公開:2016年7月31日 最終更新:2017年03月04日

インターネットを利用した株の買い方

本記事では、以下の2つの例を紹介します。

  • ウェブブラウザを利用した株の買い方例(パソコン)
  • スマホアプリを利用した株の買い方例(スマホ)

以下で紹介するスクリーンショットはいずれもSBI証券のものです。紹介している取引ツールはSBI証券に口座開設することで利用可能になります。

株取引のイメージを掴むことに役立てば幸いです。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

[広告]

インターネットでの株の買い方

まず、前提として株取引を始めるには証券口座が必要です。これはゲームのアカウントのようなもので、誰でも開設できます。

以下で紹介するスクリーンショットはSBI証券に口座開設したときに利用できるものです。ただ、他の証券会社もだいたい同じような感じなので、最終的にどの証券会社を利用するにしても参考になると思います。

パソコンのウェブブラウザから株を買う場合

ここで紹介するのは、WindowsやMacなどのパソコンから証券会社にアクセスして株を買う方法です。

SBI証券にログイン

SBI証券にログイン

まず、インターネットに接続されたパソコンのブラウザを利用して、証券会社のウェブサイトにアクセスします。利用するウェブブラウザは、

  • Internet Exploler
  • Chrome
  • Safari
  • Firefox

のなんでもOKです。

証券会社のマイページにログインしたら、買いたい株を選びます。

証券口座にお金があることを確認

証券口座にお金があることを確認

オリエンタルランド株のページを開く

買いたい株のページを開く

株の取引ボードへ

株の取引ボードへ

買い注文画面その1

買い注文画面その1

買い注文画面その2

買い注文画面その2

注文受付完了

注文受付完了

ウェブの注文入力画面に従って金額や買い付ける株数を入力していきます。

上級者向けの取引サービスである信用取引を除いて、証券口座に入金されているお金以上の株を買うことはできません。入金額を少なくしておけば、間違って高額の株式を買う心配も不要です。

デイトレのような短期売買をせず、中長期の投資として株を買うならば、この買い方で簡単に株を買えます。わざわざトレーディング用ソフトをインストールする必要もありません。

もし短期売買をするならば、SBI証券の場合には「HYPER SBI」を利用できます。これはよくデイトレーダーが多数のモニターにチャートを表示させているようなソフトの1つです。

ただ、HYPER SBIを利用した短期売買は昼間の時間に使うことで効果を発揮します。昼間あなたが仕事中なら、インストールは不要なのです。

スマホアプリから株を買う場合

ここで紹介するスクリーンショットはイオン株はどこで買うの?株主優待と株の購入方法を徹底解説!で紹介したものです。スマホ端末によって外見の違いはありますが、取引そのものには関係しません。

スマホアプリは各証券会社が自社の取引で利用できるアプリを提供しています。あなたが証券口座を開設したら、その口座を開設した会社のスマホアプリを、配信サイト通じてインストールして利用できます。

ご存知だと思いますが、配信サイトは下記です。

  • Google Play Store(Android)
  • App Store(iPhone / iPad)

利用は無料です。

イオンの気配値 / HYPER株アプリ

イオンの気配値

スマホアプリでは、株を買う以外にも、

  • 現在の株価を見る
  • 株価の変遷(チャート)を見る
  • 各株式のニュースを見る
  • 日経平均株価や円相場を見る

ことができます。もちろん自身が保有する株式一覧も表示できますし、証券口座の残高も確認可能です。

何か特別な株アプリをあちこちから集める必要はなく、証券会社が提供するものを1つ使うだけで取引も情報収集も十分出来ます。

現物買注文入力画面/ HYPER株アプリ

現物買注文入力画面

株の買い方はウェブブラウザから株を買う場合と同じです。必要な注文フォームに、必要な株の数量や買値を入力していきます。

やはり、ウェブブラウザと同じように、現在証券口座にあるお金以上の株式は買えません。

現物買注文入力画面/ HYPER株アプリ

現物買注文入力画面

これらを入力し、宜しければ確認ボタンをタップします。

ウェブブラウザから注文しても、スマホアプリから注文しても、

  • 取引時間中なら即注文発注
  • 取引時間外なら翌営業日への注文予約

として使われます(夜21時から始める投資。夜間投資家のすすめ?)。

よくある質問

上記の株を買うプロセスの中で、よくあると思われる質問とその回答をまとめます。

  1. 株を買うために何か特別なアプリは必要ですか?
  2. スマホアプリで取引を始めるには何が必要ですか?
  3. 昼間働いている人はいつどこで買えば良いですか?

株を買うために何か特別なアプリは必要ですか?

パソコンでウェブブラウザ経由で買う場合には必要ありません。インターネットに繋がったパソコンを用意すればOKです。

スマホで取引する場合には、証券会社が提供する取引アプリを利用します。そのアプリは証券会社で紹介されていますので、取引を始める際にインストールなさってください。

証券会社と関係のない第三者のアプリは、取引そのものに必要ありません。ただ提供情報に優れたアプリもありますので、必要と思ったらその時にインストールすれば良いです。

筆者個人は、取引アプリだけ利用しています。

スマホアプリで取引を始めるには何が必要ですか?

証券口座の開設が必要です。口座を開設せずにスマホアプリだけインストールしても取引できません。

投資の始め方はいくつかのページで紹介しています。

昼間働いている人はいつどこで買えば良いですか?

場所と時間的問題であれば、以下で説明しています。

上述の通り、注文は取引時間外に出しても大丈夫です。

まとめ

以上です。

これらのプロセスはAmazonやLINEスタンプの買い方と似ています。何か特別なことは必要なく、

  1. 欲しい株の価格や株数を指定して
  2. 注文するだけ

と簡単な手順です。

また第三者が作成したアプリなどを準備する必要もありません。証券会社が用意したウェブサイトやスマホアプリを利用すれば取引は完結します。

簡単ですよね。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

株式投資の始め方。株って儲かるの?

[10万円から始める少額株式投資]

株式投資の始め方。株って儲かるの?

資産運用の代表格が株式投資です。価格変動リスクはあるものの、適切に運用をできれば着実に資産を増やす手段になります。

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がいつ株を買っているのかご紹介します。

会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がどこで株を買っているのかご紹介します。

初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?

[10万円から始める少額株式投資]

初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?

株式の売買は、おそらく多くの方が想像するよりも少ない金額で始めることができます。

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

[10万円から始める少額株式投資]

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

みんな気になる株主優待と配当金の貰い方。その流れをご紹介します。 もちろんネット証券で株を売買していても受け取れます。

Macでも株取引や資産運用ってできる?

[パソコン編]

Macでも株取引や資産運用ってできる?

Mac(およびLinux)でもウェブブラウザを通じて株や投資信託などの金融商品を売買できます。 一方、デイトレーダーが利用する専用のデイトレツールはWindowsのみ対応が多く、提供が限られています。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。