10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

資産運用っていくらから始めればいいの?

資産運用は大金が必要に感じますが、実は100円程度からでも始めることが可能です。1万円資産運用というカテゴリが示すように、あなたは1万円から資産運用できるのです。

しばしば勘違いされますが、「年収が少ないから資産運用できない」という考えは間違いです。年収が少ないなら、その年収に見合った投資額で資産運用を始めれば良いです。

筆者は、毎月1万円からの資産運用をオススメします。この金額は、あなたが社会人ならきっと実現可能な投資額です。

どちらかと言えば、投資額よりも運用期間のほうが大切です。大金をためて将来資産運用を始めるよりも、今1万円から始めたほうが、運用成果にもあなたの経験にもプラスになるはずです。

公開:2015年12月26日 最終更新:2017年03月02日

[広告]

最近の筆者は毎月3万円で積立投信中

図1. 最近の筆者は毎月3万円で積立投信中

金融商品はいくらから買えるの?

資産運用がいくらからできるかは、株や投資信託などの金融商品をいくらから買えるのかに依存します。

そこで、いくつか例を挙げて紹介します。

あなたが考えている金額よりも、はるかに安価な商品がたくさんあることをぜひ知って欲しいです。

100円で買える単元未満株

単元未満株制度を利用すれば、100円や200円で企業の株式が買えます(詳細は1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に)。「単元」は、初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?にて紹介しています。

単元未満株では株主優待は得られませんが、配当金を得ることは出来ます。配当金は利回り1%を超える銘柄も多いため、同額を銀行に預けるよりも高いリターンを期待できるはずです。

500円で買える積立投信

積立投信を利用すれば、毎月500円から投資信託に投資できます(詳細は月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資)。

ワンコイン投資って覚えやすいですよね。

1万円未満で買えるETF(上場投資信託)

株式市場に上場するETF(上場投資信託)の一部は、5,000円未満で投資できます。例えば、投資初心者に最適?約1,500円で日経225銘柄に投資する方法で紹介する上場インデックスファンド日経225(ミニ)もその1つです。

ETFは株式と同じ方法で取引できる投資信託です。分配金が出るものも多いため、少額で投資を始めたい時に覚えておきたい商品です。

スイスに投資する方法。1口わずか約1,700円!のように、1000円ちょっとで海外に投資できる商品もあるんです。

1万円で買える投資信託と個人向け国債

投資信託個人向け国債はジャスト1万円から購入できる商品です。特に投資信託は多様な商品があるため、投資額の割には様々な商品を選択できるのが特徴です(投資信託とはファンドと呼ばれる商品群の総称です)。

個人向け国債は日本国政府の保証があるために、安全性が高いのが特徴です。定期預金感覚で利用できます。

数万円や10万円程度で株式(単元株)の売買が可能に

10万円あると国内株式の一部も売買できます。例えば、株式取引の練習ってできる? -少額取引に適したみずほ銀行株を買う-で紹介したみずほ銀行株は約2万円で買えます。

このように、1万円やそれ未満から投資できる商品もたくさんあるんです。

いくらから資産運用を始めたら良いの?

以上を踏まえて、おそらくあなたが疑問に思うのが、「あなた自身がいくらから資産運用を始めるべきか」だと思います。

筆者は毎月1万円から始めることをオススメします。

たしかに毎月100円や500円では投資はできるのですが、これでは額が少なすぎて誤差範囲にしかならないです。投資の練習にはなりますが、資産形成には結びつきません。

そこで月1万円の金額が出てきます。

あなたが20~30代だとすると、毎月1万円は無理なく運用できる金額なのではないでしょうか。

仮に40年間、毎月1万円ずつ投資すると480万円です。ここに運用益が乗れば、1000万円ぐらいになるかもしれませんね。

大切なのは運用期間

実は、資産運用はいくらから始めるかといった金額以上に運用期間のほうが大切です。様々な研究において、短期間(例えば5年)の運用はプラスにもマイナスにもなる可能性がある一方で、長期間(20年超)の運用はプラスの収益になりやすいと報告されています。

