投資信託で失敗する7つの理由と成功するための秘策

\シェアしてください!/

投資信託の運用に興味を持った時、

  • ネット上には投資信託の失敗談があって不安だ
  • 家族や身の回りの人が、銀行で投資信託を購入して失敗してる

などと不安に感じたことはありませんか。投資信託は優れた金融商品ですが、日本の投資信託は金融機関の手数料稼ぎのために運営されてきた、という負の事実があります。

また「他人の不幸は蜜の味」ゆえに、ネット上で面白おかしく失敗談を取り上げるメディアが存在するのも事実です。

しかし、投資信託の正しい運用方法を学べば、投資信託で失敗する確率は下げられます

初心者がどこで失敗してるのか、関心ありませんか?

この記事をご覧になることで、投資信託のよくある失敗談を学び、そこからどうすれば失敗を防げるか、の知識を得ることができます。筆者はネット証券の一社であるSBI証券で実際に投資信託を運用しており、「投資信託はあなたの資産形成には使える」との感触を得て、本記事を書いております。

記事のポイント

  • 投資信託の失敗要因は、銀行などの金融機関任せで運用の仕組みを把握しない。投資初心者なのに大金を投資し、分配金などの短期的な利益を求めてしまうこと
  • 投資信託での失敗を防ぐために「つみたてNISA」を使おう。「つみたてNISA」は分配金をもらえないが、金融庁認定の商品を手数料ゼロ円で購入できるなどの嬉しいメリット付き
  • 投資信託は危なそうだから不動産投資に・・・みたいな安易な判断に注意。投資信託はサラリーマンの資産形成に最適だと、筆者は断言しておく

スポンサーリンク

投資信託の運用に失敗する7つの理由

  • 他人任せに投資信託を選んでしまい失敗する
  • 初心者なのに大金(退職金)を投資して失敗する
  • 運用の仕組みを理解せずに失敗する
  • ハイリスク商品(新興国や不動産投資信託(REIT))に投資して失敗する
  • 「分配金が出る = 成績が良い」と勘違いして失敗する
  • 運用期間が短すぎて失敗する
  • 手数料(購入手数料や信託報酬)を払いすぎて失敗する

銀行や証券会社で他人任せに投資信託を選んでしまい失敗する

投資信託で失敗する人は、自分で考えません

  • 銀行や証券会社窓口の営業員の説明を鵜呑みにする
  • 売れ筋ランキングを成績の良いランキングだと考えてしまう

ネットに登場しやすい失敗談は、「銀行や証券会社窓口の営業員の説明を鵜呑みにしてしまう」ことです。

退職金で金融機関に言われるがまま、投資信託を購入したところ、損失が600万円にも広がってしまったという。
出典:退職金が半分に!?…「老後破産」の現実 | YOMIURI ONLINE

退職金が半分に!?…「老後破産」の現実(4)
ファイナンシャルプランナー 村井英一さん

特に会社員は、人生経験上から「相手に任せておけば上手くやってくれる」と考えがちです。ですが、銀行窓口の行員は必ずしも投資のプロではないので、紹介された商品を購入しても、運用に失敗する可能性があります。

主な誤解や勘違いについて列挙すると、以下の通り。(中略)

店舗のある銀行や大きな証券会社のほうが、専門家が親切にどの投信がよいか教えてくれるので信用できる
出典:つみップで「投信あるある」 金融庁が「毎月分配」のカラクリを説明 | QUICK資産運用研究所

つみップで「投信あるある」 金融庁が「毎月分配」のカラクリを説明 | 資産運用研究所 | QUICK Money World
金融庁が16日夜に開いた個人との意見交換会「つみたてNISA Meetup」(通称:つみップ)は、つみップ担当の職員がツイッター上で呼びかけた「投信あるある」をテーマに取り上げた。投信でよくありそうな誤解に対して、ゲストとして登壇した識者が…

「人が良すぎて断れずに失敗する」ケースもありますよね。押し売りに弱く、断れ切れずに買ってしまうパターンです。

銀行で投資信託を購入すると失敗する5つの理由と3つの対策
銀行での投資信託失敗談が多い背景には、投資信託の商品性を理解しない「無知」な個人投資家と、そこにつけこむ銀行という関係があります。私達が投資信託に対する正しい知識や理解を身につけることで、銀行での運用失敗談は回避できるのです

「銀行で投資信託を買ってはいけない」を示す金融庁の統計データ

2018年6月29日に金融庁が示した「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIについて」では、主要行等9行・地域銀行20行について、投資信託を保有する顧客の損益が集計されました。その結果、銀行で投資信託を購入した人の46%の運用損益がマイナスだと示されています。

