10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

eMAXIS 8資産均等型を利用した「3000円投資生活」の始め方

横山光昭氏のはじめての人のための3000円投資生活(以下「3,000円投資生活」)を参考に、同書で紹介されていたeMAXIS 8資産均等型の積立投資を考えます。野村アセットマネジメントとmyINDEXが提供するデータとツールを用いて、30年間積み立てた場合の運用シミュレーションを行いました。

過去の実績に基づくと、eMAXIS 8資産均等型は年率約7%のリターンが期待できます。2003年以降の日経平均株価とほぼ同じリターンですが、同株価よりもリスクが低いために、資産をより安定に運用できるのが魅力です。

あなたが毎月3,000円を30年間8資産均等型に積み立てると、約100万円の投資額に対し、平均約300万円のリターンを期待できます。条件が悪くても約60万円は期待できそうです。

3,000円投資生活を始めるには、eMAXIS 8資産均等型を扱う証券会社の証券口座が必要です。主要ネット証券5社では、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券の各社で取り扱っています。

投資信託の過去の実績は、将来の運用成績を約束するものではありません。積み立てをやめるタイミング次第では元本割れもありえますので、その点はご留意ください。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2017年02月02日 最終更新:2017年02月13日

[広告]

「3000円投資生活」とは

「3000円投資生活」とは、2016年6月に刊行された「はじめての人のための3000円投資生活」のことです。インストックネットでもオススメする積立投信で資産を築くことを紹介しています。

  1. 証券会社(特にオンライン専門のネット証券がオススメ)に口座を開設
  2. 積み立てる投資信託を選択
  3. 毎月3,000円をあなたの普段使いの銀行口座からの引き落としを設定し、あとは毎月買い付ける

3000円投資生活では、

  • 世界経済インデックスファンド
  • eMAXIS 8資産均等型

の2つの投資信託を例に挙げています(両者の比較は投資信託の積み立て!何かオススメある?)。

このうち、本記事では後者のeMAXIS 8資産均等型に注目します。

eMAXIS 8資産均等型とは

三菱UFJ国際投信が販売するインデックス投資信託「eMAXISシリーズ」のうち、複合資産を組み合わせたバランスファンド投資信託お手軽運用術 -バランスファンド入門-)です。おそらくeMAXISシリーズの中で最も名前を知られている投資信託です。

eMAXIS バランス(8資産均等型) | 三菱UFJ国際投信

8資産均等型は8つの資産クラスに12.5%ずつ均等投資します。8つの資産クラスとは以下のカテゴリです。

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 外国債券
  • 新興国債券
  • 国内REIT
  • 先進国REIT

eMAXIS 8資産均等型の投資配分(三菱UFJ国際投信より引用)

図1. eMAXIS 8資産均等型の投資配分(三菱UFJ国際投信より引用)

この組み合わせは、2017年現在の主要な市場をほとんどカバーしており、これ一本で全世界の様々な金融商品に投資できるのが魅力です。

以下では、野村アセットマネジメントが提供する「投信アシスト」を利用して、この8資産均等型で資産形成を図ったときのシミュレーションを考えてみます。

計算条件

8資産均等型のリスク(時価の触れ幅)と年平均リターンを算出し、そこから将来の運用シミュレーション結果を算出します。

ただ、8資産均等の運用が始まった2011年以前のリスクリターンは不明です。そこで、8資産均等型を構成する8つの資産クラスが目指すベンチマークから得たリスクリターンを利用します。

以下が、その8つの資産クラスのベンチマークです。

  • 国内株式・・・TOPIX
  • 先進国株式・・・MSCIコクサイ
  • 新興国株式・・・MSCIエマージング
  • 国内債券・・・NOMURA-BP
  • 外国債券・・・シティ世界国債
  • 新興国債券・・・JPモルガンGBI‐EM
  • 国内REIT・・・東証REIT指数
  • 先進国REIT・・・S&P先進国REIT

このポートフォリオを投信アシストで計算すると、2003年から2017年までのリターンは約7.8%、リスクは約13.4%になりました。100万円投資すると、1年後の成績は約68%の確率で107.8万円プラスマイナス13.4%の間に収まると考えることができます。

また、myINDEXで計算すると、1997年から2017年までのリターンは約6.5%、リスクは約13.0%になりました。

これら過去の実績に基づく限り、8資産均等型は年約7%のリターンを期待できるようです。

ちなみに約7%のリターンは2003年~2017年の日経平均株価の平均リターンとほぼ同じです。ただ、同期間のリスクは19.3%と高いため、あなたがより安定に資産を形成したいなら、日経平均株価に連動する投資信託より8資産均等型を買ったほうが正解でした。

eMAXIS 8資産均等型の積立結果

では、積立結果を表1に示します。ここでは初期投資額0円、毎月2万円ずつ、30年間投資したものとして計算しました。

表1. eMAXIS 8資産均等型の運用成績シミュレーション(2万円 × 30年)

野村AM
(2003年~2017年)
myINDEX
(1997年~2017年)
リスク 13.4% 13.0%
リターン 7.8% 6.5%
30年間の積立額 720万円 720万円
30年後の運用損益
(平均)
+2,011万円 +1,425万円
30年後の運用損益
(かなり悪いケース)
+951万円 +398万円

※リスクとリターンは2017年02月02日現在の公表データに基づく。将来も同じ成績が出るとは限らない点に留意。

eMAXIS 8資産均等型の積立シミュレーション

図2. eMAXIS 8資産均等型の積立シミュレーション(野村AMのデータに基づく)

よりリターンの少ないmyINDEXの20年データ(表1)を利用し、かなり悪い運用になったとしても、+398万円になるとの結果が得られました。投資額とあわせると720万円 + 398万円 = 1,118万円が計算上の評価額になります。

この評価額とは、あなたが投資信託を売却したときに得られるリターンのことです。eMAXIS 8資産均等型は分配金を出さずに運用を行います。そのため、あなたが利益を手にするには、

  1. 投資信託を毎月積み立てる
  2. 評価額がプラスになっているときに売却
  3. すると積み立てたお金と運用益が戻ってくる

といったプロセスが必要です。

なお、このシミュレーション結果は過去の実績に基づくもので、将来の運用成績を約束するものではありません。あくまで過去のデータをもちいた計算上の話です。

もしも3,000円積み立てたら?

書籍では3,000円積み立てがテーマだったので、30年間3,000円積んだケースも計算してみました(表2)。

表2. eMAXIS 8資産均等型の運用成績シミュレーション(3,000円 × 30年)

野村AM
(2003年~2017年)
myINDEX
(1997年~2017年)
リスク 13.4% 13.0%
リターン 7.8% 6.5%
30年間の積立額 108万円 108万円
30年後の運用損益
(平均)
+302万円 +214万円
30年後の運用損益
(かなり悪いケース)
+143万円 +60万円

※リスクとリターンは2017年02月02日現在の公表データに基づく。将来も同じ成績が出るとは限らない点に留意。

なんと毎月の積立額が3,000円だけだったとしても、30年間継続すると+300万円程度(投資額とあわせると400万円)になるかもしれないとの結果が得られました。

ちなみに30年間で400万円を貯めるには、1年間で約13.5万円、1ヶ月で1万円以上の貯金を必要とします。この貯蓄は不可能ではないでしょうが、この1万円を8資産均等型で毎月運用したら1,000万円になるかもしれないことも忘れないでください。

3,000円投資生活の留意点

ところで本書の肝は、3,000円から投資を始めると同時に、家計の支出も見直すことで、将来的に投資額を増額することだと筆者は認識しています。書籍の体験談も、3,000円積み立てから始め、その後投資額を増額したはずです。

あなたも資産を築く目的で積立投資を始めるなら、最初の投資額は3,000円であっても、将来的には月収の1~2割程度まで増額することをオススメします。

横山氏は家計再生コンサルタントとして書籍や雑誌のコラムなどでよく登場します。あなたが家計状況で困っているなら、書籍など探してみるのも良いと思います。

株式会社マイエフピー(横山光昭氏の運営会社)

どこで投資できる?

eMAXIS 8資産均等型を扱う証券会社の証券口座が必要です。著名なネット証券5社では、松井証券を除く4社(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)で購入できます。

オススメはSBI証券(詳細はSBI証券のおすすめポイント)や楽天証券(詳細は楽天証券のおすすめポイント)です。この2社は主要な金融商品をカバーしており、毎月500円や1,000円から積立投資ができるため、投資を始めやすいのが特徴です。

あなたにだわりが無いなら前者を、楽天のヘビーユーザーなら後者をオススメします。

まとめ

以上をまとめると、

  • eMAXIS 8資産均等型に毎月3,000円を30年積み立てると計算上の運用益は約300万円
  • 可能であれば投資額を毎月月収の1割か2割程度まで増やすと良い
  • 毎月2万円の投資ならば運用益は1,500~2,000万円程度に

です。

ちなみに、1年か2年で飽きて止めてしまうと元本割れの可能性があります

例えば、myINDEXのリスクリターン値を使って毎月2万円を1年間だけ積み立て場合、24万円の投資に対して6万円の評価損を抱えるかもしれません(長期で運用するとプラスになる理由は投資信託で資産形成したいあなたへ長期投資を勧める理由)。

家計的に難しいなどの理由が無い限りは、月額3,000円だけでも良いので極力継続することをオススメします。ただし、積み立て自体はいつでも止められることも知っておいてください。「一度始めたら止められない」ではちょっと勇気が必要ですよね。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

[10万円資産運用編]

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

オススメの資産運用はあなたの属性や年齢、年収を問わず開始できる積立投信。長期・分散・積立の3本柱で資産を築きます

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

[10万円資産運用編]

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

資産運用の方法は数あれど、積立投信こそが最強の資産運用だと筆者は考えます。 そこには積立投信ならではの優れた理由があります。

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

[10万円資産運用編]

資産運用はこれがオススメ!初めてでも大丈夫!

オススメの資産運用はあなたの属性や年齢、年収を問わず開始できる積立投信。長期・分散・積立の3本柱で資産を築きます

失敗しない資産運用を。バンガードトータルワールドストックを用いた世界分散投資

[10万円資産運用編]

失敗しない資産運用を。バンガードトータルワールドストックを用いた世界分散投資

海外ETFの定番商品「バンガードトータルワールドストック」は資産運用に最適な商品の1つ。投資時期を分散させることで、資産運用の失敗確率を低減できるはずです。

債券ファンドでお手軽ローリスク資産運用

[10万円資産運用編]

債券ファンドでお手軽ローリスク資産運用

ローリスクの資産運用に興味があるなら、債券に投資する投資信託を選ぶと少ない投資額でゆるゆると運用できます。 DC年金バランスゼロ(債券型)を例にご紹介。

おすすめの資産運用 -2017年版-

[10万円資産運用編]

おすすめの資産運用 -2017年版-

2017年現在取引できる商品をベースに、20代~30代の私たちが資産形成を図る方法を紹介します(40代までならギリOK!)

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。