10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

スマホで株取引 -始め方からセキュリティリスク対策まで-

HYPER SBI (Sony Xperia Z5)

スマホでの株取引にまつわる記事が増えてきたのでまとめてみます。

近年急速に普及したスマホは、従来のガラケーとは異なり、パソコンとほぼ同等の性能を持っています。 スマホは携帯電話の延長ではなく、電話のできるモバイルパソコンと認識したほうがおそらく適切です。

この普及にあわせ、各証券会社もスマホアプリやウェブサイトを整備してきました。 現在は、スマホで株が買える時代なのです。

最近、特に地方部の投資家は店頭取引を利用する高齢者ばかりで、身近にスマホで株取引をしている人がおらず、誰にも相談できないという状況があることを知りました。 高齢の彼らに相談しても、「スマホでの取引は危険だ」と言われ、有益な意見が引き出せないらしいのです。

そこで本まとめ記事では、

なども紹介しながら、スマホを利用した株の始め方をご紹介します。

なお、大原則は少額資産運用のために準備するもので述べたように、お金と証券口座の開設が必要です。 その流れについては、10万円資産運用を行うまでの流れをご覧ください。

公開:2016年07月15日 最終更新:2016年07月19日

[広告]

スマホで株取引はできるか?

サムネイル

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株の始め方

スマホを利用した株の始め方を紹介します。 スマホだけでも証券口座の開設や取引が出来るのですが、紛失しやすい点は注意が必要です。

スマホユーザーの株の始め方で触れるように、もちろん可能です。 スマホから証券口座を開設しても良いですし、パソコンやタブレットなどから開設したのちにスマホで取引する、という利用方法も可能です。

パソコンを持っていれば、昼間はスマホ夜はパソコンみたいな使い分けが出来ますね。

取引を始めるには、証券口座開設後にスマホ取引用のアプリをインストールし、証券会社から提供されるログインパスを使ってログインします。 あとは入金しておけばいつでも株が買えます。

スマホ取引用のアプリは、株の売買のほかに株価やチャート、ニュースなどを取得・表示する機能も持っています。 よくTwitterなどでスクリーンショットを晒している投資家さんたちがいますが、彼らは証券会社提供のアプリを利用しています。

何か、特別なアプリを拾ってきているわけではないので安心してください。

スマホで株取引をする際のオススメ機種は?

サムネイル

[デジタルツール導入編]

Android派?iOS派?Windows派?株式やFXの取引に適したOSはどれ?

モバイル端末はAndroidやiOSなどのOSで違いがあります。株式売買やFXに利用する際の特徴を紹介します。

買い換える予定が無ければ、今お持ちの端末をそのままお使いください。 Android 4.0もしくはiOS 6.0程度以降の端末であれば、取引に支障はありません。

筆者は2016年までAndroid 2.3.5という2011年当時に販売されていた端末で株取引をしていたのですから。

セキュリティを考慮してスマホを選ぶなら

もしあなたが株取引を始めるに当たって端末の買い替えを考えていて、セキュリティリスクに強い端末を選びたいと考えているならば、iPhone(iOS端末)をオススメします。

理由は3点あります。

iOS端末は日本ではシェアは多いものの、世界的にはAndroidのシェアに劣ります。 そのため、Androidに比べると端末を攻撃するマルウェア(いわゆるコンピュータウイルス)が少ないのです。

また、iPhone向けのアプリを配信するApp Store自体も、Appleの審査を受けたアプリを配信しているため、信頼性が高いのが特徴です。 Androidも審査制にはなっていますが、Appleほどは厳しくありません。

最後に、iPhoneは審査を通さない野良アプリのインストールも難しい点が挙げられます。 Androidは割と簡単に野良アプリもインストール可能です。

もちろん買い替えのタイミングでなければ、わざわざ買い換える必要はありません。 Androidを利用していても、セキュリティアプリをインストールして定期的にメンテナンスを行っていればトラブルなど生じません。

ちなみに筆者はXperia Z5にカスペルスキーのモバイルセキュリティをインストールして利用しています。

格安スマホでも大丈夫?