出典:https://www.fsa.go.jp/news/30/sonota/20180629-3/03.pdf

日本市場は2012年から上昇相場で、世界的にも株高が続いているんですが、なぜ彼らは儲からなかったんでしょうか。

ファイナンシャルプランナーにも注意

金融機関の行員同様、ファイナンシャルプランナーも「お金の専門家」と言いつつ、資産運用系はさっぱりな方もいます。当然、そのようなファイナンシャルプランナーに投資相談しても失敗する可能性が高いわけです。

もし、ファイナンシャルプランナーに相談したい時は、投資経験のある方か、投資相談可能と標榜される方を選ぶべきです

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!
相談してみたい将来のお金のこと。元機関投資家で現役のファイナンシャルプランナーに相談方法や相談事例などをインタビュー。あなたの身近で信頼できるFPの探し方も教えていただきました

以下は日本FP協会のFPサーチ機能ですが、資産運用・投資を条件に検索できます。

出典:https://www.jafp.or.jp/confer/search/index

初心者なのに大金(退職金)を投資して失敗する

投資信託で失敗する人は、投資経験が浅いのに、なぜか大金を投資します。

  • 退職金を投資したら、1年後にxxショックが発生し損失を抱える
  • 「1,000万円を運用したいです」と銀行に相談してしまう

YOMIURI ONLINEで引用した事例も、退職金をまとめて投資した失敗事例です。なぜ、今まで投資経験のない初心者が大金を投資する勇気があるのでしょうか

運用の仕組みを理解せずに失敗する

投資信託で失敗する人は、投資信託の商品性を理解しません。

  • 毎月の分配金が多いと儲かってると考えてしまう
  • 元本保証だと思っている
  • 「プレミアム」の名前に期待してしまう

初心者が商品性を理解しないまま投資してしまうことは仕方の無いことですが、それなら失敗しないように慎重に投資すべきです。

ハイリスク商品(新興国や不動産投資信託(REIT))に投資して失敗する

投資信託で失敗する人は、「投資初心者」に見合わないハイリスクな商品(新興国債券や不動産投資信託など)に投資します。

  • 新興国債券に投資したら、円高になって損失を抱えた
  • 不動産投資信託の分配金に安心していたら、実は元本が減っていた

そもそも、新興国債券も不動産投資信託(REIT)は分配金を出すための投資信託として販売されます。しかし、いずれもリスクが高く、分配金以上に損失を抱えることはよくあります。

にもかかわらず、リスク部分が無視され、「年金の足しに」という金融機関の安易な営業の材料にされやすい商品であるのはたしかです。

本当は安定運用すべき投資初心者が、ハイリスクな商品の手を出してしまうために、退職金を失う失敗してしまうのです。

なお、新興国債券も不動産投資信託(REIT)が売れた理由は、金融機関が積極的に売り込んだからです。投資信託の失敗談と金融機関の窓口は切っても切れない関係なのです。

「分配金が出る = 成績が良い」と勘違いして失敗する

投資信託で失敗する人は、分配金の仕組みを理解しません。

  • 投資信託の分配金は成績の良さだと思っている
  • 特別分配金は何かプレゼントだと思っている

投資信託の分配金(普通分配金と特別分配金(元本払戻金))と、預金・定期預金は異なるものです。しかし、私達は普段、定期預金しか運用したことがないので、分配金も預金につく利子所得のようなイメージで捉えがちです。

以下は筆者が実際に受け取った分配金ですが、この違いはわかりますでしょうか?

分配金が入金される間はよいものの、ある日分配金の減額などを理由に、元本部分を確認したら大幅に目減りしていた、という失敗を迎えやすいです。

分配型投資信託から分配金を貰うときに注意しておきたいこと
分配金欲しさで投資信託を選ぶのであれば、きちんと普通分配金が貰えそうかという点を考えることをお勧めします

毎月分配型の投資信託を買ったことがある人に対し、「分配金は元本を取り崩して払う場合があり、それを特別分配金と呼ぶことをご存知ですか」と質問したところ、「いいえ」の答えが26.0%にのぼった。

投信の分配金はすべて収益(もうけ)から支払われるという誤解は根強く、高い分配金を支払う毎月分配型投信が人気を集める一因になっていた。
出典:毎月分配型投信の実態は? 特別分配金、4人に1人が「知らない」【個人意識調査(7)】 | QUICK資産運用研究所

毎月分配型投信の実態は? 特別分配金、4人に1人が「知らない」【個人意識調査(7)】 | 資産運用研究所 | QUICK Money World
QUICK資産運用研究所は2017年12月、全国の20~60代の個人を対象に「個人の資産形成に関する意識調査」を実施した。個人に資産形成の取り組み状況などを聞く調査は、16年12月に続いて2回目。日経リサーチを通じてインターネット経由でアン…

