10万円で始める株式投資編

株式投資の始め方。株って儲かるの?

資産運用の代表が株式投資です。 日本の個人投資家の多くが、資産運用先に(国内)株式投資を選んでいます

株式投資を始めるためには、お金と証券口座の開設が必要です。 証券口座の開設手順は銀行口座開設とほとんど同じです(証券口座を開設するには)。

本人確認書類を用意して、ネットから申し込むだけ。

実は1万円や10万円からでも株を買えますので、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。 単元未満株という制度を利用すれば、100円や500円でも株を買えるのです。

もちろん、飽きたら辞めれば良いだけです。

筆者はイオン株など、すぐれた株主優待を持つ銘柄を長期保有しています。 興味がありましたらイオン株はどこで買うの?もご覧になってみてください。

公開:2015年3月18日 最終更新:2016年10月01日

[広告]

株はスマホを通じて取引するのが手軽です

株はスマホを通じて取引するのが手軽です

はじめに

資産運用の代表が株式投資です。 運用の幅は広く、

  • 値上がり益目的(将来の成長企業に投資する)
  • 配当金目当て(副収入などに)
  • 株主優待目当て(生活を豊かにする)

など、様々な目的をもって運用することが出来ます。

ここでは株式投資の始め方の概要と利益を得る方法をご紹介します。 導入的内容であり、利益を出すための実践的内容ではありませんので、期待された方はごめんなさい。

株式投資の始め方

10万円資産運用編でご紹介していますとおり、株式投資を始めるには投資の原資(お金)と証券会社の口座が必要です。 その2つを揃えることができれば、いつでも株式投資を始めることが出来ます。

詳細は、10万円資産運用を行うまでの流れをご覧ください。

  1. 株を始めるためのお金はいくら必要なの?
  2. 年収少ないけど株買える?
  3. みんなどうやって株を買ってるの?

株を始めるためのお金はいくら必要なの?

数万円や10万円程度でも株を買えます。 詳しくは初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?をご覧ください。

1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主にのように、1万円以下でも株を買う方法が用意されています。 数千万円や1億円を用意する必要はありません。

10万円あれば海外の株式だって買えるんです(詳しくはアメリカ株(米国株)投資の始め方)。

びっくりですよね。

株式投資には、上級者向けの信用取引を除いて、担保になるお金は必要ありません。 あなたが1万円の株が買いたければ、その株の代金として1万円とわずかな売買手数料を準備するだけです。

株の売買代金はいつまでに入金すればいいの?

がまぐち

株式は前受制です。 先に代金を支払って、3営業日後に株式を受け取る形になります。

売買に必要なお金(買い付け余力)は、証券口座に入金されている残高で決まります。 約定(やくじょう。注文が決まること)とともに証券口座からお金が引かれますので、買い付け余力が足りない場合にはそもそも株は買えません

株を買ったらコンビニに支払いに行って・・・という方法ではないのでご注意ください。 証券口座にお金を入れてから、その範囲内で買える株を買うのです。

年収少ないけど株買える?

年収などは気にする必要はなく、今貯金がいくらあるかが重要です。 投資のアンケートでも年収300万円やそれ以下の世帯も投資を行っているという結果があります。

たまに株の売買で生計を立てるニート(ネオニート)の話を聞いて、「なぜ投資ができるのか」と不思議に思ったりうらやましいと思ったりしませんか? 彼らは、労働収入が無くとも投資で運用するためのお金を持っているから株が買えるのです。

繰り返しますが、収入の大小は必ずしも株を買えるかどうかとは結びつきません。 大切なのはいくら貯金があるか、です。

筆者は正社員だったり、無職になったり、非正規雇用になったりと、年収のアップダウンを繰り返していますが、その過程で変わることなく株の売買を続けています。 無職期間にデイトレしていたのは懐かしい思い出です。

みんなどうやって株を買ってるの?

