10万円で始める株式投資編

楽天証券でデイトレーダーデビュー!?「いちにち信用」の概要を紹介!

楽天証券のいちにち信用(一般信用)をご紹介します。 あなたが短期売買やデイトレーダーに興味を持っているなら、知っておいて損はありません。

いちにち信用は、松井証券の一日信用やSBI証券の日計り信用と同じく、返済期限を1日以内に絞った取引サービスです。 翌日まで持ち越さないことを前提に、低コストな金利で信用取引を利用できます。

基本はデイトレーダー向けのサービスですが、あなたが昼間働いていても利用できるはずです。

同社の信用取引は、一般信用以外にも制度信用ももちろん利用できます。 制度信用は中長期(~6ヶ月)の投資に利用し、短期トレードにいちにち信用(一般信用)を利用するのが定石です。

信用取引を始めるためには、30万円の委託保証金(現金以外に株式でも可)と株式取引に対する知識が必要です。 信用口座開設時に審査が行われるため、まったくの未経験だと信用取引口座を開設できない場合があります。

最初は同社で現物株取引から始め、ある程度経験を積んだら信用口座開設申請を行うのがオススメです。

公開:2016年11月13日 最終更新:2016年11月14日

[広告]

はじめに

楽天証券は短期売買やデイトレ向けのサービスが充実しています。 例えば、Macでも株取引や資産運用ってできる?で触れたように、Mac向けの短期売買ツールを提供しているのも、2016年11月13日現在で楽天証券のみです。

ところで、デイトレといえば信用取引(信用取引の始め方。現物の株取引とは何が違うのか?)です。 もちろん同社の信用取引サービスもいろいろ充実しています。

もしあなたが短期売買を中心とした取引に興味を持っていたり、デイトレーダーになりたいと思っているなら、同社のサービスをチェックしておいて損はないはずです。

そこで以下では、楽天証券で提供している信用取引サービスをご紹介していきます。

最後にも述べますが、信用取引はある程度の株式知識と30万円以上の委託保証金が必要です。 あなたがまだ右も左も分からずに本記事をご覧になっているなら、まずは証券口座を開いて株を売買するところから始めてみてください。

いちにち信用と制度・一般信用

低コストの一般信用取引

楽天証券での信用取引は

  • 1日で決済することを前提にするいちにち信用(一般信用の一部)
  • 2日以上の期間運用することを前提とする制度・一般信用

が利用できます(制度・一般信用は2つの信用取引。制度信用と一般信用はどちらを使えばいいのか?で紹介しています)。 特徴的なのが、証券会社ごとに特徴が出やすい一般信用で、特にいちにち信用が目玉サービスです。

いちにち信用は松井証券の一日信用やSBI証券の日計り信用と同じく、返済期限を1日以内に絞った取引サービスです。 例えば、当日午前に信用買いを行ったら、15時の大引けを迎える前にそのポジションを反対売買します。

期限内に決済することで、制度信用よりも低コストで信用取引できるのがメリットです。

1日以内で決済を終えた場合、

  • 300万円以下の信用取引ならば、信用買い信用売り問わず金利0%
  • 300万円以上の信用取引ならば、信用買い信用売り問わず金利1.9%

のコストが発生します。 この金利は年率ですので、例えば300万円の約定代金ならば、1.9% / 365日 = 0.005% × 300万 = 156円 + 信用取引手数料で取引できる計算になります。

なお、仮に1日を越えて保有してしまった場合には、翌営業日に強制決済されます。 その際にはオペレーター取次ぎ手数料として、3,250~3,450円 + 消費税のコストが発生します。

他社サービス同様に翌日に持ち越すと、一気なコストが高額になるのが特徴です。

人気銘柄を空売りする「特別空売り」

楽天証券では特別空売りと呼ばれる、人気銘柄の信用売りサービスも設けています。 これは松井証券のプレミアム空売りやSBI証券のHYPER空売りを意識したサービスで、値動きの激しい銘柄を空売りすることで、より大きな利益の獲得を目指します。

いちにち信用で特別空売りを利用した場合には、上記の金利 + 信用取引手数料にプラスで特別空売り料が発生します。 特別空売り料は毎日計算によって変動するため、一概にいくらとは言えません。

基本的に取引量の多い人気銘柄ほど、特別空売り料は高くなります。

いちにち信用と一般信用の取引制限

一部の環境ではいちにち信用と一般信用を利用できません。 その点についても簡単に紹介しておきます。

  • MarketSpeed for Macを利用しているMacユーザー
  • IFA取扱口座を通じて取引しているユーザー

MarketSpeed for Macではいちにち信用を利用できません

「MarketSpeed for Mac」にはいちにち信用サービス及び一般信用は提供されていません。 MarketSpeed for Macを使ってのいちにち信用サービス及び一般信用取引は利用できません。

その代わり、MarketSpeed for Macでも制度信用は利用可能です。 制度信用でも信用買いや信用売りを提供していますから、売り建てから入ることができます。

