10万円から始める少額資産運用サイト In Stock

資産運用は何が良い?ポートフォリオ例

筆者が考えたポートフォリオ例を紹介してみます。 なるべくリスクを抑えたものから、リスク選好のものまで幅広く紹介したいです。

なお、筆者の運用状況などは最近の運用の仕方2015年下期版などで紹介しています。

公開:2016年05月31日 最終更新:2016年05月31日

[スポンサーリンク]

コンテンツリスト

投資初心者向けのバランスと経験値獲得を重視したポートフォリオ

サムネイル

[ポートフォリオ例]

投資初心者向けのバランスと経験値獲得を重視したポートフォリオ

投資初心者向けのバランスと経験値獲得を重視したポートフォリオと題して、コモディティ(原油や金など)を除く債券と株式に50%ずつの割合で投資するポートフォリオを提唱します。 筆者が勝手に考えた例なので、一例としてご覧いただければ幸いです。

マイナス金利政策にあわせた保守的なポートフォリオ

サムネイル

[ポートフォリオ例]

マイナス金利政策にあわせた保守的なポートフォリオ

個人へのマイナス金利付与を回避することを目的として、低リスクの商品である個人向け国債と米ドルMMFの2つを運用し、その投資割合とそこから得られるリターンの関係を考えます。

ボーナスで資産運用を始めよう!何かオススメはある?

サムネイル

[ポートフォリオ例]

ボーナスで資産運用を始めよう!何かオススメはある?

ボーナスで資産運用をする場合、積極的にお金を増やすことを狙うか、あまりお金を減らさないことを前提に運用するかで、選ぶべき商品は変わってきます。 良くわからなければ、バランス型投資信託に積み立てるのも一つの手です。

年利1パーセントを実現する資産運用例

サムネイル

[ポートフォリオ例]

年利1パーセントを実現する資産運用例

日本債券や日本株式などの組み合わせによって、年利1%を得る資産ポートフォリオを考えます。 年利1%を実現するのはさほど難しくなく、資産の多くを個人向け国債で保有し、そこに別のリスク資産を加えてやるだけで実現可能です。

上に戻る

ポートフォリオ例について

投資を始めようにも、何にどの程度投資をするかという悩みはよくある話です。 そこで、本カテゴリではその投資割合(ポートフォリオ)を示すことで、初めての資産運用の参考にしていただけることを目標にしたいと思います。

ここで挙げるポートフォリオは、必ずしも儲かるというものでもありませんし、何か強い合理性があるものでもありません。 筆者が各商品を運用した経験や、様々な書籍を参考に大まかに決めているものです。

当然、反論を頂くような内容もあるかもしれませんが、あくまで一例として参考にしていただければ幸いです。

全記事100万円の運用を前提に考えますが、紹介する商品はできるだけ少額でも投資しやすいものを挙げています。 10万円や50万円といった運用から、500万や1000万円を超えるような運用でも応用できるはずです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

[スポンサーリンク]

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

カテゴリー内リンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。