10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

10万円資産運用の始め方

個人でできるインフレ対策を目的とした資産運用

時価が変動する純金、債券、株式などの金融商品はインフレ対策に利用できます。 その効果は純金がもっとも小さく、株式はもっとも大きく、債券は両者の中間的な特徴を持ちます。

純金、債券、株式の全てを買う必要はありません。 例えば純金や債券だけ、もしくは株式でも対策可能です。

ただ一般的には「株式や債券を中心に、わずかに純金にも投資する」といった資産ポートフォリオを組むことになると思います。 この配分は、あなたがどの程度、時価総額の触れ幅に許容できるかにかかっています。

これら金融商品への投資は投資信託を通じて間接投資するのが手軽です(種類とリスクから見る投資信託の選び方)。 投資信託なら最少500円から投資できるので、あなたも今すぐインフレ対策を開始できます。

例えば、「世界の株式に投資する投資信託へ投資する」といった方法です。

よく分からなければ、投資信託お手軽運用術 -バランスファンド入門-で紹介するバランスファンドを利用するのも手です。 債券主体に構成されたバランスファンドを選んでおけば、時価総額の触れ幅に不安を感じる可能性を低くできます。

インフレ対策を始めるには証券会社を通じて、上記に挙げた商品を購入します。 純金投資(純金積立)サービスは証券会社で利用できない場合もあるので、他の取引業者の利用が必要になるかもしれません。

公開:2017年01月12日 最終更新:2017年01月13日

[広告]

インフレ対策がなぜ必要か

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題で示したように、インフレが進むとお金の価値が下がるからです。

言い換えると、今あなたが100万円を持っていたとして、将来その100万円の価値が「100万円のまま」かはわからないのです。

これについて興味深い報告があります。

書籍「株式投資の未来(ジェレミー・シーゲル著)」では、1802年から2003年までの米国における主要な金融商品の実質トータルリターンを示しています。 実質トータルリターンとは、商品の値上がり益からインフレの影響を差し引いた、金融資産の純粋なリターンを求めたものです。

ここでは1802年を1(基準)とし、1以上ならばインフレに勝ち、1以下ならインフレに負けたことを示します。

シーゲルによると以下のように報告されています。

  • 株・・・597,485
  • 長期国債・・・1,072
  • 短期国債・・・301
  • 金・・・1.39
  • ドル(現金)・・・0.07

と、株や債券が1を大きく上回ったのに対して、ドル(現金)は0.07と1を割り込んでいます。 これは1802年の1ドルは2003年時点で0.07ドル(7セント)の価値しかないことを示しています。

この事例はアメリカの事例ですが、日本でも過去には同じことが生じていました(銀行預金は投資?賢い人が預金をやめるのはなぜ?)。 私たちはデフレに慣れきっていますが、どちらかといえばそれは異常なことなのです。

インフレ対策できる商品

さて本題は、インフレの影響を憂慮してあなたと一緒に頭を抱えることではなく、インフレ対策を前提にした資産運用ですね。

結論から述べると、インフレで価値が上昇する金融資産を保有すればインフレ対策になります。

いくつか例を紹介します。

  1. 純金投資
  2. 債券投資(物価連動国債)
  3. 株式投資

インフレ対策できる商品例

純金 債券 株式
メリット
実物と交換可能
時価の変動が小さい
高いリターンを期待できる
デメリット
付加価値を生まない
価格の変動は意外と大きい
日本国債はインフレターゲット以下の利回り
時価の変動が大きい

純金投資

先ほどのシーゲルの例では、インフレ調整後の純金価格はここ200年で1.39倍にしかなりませんでした。 言い換えれば、純金はインフレには追従するが、それ以上の付加価値はほとんど付かない特徴を持っています。

  • 純金はインフレに追従する
  • 純金では大儲けはできない

つまり、純金投資は大幅なリターンを求めない、最低限の投資と言えます。

純金投資の方法はいくつかあります(1万円で純金投資!希少金属への投資とは)が、最も現実的なのは、

  • 純金ETF(上場投資信託)を利用した積立投資
  • ゴールドパークなど専門業者での純金積立

だと筆者は考えます。 運用コストが最小限で盗難リスクがなく、一方でその気になれば実物の金と交換できるのがメリットです。

  • 例えば金の果実ETF(証券コード:1540)やゴールドパーク(三菱マテリアル)など

債券投資(物価連動国債)

シーゲルの例では301~1,072倍になった債券投資もインフレ対策に効果的でした。 が、日本ではちょっと事情が異なります

マイナス金利時代の資産運用でも触れたように、現在の日本国債利回りはマイナス金利政策によって1%にも満たないからです。 日銀が目指すマイルドなインフレは2%ですから、利回りが0.05%しかない個人向け国債はインフレに負けます

  • 債券もインフレに追従する
  • が、利回りの低い日本国債はインフレに負ける

海外債券を利用する手もありますが、ここではよりリスクの低い物価連動国債も候補に挙げてみます。

物価連動国債は将来の物価に応じて元本価格が変動する国債です。 インフレで値上がりし、デフレで値下がりする(厳密にはCPI(消費者物価指数)で価値が変動します)のでインフレ耐性があります。

2017年1月現在、私たちは直接物価連動国債を買うことができませんが、投資信託を通じて間接的に買うことはできます

  • 例えばMHAM物価連動国債ファンド

株式投資

シーゲルの例では、株式投資は200年間でなんと597,485倍にもなりました。 バブル崩壊以後の日本の相場からはなかなか想像できませんが、株式には強いインフレ耐性があることがわかります。

とはいえ、株式投資と聞いて、どの企業に投資するか悩みますよね。 インフレ対策で持っていた企業が倒産したりしたら困りますから。

その場合には、資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!で紹介するような投資信託を通じた分散投資を行うのが手軽です。

個別企業へ投資するのではなく、市場をまるごと買うのです。

  • 例えばニッセイ外国株式インデックスファンド(購入・換金手数料なしシリーズ)

どの商品が一番良い?

今のところ、筆者は資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!で紹介するように、投資信託を通じて世界株式市場への分散投資をオススメしたいと思っています。

これが最もインフレに耐性を持ち、かつそれ以上に儲かる可能性のある運用方法だからです。

が、株式のみの資産ポートフォリオは時価の変動が大きくなりやすく、心労が絶えない場合もあります。 1日で資産の1%以上時価が変わることもあるからです。

ここはあなたの価値観に依存するため、一概にどうなるとは言えません。

そこで、もし株式がハイリスクと感じるなら、一定の割合で債券や純金などの資産も加えます。 債券や純金は株式よりも時価が変動しにくいため、株式100%の資産ポートフォリオに比べて、資産全体の値動きや緩やかになります。

「一定の割合?どのぐらい?」と感じたら、例えば、投資信託お手軽運用術 -バランスファンド入門-で紹介しているバランスファンドを利用するのも1つの手です。 バランスファンドはそれ自体が債券と株式の混合資産からなる商品ですから、「株にxx%、債券にxx%・・・」と投資配分を考える必要がありません。

  • 例えば世界経済インデックスファンド
  • より守りの運用をするなら、世界経済インデックスファンド(債券シフト型)

まとめると、

  • 世界株式に投資する投資信託を利用すればインフレ対策はOK
  • ただ値動きが大きすぎる場合には債券・純金への投資比率を上げる
  • よくわからなければバランスファンドと呼ばれる投資信託を買う

インフレ対策はどうやって始めるか

ここで挙げた商品の大半は証券会社経由で購入できます。 証券口座を開設し、ここに挙げた商品を定期的に購入していくことでインフレ対策を実現できます。

あなたが初めての投資の場合、純金も債券も株式も、投資信託(と上場投資信託)を通じて運用するのがお手軽です。 最少500円から利用できるため、お試しで運用できるからです。

楽天証券を利用すれば、純金積立含めて、ここで挙げた全ての投資信託を選ぶことができます。 が、楽天証券の純金積立は現物引き出しできません。 普段、純金を手元に保管するメリットはありませんが、もし実物を手にしたいならばSBI証券経由で金の果実ETF(証券コード:1540)を買うと良いです。

まとめ

まとめると以下のようになります。

  • 時価で変動する金融資産を持てばインフレ対策になる(効果は純金<債券<株式)
  • 運用は投資信託(と上場投資信託)を通じて買うと数千円~1万円程度から開始できる
  • 商品の購入は証券口座から

なお、各商品はそれ1つでインフレ対策できる商品ですので、ここに挙げた商品の全てを買う必要はありません。

また、ここに挙げた商品以外でもインフレ対策は可能です。 ぜひあなたにぴったりの商品を探してみてください。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

原油や金に投資を始める方法

[10万円資産運用編]

原油や金に投資を始める方法

原油や金などのコモディティ投資は、先物取引が定番ですが、先物取引は投資に失敗した場合に借金の可能性がある取引です。 インストックネットではETFか非上場の投資信託で手軽に投資する方法をオススメしたいと思います。

株式投資と投資信託への投資。どちらを選べば良いか

[10万円資産運用編]

株式投資と投資信託への投資。どちらを選べば良いか

株式投資と投資信託は商品性の違いから、売買ルールや値動きの違いがあります。 運用資金が少額だったり、昼間の株価の値動きが気になるなら投資信託を、短期間での大きな利益や株主優待に興味があるなら、株式投資がオススメです。

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題

[10万円資産運用編]

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題

わが国の年金の枯渇や、インフレ下でのお金の目減りは、将来の私たちの生活に多大な影響を与える可能性があります。 その時に不自由なく生きていけるのは、お金をよりたくさん持っている人です。 今なら1万円以内での超少額投資も可能ですから、退職金を投資で溶かす前に試してみませんか。

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか

[10万円資産運用編]

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか

資産運用において推奨される分散投資は、単にたくさんの金融商品に投資を行うことではありません。例えば日本株式と日本債券のように、なるべくお互いに独立して値動きする商品を選ぶのがポイントです。

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

[10万円資産運用編]

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

資産運用の方法は数あれど、積立投信こそが最強の資産運用だと筆者は考えます。 そこには積立投信ならではの優れた理由があります。

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

[10万円資産運用編]

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

インストックネットオススメの資産運用は、あなたの属性や年齢、年収を問わず開始できる最強の資産運用方法である、積立投信です。 実は金融庁もオススメしていたってご存知でした?

債券ファンドでお手軽ローリスク資産運用

[10万円資産運用編]

債券ファンドでお手軽ローリスク資産運用

ローリスクの資産運用に興味があるなら、債券に投資する投資信託を選ぶと少ない投資額でゆるゆると運用できます。 DC年金バランスゼロ(債券型)を例にご紹介。

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

[投資信託の始め方]

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?

投資信託は、1万円程度から手軽に購入できる金融商品です。10万円の資産運用を始める際にもおすすめです。

[広告]
[広告]

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

10万円から始める資産運用各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。