もしくはウェブを通じて利用する方法もあります。 が、ウェブを通じた売買では、特に短期トレードにはちょっと辛いかも。

IFA取扱口座ではいちにち信用を利用できません

IFAを利用して投資を行う場合には、いちにち信用を利用できません

IFA取扱口座とは、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)を利用した取引サービスのことです。 金融商品仲介業者があなたの取引担当者になります。

IFA取扱口座は意識的に申し込まなければ適用されませんので、気にする必要はありません。

いちにち信用は誰に適しているか

当日中に売買を完了させるといった特徴は、あなたが短期売買、特にデイトレに興味があるなら最適です。 取引の活発な新興銘柄を積極的に追うことで、高い利益を追求する際にもっとも利用価値を感じるはずです。

一方、あなたが昼間働いているサラリーマンなら、いちにち信用を活用できる機会は少ないかもしれません。 上述のように、持ち越すと余計なコストが生じるため、なんとしても15時までに反対売買を行わなければいけないからです。

その代わり、いちにち信用や一般信用は月額制のようなサービスではありません。 契約制のサービスではありませんので、とりあえず信用口座を開いておいて、あとは有給を取って利用するといった使い方もOKです。

もちろん専業のデイトレーダーになっても良いのですが、それはそれでいろいろ大変だと思います。

なお、2つの信用取引。制度信用と一般信用はどちらを使えばいいのか?でも述べたように、制度信用と一般信用(いちにち信用)は使いわけが可能です。 制度信用は2日を越えて中長期(最大6ヶ月)の保有を前提としていますから、普段の信用取引は制度信用を使うのが良いかもしれませんね。

いちにち信用を使うのは休みをとって本気を出してトレードしたい時です。

大引けで返済する「大引不成」を使うのもあり

大引不成(おおびけふなり)という注文を利用すれば、市場のクローズとともに決済を行うことも可能です。 大引不成は、ザラバ中の指値注文が成立しなかったとき、大引けのタイミングで成行注文に切り替える注文方法です。

ただし、

  • 注文は成立しない場合がある
  • 成行注文なので損失が出る場合がある

点に注意を要します。

楽天証券での信用取引の始め方

始め方は下記です。

  • 証券口座開設
  • 信用取引口座開設
  • インターネット審査(電話審査)
  • 審査を通ったら完了

まずは、楽天証券の証券口座が必要です。 口座がなければ口座を開設しましょう!

信用取引口座を開設するためには、信用取引の始め方。現物の株取引とは何が違うのか?で触れたように、30万円以上の委託保証金が必要です。 この委託保証金は現金でも株式でも大丈夫ですが、株式の場合には時価で保証金維持率が変動するため注意を要します。

信用取引口座開設にはインターネット審査があるため、審査に通らない場合もあります。 また、場合によっては電話による面接が行われる可能性もあるため、あなたの携帯電話など、常時連絡可能な電話番号をご登録ください。

楽天証券での信用取引を行うメリットは、

  • 他証券会社に比べて手数料が安価
  • 楽天スーパーポイントによるポイントバック

です。

楽天ユーザー向けに優遇されているのは同社ならではですよね。

まとめ

以上です。 まとめると、

  • 楽天証券のいちにち信用は当日中の決済を前提にした信用取引
  • 信用取引のコストは低コストで、楽天ポイントのポイントバックもあり
  • 残念ながらMacユーザー向けのMarketSpeedは取引制限があるので制度信用を

です。

もしあなたが短期売買やデイトレに興味があるなら、楽天証券のいちにち信用(と一般信用)をチェックしてみてはいかがでしょうか。

なお、繰り返しますが、信用取引口座開設には審査が伴います。 まったく初めての場合には、まずは同社に証券口座を開いた後に現物取引で練習することをオススメします。

  1. 証券口座を開く
  2. お金を入金する
  3. 現物で株を売買

デイトレーダーを目指すのはそれからです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

こちらの記事もよく読まれています

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

長期投資派の30代兼業投資家です。 投資を始めた初期は短期売買でガツガツと利益を追っていましたが、毎日売買するのは疲れるため、数ヶ月で飽きてしまいました。

サイトコンテンツは筆者の投資経験に基づいて作成しています。

運営者情報詳細

カテゴリーリンク

カテゴリー内リンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

取引はスマホから

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

インストックネットの運営者ももちろん投資やってます。

オススメの証券会社ランキング

1位はSBI証券。低コストで圧倒的な商品量こそが万人に選ばれる理由です。

2位は楽天証券。楽天グループとの連携やMac OS用の取引アプリが魅力。

3位はSMBC日興証券。ネット取引と窓口取引を選択できる柔軟さが優しいです。

copyright(C) by インストックネット since 2014

キュレーションサイトや個人ブログ・サイトにおいて、一部、全部を問わず、インストックネットの文章の無断転載を禁じます(キュレーションサイトのリライト・盗作はDMCA侵害申し立てにて対応します)。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

インストックネットでは、作成したコンテンツを随時「Internet Archive Wayback Machine」に保存しており、コンテンツのオリジナル性を第三者が証明できるように努めています。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。 情報をご利用の際には、自己責任で利用していただくよう、お願い申し上げます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。