10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

パソコンを利用した株の始め方

現在主流のネット証券は口座開設も取引もパソコンから利用できます。 株はスマホからも買えますが、特に投資信託や個人向け国債などの取引を行う場合には、パソコンがあればより便利に取引可能です。

パソコンを通じて運用を始める場合は、少額資産運用のために準備するもので紹介している通り、

  • 投資のお金
  • 取引ツール(ここではパソコン。WindowsでもMacでも良いがWindows推奨。要インターネット環境)
  • 証券口座
  • 必要に応じてネットバンク

の4つをそろえます。

なお、簡単に株式の売買を行う場合なら、最近のWindowsでもMacでもだいたい大丈夫です。 マルチディスプレイ環境を整える必要も無く、Core i3ぐらいのノートパソコン1台あれば取引できます。

専用の取引アプリを使ってデイトレを行う場合にはWindows OSのパソコンを用意します。 Mac向けの取引アプリはリリースされていないことも多いので、利用時はご注意ください。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2015年11月03日 最終更新:2016年07月08日

[広告]

筆者のMacBook Air(Early 2014)

筆者のMacBook Air(Early 2014)

はじめに

パソコンを利用した株の始め方を紹介します。

近年はスマホの株取引が中心になりつつありますが、取引の報告書を閲覧したり、デイトレしたりする場合にはパソコンがあったほうが便利です。

スマホの時と同様に、基本は少額資産運用のために準備するもので紹介している通り、口座開設し入金して株を買うだけです。 取引ツールの準備や証券口座開設、パソコン利用時の注意点などを順にご紹介します。

パソコンを準備

パソコンで株取引を行うためには、パソコンを準備します。 詳しい話は、株やFXを始めるのに必要なパソコンの性能は?もあわせてご覧ください。

パソコンは何がいいの?

通常の株式売買なら、インターネットエクスプローラやクローム、サファリなどのブラウザ(ウェブブラウザ)と呼ばれるソフトウェアを利用します。 これらのうち、最低1つはあなたが購入したパソコンに必ずインストールされています。

富士通や東芝のような国内メーカーパソコンでも、デルやHP、ASUSなどの海外メーカーのパソコンでも大丈夫です。 もちろんMacBook AirやiMacなどのApple製のパソコンでも大丈夫です。

短期売買を行いたい場合で、証券各社が提供するデイトレ専用ツールを利用するならば、Windows OSのパソコンを購入します。 MacBook AirやiMacなど、アップル社の製品では利用できません。

より詳しくはMacでも株取引や資産運用ってできる?をご覧ください。

ノートパソコン?デスクトップ?

ウェブブラウザベースの取引の場合、ノートパソコンでもデスクトップパソコンでも大丈夫です。 もし、次に述べる話に興味があれば、デスクトップが良いかもしれません。

パソコンはマルチモニター必須なの?

2台以上の液晶モニターを併用する環境のことをマルチモニターマルチディスプレイ環境と呼びます。 液晶ディスプレイを何枚も設置する、雑誌や漫画の中に出てくるデイトレーダーを想像していただければわかりやすいと思います。

実際のところ、株やFXのコアユーザーによく見られるマルチモニター環境は不要です。 1台のデスクトップパソコン、もしくはノートパソコンでも十分取引可能です。

もし2台のマルチモニター環境を構築したいなら、ノートパソコンでも十分ですが、3台以上のマルチモニター環境を構築したいなら、デスクトップパソコンを用意する必要が生じます。 詳しくは、マルチディスプレイ対応の株取引用パソコンってどこで手に入るの?をご覧ください。

インターネットを準備

パソコンで株取引を始めたいなら、インターネット環境を用意する必要があります。 パソコンがネットにつながらなければ、株は買えないのです。

インターネットを利用するには、自宅に固定のインターネット回線を準備する、もしくはY!mobile Pocket WiFiのおすすめポイントで紹介するようなモバイルWi-Fi端末を使う方法があります。

