介しています。どちらかと言えば、資産運用というより積極的に取引したいユーザー向きの証券会社だと感じます。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

[広告]

優待本で2017年上半期の株主優待銘柄をチェック!

優待本で2017年上半期の株主優待銘柄をチェック!

キャンペーン概要

2017年3月31日までに口座開設すると、「2017年株価上昇も期待できる!株主優待ランキング129銘柄(2016年12月21日発行 産経新聞出版社)(以下、「キャンペーン本」)」を貰うことができます。もともとは月刊誌「ネットマネー2017年2月号」の別冊付録で、普通に購入すると730円相当のものです。

キャンペーン本の内容

内容は2017年1月から6月までの株主優待を冊子にまとめたものです。株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?で紹介する権利確定日も記載されているため、株主優待を貰うためにいつまで株を買えばよいのかがすぐにわかります。

加えて、株主優待を貰うために必要な金額などもあわせて記載されています。「優待をもらうためにいくらで株を買えばよいか」という悩みもよくある話なので、この冊子を手に入れればバッチリです。

あとちょっとしたコラムとして「岡三かんたん発注」についても見開きページで紹介されています。岡三かんたん発注はシンプルに設計された株取引用アプリで、スマホやパソコンに不慣れでも使いやすいのが魅力です。

キャンペーン本で紹介されている信金中央金庫の優待って?

詳しくは同証券に口座を開設してキャンペーン本を獲得して欲しいので、同書からちょっとレア(?)な話題を1つ紹介します。

キャンペーン本のP17に「信金中央金庫(証券コード:8421)」なる金融機関の話題が掲載されています。信金中央金庫とは、各地にある信用金庫の補完業務などを行う機関です。銀行と似ていますが、銀行が株主の利益を優先するのに対し、信金は地域の利益を優先するとの違いがあります。

信用金庫と銀行・信用組合との違い | 全国信用金庫協会

さて、信金中央金庫は組合員(全国各地の信用金庫)しか株主になることができません。ので、私たちは信金中央金庫の株式は買えません。

って、ここで話は終わりではありません。

株式は買えませんが、優先出資証券を買うことはできます。

優先出資証券は伊藤園の株主優待をお得に取得する方法 -国内唯一の優先株式上場銘柄-で紹介した伊藤園の優先株同様に、議決権のない有価証券です。議決権がないため、私たちは信金中央金庫の経営には関与できません。

その代償として、優先出資者への配当金や優待が優れているのが特徴です。

優先出資証券を買うと何がもらえる?

前提として、信金中央金庫の優先出資証券は1口単位で売買します。初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?で紹介する単元は「1」です。

2017年3月1日現在で1口235,000円で取引できます。つまり、この株価ならば約24万円用意することで購入できる、ということになります。

配当金

まず、配当金がもらえます。ここ数年の配当実績は1口あたり6,500円です。利回りは約2.8%です。

この利回りは日経平均株価を構成する225銘柄の平均利回りを上回ります。

優先出資優待

優待ももらえます

  • 1~2口・・・熊本小代焼 湯呑み(1客)
  • 3~9口・・・3,000円相当のグルメカタログ
  • 10口以上・・・6,000円相当のグルメカタログ

1口買って配当金と湯呑みを狙うのは悪くないなぁと個人的に感じます。グルメカタログを狙うにはちょっと高額になりますね。

「岡三かんたん発注」で株価をチェック

では、キャンペーン本で紹介されていた岡三かんたん発注で信金中央金庫の株価を簡単にチェックしてみます。iPadで開くと、画面が大きく綺麗に表示されます。

岡三かんたん発注で信金中央金庫の情報をチェック

岡三かんたん発注で信金中央金庫の情報をチェック

「かんたん発注」と言いながら、中身は充実している印象を受けます。日常的にも利用できそうな感じです。

詳しくは、「岡三かんたん発注」は本当に簡単に株取引できるの?にて紹介しています。

まとめ

以上をまとめると、

  • 岡三オンライン証券で口座開設を行うとキャンペーン本をもらえる(2017年3月31日まで)
  • キャンペーン本の中にはなかなか知られていない情報も掲載されている
  • 取引は「岡三かんたん発注」を使うと便利

です。

なお、岡三オンライン証券の商品や口座開設にまつわる話は岡三オンライン証券のおすすめポイントで紹介しています。基本的には、株式を中心に、積極的なトレードを行いたいユーザー向けです。

ですが、「岡三かんたん発注」のような取引アプリなども用意されていますので、株主優待目的の投資をしたい場合にも利用できます

ぜひチェックしてみてください。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?

[10万円から始める少額株式投資]

初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?

株式の売買は、おそらく多くの方が想像するよりも少ない金額で始めることができます。

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

[10万円から始める少額株式投資]

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

みんな気になる株主優待と配当金の貰い方。その流れをご紹介します。 もちろんネット証券で株を売買していても受け取れます。

伊藤園の株主優待をお得に取得する方法 -国内唯一の優先株式上場銘柄-

[10万円から始める少額株式投資]

伊藤園の株主優待をお得に取得する方法 -国内唯一の優先株式上場銘柄-

伊藤園は、2016年7月現在で国内市場唯一の優先株式(証券コード:25935)を購入できる銘柄です。 優先株式は議決権がないものの普通株式よりも安価ですので、優待目的での購入に適しています。

岡三オンライン証券のおすすめポイント

[おすすめの証券会社]

岡三オンライン証券のおすすめポイント

取引ツールに強みを持つ岡三オンライン証券。 株式と証拠金取引の短期売買を通じて積極的に利益を追求したい証券会社です。

岡三ファンドロボであなたに最適な投資信託を探そう。7つの質問に答えるだけ!

[岡三オンライン証券]

岡三ファンドロボであなたに最適な投資信託を探そう。7つの質問に答えるだけ!

難しい投資信託選びは岡三ファンドロボにお任せ。簡単な質問に答えるだけで、最適な投資信託を提案。あなたの本格的な資産運用が今始まる!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。