つまり大金を短期間運用するだけでは失敗するかもしれませんが、少額でも長期間運用し続けると成功確率が高まりそうだ、という話です。

例えば、投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由にてある金融商品に投資した際の値動きを紹介しています。ドットコムバブル(アメリカのITバブルとその崩壊)やリーマンショックによる株安を経験しても、最終的にはプラスの収益になった商品です(図2)。

MSCIコクサイインデックスの年次パフォーマンス(紫)と運用損益(青)の変遷

図2. MSCIコクサイインデックスの年次パフォーマンス(紫)と運用損益(青)の変遷

長期運用がうまくいきやすい理由は複利のおかげです(図3)。複利で運用益が累積していると、絶望的な株安が発生しても、元本が割れにくくなります。

単利と複利の違い

図3. 単利と複利の違い

この複利の力を十分に生かすためには、相応の長い長い時間が必要です。今日投資を始めて、1ヶ月後に赤字だったから「投資やめます」というのは、期間が短すぎです。

あなたが資産運用に1mmでも興味を持ったなら、少額でも良いので今すぐ始めたほうが有利です。今20代や30代なら、月1万円から開始してもまとまった資産形成を期待できるはずです。

一方、40代、50代、60代と経つにつれて、複利の力を使えなくなります。つまり、高齢になるほど資産運用は不利になるんです。

月1万円は少額すぎてバカにされない?

さて、投資額が少ないときによくある悩みが、「投資額が少なすぎて金融機関に相手にされないのではないか」ということ。金融機関窓口で「1万円ぽっきりで何しにきたの?」って思われたら嫌ですよね。

大丈夫です。よい方法があります。

ここで挙げた商品のうち、あなたが気になる商品をネット証券で買うのです。

ネット証券は窓口などを持たない証券会社なので、

  • 取引相手はスマホやパソコンです
  • 窓口がなく人件費がかからないため、より低い手数料で商品を買えます

といったメリットがあります。ので、500円とか1000円の投資でも、誰かに笑われたりしません。そもそも、そういった営業員が介在しないのですから。

「500円(や1000円)から取引できます!」とアピールする金融機関も多いです。そのような金融機関は少額投資を歓迎していますから、投資額の少なさは心配不要です(図4)。

SBI証券の積立投信は500円から

図4. SBI証券の積立投信は500円から

まとめ

以上をまとめると、

  • 多くの金融商品は1万円未満からでも購入できる
  • 私たちが資産運用を始める際に適した金額は月1万円
  • いくらから始めるよりも運用期間のほうが大切

です。

興味を持ったら今すぐ始めるのが吉です。運用期間は長ければ長いほど有利です。

最初は500円からでも良いのでぜひお試しあれ!

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?

[1万円資産運用編]

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?

投資信託の受益権は、1万円から購入することが出来ます。 筆者が実際に保有している投資信託を例にご紹介いたします。

1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に

[1万円資産運用編]

1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に

1万円から株式投資を行うためには、単元未満株制度を利用する手があります。 株主優待を得ることはできませんが、株主として配当金を得ることが可能です。

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

[1万円資産運用編]

月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資

月々500円から積立できる投資信託をご紹介します。 1万円で安全に資産運用をするなら鉄板の金融商品です。

株式取引の練習ってできる? -少額取引に適したみずほ銀行株を買う-

[10万円資産運用編]

株式取引の練習ってできる? -少額取引に適したみずほ銀行株を買う-

1単元あたりの投資費用が安価なみずほ銀行株は株式投資の練習に最適な銘柄。 実は配当利回りも高いため、配当目当ての長期保有もオススメです。

投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由

[少額投資信託編]

投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由

長期投資がうまくいく理由は、運用が複利で行われるためです。リーマンショックのように50%超のマイナスリターンになる年があっても、運用益が乗っていると元本が割れにくいのです。

投資信託は何年運用し続ければよいのか?

[少額投資信託編]

投資信託は何年運用し続ければよいのか?

運用期間は長いほうが有利です。わずか数年の短期運用では時価の変動が大きく、プラスリターンにならない可能性があります

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。