運用期間が短すぎて失敗する

投資信託で失敗する人は早期に結果を求めすぎます。金融庁の統計では、銀行を通じて投資信託を購入した投資家の投資信託平均保有年数は約2~3年だと示されています。

銀行の顧客において、総じて2~3 年間での乗換え売買が行われている傾向にあることが見受けられる。
出典:金融モニタリングレポート2014 | 金融庁(pdf)

しかし、様々な試算や研究事例によると、投資信託はできるだけ長期間運用することで、元本割れの確率を下げられることが指摘されています

筆者が乱数を用いた試算も、投資信託が元本割れしている確率は運用1年目が最も高く、そこから2年目以降に向けて緩やかに下がることがわかりました。

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?
毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「売れているから儲かる」とは限りません。儲からないのになぜか売れている毎月分配型もあります。

参考までに、筆者がまとめた投資信託の運用年数と成功率の関係は以下のようになっています。

  • 運用1年目での成功確率は50~60%程度
  • 運用10年目での成功確率は55~95%程度
  • 運用20年目での成功確率は~100%
  • 運用30年目での成功確率は~100%

出典:投資信託の成功確率は何パーセントぐらいか | 東北投信

投資信託の成功確率は何パーセントぐらいか – 東北投信
投資信託で成功したいなら、とにかく長く運用し続けることを意識しよう。失敗する個人投資家は短期的な損益に振り回されている可能性が高い

手数料(購入手数料や信託報酬)を払いすぎて失敗する

投資信託で失敗する人は手数料に無頓着です。

  • 分配金収入は大切。でも、投資信託購入時の手数料は「払って当然」だと思っている
  • 良い商品は手数料が高いのが当たり前、とさえ思っている

例えば、銀行窓口で投資信託を購入すると、最大で購入金額の3.24%の手数料を取られる場合があります。仮に100万円投資すると3.24万円は銀行に支払う手数料です。

出典:https://www.fsa.go.jp/news/26/20140704-5/01.pdf

金融庁の試算では、2003年から2年ごとに回転売買した個人投資家は、10年間でちょうど手数料分に相当する3%の資産減少を経験したと報告されています。

この結果について、金融庁のレポートでは以下のように述べられています。

投資信託の乗換え売買による販売手数料により収益を稼ぐ、という経営のインセンティブが金融機関にあることに起因しているのではないか
出典:金融モニタリングレポート2014 | 金融庁(pdf)

また、運用期間中に生じる信託報酬も、商品によって0.1%~2%超と大きく異なります。信託報酬は投資信託の成績の悪くする要因ですので、やはり無頓着さはよくありません。

投資信託で成功するために

失敗を防ぐための7か条

投資信託で失敗しないためには、ここまで述べたことと逆の運用を行えば良いです。

  1. 銀行でオススメ商品を聞かず、あなたの判断で投資する
  2. 初心者のうちは少額で投資を始める
  3. 投資信託は元本割れする商品である。どの国のどんな金融商品に投資しているか調べてみる
  4. 初心者のうちは新興国債券や不動産投資信託(REIT)など、ハイリスクな商品に投資しない
  5. 投資信託の分配金の仕組みを理解する(実際に少額で投資して、分配金をもらってみればいい)
  6. 投資信託は1年や2年で結果を出そうとせず、長期間運用する
  7. 投資信託の手数料(購入手数料・信託報酬など)は少ないほうが絶対に良い
投資信託で失敗しないためにどうすればよいか?
投資信託の失敗談を避ける1つの方法は分散投資です。地域も時間も分散させることでリスクの低減を目指します。

投資信託は最低100円から買えるのですから、最初は3,000円ぐらいから始めると、失敗したときの感覚も掴めるはずです。

どの国のどんな金融商品に投資しているか調べる方法

投資信託の目論見書(もくろみしょ)をご覧になってください。が、そもそも投資信託の名称は、どこの何に投資しているか分かりやすく設定されていることが多いです。

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド:全世界の株式に投資するインデックス運用のファンド
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド:外国の株式に投資するインデックス運用のファンド
  • ノーロード明治安田社債アクティブ:手数料無料(ノーロード)の社債ファンド。アクティブ運用

成功の定石は、お得で安心な「つみたてNISA」を使う

2018年現在、投資信託の運用で成功するための環境は整ってきています。それは「つみたてNISA」です。

  • つみたてNISAなら、分配金のトラブルに繋がる毎月分配型は購入できません
  • つみたてNISAなら、手数料ゼロ円で投資信託を購入できるのでお得です
  • つみたてNISAなら、金融庁が認定した指定投資信託のみ購入できるので安心です
つみたてNISA : 金融庁
NISA(少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。つみたてNISAとは、TODO

