10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

1000万円あるけど投資を始めた方がいい? -1000万円資産運用の是非-

例えば1000万円といった大金の資産運用は、しばしばその失敗談が雑誌やネット上に掲載します。 金融商品のリスクリターンの関係など把握せずに、適当に1000万円をフルで投資してしまうと、あなたもその二の舞になるかもしれません。

あなたも運用失敗談の取材を受けたいですか? それよりも失ったお金のほうが悲しくなりますよね。

資産運用で失敗しないための1つの方法は、少額で投資を始め、運用の経験を積むことです。 経験を積み、各金融商品の特徴などを把握すれば、どのくらいお金を投資すればどのくらいの損益になるかが感覚的に分かってきます。

  • 少額の資産運用なら損をしてもかすり傷で済みます。
  • 少額の資産運用ならいつでも簡単にやめられます。

経験を積んでから少しずつ投資額を増やしても遅くはありません。

なお、現在あなたが1000万円を持っていなかったとしても、運用の手法は様々あります。 個人的には、あなたの現在の資産に関わらず、資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!で紹介するような積立投信で資産を築くのが一番良いと思います。

それなら「1000万円をどう運用すれば良いですか」みたいな話にならないからです。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2015年2月9日 最終更新:2016年11月02日

[広告]

はじめに

例えば1000万円といったお金がある時に、それをどうするか判断に迷うものです。 あなたがこのページをご覧だということは、投資や資産運用で儲けたという話を聞いて、あなたもそれに興味を持ったのだと思います。

基本的に、投資を始めるかどうかは本人が主体的に決めるべきです。 だから、この記事をご覧になって、投資を始めるかどうかを判断するのはあなたの役割です。

筆者ができるのは、あなたが資産運用を始めるにあたって必要だと思われる情報をご提供することです。 是非、1000万円資産運用の良い点と悪い点を元に、投資を始めるかどうかをご判断ください。

投資は儲かっても損しても自己責任ですよ?

1000万円資産運用は必要か?

まず、資産運用の必要性について紹介します。 これは、なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題でも紹介するように、

  • 公的年金の枯渇
  • インフレによる現金価値の低減

があります。

あなたは毎日苦労して働いて1000万円を貯めたのだと思いますが、その1000万円は商品との相対価値であり、絶対的なスコアではありません。 将来、現金の価値が半分になれば、その1000万円は現在の500万円の価値と等価になります。

苦労して働いたお金が水の泡になってしまいますね。

筆者は、1000万円の全額を投資する必要はない一方で、全額を預貯金で保有するのはどうか、と思います。 例えば500万円を預貯金で保有し、残り500万円を投資に振り向けるなどして、資産を分散させるのが良いと思います。

不思議な話かもしれませんが、貯金と投資にお金を振り分けるのも、結果的にはお金を守る手法だと考えます。

もちろん、投資先を間違えるとお金を失いますが。

大金の資産運用で失敗するのはなぜか

さて、1000万円のような大金を運用しようとした時によくある失敗談があります。 例えば、なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題で引用したように、大金を投資したら金融危機が来た、というものです。

他にもこんな話もあります。

  • 銀行で勧められた投資信託を一括購入してしまう
  • リスクやリターンも考えることなく、思いついたままに全額株式に投資してしまう

このような話はしばしば週刊誌の投資失敗話としてネット上に残されます。 取材を受けたらちょっとした有名人になれるかもしれませんが、お金は戻ってきません。

それは困りますよね。

彼らはなぜ失敗したのでしょう?

例えば失敗しない資産運用を。バンガードトータルワールドストックを用いた世界分散投資で紹介するように、あるタイミングでの一括投資はリスクが高くなる投資方法です。 リスクが高くなるとリターンも損失も大きくなる可能性があります。

同様に、個別株式などへの一括投資もハイリスクです。

投資先が狭く一点に集中するほどに、リスクは高くなります。 リスクが高くなると、リーマンショックのような金融危機で簡単に資産の半分を失ったりします。

あなたが投資のことを知っているのなら好きに運用すればよいと思います。 ですが、それを知らずに1000万円を一括で投資したいと考えているなら、それは待ったと言いたい。

1000万円資産運用で失敗を避けるためにはどうすればいい?

1000万円を一括で投資しない。

要は少額投資で経験を積んでから、だんだんに投資額を増やすのが筆者の答えです。

少額の資産運用はリターンが少ないデメリットがあるものの、それ以上にいくつかメリットがあります。

  • 運用に失敗してお金を失う前に金融商品の特徴をつかめる
  • 資産運用が合わないと思ったら、いつでも最小限の損失で撤退できる
  • 投資時期を分割することで資産ポートフォリオの時価の変動を緩やかにできる

投資額が少なくとも、運用を通じて各金融商品のリスクとリターンの関係を掴むことができるようになります。 そうすれば、よくわからない商品にフルインベストメント(資産全額を投資すること)することはなくなります。

また、インストックネットのような投資情報サイトに踊らされて投資を始めたとしても、全ての人が積極的な運用を好むとは限りません。 実際試してみたら楽しいと感じなかったり、お金が1円でも減ることに恐怖を感じたりすることもあるはずです。

そんな時に、マイナスを抱えているとやめるにやめれなくなります。

最後に、少額から少しずつに投資額を増額していくことで投資時期も分割することができます。 時期が分散すれば、大きなリターンの可能性は減りますが、大きな損失の可能性も減ります。

慣れたら投資額を増やせばいい

結局、多くの失敗談は投資に関する無知が原因です。 だから、「運用になれるまでは少額で運用しましょう。なじめないならさっさとやめましょう」というのが本記事での回答です。

経験を積んでもっと出来そうだと思えば投資額を増やせば良いですし、ダメだと思ったらそこまでにすればよいです。

何に投資を行えば良いか

汎用的なものでいくつか。

日本国内への分散投資をするなら、

全世界への分散投資をするなら、

不動産投資したいなら、

資産保全目的なら、

ここで挙げた商品は、個人向け国債を除くと分散性の高い商品です。 個別株式に比べて高いリターンになりにくい代わりに時価の触れ幅も小さくなるのが特徴です。

資産を守るなら個人向け国債を中心に、資産を積極的に増やすならニッセイ外国株式インデックスファンド(かバンガードトータルワールドストック)を中心に投資していくのがオススメです。

繰り返しになりますが、最初から資産の全力投資は厳禁です。 最初は10万円や20万円といった額から慎重にそろりそろりと投資していくのがオススメです。

株主優待が欲しい場合

株主優待目的で投資する場合も、投資額の全てを日本株に割り当てるのはあまりオススメしません。 例えば半分は海外へ投資するインデックスファンド等を選び、残りを日本株などとします。

同様に配当金目的の場合も同じです。

なお、仮に1000万円を日本の高配当株に投資したとしても、せいぜい年間40万かその程度のリターンにしかなりません。 不労所得生活を目指すには、1000万円は少ない金額です。

ラップ口座の利用は不要

ラップ口座とは、もともと資産家向けの運用サービスをより少額で利用できるようにしたものです。 いくつか投資信託を組み合わせて運用するため、ファンドラップとも呼ばれます。

これらのサービスは運用機関の取り分が大きいため、あなたにとっては期待するほどのリターンにならない可能性があります。

また、運用機関に一任したとしても、必ず右肩上がりで資産が増え続けるとは限らない点で注意を要します。 プロに預けたら絶対儲かる、なんて思い込むと、たぶんがっかりします。

資産運用は自己責任で

最後に、1000万円を握り締めて金融機関の門を叩きたいあなたへ。

10万円でも1000万円でも、それを運用した結果はすべて自己責任です。 金融機関の営業員の言うままに金融商品を買ってしまっても、それも自己責任です。

しばしば、投資商品を巡って裁判ざたになることもあります。 認知症など、なんらかの理由が介在していたなら、それは仕方ないと思います。

ですが、投資に失敗してお金を失うのは投資をするあなたですから、「知らなかった」「わからなかった」では済まないのが困ったところです。 たとえ、金融機関で金融商品を買うにしても、きちんと納得の上で投資をすべきです。

あなたが汗水たらして稼いだお金なのですから(関連して投資や資産運用を始めるときは誰に相談すればいいの?)。

まとめ

以上です。まとめると、

  • 1000万円を預貯金で保有しておくとインフレで価値が低減する可能性がある
  • 1000万円を資産運用したいときは全力投資はしない。少額から始めて経験を積む
  • プロに預けるのも自己責任で。プロが運用したとしても儲かるかどうかは相場次第

です。

1000万円といった大金を全額投資するのはリスクが高い行為です。 ですが、投資に限らず、物事は実際に始めてみないとよくわからない部分は多々あります。

ゆえに、筆者が考える最良の方法は、10万円や20万円などと上限を決めた上でお試しで投資を始めてみることだと考えます。

運用に失敗して大金を失う前に、まずは経験を積みましょ?

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[少額株式投資編]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

会社員しはいつ株を買っているのか疑問に思っていますか? 実際には、Amazonでネットショッピングをする感覚で株式を売買することが可能です。 市場が閉まっている時間も予約注文ができます。

サムネイル

[少額株式投資編]

会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?

株式に興味を持ったものの、どこで株を買えばいいのかもわからない・・・。 インターネットが普及した今、もはや証券会社の営業員から株を買う必要はありません。 ここでは、初めての投資家がどこで株を買えばいいのかをご紹介します。

サムネイル

[まとめコンテンツ]

投資やってみたい。どうすればいい?

投資をやってみたいときはお金と証券口座が必要です。例えば1万円で証券口座の開設も可能です。 投資は裕福な人たちほどやっている傾向が強いのですが、たとえ年収300万未満でも投資できます。 重要なのは、年収がいくらかではなく、投資するためのお金がいくらあるか、です。

サムネイル

[まとめコンテンツ]

資産運用の考え方

資産運用の考え方について、大ルールは、万人に最適な資産運用など無いです。 あなたの年齢、収入、家族構成、仕事の先行き、現在の借金の状況等に応じて、積極的に資産を増やすべきか、それとも守るほうが良いのかが変わってきます。

サムネイル

[筆者の運用体験談]

最近の運用の仕方2015年下期版

ETFを通じた定期的な収入の構築の話をご紹介します。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。