ケーブルテレビに加入している場合、そのサービスの一環としてケーブルテレビが提供するネット回線を利用できる場合もあります。

このあたりはあなたがお住まいの住宅環境に依存します。

仮に固定のインターネット回線を引く場合には、プロバイダと呼ばれる業者に連絡を取り、回線の物理的な工事と、インターネット利用に向けての手続きを行うことになります。

インターネットセキュリティソフトの導入

株式売買のためにパソコンをネットにつなぐ場合、インターネットセキュリティソフトは必須です。 世の中には、無防備なパソコンの個人情報を盗んだり、悪用したりするマルウェア(スパイウェアやウイルスなどの総称)が存在し、特にWindows OSのパソコンなら、セキュリティソフトは120%必須です。

セキュリティソフトは数千円~1万円程度しますが、必ず買ってください。 お金をケチケチして無防備にしたり、ネット上のフリーのソフトウェア(※)を利用するのはお勧めできません。

あなたの資産を守るためです。

購入後はパソコンにインストールし、常時最新の状態を保つようにします。

※フリーのソフトウェアは必要最小限の機能しか含まれていないことが多いため、実はその界隈に詳しい玄人向けと言えます。 ノートンやカスペルスキーなど「インターネットセキュリティ」と名のつくような総合パッケージを買ったほうが楽です。

パソコンから証券口座開設

ネットの契約とセキュリティ対策を終えたら、そこから初めて証券口座開設などの手順を進めることになります。 口座開設手順は、10万円資産運用を行うまでの流れで紹介しているものと同じです。

事前準備が多いことを考えると、スマホから株式を始めたほうが手軽そうですよね。

なお、既にスマホから口座開設を済ませている場合、ログインIDとパスワードを利用すれば、パソコン用の取引サイトにアクセスできます。

パソコン利用に適した証券会社ってある?(Windowsの場合)

パソコンを利用したウェブブラウザ経由の取引の場合、従来の著名な対面式証券会社もネット証券もインターネットを用いた取引環境が整っています。 地方の小規模な証券会社を利用しない限りは、ネット経由での株取引が可能です。

あなたが短期売買を行いたい場合、またはスマホやタブレットからも株取引を行いたい場合など、使い勝手を考えるとネット証券を利用するのが良いです。 ネット証券とは、インターネットでの取引を主体とし、営業員と対面で売買する店頭取引は行わない証券会社のことを指します。

ネット証券をオススメする理由は、

  • 従来の著名な証券会社に比べて取引手数料が安いため
  • デイトレ用の専用ツールが用意されているため
  • スマホ向けの取引アプリが用意されているため

です。

ネット証券での総合証券会社として名高いのはSBI証券楽天証券です。 特に前者のSBI証券はオリコンユーザーランキングでも連続1位を取得するなど、高い評価を得ています。

筆者はSBI証券を利用しており、インストックネットの各種事例はSBI証券の利用に基づいています。

ネット証券を利用する場合には、証券会社の営業をシャットアウトできる利点があります。 どうしても営業員に商品を紹介して欲しい場合には、従来の対面式証券会社への口座開設を選択肢に入れても良いと思います。

パソコン利用に適した証券会社ってある?(Macの場合)

あなたがiMacやMacBookなどを使用しており、デイトレをやりたいと考えているなら楽天証券がオススメです。 理由は、Macでも株取引や資産運用ってできる?で述べています。

デイトレに興味が無ければSBI証券か楽天証券に口座を持っておけば間違いないです。

スマホからも利用できる?

もちろんです。 パソコンから口座開設しても、スマホでの併用が可能です。

パソコンでの取引に注意することはある?

最後にパソコンでの株取引で注意することを紹介したいと思います。

パソコンからの取引時に注意したいこと、それはなんだと思います?

答えはセキュリティリスクを抱えることです。 要は、売買履歴の通信傍受やマルウェア感染などです。

Windowsは世界中で使われているために、Windowsを攻撃するマルウェアは毎日のように新種が出続けています。 パソコンに不慣れだと、ついついパソコンのセキュリティ関係もそのままにしてしまいがち。

でも、マルウェアやクラッカー(いわゆるハッカーのこと)は、そんなあなたのパソコンへの侵入を狙っていたりします。

スマホの株取引同様に、画面の向こうで実際にあなたのお金を運用していることを忘れないでください。 マルウェアに感染し情報が盗まれた場合に、口座の安全が保てない可能性があるのです。

対策として、

  • セキュリティソフトは必ずインストール(常時アップデート)
  • Windows Updateは必ず実行
  • 出所不明のUSBメモリ、メール、ウェブサイトには注意を要する

などが挙げられます。

もちろん、Windows XPのようなサポートの切れたOSは使ってはいけません。 あなたの資産を危険に晒すだけです。

まとめ

以上がパソコンでの株の始め方です。 スマホでの株の始め方と同じように、口座を開設しお金を入金して取引を始める、です。

筆者はPCユーザーなので、何かやるときはだいたいパソコンを利用しています。 一方、あなたはパソコンとスマホ、どちらが使いやすいですか? ぜひ使いやすいほうで株を買ってみてください。

なお、パソコンとスマホの併用もオススメです。 筆者も外で取引するときはスマホから取引を行っています。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[10万円資産運用編]

少額資産運用のために準備するもの

10万円で資産運用を始める方法をご紹介しています。必要なものはお金、ネット証券の口座、そして取引ツールです。 元本保証の運用や、日々の生活を楽にする点を考慮しネットバンクについても紹介します。

サムネイル

[10万円資産運用編]

10万円で購入できる金融商品にはどんなものがあるの?

10万円資産運用で購入可能な金融商品についてご紹介します。 SBIハイブリット預金経由でも株式や投資信託を購入できます。

サムネイル

[10万円資産運用編]

10万円資産運用を行うまでの流れ

10万円で資産運用を行うまでの流れは、証券口座を開設しお金を入金です。 ネット証券を通じて開設を行えば、おおよそ1週間程度もしないうちに投資を始めることができます。

サムネイル

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株の始め方

スマホを利用した株の始め方を紹介します。 スマホだけでも証券口座の開設や取引が出来るのですが、紛失しやすい点は注意が必要です。

サムネイル

[個人投資家ってどんな人達]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

会社員しながら投資をしている方はきっとこんな感じで株を買っています。

サムネイル

[デジタルツール導入編]

スマホ派?タブレット派?パソコン派?株式やFXの取引に適した端末はどれ?

スマホやパソコンは現在の株式の売買やFXに必須です。取引ツールとしてそれぞれの端末を利用する上でのメリットとデメリットをご紹介します。

サムネイル

[パソコン編]

株やFXを始めるのに必要なパソコンの性能は?

株取引に適したパソコンの選び方をご紹介します。現在市販のモデルが1台あれば十分で、モニターを何台も買い揃える必要もありません。

サムネイル

[パソコン編]

マルチディスプレイ対応の株取引用パソコンってどこで手に入るの?

株の売買や為替取引でどうしてもディスプレイを3枚も4枚も並べたくなったら。

サムネイル

[パソコン編]

Macでも株取引や資産運用ってできる?

Mac(およびLinux)でもウェブブラウザを通じて株や投資信託などの金融商品を売買できます。 一方、デイトレーダーが利用する専用のデイトレツールはWindowsのみ対応が多く、提供が限られています。

サムネイル

[おすすめの証券会社]

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

ネット証券って名前聞いたこと無い証券会社で、インターネットもあんまり利用しない・・・。でも大丈夫。 ネット証券は新興ですが、様々な大手企業が関与してきた経緯があります。取引もLINEアプリを使えれば大丈夫です。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。