「つみたてNISA」対象商品が必ず成功する保証はありませんし、残念ながら分配金を出すタイプの投資信託は購入できません(すべて値上がり益で利益を出します)。

一方、投資初心者が失敗する多くの問題点が排除されてますから、投資信託で成功したい・失敗したくないと考えるなら、「つみたてNISA」の利用を検討してください

投資信託の積み立てで失敗することってある?
「初心者向けの投資」とも言われる積立投資でも運用失敗はありえます。例えば、常に時価が下がりいく投資信託に積み立てると、損失を抱えたまま償還を迎える可能性があります。失敗しそうなファンドの種類と主に、積立投資で失敗しないための商品選びを紹介

なお、SBI証券のようなネット証券を利用すると、「投資信託買いませんか?」と金融機関からの営業活動を受ける可能性はなくなります。失敗を防ぐためには、そもそも初心者に営業活動をする金融機関に近づかない(お金を持ってるそぶりを見せない)のが一番なんです。

筆者もSBI証券で、時折キャンペーンなどのお得なチャンスも利用しながら運用し続けています。

SBI証券で「つみたてNISA(積立NISA)」を始める3つのメリット
あなたが「つみたてNISA(積立NISA)」を始めるならSBI証券のことを忘れてはいけません。対象商品を豊富に揃えているほか、独自のポイント還元制度や、痒いところに手が届くお金の入出金サービスなど、様々な利便性を提供しています

投資信託の運用に失敗した時の損失額はいくら?

投資信託で失敗するといくら損失がでるか、算出した事例を紹介します。

日経平均株価と、それに投資する投資信託(日経225オープン)は、1年間で50%以上、1日で6%以上の値下がりを経験したことがある
出典:投資信託で大損したらいくら損失を抱えるか | 東北投信

商品次第ですが、例えば株式に投資する投資信託(上記記事では「三井住友日経225オープン」)なら、

  • 1日で投資額の5~10%(例:2016年のアメリカ大統領選挙)
  • 1年間で投資額の40~50%(例:リーマンショック)

の損失を抱える可能性があります。いずれも極端な例で、前者は1年に1回あるかないか、後者は10年に1回あるかないか、の頻度で発生します。

ただし、このいずれの損失も1日後~数年後までには回復し、2018年現在はそれ以上の価格にまで値上がりしました。やはり、投資信託は長く保有することが失敗を回避する1つの方法なのです。

余談:「投資信託は危なそう・・・じゃあ他の金融商品に投資!」といった安易な判断は大失敗の元

2018年4月9日現在、「投資信託 失敗」で検索すると表示される2位のサイトは不動産投資を紹介する会社です。このサイトは資産運用の記事を紹介しながら、マンション投資への勧誘を目的に運営されています。

最近は同サイトのように、不動産投資サービスの紹介のために、資産運用の記事を掲載するウェブサイトが増えています。

そこで注意して欲しいのが「投資信託は危険なのか。このサイトは不動産を勧めてるし、じゃあ不動産投資だな」と安易な判断です。不動産投資の失敗に比べると、投資信託の失敗などかわいいものです。

  • 投資信託の失敗:投資額のx%が損失(借金はしない)
  • マンション投資の失敗:数千万円の借金の可能性

該当サイトには以下のような記述があります。

自分の頭で考え、勉強し、目で見て、そして聞き、そこから判断、決断したものが、“後悔の無い投資”になります。

それならば、上記不動産のサイトも、もちろん弊サイトの記述内容も鵜呑みにせず、本当か疑ってください。様々な商品やリスクを、あなたの頭で検討し、納得の上で投資するかどうかご判断ください。

様々な金融商品の中で、投資信託は比較的投資初心者に向いており、サラリーマンの資産形成にも最適であることを申し添えておきます

あなたが筆者の記述を信じるかは、あなたの頭でお考えください。

まとめ

  • 投資信託の失敗要因は、銀行などの金融機関任せで運用の仕組みを把握しない。投資初心者なのに大金を投資し、分配金などの短期的な利益を求めてしまうこと
  • 投資信託での失敗を防ぐために「つみたてNISA」を使おう。「つみたてNISA」は分配金をもらえないが、金融庁認定の商品を手数料ゼロ円で購入できるなどの嬉しいメリット付き
  • 投資信託は危なそうだから不動産投資に・・・みたいな安易な判断に注意。投資信託はサラリーマンの資産形成に最適だと、筆者は断言しておく

金融商品はどう上手く運用しても、失敗したり、損失を抱えたりすることはあります。でも、投資信託に限っては、長期間運用し続ければ、過去のケースはなんとかなってきました

どうか、最初は少額から投資してみて、投資信託の運用を試してみてください。

そうすれば、筆者の言わんとするところを1mmでも分かっていただけると考えます。

商品選びがわからなければ「資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術」をご覧になって、資産形成を始めてみませんか。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット