ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

投資信託のスポット購入のタイミングはいつが良いのか?

\シェアしてください!/

投資信託のスポット購入や積立購入において、毎月何日ならば失敗しないといった、都合の良いタイミングは存在しません。
どのタイミングが良いかは、投資信託が何に投資を行っているか次第です。

もし、株式に投資を行う投資信託ならば、投資先の株式の値動きをチェックすることで、ある程度タイミングを計ることが出来ます。
そのときには、テクニカル分析が役に立つはずです。

なお、投資信託では、買い付け・売却時の基準価額は取引をしてみないとわからないという、ブラインド方式が採用されています。
これも、利益を狙って取引をすることを難しくしています。

スポンサーリンク

スポット購入はどんなタイミングがいいの?

大原則は投資信託はいつ始めればいいの?でも示したとおりに、底値だと思う瞬間です。

投資信託が底値になるタイミングは、その投資信託が投資している物が何かによって違います。
例えば、日本株と日本債券は値動きがまったく異なるのですから、少なくとも特定の日が底値になるといったお得なルールはありません

底値を掴む為には、その投資信託が何に投資していて、基準価額の値動きが何に影響を受けているのか、を知る必要があります。
「なんだかよくわからないけど、分配金が高いから・・・」と考えている限りは難しいです。

ニッセイ日経225インデックスファンドの場合

例えば、日経平均株価と同じような値動きをするニッセイ日経225インデックスファンドはとてもわかりやすいです。

表1. 日経平均株価とニッセイ日経225インデックスファンドの値動き

日経平均株価ニッセイ日経225インデックスファンド
2016/2/10
15,713.39
16,802
2016/2/12
14,952.61
15,985
2016/2/15
16,022.58
17,132
2016/2/16
16,054.43
17,170

表1のように、日経平均株価が急落した2016年2月12日に、ニッセイ日経225インデックスファンドの基準価額も安値をつけています。
値動きがおおよそ似ているため、基準価額を追いやすいのが特徴です。

このように、投資信託がどのような特性なのかを知ることで、どのタイミングで買うのが良いのかも想像できるようになります。

なお、書籍などで、仕組みの簡単な投資信託を選ぶことが推奨される理由の1つは、基準価額を追いやすいために、いつが買いなのかをあなた自身が判断しやすいためです。

ブラインド方式って知ってる?

ところで、投資信託は株式の売買と異なり、投資信託をいくらで買った(売った)かは、買った(売った)後にならないとわからない、「ブラインド方式」というルールがあります。

ブラインド方式が採用されていることで、投資信託を狙って取引することを難しくしています。

例えば、日本株式に投資を行う投資信託の場合、基準価額の算出はその日の株式市場の取引が終わったあと(15時以降)に行われます。
一般に、投資信託の注文申込締切時間は14時半~15時の間に設定されているため、注文を締め切った後に、その日の基準価額の算出が始まります

つまり、「日経平均株価が大幅に下落したから」と15時以降に買い付けを行っても、投資信託の注文申込締切時間を過ぎているために、その注文分は翌日の基準価額で処理させることになります。
安値を狙って買うならば、市場が開いている場中に判断して注文を行わなければいけないのです。

日本株はまだわかりやすいのですが、これが海外市場に投資する投資信託の場合にはもっと困難です。
例えば、アメリカ市場の大勢がつくのは日本時間の明け方(日本での注文締め切り後12時間以上経過)ですから、狙って買うのが困難だというのが想像に容易いと思います。

それでも良いタイミングで買うために

以上から、暴落といった絶好のタイミングを狙うのは難しいことがわかると思います。
が、ある程度狙いをつけて買うことは不可能ではないこともわかると思います。

そこで、以下ではなるべく良いタイミングで買うためのポイントをいくつか記載したいと思います。

  1. 何に投資をしているかをチェック
  2. 決算直後を狙う

何に投資をしているかをチェック

繰り返しになりますが、投資信託が何に投資をしているかを知ることが大切です。
これがわかれば、投資信託が投資している対象を追うことで、ある程度タイミングを計ることが可能になります。

例えば、アメリカ株式に投資を行うファンドならば、ダウ工業株価やS&P500指数を見て、そのチャートからテクニカル分析を行うことが可能です。
テクニカル分析を行うには、株式やFXなどの経験があれば尚良いものの、例えば移動平均線が描くゴールデンクロスやデッドクロスといった極単純なものだけでも1つの指標になるはずです。

筆者は、数日~数ヶ月単位の売買トレンドを把握するためにMACDのトレンドを見ています。
今が底値かどうかを判断するのは難しいものの、長期的に見て現在が下落傾向にあるのか、上昇傾向にあるのかといった判断はつけやすいです。

決算直後を狙う

年に1回以上分配金を出す投資信託は、分配金が出た直後に基準価額が下がるため、そこが狙い目になります。
特に、1回1,000円以上分配金が出るような投資信託は、決算直後に基準価額が10%程度も下落することも多いです。

例えば、DIAM-メディカル・サイエンス・ファンド(愛称:医療の未来)という投資信託は、2015年7月23日に1万口あたり3,000円という分配金を出しました。
基準価額は、17,077円から14,169円にまで大幅に下落しています。

株式の権利落ち日を狙うのと同じで、この下落した直後に買っていれば、次の分配のタイミングまでに基準価額の上昇を享受できるかもしれないのです。

残念ながら、3,000円という多額の分配金を出した後の医療の未来は、世界的な株価の下落の影響で、基準価額は9,510円(2016年4月11日時点)まで下落してしまいました。
分配直後を狙って購入しても、その後必ずしも基準価額が上昇するとは限らない点には注意が必要です。

まとめ

以上のように、投資信託を底値で狙って購入するのは難しいものの、

  • 何に投資をしているかをチェック
  • 決算直後を狙う

といった事柄を踏まえることで、ある程度タイミングを絞ることは可能です。
少々、チャート分析の知識なども必要になりますが、より現実的な資産運用のためには学んでおいて損は無いと思います。

余談ですが、上述のような理由から、投資信託の積立購入においても、特定の日が良いといったおいしい話は無いことがわかります(一応検証した結果は積立投信は何日が良いか? -世界経済インデックスファンドを例に-)。

積立投信は、安値や高値を気にせず買い付けることで、のちのち平均化できるのがメリットです。
テクニカル分析なども難しく感じるのであれば、何も考えず積立投資をしたほうがたぶん楽です。

どちらが良いかは、あなたの資産運用に対するスタイル次第です。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット