10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

公開:2014年12月10日 最終更新:2017年06月16日

10万円資産運用の始め方

資産運用を始めるには証券会社の口座が必要です。

  • 証券口座を開設する
  • お金を入金する
  • 株や投資信託を買う

取引はあなたがお持ちのスマホやパソコンを利用すると手軽でオススメです。 筆者が行ったアンケートでも、投資にスマホやパソコンを利用する方が圧倒的でした。

10万円の少額資産運用でも、購入できる商品は多岐に渡ります。 特に、投資信託やETF(上場投資信託)は1~2万円から投資できるので、「年収が少ないから・・・」と気にする必要はありません。

少額資産運用は投資額が少ないため、あなたが保有する金融商品の値動きも小さくなります。 仮に金融危機で時価が10%減ったとしても、10万円なら1万円の損失ですみます。

いきなり大金を投ずるよりも、まずは10万円で試してみませんか?

なお、筆者がオススメする資産運用は資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!です。 あなたの性別や年齢、年収など問わず、万人にオススメできる投資方法です。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

[広告]

コンテンツリスト

少額資産運用のために準備するもの

少額資産運用のために準備するもの

[10万円資産運用編]

少額資産運用のために準備するもの

10万円で少額資産運用を始める方法を紹介。株や投資信託を買うためには証券口座が必要です。 24時間利用可能なネット証券に口座を持てばあなたの都合に合わせて取引ができます。

10万円資産運用で購入できる金融商品は何がある?

10万円資産運用で購入できる金融商品は何がある?

[10万円資産運用編]

10万円資産運用で購入できる金融商品は何がある?

10万円資産運用で購入できる金融商品についてご紹介します。 株式や投資信託などはもちろん、ETFやREITといった手軽で運用しやすい商品もあります。

10万円資産運用を行うまでの流れ

10万円資産運用を行うまでの流れ

[10万円資産運用編]

10万円資産運用を行うまでの流れ

10万円で資産運用を行うまでの流れは、証券口座を開設しお金を入金です。 ネット証券を通じて開設を行えば、おおよそ1週間程度もしないうちに投資を始めることができます。

10万円資産運用が初めての人はどう運用していくのがいいの?

10万円資産運用が初めての人はどう運用していくのがいいの?

[10万円資産運用編]

10万円資産運用が初めての人はどう運用していくのがいいの?

資産運用例を紹介しています。 重要な点として、投資に失敗したときに将来その損失を回収できるかどうかがあります。 働ける時間が残されていないのであれば、どうしても元本を守ることを前提とした保守的な運用を行う必要があります。

何を目的に投資する?値上がり益?配当金?優待?

何を目的に投資する?値上がり益?配当金?優待?

[10万円資産運用編]

何を目的に投資する?値上がり益?配当金?優待?

株主優待を得たいのか、配当金を得たいのか、損をしないことを前提に運用をしたいのか、など目的別の商品選択例です。

上に戻る

スマホユーザーの株の始め方

スマホユーザーの株の始め方

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株の始め方

スマホを利用した株の始め方を紹介します。 スマホだけでも証券口座の開設や取引が出来るのですが、紛失しやすい点は注意が必要です。

パソコンを利用した株の始め方

パソコンを利用した株の始め方

[10万円資産運用編]

パソコンを利用した株の始め方

パソコンを利用した株の始め方を紹介します。 資産運用定番のツールはやはりパソコンです。 その代わり、インターネットへつなぐことへのセキュリティリスクにはご注意。

原油や金に投資を始める方法

原油や金に投資を始める方法

[10万円資産運用編]

原油や金に投資を始める方法

原油や金などのコモディティを、借金の心配なしに誰でも簡単に取引できる方法を紹介

上に戻る

資産運用っていくらから始めればいいの?

資産運用っていくらから始めればいいの?

[10万円資産運用編]

資産運用っていくらから始めればいいの?

たとえ年収が少なくとも、資産(貯金)があれば投資はいつでも始めることができます。 たとえ10万円のような低額資産であっても、投資信託や一部の国内株式などを通じた、低額資産運用が可能です。

タブレットユーザーの株の始め方

タブレットユーザーの株の始め方

[10万円資産運用編]

タブレットユーザーの株の始め方

タブレットで資産運用を行う場合、タブレットの選択とネットへの接続が課題になります。 口座開設手順はスマホやパソコン利用時と同じです。

1000円から始める超初心者向けお手軽投資

1000円から始める超初心者向けお手軽投資

[10万円資産運用編]

1000円から始める超初心者向けお手軽投資

NISA口座とETFを組み合わせれば、取引手数料なしに1,000円台からの投資を実現できます。 お手軽に投資をしてみたい場合、投資に不安を抱く初心者の練習にも最適です。

投資って何から始めた?

投資って何から始めた?

[10万円資産運用編]

投資って何から始めた?

筆者の場合、特に最初はなんの予備知識もなしにいきなり株や投資信託を買い始めました。 投資上限額を決めていたため、「損をしても良いからまずは買ってみる」という考え方です。

田舎で資産運用を始める方法

田舎で資産運用を始める方法

[10万円資産運用編]

田舎で資産運用を始める方法

インターネットが普及した今、都市部と田舎では、資産運用で出来ることはほとんど違いがありません。ネット証券を利用すれば、どこにいても同じような商品を購入できるからです。

上に戻る

女性向け?投資ガイド。リスクを嫌うあなたのために

女性向け?投資ガイド。リスクを嫌うあなたのために

[10万円資産運用編]

女性向け?投資ガイド。リスクを嫌うあなたのために

特に女性は株主優待や毎月分配型投信への投資を好むとされる一方、株主優待や毎月の定額収入だけを追い求めるとリスクの高い取引に踏み込みがちです。 本記事ではリスクが低め、もしくは必要投資額が少ないためにお試しで始めやすい金融商品をいくつか紹介します。

お小遣いで投資を始めよう!月1万円からでも大丈夫!

お小遣いで投資を始めよう!月1万円からでも大丈夫!

[10万円資産運用編]

お小遣いで投資を始めよう!月1万円からでも大丈夫!

日々のお小遣いを使って何かをしたいと考えている方は多いと思います。 ここでは、お小遣いを投資することでお金を積み立てたり、お小遣いの上乗せを図る方法を紹介したいと思います。

資産を減らさないことも資産運用

資産を減らさないことも資産運用

[10万円資産運用編]

資産を減らさないことも資産運用

資産運用は、資産を増やすだけでなく、それを減らさないことも運用の1つです。 ハイリスクな商品ばかり買うのではなく、ローリスクローリターンの商品やリスクオフモード時に利益を上げやすい商品を資産ポートフォリオのなかに混ぜることで、経済動向によらず資産の時価の動きを緩やかにします。

資産運用って何から始めればいいの? -20、30代の資産形成を考える場合-

資産運用って何から始めればいいの? -20、30代の資産形成を考える場合-

[10万円資産運用編]

資産運用って何から始めればいいの? -20、30代の資産形成を考える場合-

資産運用を行う上で何から始めれば良いかわからないなら、最終的にあなたが何歳までに何円欲しいか考えることからオススメします。 運用年数と欲しいお金の額から逆算することで、どのくらい貯金すべきなのか、どのくらい運用益を出すべきなのかを計算することが出来ます。

上に戻る

資産運用って何から始めればいいの? -分配金で毎月の収入源を構築する場合-

資産運用って何から始めればいいの? -分配金で毎月の収入源を構築する場合-

[10万円資産運用編]

資産運用って何から始めればいいの? -分配金で毎月の収入源を構築する場合-

現在手持ちのお金が少なく、また仕事の収入が少ない場合には、投資の配当金や分配金で生活費を補填することを夢見ると思います。 投資をする人の皆が金銭的に豊かとは限らないので、筆者はこのような分配金目当ての投資にも一定の利があると考えています。

資産運用をする生活。もしもあなたが投資を始めたら

資産運用をする生活。もしもあなたが投資を始めたら

[10万円資産運用編]

資産運用をする生活。もしもあなたが投資を始めたら

資産運用をする生活というと不労所得生活を連想しがちですが、20代や30代の平均貯蓄額では、それは困難です。 その代わり、生活の一部を分配金や配当金収入に依存することは十分可能です。たとえ100万円の運用でも、総計数万円の配当や、複数の優待は確保できるでしょう。

資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ?

資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ?

[10万円資産運用編]

資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ?

資産運用について、浅く幅広く情報を得たいならば、例えばムック本を。狭く深く情報を得たいならば、専門家やFPが執筆した実用書が役立ちます。 ネット上の話題は書籍よりも速報性がありますから、そちらも同時にチェックされると良いと思います。

株式投資と投資信託への投資。どちらを選べば良いか

株式投資と投資信託への投資。どちらを選べば良いか

[10万円資産運用編]

株式投資と投資信託への投資。どちらを選べば良いか

株式投資と投資信託は商品性の違いから、売買ルールや値動きの違いがあります。 運用資金が少額だったり、昼間の株価の値動きが気になるなら投資信託を、短期間での大きな利益や株主優待に興味があるなら、株式投資がオススメです。

上に戻る

個人向け国債と投資信託は何が違うのか。どちらを選べば良いか

個人向け国債と投資信託は何が違うのか。どちらを選べば良いか

[10万円資産運用編]

個人向け国債と投資信託は何が違うのか。どちらを選べば良いか

1万円程度から投資ができる個人向け国債と投資信託は違いの多い商品です。 定期預金に似ている個人向け国債に対し、投資信託は、その投資先次第でリスクリターンのバランスが大きく異なります。 投資信託を選ぶ際には、その投資先をしっかり把握することが大切です。

短期の資産運用ってどう? -3年以内を目処として-

短期の資産運用ってどう? -3年以内を目処として-

[10万円資産運用編]

短期の資産運用ってどう? -3年以内を目処として-

例えば数ヶ月や数年以内に完了させる短期の資産運用は難しい運用です。 経済成長の恩恵を受けにくく、相場の波次第でマイナスで終わることもあるからです。 もし、将来使うあてのあるお金を運用しようとしているなら、銀行預金を除けば、日本国債ものの投資信託や個人向け国債の3年物が良いと筆者は考えます。

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題

[10万円資産運用編]

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題

わが国の年金の枯渇や、インフレ下でのお金の目減りは、将来の私たちの生活に多大な影響を与える可能性があります。 その時に不自由なく生きていけるのは、お金をよりたくさん持っている人です。 今なら1万円以内での超少額投資も可能ですから、退職金を投資で溶かす前に試してみませんか。

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか

[10万円資産運用編]

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか

資産運用において推奨される分散投資は、単にたくさんの金融商品に投資を行うことではありません。例えば日本株式と日本債券のように、なるべくお互いに独立して値動きする商品を選ぶのがポイントです。

夜21時から始める投資。夜間投資家のすすめ?

夜21時から始める投資。夜間投資家のすすめ?

[10万円資産運用編]

夜21時から始める投資。夜間投資家のすすめ?

サラリーマンの帰宅時間アンケートで最も多い夜21時に株や投資信託の売買注文を行ったとき、その注文がいつ決済されるのか、その流れを紹介。 21時からの夜間投資家を始めませんか。

上に戻る

証券口座を開設するときの言い訳。家族を説得する為には?

証券口座を開設するときの言い訳。家族を説得する為には?

[10万円資産運用編]

証券口座を開設するときの言い訳。家族を説得する為には?

証券口座で売買できる安全性の高い商品3つを紹介します。全て銀行のサービスに類似し、かつそれよりも利率が良いなどの優れた特徴を持ちます。 銀行のサービスと似てるんだよ、と説得材料にお使いください。

フリーランス・自営業者の資産運用

フリーランス・自営業者の資産運用

[10万円資産運用編]

フリーランス・自営業者の資産運用

会社員に比べて、フリーランス・自営業者の公的保証制度は手薄です。 将来への備えが必要な一方で、明日あさってへの備えも必要なのがフリーランス・自営業者の大変なところです。

投資信託と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

投資信託と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

[10万円資産運用編]

投資信託と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

投資信託への投資と、債券投資への直接投資での違いや運用上注意する点、あなたがどちらへの投資が適しているかを紹介します。 特に運用資金の少ない若年層は投資信託がオススメです。

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

[10万円資産運用編]

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

資産運用の方法は数あれど、積立投信こそが最強の資産運用だと筆者は考えます。 そこには積立投信ならではの優れた理由があります。

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

[10万円資産運用編]

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

オススメの資産運用はあなたの属性や年齢、年収を問わず開始できる積立投信。長期・分散・積立の3本柱で資産を築きます

上に戻る

2016年話題になった新しい投資商品で始める資産運用!

2016年話題になった新しい投資商品で始める資産運用!

[10万円資産運用編]

2016年話題になった新しい投資商品で始める資産運用!

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)、ビットコイン(仮想通貨)、確定拠出年金(iDeCo)の3つの新しい投資を通じて資産形成を目指す方法を紹介。

株式投資と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

株式投資と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

[10万円資産運用編]

株式投資と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

株と債券はハイリスクハイリターンとローリスクローリターンの代表として語られますが、それはある一面に過ぎません。別の角度から見れば、実は株式のほうがローリスクな場合もあるのです。

失敗しない資産運用を。バンガードトータルワールドストックを用いた世界分散投資

失敗しない資産運用を。バンガードトータルワールドストックを用いた世界分散投資

[10万円資産運用編]

失敗しない資産運用を。バンガードトータルワールドストックを用いた世界分散投資

海外ETFの定番商品「バンガードトータルワールドストック」は資産運用に最適な商品の1つ。投資時期を分散させることで、資産運用の失敗確率を低減できるはずです。

不動産投資を利用した3つの資産運用。現物かREITかソーシャル融資か

不動産投資を利用した3つの資産運用。現物かREITかソーシャル融資か

[10万円資産運用編]

不動産投資を利用した3つの資産運用。現物かREITかソーシャル融資か

現物不動産投資、不動産投資信託(REIT)、投資型クラウドファンディングを利用した不動産投資の3つを比較。少額資産運用に適した商品も紹介します。

1000万円あるけど投資を始めた方がいい?-1000万円資産運用の是非-

1000万円あるけど投資を始めた方がいい?-1000万円資産運用の是非-

[10万円資産運用編]

1000万円あるけど投資を始めた方がいい?-1000万円資産運用の是非-

例えば1000万円のような金融資産があって投資に興味をお持ちでしたら、少額で少しずつ慣れていくのがおすすめです。

上に戻る

年収300万円でもできる資産運用

年収300万円でもできる資産運用

[10万円資産運用編]

年収300万円でもできる資産運用

資産運用は収入の額よりも、現在の預貯金の残高でどのくらい運用できるかが決まります。 年収300万円であっても投資をする方法を紹介しています。主に国内株式や投資信託での運用がオススメです。

債券ファンドでお手軽ローリスク資産運用

債券ファンドでお手軽ローリスク資産運用

[10万円資産運用編]

債券ファンドでお手軽ローリスク資産運用

ローリスクの資産運用に興味があるなら、債券に投資する投資信託を選ぶと少ない投資額でゆるゆると運用できます。 DC年金バランスゼロ(債券型)を例にご紹介。

インフレ対策を実現できる資産運用

インフレ対策を実現できる資産運用

[10万円資産運用編]

インフレ対策を実現できる資産運用

インフレ対策の定番商品は純金や債券、株式など。 投資信託を通じて投資すると毎月500円からインフレ対策可能です。

マイナス金利時代の資産運用

マイナス金利時代の資産運用

[10万円資産運用編]

マイナス金利時代の資産運用

マイナス金利政策によって国債やMMFといった安全性の高い資産の運用に難が出始めています。 私たちは、よりリスクをとるかたんす預金か、という2拓を迫られているのかもしれませんね。

資産運用を始めたら何を買えばいい?

資産運用を始めたら何を買えばいい?

[10万円資産運用編]

資産運用を始めたら何を買えばいい?

個人投資家によく選ばれていて、かつ商品性も良いものをいくつか挙げました。 投資の導入的な商品として参考になれば幸いです。

eMAXIS 8資産均等型を利用した「3000円投資生活」の始め方

eMAXIS 8資産均等型を利用した「3000円投資生活」の始め方

[10万円資産運用編]

eMAXIS 8資産均等型を利用した「3000円投資生活」の始め方

横山光昭氏のはじめての人のための3000円投資生活を参考に、同書で紹介されていたeMAXIS 8資産均等型の積立投資を考えます。

おすすめの資産運用 -2017年版-

おすすめの資産運用 -2017年版-

[10万円資産運用編]

おすすめの資産運用 -2017年版-

2017年現在取引できる商品をベースに、20代~30代の私たちが資産形成を図る方法を紹介します(40代までならギリOK!)

株式を選ばずに資産運用できるか?

株式を選ばずに資産運用できるか?

[10万円資産運用編]

株式を選ばずに資産運用できるか?

株式以外の金融商品を利用して資産形成できます。将来値上がりするもしくは投資額以上のリターンが期待できる商品を選ぶことが大切です

貯金を元手に資産運用を始めるときに気をつけたいこと

貯金を元手に資産運用を始めるときに気をつけたいこと

[10万円資産運用編]

貯金を元手に資産運用を始めるときに気をつけたいこと

「まとまったお金で資産運用」は運用初心者には優しくない。知らぬ間にハイリスクハイリターンな取引に手を出さないように注意

投資・資産運用は恥ずかしいと感じているあなたへ

投資・資産運用は恥ずかしいと感じているあなたへ

[10万円資産運用編]

投資・資産運用は恥ずかしいと感じているあなたへ

本当は投資のことを詳しく知りたい!けれども、家族や友達に「お金に執着している人」のレッテルを貼られたくないあなたへ

上に戻る

広告

広告

上に戻る

資産運用を始めるには

では、資産運用に必要なものからみていきましょう。

  1. 資産運用に必要なもの
  2. 10万円の資産運用で買えるもの
  3. 資産運用の取引は電話?証券会社の窓口へ?
  4. 投資は分からないけど興味はある・・・

資産運用に必要なもの

資産運用を始めるには、

  • 資産運用の原資(お金)
  • 証券会社の口座
  • スマホやパソコンなどの運用ツール

が必要です。 詳細は下記をご覧ください。

インストックネットの各記事は、あなたご自身の力でお金を運用して増やすことを前提にしています。 現役世代のあなたが証券会社の営業員の言いなりになる運用はオススメしません。

最初は難しく感じられるでしょうが、様々な金融商品を選ぶこともまた投資の醍醐味です。

10万円資産運用で買えるもの

10万円と1000万円での資産運用では、購入できる量に違いはあるものの、投資できる商品の違いはありません。 10万円でも株式や投資信託など様々な金融商品を購入することが出来ます。

詳しくは下記をご覧ください。

また、資産運用っていくらから始めればいいの?では、投資に必要な最低金額から順に追って説明しています。

最も安価に投資できる単元未満株制度を利用すれば、毎月100円からの投資も可能です。 投資信託の積み立て制度(積立投信)も安価で、最低500円から利用できます。

資産運用の取引は電話?証券会社の窓口へ?

いえ、株や投資信託を買うために電話をかける必要も窓口に行く必要もありません。

現在は、スマホパソコンを利用して、オンラインショッピングのように売買します。 Amazonでの通販や、LINEでコインを買ったりしたことありますよね。

それと同じ感覚です。

あなたがスマホで投資するならスマホユーザーの株の始め方を、パソコンで投資するならパソコンを利用した株の始め方をご覧ください。

タブレットをインターネットに接続できるならば、タブレットユーザーの株の始め方もOKです。

インターネットを通じて取引を行うネット証券は、スマホからもパソコンからも取引できるようになっています。 是非、状況に合わせてスマホとパソコンを使い分けてみてください。

ちなみに1つの証券口座をスマホやパソコンから使いまわすのももちろんOKです。 というか、普通はそのように利用をします。

投資は分からないけど興味はある・・・

では、以下のように試してみてください。

  1. 証券口座を開設してみてください(オススメはSBI証券
  2. 開設したら口座に2万円入金してください
  3. 入金したら株式取引の練習ってできる? -少額取引に適したみずほ銀行株を買う-で紹介するみずほ銀行株を買ってみてください

それがあなたの初めての資産運用です。

資産運用でのよくある失敗談は、初めての投資なのにいきなり500万や1000万というお金を投じるところにあります。 未経験者がそれだけのお金を投じたら、1日の値動きだけで不安を感じて冷静な判断が出来なくなるのは当然です。

あなたが最初に投資に使って良いお金は1万円か10万円までです。 慣れたら増額し、ダメだと思ったらそこで撤退してください。

あなたが失敗しないよう、筆者との約束です。

どんな資産運用が人気なの?

みんなは何に投資を行ってるの?

日本証券業協会のアンケートでは、国内株式投資が最も人気です(株の話は株式投資を)。 「資産運用といえば」というポピュラーさから選ばれているのではと思います。

筆者独自の分析では、男性は短期売買(デイトレ)やFXなどのハイリスクな取引、女性は株主優待や投資信託の積み立てなど堅実な運用を望む方が多いようです。

また、性別を問わず、高金利預金や分配型投信での運用も人気です。

筆者は幅広く手を伸ばしていますが、優待や配当金・分配金目当ての中長期投資が多いです。 例えば、イオン株マックスバリュ株など、生活に役立つ優待銘柄に投資を行っています。

あなたには何か気になる商品はありますか?

原油や金などの話題になる商品に投資したい

原油、金など、エネルギーや貴金属に対する投資はコモディティ投資と呼びます。 リスクの高い先物取引が一般的ですが、もっとローリスクで手軽に楽しめるコモディティ投資ももちろんあります。

詳しくは、原油や金に投資を始める方法をご覧ください。

資産運用を始めるにあたってよくある質問

○○と××はどちらに投資したほうが良いですか?

あなたが株主優待が欲しいのであれば、イオンやマックスバリュなどの個別株式です。 一方、日経平均株価の指数に投資したり、投資額が1万円程度しかないのであれば投資信託です。

投資信託は、債券や株式など様々な商品に投資しているため、商品によって特徴が大きく異なります。 中には簡単に元本が割れたり2倍になったりと、値動きが荒いものもあるのです。

債券投資は少々まとまった金額を必要とする場合があります。 ですが、特に国内債券を選択すれば、リスクを抑えた運用が可能です。

もしあなたが元本保全を第一に運用したいならば、投資信託よりも個人向け国債が適しています。

なお1つの解は株式投資と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いかで触れたように、世界株式への長期分散投資です。 株式はインフレに追従する為に、短期的にはハイリスクでも長期的にはローリスクで運用できる可能性があります。

たしかに元本保全性は債券が優れますが、数十年後の将来も、投資した額が現在と同じ価値を持つとは限りません。 お金は商品との相対的な価値であり、順調に経済が成長する国では、お金の価値は緩やかに下落していくからです。

どうやって資産運用の勉強すればいいですか?

最大の勉強は失敗しないよう注意しながら運用を経験することです。 上限10万円で運用を始める、という約束を守っていただければ大丈夫です。

資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ?で示したように、店頭には資産運用本が溢れていますが、本を読んだだけでは実体験には適わないです。

など参考に、是非試してみください。 いきなり大金を失うことはありませんから。

ちなみにTwitterなどで現役の投資家さんたちをフォローするのも1つの手です。 証券会社のTwitterフォローするだけでも経済情勢に詳しくなれます。

夜間でも注文出せる?

出せます。

投資って人生に役立つ?

金銭的なことを除けば、

  • 経済の知識が圧倒的に身につく(投資を楽しんでいれば絶対にそうなります)
  • 自分の行動に責任を持てる(他人への依存心が減る)
  • 起業や出世に役立つ
  • 金融リテラシーが高まるため投資詐欺を見抜きやすくなる

などが挙げられます。

積極的に取り組むほど、自立心のある強い人間になれます。 そのような男性は女性にもてますね!

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

上に戻る

広告

広告

SBI証券ご利用の皆様へ

私たちの税制を有利に改正するためのアンケートにご協力ください!2~3分で完了します!

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。