10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

公開:2017年06月19日 最終更新:2017年06月19日

OneTapBUY(スマホ証券)で1,000円資産運用!

口座開設 | OneTapBUY

最近の資産運用は思ったよりも少額から始められるようになっています。

あなたはいくらから運用できるってご存知ですか?

  • 100,000円?
  • 10,000円?
  • 1,000円?

そう、1,000円からでも資産運用できるんです。

ただ、1,000円ではさすがに額が少ないので、半分お遊びな感じはあるのですが、それでも金銭的なハードルは凄く低いんじゃないかなって思います。

筆者の試算によると、30年間毎月1,000円ずつ運用すると、30年後に100~1,000万円に化けるかもしれないんですよ!

びっくりでしょ?

というわけで、以下では最近マネー雑誌などで話題になっているOneTapBUY(スマホ証券)を紹介します。

OneTapBUY(スマホ証券)は証券会社という敷居の高さを感じさせずに、1,000円から資産運用できる資産運用アプリです。

パソコンからでも使えますが、スマホ証券の名の通り、スマホから利用するのがスマートでしょうね。

1,000円からの簡単資産運用!OneTapBUY(スマホ証券)

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

[広告]

OneTapBUY(スマホ証券)

OneTapBUY(スマホ証券)とは

OneTapBUY(スマホ証券)はアメリカ市場に上場する特定の株式を「ワンタップ(スマホ画面を1回タッチすること)」で買おうというサービスです。

上述の通り、最少1,000円から投資できるため、少額投資の1つの手段として選ぶことができます。

メリットとデメリット

メリット

一般に証券会社は商品数を多数揃える方向に進む傾向があり、ネット証券は特にその傾向が強いです。この話はSBI証券のデメリットで紹介しています。

投資商品の多さは、自分で何でも選べる投資家にとっては嬉しいことですが、あなたのようにこれから投資を志す人たちにとっては、投資に躊躇する材料にもなります。

資産運用・資産形成したいのに、商品が多すぎて選べない。だから投資はやらない」

これって、すごくもったいないミスマッチだと思うのです。

その点で敢えて投資先をしぼっている点がOneTapBUYのメリット。自由な選択はできませんが、実はそのほうが投資先を選びやすいのです。

商品 ネット証券 OneTapBUY
国内株式 ○(3銘柄のみ)
株主優待 ×
配当金・分配金
投資信託 ×
海外株式 ○(30銘柄のみ)
債券 ×
CFD・先物 ×

デメリット

  • 投資額が増えたときにコスト(手数料)が大きくなりやすい
  • 配当金や分配金イベントはあるが、株主優待イベントはない
  • 面倒なルールは廃しており、初心者専用に作られている

筆者試算によれば、例えば100万円やそれ以上の額を運用するならば、普通に証券会社を通して株式を買ったほうが、よりお得な手数料で運用できそうだという結果を得ています。

また、OneTapBUYを用いた投資は、通常の株式投資とは少しルールが違うため、「株主優待を貰って嬉しい」といったイベントはありません。

この点は淡々と資産形成に励みたいユーザー向けのつくりになっています。

基本的に、このアプリの機能はライトな資産運用を楽しみたい初心者向けに作られています。

その点で、ネット証券とは住み分けがなされているように感じます。

日本市場にも投資できる

スタート当初は米国株のみでしたが、最近は日本のETF(上場投資信託)にも投資できるようになりました。選べるのは、

  • 日経225連動型上場投資信託(上がったら儲かる)
  • NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(上がったら2倍儲かる)
  • NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(下がったら儲かる)

の3種類。いずれも日経平均株価を見ながら売買する商品です(「日経平均株価を買いたい」を叶える株価指数を買う方法)。

意味ありげなウシさんとクマさん

日本株ETF | OneTapBUY(スマホ証券)

意味ありげなウシさんやクマさん笑

  • ブルマーケット:上昇(強気)相場
  • ベアマーケット:下落(弱気)相場

私はクマさんは嫌いです笑

OneTapBUYでの儲け方

ここでは、先に紹介した日本株ETF(ウシさんとクマさん)の話をしましょう。

長期積立投資で配当金収益を得る

白い鼻筋の通った、イケメンウシさんが提供する「日経225連動型上場投資信託(上がったら儲かる)」は、毎月定額(例えば1万円)で買い進め、長期投資するのがオススメです。

もともと日経225連動型上場投資信託は10口約2万円で購入でき、年間150~200円程度の分配金を期待できる銘柄です。

一方で、極端に値が動く銘柄ではないので、積極的な売買で利益を増やしていくには、まとまった資金が必要です。言い換えると、日経225連動型上場投資信託は短期的な取引には向いていない。

だから、初めての少額投資なら、毎月定額購入して長期保有がオススメだと感じます。

短期取引で売買益を得る

こちらは強面のウシさん(日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(上がったら2倍儲かる))と、クマさん(日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(下がったら儲かる))のお話。

この2つの商品は、もともとが短期売買向きの商品設計になっています。先に挙げたイケメンウシさん(日経225連動型上場投資信託)とは、少し思想が異なるんです。

あと、長期間保有しても分配金が出ませんから。

だからそれにしたがって短期売買がオススメ。

クマさんは変わり者

クマさん(日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(下がったら儲かる))は日経平均株価が下落したら利益が出る変わり者です。

リーマンショックのように「これから相場が崩れる~~」といったタイミングで買えば儲かります。

これから相場が崩れるタイミングを予知できるかはわかりませんが笑

口座開設手順

開設完了通知メール | OneTapBUY(スマホ証券)

口座開設手順は通常の証券口座開設手順と同じです。

スマホアプリなのでもっと簡単かと思いましたが、冷静に考えれば普通に株を買うのと同じですもんね。

言い換えると、OneTapBUYに口座開設できるなら、他のネット証券も同じように口座開設可能です

入力すること

  • 住所
  • 氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 年齢
  • 職業
  • マイナンバー
  • 金融資産
  • 取引目的

など。ほら、証券口座開設手順と同じでしょ。

身分証明書の送付(アプリで写真撮影)

口座開設のフローの中で、アプリから写真撮影できます。

めんどくさくなりがちな、郵送で書類発送みたいな手順は一切不要です。

口座開設の所要時間

5~10分ぐらいです。

申し込みが完了すると登録したメールアドレスに申し込み受付メールが届きます。

口座開設後~株を買うまで

口座開設 | OneTapBUY

後日ログインパスワードを記した書類が届きます。

また、届いた書類にあなたの口座への入金方法が記載されていますので、それにしたがって入金を行います。

ただし、みずほ銀行に銀行口座を保有していると、お金の引き落とし先として設定することが可能です。同行に口座を持っているなら、こちらが便利です。

まとめ

以上をまとめると、

  • OneTapBUY(スマホ証券)は通常の証券会社のサービスを簡略化したもの。スマホだけで口座開設から取引まで利用OK
  • 長期投資派はイケメンウシ(日経225連動型上場投資信託(上がったら儲かる))。毎月の定額投資がオススメ
  • 他の2つは短期投資向き。特にクマさん(日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(下がったら儲かる))は日経平均株価と逆の値動きに注意

です。

本格的な投資は証券会社で。お手軽投資はOneTapBUY(スマホ証券)で、って住み分けがされている感じがします。

とはいえ、あなたが「投資なんて全然わからーん」って場合には、OneTapBUYは分かりやすいと思います。

面倒な話は抜きに資産運用を始めたいなら、ぜひお試しあれ。

1,000円からの簡単資産運用!OneTapBUY(スマホ証券)

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。