10万円で始める株式投資編

ヤマダ電機の株主優待を獲得する方法

ヤマダ電機(証券コード:9831)は、主要家電量販店の中で最も売上高が大きい企業です。 3月末と9月末の年2回の権利確定日を設けており、配当金もあわせると4%程度の利回りを享受できます。

優待は同社で利用できる500円割引券です。 年2回獲得可能で、特に9月は枚数が多めに設定されています。

同社は主要家電量販店の中で投資額が最少で済むのも特徴です。 2016年9月現在では、約5万円の投資で優待と配当金の対象になります。

なお、株式はヤマダ電機の店舗では買えません。 購入には証券口座の開設が必要です。

公開:2016年09月18日 最終更新:2016年09月18日

[広告]

はじめに

家電量販店で名高いのがヤマダ電機(証券コード:9831)です。 首都圏なら駅前に、地方なら郊外に出店していることが多いですよね。

2016年9月現在、ヤマダ電機株は10万円以内で購入できる安価な株式の1つです。 昔、筆者が20万円で短期売買やってたころも、売ったり買ったりと何度も繰り返していました。

今回はそんなヤマダ電機株の株主優待。 もちろん、他の家電量販店の話題もちょっと出てきます。

ヤマダ電機(証券コード:9831)株あれこれ

ヤマダ電機株はどこで買うの?

証券口座を通じて購入します。 実店舗に行っても株は買えませんので、証券口座を開設しましょう!

ヤマダ電機株は2016年9月現在で、1株の株価は約500円、1単元は100株ですので、約5万円で購入できます。

ヤマダ電機株の権利確定日はいつ?

権利確定日は、3月と9月の年2回です。 とてもオーソドックスな株の1つです。

ヤマダ電機株の買い時はいつ?

本銘柄は、機関投資家も売買するため、権利落ちのような定期的な買い時はありません。 テクニカル分析やファンダメンタル分析を通じて、買い時を探す必要があります。

個人的によく見る移動平均線とMACDでは、2016年9月現在でどちらも売りシグナルになっています。 日経平均株価にも依るでしょうが、しばらくは下を目指しやすい雰囲気です。

9月優待よりも2017年3月優待を目指すのが良いのかも。

ヤマダ電機株の株主優待内容

同社の優待内容は500円割引券です。 同社の店舗で現金による買い物をした時に、1000円以上に対して1枚利用できます。

割引券の枚数は3月と9月で異なっています(表1)。

表1. ヤマダ電機の株主優待(2016年の情報に基づく)

保有株数 3月 9月
100~499
2枚
4枚
500~999
4枚
6枚
1000~9999
10枚
10枚
10000~
50枚
50枚
配当金
×

2016年09月22日現在。

優待内容は東洋経済社発行の会社四季報より。

ご覧の通り、優待券の支給枚数は9月が多くなっています。 その代わり、9月の配当金は無いため、

  • 配当金を貰うなら3月
  • 優待を貰うなら9月

に、それぞれ株主になるのが良いです。 個人的には3月に株主になって、配当金を多く貰ったほうが良いと思うのですが、いかがでしょうか。

なお、1年以上保有した株主に対しては優待の支給枚数が上乗せになります。 5万円程度で購入できる株ですが、一度買ってほったらかしにしておくのが良いかもしれません。

家電量販店の優待を狙うなら?

ヤマダ電機のほかにも、著名な家電量販店はいくつかあります。

  • ケーズデンキ(ケースホールディングス。証券コード:8282)
  • ビックカメラ(証券コード:3048)
  • エディオン(証券コード:2730)

売り上げ業績では、

  1. ヤマダ電機・・・約1.6兆円
  2. ビックカメラ・・・約8000億
  3. エディオン・・・約7000億
  4. ケーズホールディングス・・・約6500億

で、ヤマダ電機は2位のビックカメラの2倍の売上高を持っています。

株価で見ると、

  1. ヤマダ電機・・・499円(投資に必要なお金は約5万円)
  2. ビックカメラ・・・835円(約8.5万円)
  3. エディオン・・・842円(約8.5万円)
  4. ケーズホールディングス・・・1687円(約17万円)

と、ヤマダ電機が最も少ない費用で株式を購入可能です。

なお、いずれの企業も株主優待は、自社商品割引券です。 出店地域が限られる企業もありますので、あなたのお住まいの地域に出店している量販店の株式を買うのが良いと思います。

まとめ

以上です。まとめると、

  • ヤマダ電機株を買えばヤマダ電機各店で使える割引券を取得できる
  • 権利確定日は3月末と9月末。3月は配当重視、9月は優待重視
  • 各家電量販店の中でもっとも投資額が最少で済むのがヤマダ電機株

です。

まったくの余談ですが、筆者が現在株取引やインストックネット作成に使ってるパソコンは株式会社Project Whiteが販売するBTOパソコン(eX.computerシリーズ)です。 このProject Whiteの親会社がヤマダ電機なのです。

また、実店舗でタブレット端末を眺めていることが多いので、筆者にとっては優待の利用機会が多いように感じます。

スマホで株取引を始めて、ヤマダ電機の優待を取得して、それを利用して株取引用の新しい端末を買うのも悪くないですよね。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

株式投資の始め方。株って儲かるの?

[10万円から始める少額株式投資]

株式投資の始め方。株って儲かるの?

資産運用の代表格が株式投資です。価格変動リスクはあるものの、適切に運用をできれば着実に資産を増やす手段になります。

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がいつ株を買っているのかご紹介します。

会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がどこで株を買っているのかご紹介します。

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

[10万円から始める少額株式投資]

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

みんな気になる株主優待と配当金の貰い方。その流れをご紹介します。 もちろんネット証券で株を売買していても受け取れます。

インターネットを利用した株の買い方

[10万円から始める少額株式投資]

インターネットを利用した株の買い方

パソコンのウェブブラウザを利用した株の買い方例と、スマホアプリを利用した株の買い方例を紹介。 ネットでの株の買い方がイメージ出来ない場合にご覧ください。

株式委託手数料とは?いつどんなタイミングで支払う?

[10万円から始める少額株式投資]

株式委託手数料とは?いつどんなタイミングで支払う?

株式委託手数料とは株式を売り買いするときに生じる手数料のこと。 もちろん安価なほうが取引に有利です。 一般には1約定ごと、もしくは1日の取引金額によって決まります。

Macでも株取引や資産運用ってできる?

[パソコン編]

Macでも株取引や資産運用ってできる?

Mac(およびLinux)でもウェブブラウザを通じて株や投資信託などの金融商品を売買できます。 一方、デイトレーダーが利用する専用のデイトレツールはWindowsのみ対応が多く、提供が限られています。

サムネイル

[おすすめの証券会社]

証券口座を開設するには

証券口座開設時の主な手順と、開設時に伴い生じやすい質問についてまとめます。 開設時に出てくるよくわからない用語として「特定口座」や「内部者登録」などについても説明を行っています。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。