サムネイル

[スマホ編]

格安スマホで株取引。興味ある?

投資経験者なら1度は注目したであろうMVNOと格安スマホを利用した株取引についてご紹介します。

いわゆる中華スマホと呼ばれる安価なスマホでなければ大丈夫です(Play Storeが無いと不便なため)。 例えばASUSのZenfoneや、SIMフリー向けのiPhoneなどは取引可能です。

格安スマホは、通信するために大手携帯通信会社の空いた帯域を利用します。 そのため留意すべきは、格安スマホ本体の性能よりもSIMを契約する際の条件や帯域の混み具合です。

スマホで株取引は危険じゃない?

危険ではありませんが、セキュリティ上のリスクはあるのは事実です。 これは、パスコードのロックも何もしていないスマホを紛失したら、取得者が不正操作するかもしれない・・・といったリスクです。

あなたは証券会社がヘマをするんじゃないかと心配しているかもしれませんが、一般にこの手の問題はユーザーのミスや無知が原因になっていることが多いです。 大規模な情報流出みたいなことはそうそう起こりませんが、一方で

  • スマホを紛失した
  • 見に覚えの無いメールの添付ファイルを開いた
  • 見に覚えの無いサイトの利用料請求に応じてしまった

といった話は身の回りでも聞いたことがあると思います。

ある調査によれば、5人に1人はスマホを紛失したとの統計もあります。 飲食店での置き忘れや、ポケットに入れていて気づいたら落ちていた・・・なんてよくある話です。

これらを踏まえ、例えば端末ロック機能やGPS追跡機能を持ったセキュリティソフトウェアのインストールをしておくことをオススメします。 また、少なくともスマホの操作画面はパスワードロックなどを使うこともオススメします。

あとは、

  • 見に覚えのないメールは開かずに削除する
  • 見に覚えの無いサイトの利用料請求は応じずに国民生活センター等へ通報
  • SNSで流れてくる出所不明のURLは踏まない(アプリや端末の乗っ取りに繋がるため)
  • 定期的にOS、セキュリティアプリ、その他インストール済みアップデートする
  • チェーンメールやデマのようなRTは情報の一次情報源を探す(根拠が無く憶測や恐怖だけで拡散しやすいため)
  • チェーンメールやデマのようなRTの拡散者にならない(あなたも加害者になるから)

など、自衛のための知識を身につければなお良しです。

スマホで株取引する際には何ギガ必要?

ROM/RAMなどスマホ本体性能におけるギガ数

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めるには「何ギガ(GB)」必要?

AndroidやiPhoneなど、スマホのスペック表にはギガバイト(GB)で示される数値が出てきます。 この数値は、動画や写真などを保存するためのストレージの大きさと、アプリを動作させるために必要な、一時的なメモリの大きさを示しています。

スマホスペック表に出てくる性能のお話です。 通常スペック表に出てくる「ギガ」数は

  • 一時的なデータ置き場であるメモリの性能
  • 長期保存するデータ置き場であるストレージの性能

の2種類があります(※)。多いほうが使いやすいのですが、端末本体価格も高くなりがちです。

※iPhoneでは、Apple公式サイトにはメモリの数値が出てこない傾向にあります。 そ16GBや64GBなどと選択できるメモリはストレージ容量のことを示します。

表1. ギガ数の違いがどう性能に効いてくるか

メモリ ストレージ
用途 データの一時保存(ユーザーが見えないところで行われる)
アプリの同時起動など
メール、写真や音楽、動画などの保存
容量が少ないとどうなるか アプリが重い
起動しない
強制終了する
メール、写真や音楽、動画などが保存できない
オススメの最少スペック 1GB以上 32GB以上
PCを持つ場合には16GBでも十分

これらは直接株取引の可否とは関係しないことも多いです。 メモリ不足ならばアプリの同時起動数を減らせば良いですし、ストレージ不足ならば写真や動画などの整理をすれば良いからです。

その代わり、OSアップデートなどに伴い、どう頑張ってもメモリやストレージの空き容量が足りなくなってくる場合もあります。 それは端末が古くなっている証拠ですので、おとなしく買い替えるのが良いです。

通信量(データ量)におけるギガ数

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めると「何ギガ(GB)」通信量使うの?

SBI証券が提供するHYPER株アプリの通信量を測定し、標準的な利用で想定される通信量の算出を行ったところ、多めに誤差を見ても0.1ギガバイト、最も過度に使ったとしても、0.89ギガバイトと得られました。

上記、計測の通りです。

株取引で必要とするデータ量は、主に現在の株価情報やニュースなどの文字情報です。 これらはデータ通信において大したデータ量にはなりません。

一方、音楽や動画などのメディアファイルは、1秒間あたりのデータ量が多いために、相対的に大きな通信量を必要とします。

よって、きつい通信制限(例えば1GB)がある格安スマホを利用する場合を除けば、問題になりません。

なお、もしあなたが通信制限などを理由に、通信するデータ量を抑えたいならば、最初に見直すべきは株取引のアプリではなく下記3つです。

  • TwitterやLINEなどのSNS
  • Youtubeなどの動画
  • 常時オンライン接続を行うスマホゲームなど(特に画像や音声をリアルタイムで書き換えるアプリ)

通信量を節約したい場合

通信量を節約したい場合、スマホの4G回線からWi-Fiなどの別回線に切り替える方法があります。 通信量上限が設定されているのは、携帯各社の基地局を利用した通信であり、Wi-Fiでの通信には制限がありません。

サムネイル

[タブレット編]

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?

外出時にタブレット端末で株取引を行うためには、無料Wi-Fiスポットを利用するか、専用のデータ通信端末を利用するかの2つが考えられます。

上記はタブレットを主題にしていますがスマホも同じです。自宅のWi-Fi環境や無料Wi-Fiスポットは節約の助けになるはずです。

なお、無料Wi-Fiスポットはセキュリティが「ザル」な場合もありますので、利用時にはご注意なさってください。 暗号化されていない、もしくはWEPという暗号化方法のWi-Fiスポットは利用してはいけません

ウェブサイトを使うか株取引アプリを使うか

スマホで株取引をする場合、

  • モバイルサイトを利用する
  • 専用アプリを利用する

の2つの手段があります。

スマホ向けモバイルサイトとスマホアプリ

スマホ向けモバイルサイトとスマホアプリ(SBI証券)

どちらも株を売り買いしたりチャートなどの各種表示を提供しているため、見た目的な違いを除けば、できることは同じです。 あなたの利用状況に応じて使い分けるのが良いと筆者は考えます。

モバイルサイトを利用する場合、アプリをインストールせずに取引できます。

  • アプリのインストールの仕方がわからない
  • 「Google Play Store」に非対応の端末を使っている(※)

といった状況ではモバイルサイトの利用がオススメです。

※大手携帯各社経由のスマホでは聞いたことがありませんが、中華スマホと呼ばれる安いスマホは非対応のスマホも含まれます。 よほどのデジタルガジェット好きでなければ手にすることは無いと思いますが。

スマホで株はいつ買うの?

サムネイル

[10万円台からの少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がいつ株を買っているのかご紹介します。

市場のリアルタイムな取引時間は昼間に限られますが、注文自体は24時間発注可能です。 市場が閉まっている時間に注文を入れれば、翌営業日の注文として受理されますので、取引時間を気にする必要はありません。

サムネイル

[10万円台からの少額株式投資]

PTSって何?夜も株を買えるってホント?

PTSとは取引所金融商品市場外取引のことで、これを利用すれば夜でもリアルタイムに株式が買えるのです。

上記のように、夜間開いている市場もあります。

よくある質問

スマホで口座開設後にパソコンで取引できますか?

もちろん取引可能です。 その逆も可能ですので、あなたのやりやすい方法でお取引なさってください。

スマホとパソコンではどちらが取引に適していますか?

両者にはメリットデメリットがあり、一概にどちらが優れているとは言えません。 スマホでの株取引は、

  • 屋外でも手軽に取引できる
  • 誰でも持ってる

といった優位性があります。 今、パソコンをお持ちでなければ、スマホをご利用ください。

株取引用のスマホでFXはできますか?

もちろん可能です。

株取引用のスマホで投資信託はできますか?

もちろん可能です。

取引の仕方は、SBI証券で投資信託を買う方法をご覧ください。リンク先はタブレットを例に挙げていますが、スマホ利用時も同じ方法で売買します。

オススメの料金プランはありますか?

大手携帯各社で契約の場合

データ定額料金制のオプションを選択することをオススメします。 通信量に応じて課金される従量課金プランは、利用状況に応じて高額な請求になる恐れがあります。

上述の通りに株取引自体はそれほど通信容量を使わないものの、取引に関連して株式情報サイトを検索したりTwitterで著名個人投資家をフォローしたりすることはよくある話です。 その結果、情報検索のための通信量が多くなる可能性があります。

通常はデータ定額制を提案されて契約していると思いますが、定額のオプション無しにスマホを契約できる場合もあります。 ご契約時に「あんまりネットは使わないんで・・・」と言ってると、定額契約を外している可能性があります。

あなたが現在契約しているプランが分からなければ、請求書か最寄の携帯ショップにてご確認ください。

格安スマホを契約の場合

格安スマホはデータ通信容量の上限で料金が決まるため、使いすぎても速度制限(か一時的な回線停止)だけで済みます。 少なくともOCN mobile、IIJmio、mineo、イオンモバイルの4サービスは全プランがデータ通信容量による定額制です。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株の始め方

スマホを利用した株の始め方を紹介します。 スマホだけでも証券口座の開設や取引が出来るのですが、紛失しやすい点は注意が必要です。

サムネイル

[デジタルツール導入編]

Android派?iOS派?Windows派?株式やFXの取引に適したOSはどれ?

モバイル端末はAndroidやiOSなどのOSで違いがあります。株式売買やFXに利用する際の特徴を紹介します。

サムネイル

[スマホ編]

格安スマホで株取引。興味ある?

投資経験者なら1度は注目したであろうMVNOと格安スマホを利用した株取引についてご紹介します。

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めるには「何ギガ(GB)」必要?

AndroidやiPhoneなど、スマホのスペック表にはギガバイト(GB)で示される数値が出てきます。 この数値は、動画や写真などを保存するためのストレージの大きさと、アプリを動作させるために必要な、一時的なメモリの大きさを示しています。

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めると「何ギガ(GB)」通信量使うの?

SBI証券が提供するHYPER株アプリの通信量を測定し、標準的な利用で想定される通信量の算出を行ったところ、多めに誤差を見ても0.1ギガバイト、最も過度に使ったとしても、0.89ギガバイトと得られました。

サムネイル

[10万円台からの少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がいつ株を買っているのかご紹介します。

サムネイル

[10万円台からの少額株式投資]

PTSって何?夜も株を買えるってホント?

PTSとは取引所金融商品市場外取引のことで、これを利用すれば夜でもリアルタイムに株式が買えるのです。

サムネイル

[おすすめの証券会社]

ネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました

ネット証券って名前聞いたこと無い証券会社で、インターネットもあんまり利用しない・・・。でも大丈夫。 ネット証券は新興ですが、様々な大手企業が関与してきた経緯があります。取引もLINEアプリを使えれば大丈夫です。

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。