パソコンやスマートフォンを利用し、インターネットを通じて取引を行います。 個人投資家アンケートでもネット経由で売買される方が大半です。

  • デスクトップパソコン / ノートパソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

これらのいずれを持っていれば(かつネットに繋がっていれば)、AmazonのようなオンラインショッピングやLineでスタンプを買う感覚で株の売買を楽しめるのです。

証券会社各社は株価のチェックや取引に利用できるパソコン・スマートフォン向けのアプリをリリースしています。 あなたはそれを利用して取引できます。

仕事中にこそこそと証券会社に電話をかける必要はありません昼間は働いていも大丈夫です。

詳しくは下記に書いています。

映像的なイメージが欲しければ、インターネットを利用した株の買い方もあわせてご覧ください。 ウェブブラウザやスマホアプリのスクリーンショットを紹介しています。

スマホを通じた株取引については、スマホで株取引 -始め方からセキュリティリスク対策まで-でまとめています。 こちらでは機種の選定や通信量の話も触れています。

株式投資ってどうやって儲けるの?

株式等で収益を出す方法は主に3つあります。

これらを上手く組み合わせて、総合的に資産を増やしていくことになります。

売買差益で儲ける!

株式の値上がり益を元に儲ける方法です。 キャピタルゲインとも呼ばれます。

売買差益で利益を出すならば、安値で株を買い、高値で株を売るを繰り返すだけです(上級者向けのサービスである信用取引を行う場合には「高値で売って安値で買い戻す」も可能)。 例えば、1株100円で買い、150円で売ったら50円が差益です。

特にデイトレーダーと呼ばれる人達は売買差益で利益を出しています。 彼らはテクニカル分析と呼ばれる株価チャートを様々な手法で読み解く技術を使い、未来の値動きを予測します。

売買差益を手にするためには、近いうちに値上がりしそうな銘柄を選択したり、各銘柄の値動きを追ったりする作業が必要になります。 昼間働いている私たちは1日の取引時間も限られるため、数日~数週間の中期的な売買で利益を積み上げるのが良いです。

配当金で儲ける!

株式を保持し続けたときに得られる配当所得で収益を出す方法です。 インカムゲインとも呼ばれます。

働きながら副収入(いわゆる不労所得)が欲しい場合には、配当金狙いの投資になるはずです。

通常、配当金は年に1回か2回発生し、保持している株式数に応じた金額が支払われます。 各企業が過去にどのくらいの配当金を出しているかは、市販の四季報(証券口座経由で閲覧も可能)などで確認することができます。

当然ですが、会社運営が赤字の場合には配当金はありませんし、黒字であっても配当金を出さない企業もあります。 商社系や製造業などは、株主優待を出さない代わりに配当金を多く出す傾向にあります。

長期的に配当金を期待するならば、企業の業績を分析して、安定企業や成長企業を見つける必要があります。 これをファンダメンタルズ分析と呼びます。

株主優待で儲ける!

株主優待は優待割引券や企業独自の商品など、換金化できるものからできないものまで多々あります。 食品をプレゼントしてくれる企業もありますので、少なからず家計を助けてくれるはずです。

特に個人投資家に株式を保有して欲しいと考える企業は、配当利回りよりも株主優待に力を入れる傾向にあります。 吉野家のような外食産業(牛丼屋さんの配当金と株主優待比較。最後は味で選んでね)や、イオンなどの小売業(イオン株はどこで買うの?)など、私たち消費者に近い業種で、株主優待を設けることが多いです。

筆者はイオン株(イオン株はどこで買うの?)やマックスバリュ東北株(マックスバリュの株主優待を取得するには)を保有していますが、前者はキャッシュバック付きのオーナーズカード、後者は株主優待券と、どちらもお店で安く商品を買うための優待となっています。

配当金や株主優待を貰うには?

上述の配当金や株主優待を得るためには、その企業の株主になる必要があります。 言い換えれば、一時的に株式を保有しても、株主として登録されないと配当も優待ももらえません。

株主になるためには、その企業の権利確定日(多くは3月末)から権利落ち日にかけて、その会社の株式を保有しているだけです。 厳密には、株式の受け渡しに3営業日必要ですから、25日前後が権利確定日になります。

単に株を買って持つだけじゃダメで、この権利確定日に株を持っている必要があるのです。

株主になっても、原則的に手続きなどは必要ありません。 証券会社に登録された氏名や住所などの情報を元に、配当の支払いや株主優待の発送などが行われます。

詳しい話は、株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?をご覧ください。

株を買ったら株券が届くの?

がまぐち

現在の株式はすべてデジタル化されており、証書のような株券はなくなりました。 株式を買っても、オンライン上のデータが書き換えられるだけで株券は届きません。

詳しくは家族や会社に株取引がばれると困るあなたへをご覧ください。

で、株式は結局儲かるの?

上手く経済状況に合わせて運用していくことが出来れば、株式は確実にお金を増やす手段になります。 基本は以下の3つです。

個人投資家はみんな儲かってるの? 損してるの?には、様々なアンケート結果を元に個人投資家が利益を出しているのか損を出しているのかを予想してみました。 それを踏まえると、個人投資家が儲けられるかどうかは直近の経済情勢の影響が大きく、特に株高基調の状況では多くの投資家が利益を得ているものと推測されます。

株価低迷時にも利益を出していくには、経験が問われると思います。 そういう意味で、今は株式を始めやすい時期なのは確かです。

ただ、お金を得るだけが利益を得る方法ではありません。 上述のように、優待で生活を豊かにしていく方法もあるのです。

あなたが株式投資を始めることに興味を持ったら、試してみませんか。まずは10万円で

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

家族や会社に株取引がばれると困るあなたへ

[10万円から始める少額株式投資]

家族や会社に株取引がばれると困るあなたへ

株取引がばれる理由は、証券会社からの書類や会社での税額計算がきっかけです。 これらは防ぐことが出来ます。 会社のパソコンでの株取引もばれる要因なので注意。

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がいつ株を買っているのかご紹介します。

イオン株はどこで買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

イオン株はどこで買うの?

優れた株主優待でみんなに人気のイオン株の買い方、優待内容やオーナーズカード利用時のキャッシュバックを紹介。 筆者もイオン株、持ってます。

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

[10万円から始める少額株式投資]

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

みんな気になる株主優待と配当金の貰い方。その流れをご紹介します。 もちろんネット証券で株を売買していても受け取れます。

10万円で購入できる金融商品にはどんなものがあるの?

[10万円資産運用編]

10万円で購入できる金融商品にはどんなものがあるの?

10万円資産運用で購入できる金融商品についてご紹介します。 株式や投資信託などはもちろん、ETFやREITといった手軽で運用しやすい商品もあります。

個人投資家はみんな儲かってるの? 損してるの?

[個人投資家ってどんな人達]

個人投資家はみんな儲かってるの? 損してるの?

一説には9割の個人投資家が損をするとも言われる投資ですが、ここ数年は株価が上昇傾向にあるため、利益を出す個人投資家のほうが多いようです。

証券口座を開設するには

[おすすめの証券会社]

証券口座を開設するには

証券口座開設時の主な手順と、開設時に伴い生じやすい質問についてまとめます。 開設時に出てくるよくわからない用語として「特定口座」や「内部者登録」などについても説明を行っています。

スマホで株取引 -始め方からセキュリティリスク対策まで-

[まとめコンテンツ]

スマホで株取引 -始め方からセキュリティリスク対策まで-

スマホで株取引したい人は多いようですが、スマホ本体の性能や契約上の理由から、始めるには至らない人達も多いようです。 本記事では、セキュリティや通信量などのよくある質問にも答えつつ、株を始めたいあなたをサポートします。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

株式投資各記事

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。