10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

複利と単利でよりお金がたまるのはどっち?

預金などに対する利子の付き方として、

  • 単利(たんり)
  • 複利(ふくり)

の2つの考え方があります。 この2つの違いを知っておくことは大切です。

単利の利子は元本が常に一定なのに対し、複利は「元本 + 利子」が次の元本になるため、次第に利子の額が増えます。 ある程度の金融資産を複利で運用すると「お金がお金を呼ぶ」状態になり、爆発的に資産を増やせます。

お金を増やす時には複利で運用することを忘れないでください。 投資を通じて得たお金を全て再投資するだけなので簡単ですよ!

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2014年05月18日 最終更新:2017年01月16日

[広告]

はじめに

貯金や投資で生じる利息には単利と複利の2つの考え方があります。 あなたがお金を運用する際に、単利か複利かを選択できるのであれば必ず複利を選択すべきです。

単利と複利の違い

下の図をご覧ください。

単利と複利の違い

単利とは

単利とは元本が常に一定です。 どの程度期間運用したとしても、元本が一定なので、毎回同じ額の利息を得られます。

複利とは

複利とは元本に利息がつくと、「元本 + 利息」が次の元本になります。 2回目以降の利息は「元本 + 1回目の利息」に対してつきますので、前回の利払い時に比べて得られる利息の額が増えていくのが特徴です。

単利と複利でどっちが儲かる?

より利益が大きくなるのは複利です。 徐々に利息の額が増えていき、最終的には雪だるま式に増えることになります。

例えば、10万円を1年間10%の利回りで運用できる商品があるとします。 それを10年間運用した場合、単利と複利では以下のような結果になります。

利回り10%の商品を単利/複利で運用したときの違い

単利 複利
1 110,000 110,000
2 120,000 121,000
3 130,000 133,100
4 140,000 146,410
5 150,000 161,051
6 160,000 177,156
7 170,000 194,872
8 180,000 214,359
9 190,000 235,795
10 200,000 259,374

最初の利息は単利も複利も10,000円で違いがありませんが、2年目以降からその差が現れます

投資額が2倍になるのは、単利では10年後ですが、複利では8年後です。 2年目以降、両者の利払いの額に差がついているのがわかります。

ゆえに、お金を早く増やしたいのであれば、複利で運用したほうが効率的です。

複利で運用するにはどうすればいいの?

複利で運用するには利子・配当所得など、投資を通じて得た全てのお金を再び投資するだけです。 例えば10万円で株式を買い、この株式の配当金で投資信託を買う、といった方法です。

売却益や配当金などの得られた利潤はすべて再投資し続けることで、最終的には億単位の資産を築ける可能性があります。 少額のうちは単利も複利も差異がでませんが、そのうち目に見えて資産が大きく増えていくことになります。

  • 株式の配当金や投資信託の分配金
  • 株式を売ったときの譲渡益
  • その他投資を通じて得られた収入の全て

これら全てを再投資するのです。

たしかに、配当金で美味しい物を食べたり、家族や自分にプレゼントを買ったりできるのも投資の魅力です。 が、これらは複利の力が弱まるため、お金を増やす観点で見ると非合理的です。

分配型投信の分配金再投資は複利になるか

毎月多額の分配金を出す一部の投資信託(毎月分配型)は一定の需要があります。 この分配金も再投資すれば複利運用できます

が、少しだけ問題があります。

それは分配金を受け取る際に、

  • 課税されてお金がなくなること
  • 投資信託そのものの財産が縮小してしまうこと

の2つです。

NISA口座(NISAで始める資産運用)を利用しない場合、分配金には約20%の税金が課税されます。 その税額分だけ、運用できるお金がなくなってしまいます。

また、分配金を出すことで投資信託の財産(純資産)から多額のお金がなくなります。 すると、そのお金で運用できたはずの複利分も失われることになります。

分配型投信から分配金を貰って再投資するぐらいなら、最初から分配金を貰わずに運用したほうが良い(無分配型のインデックス投信を利用したほうが良い)のです。

まとめ

以上をまとめると、

  • 単利は元本が一定、複利は「元本 + 利息」が次の元本
  • 運用時は複利運用を心がけるとお金は増えやすい
  • 複利運用をするには配当金や売却益の全てを再投資する

です。

ちなみに、2014年に発表された書籍「21世紀の資本」では「金融資産で生み出される富は労働所得で得られる富よりも早く蓄積されやすい」と報告されました。

一般に、給与の昇給は毎年ほぼ一定額が加算される単利の原則で行われていると考えることができます。 会社員として働いているだけでは、いつまで働いても真のお金持ちになれないのかもしれませんね。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[資産運用の考え方]

退職後にお金が無い?資産運用だ!と言う前に考えて欲しいこと

退職後にお金が無いからと安易に投資を始めるのは危険です。もし投資を始めたいのであれば、最初は少額での運用がお勧めです。


サムネイル

[資産運用の考え方]

1000万円あるけど投資を始めた方がいい?

例えば1000万円のような金融資産があって投資に興味をお持ちでしたら、上記同様に少額で少しずつ慣れていくのがおすすめです。


サムネイル

[資産運用の考え方]

筆者が年齢別資産運用例を考えるなら

筆者は生活費の6か月分か資産の50%を預金で保有し、残りを株式や投資信託に投じるのが良いと考えています。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

その他コラム集各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。