10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

10万円資産運用の始め方

田舎で資産運用を始める方法

インターネットが普及した今、都市部と田舎では、資産運用で出来ることはほとんど違いがありません。 ネット証券を利用すれば、どこにいても同じような商品を購入できるからです。

店頭で商品を紹介して欲しいと思うなら、地方に支店をもつ証券会社の窓口に行くのも良いと思います。 銀行や郵便局での投資信託売買という選択もありますが、紹介される商品があなたにとって最良とは限らない点に注意が必要です。

田舎特有?の問題として、噂話にはご注意ください。 お金の無心をする、招かざる客が現れるかもしれないからです。

公開:2016年02月27日 最終更新:2016年07月28日

[スポンサーリンク]

はじめに

近年はインターネットが普及したため、田舎、つまり地方部において資産運用を始める場合も、ネットを利用するのが便利になりました。 インストックネットでは、基本的にネットを利用して資産運用を始めることをオススメしたいです。

地方の証券会社や銀行などを通じて株や投資信託を買う必要は無いんです。

以下では、地方ならでは事情なども考慮しつつ、あなたが田舎で資産運用を始める方法をご紹介します。

田舎で株取引を始めるには

株取引には少額資産運用のために準備するもので示した通りに、証券口座が必要です。 ここでは、その証券口座をどこに開設するか、と言う点を考えてみます。

おそらく考えられるのは下記の3点です。

  • 主要証券会社の支店を利用
  • 地方部の小規模証券会社を利用
  • ネット証券を利用

まず、田舎とはいえど、地方の「市」クラスの町には証券会社が進出しているはずです。 例えば、筆者の地元にも野村證券の支店があります。

次に、地方部の小規模証券会社を利用する方法もあります。

例えば、山形県には山形證券と荘内証券という、ローカルな証券会社があります。 ローカルな証券会社は、おそらくあなたの地元にも1つぐらいあるはずです。

そして、最後にネット証券を利用する方法。 これはインターネットベースの取引です。

今、このページをご覧のあなたが20~30代で、インターネットの利用が出来るならば、筆者は最後に挙げたネット証券の利用をオススメしたいです。 ネット回線さえ引けていれば、どんな地方に住んでいても、都市部と同じように取引が出来るからです。

後述しますが、営業員に商品を紹介してほしいならば、主要証券会社の支店を利用するのが良いと思います。 こちらもネットベースの取引も用意されているため、窓口とネットの使いわけが出来る点で利点になります。

地方部の小規模証券会社の利用は、取扱商品数や手数料体系から、私たち20~30代が利用するのは不利です。 ネットベースの取引が出来ないケースもあるので、昼間働いている方にとっては使いにくいと思います。

このあたりの話は対面の証券会社とネット証券は何が違うの?もあわせてご覧ください。

田舎で投資信託を始めるには

次に投資信託について。

投資信託は、投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?で紹介したとおりに、証券会社でなくとも購入できます。 例えば、銀行や郵便局の資産運用コーナーにてパンフレットを見たことありませんか?

投資信託を売買するなら、おそらく以下の4ヶ所のいずれかを利用することになります。

  • 銀行・郵便局を利用
  • 主要証券会社の支店を利用
  • 地方部の小規模証券会社を利用
  • ネット証券を利用

銀行、郵便局、主要証券会社の支店、地方部の小規模証券会社を利用する場合には、売買に関して営業が行われると思ったほうが良いと思います。 特に、銀行や郵便局は、最近のマイナス金利の影響を受けて、営業を強化しているかもしれません。

売買手数料で利益をあげるために。

例えば、投資信託は、同じ投資信託でも買い付け時のコストを金融機関側が自由に設定できるという特徴があります。 Aと言う投資信託を買う場合、ネット証券で買うとコストは0%なのに、他の機関で買うと1%のコストがかかることもあるのです。

このコストは、特に国内債券など安定性の高い銘柄では重いです。 例えば、買い付け手数料が1%だとしたら、利回りがマイナスの日本国債で、1%の利益を出せてやっと運用のスタートラインにつくのですから。

このような事情を考えると、商品の営業が不要ならばネット証券で買い付けるのが最良だと筆者は考えます。 商品選択の幅が広く、投資家ブログで定番の低コストの商品もいろいろ買えるからです。

逆に、営業員にオススメ商品を紹介して欲しい場合にはネット証券以外で取引することをオススメします。 ただ営業員がオススメする商品が、あなたにとって最良の商品とは限らない点を付記しておきます。

たぶん、窓口の営業員よりも、歴の長い投資ブログを運営している方のほうが商品詳しいと思います。

このあたりの話は資産運用は銀行と証券会社のどちらで行うのが良いの?にまとめました。

田舎で不動産投資を始めるには

インストックネットでは、不動産投資は少額で不動産投資できるREITで資産運用!で紹介するREITをオススメしています。 ETF経由で購入すれば2万円程度から購入できることや、不動産に対する知識が求められない点が理由です。

売りたいときにすぐ売れるのも大きいです。

一方、現物の不動産物件を買うためには、相応の余力が必要で、流動性が低いなどの欠点があります。 また、これからの人口減衰を考えると、田舎の不動産価値が維持されるか?という点で、筆者は疑問を感じています。

機会があれば、現物不動産の話も取り上げてみたいですが、筆者は現状ではREIT押しです。

資産運用の話は内密に?

あなたのお住まいの地域が、あなたのご出身地域である場合、投資の話はこそこそやったほうが良いかもしれません。 特に証券会社に出入りする際などには。

田舎は良くも悪くも噂話が広がりやすいという特徴があります。 あなたの旧友と、よくわからない経路で繋がっているものです。

ある日突然、「お前、資産運用やってるんだから金持ってるんだろ?ちょっとお金融通してくれよ」なんて連絡来たらイヤですよね。 だいたいお金の話は、貸しても貸さなくてもなぜか揉めてしまうことも多いですから。

それを考えると、やはりネット証券を利用するのが良いのかもしれませんね。

まとめ

以上が、田舎で資産運用を始める方法です。

基本的には、東京などで資産運用をやるのとそれほど違いはありませんが、商品を紹介して欲しい方にとっては、取引可能な証券会社の少なさがネックになるかもしれません。

繰り返しになりますが、インストックネットではネット証券の利用がオススメです。 商品選択の幅もありますし、お金のトラブルを避けるため?にも良いと思います。

REITならばネット証券でも購入できますね。 田舎にいながら、東京のオフィスビルに投資するってのもお金持ちらしい姿かもしれません。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

サムネイル

[10万円資産運用編]

少額資産運用のために準備するもの

資産運用を始めるには証券口座を開設しお金を入金するだけ。 売買を始めたら、あなたも個人投資家の仲間入りです。

サムネイル

[10万円資産運用編]

10万円で購入できる金融商品にはどんなものがあるの?

10万円資産運用で購入可能な金融商品についてご紹介します。 SBIハイブリット預金経由でも株式や投資信託を購入できます。

サムネイル

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株の始め方

スマホを利用した株の始め方を紹介します。 スマホだけでも証券口座の開設や取引が出来るのですが、紛失しやすい点は注意が必要です。

サムネイル

[1万円資産運用編]

投資初心者に最適?約1500円で日経225銘柄に投資する方法

約1500円で日経225銘柄に間接投資できるのが上場日経225(ミニ)です。 値動きリスクが小さく投資のエッセンスを掴むのに最適です。

株式と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!

[少額ETF編]

株式と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!

株式のように売買できて、投資信託のように分配金が欲しい。そんな贅沢なあなたの望みをかなえる金融商品がETF(上場投資信託)です。

サムネイル

[個人投資家ってどんな人達]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

会社員しながら投資をしている方はきっとこんな感じで株を買っています。

サムネイル

[おすすめの証券会社]

対面の証券会社とネット証券は何が違うの?

従来の証券会社は対面営業を是としており、あなたに投資アドバイス(+ 営業)を提供します。 一方、いわゆるネット証券は対面営業を行わない代わりに、取引手数料を安価に設定しています。 もしあなたが証券口座を開設するならどっち?

サムネイル

[おすすめの証券会社]

資産運用は銀行と証券会社のどちらで行うのが良いの?

資産運用を始める際に最寄の銀行やゆうちょ、JAバンクなどで相談しようとしていませんか?それはちょっと待ってください。 資産運用で選択できる商品は各金融機関によって大きく異なり、あなたの運用成績の差として現れます。もしかしたら損をしているかも?

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

10万円から始める資産運用各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。