ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

債券に投資する投資信託の基準価額が変動するのはなぜか

\シェアしてください!/

株式に投資を行う投資信託同様に、債券に投資を行う投資信託も日々基準価額が変動します。
債券も、株式同様に、日々市場で取引されていると同時に、為替による影響を受ける場合もあるからです。

債券ファンドは、運用レポートや運用報告書で、債券価格の変動や為替の影響がどの程度基準価額に影響を与えたか説明を示しています。
ファンドによっては分かりやすい図が掲載されていることもあり、理解の助けになります。

もしあなたが、あまり基準価額の変動しない債券ファンドに投資を行いたいならば、日本国債ファンドやMMFがオススメです。
一方、リスクを取る運用に興味があるのであれば、新興国債券ファンドを選択します。

長期的な積立であれば、様々な債券に幅広く投資するインデックスファンドがオススメです。

スポンサーリンク

はじめに

投資信託が何に投資をしているかが分かってくると、投資信託の基準価額の値動きの理由も分かってきます。
特に、毎日変動する株式へ投資を行う投資信託であれば、基準価額が変動する理由も直感的に理解しやすいものです。

一方、債券に投資を行う投資信託も日々基準価額は変動しています。
株式の値動きに比べると、こちらは最初はなじみがなく、不思議に思うかもしれません。

そこで以下では、債権に投資を行う投資信託の基準価額変動要因を挙げ、例としてブラジル債券に投資を行うファンドの例を紹介します。
原理的には株式と同じ理由です。

債券価格が変動する理由

債券価格が変動する理由には、

  • 市場価格は日々変動する
  • 為替相場の影響

の2点が挙げられます。

市場価格は日々変動する

債券というと、私たちは銀行や消費者金融からお金を借りるようなイメージを思い浮かべるかもしれません。
元本は一定で、そこに金利がつくモデルです。

たしかに私たちが投資できる個人向け国債(1万円から始める個人向け国債)は、購入元本は原則変動せず、私たちがイメージしやすいモデルと同じような運用が行われています。

しかし、これらは特別な例です。
なぜなら債券は売買できるからです。

「市場で売買できる」ということは、マーケットの参加者によって価格が決まる、ことを意味します。
つまり、欲しい人が多ければ値が上がりますし、少なければ値下がりするのです。

債券なので、最終的に戻ってくるお金は額面金額として決まっています。
しかし、その償還日までは、必ずしも額面金額で取引されるとは限らないのです。

為替相場の影響

投資する債券が海外債券の場合、漏れなく為替相場の影響を受けます。
海外の通貨建てでは元本が保存されていたとしても、円換算で時価が変わってしまうからです(為替と投資商品の価格の関係は投信初心者が買ってはいけない投資信託を)。

言うまでもなく、対象国通貨に対して円安に進めば、私たちが享受できる利益は大きくなります。

債券ファンドの基準価額変動例

このように、上記2つの理由から、債券ファンドの基準価額も毎日変動することになります。

一つ例を見てみましょう。

HSBCブラジル債券オープンのケース

HSBCブラジル債券オープン(毎月決算型)は、ブラジルレアル建ての公社債に投資を行う債券ファンドです。
通貨選択型の投資信託って何?で示したような通貨選択は行っていない、純粋なレアル建ての債券ファンドです。

HSBCブラジル債券オープン(毎月決算型)の運用月報には、以下のような図を見ることが出来ます。

基準価額の変動要因

基準価額の変動要因

本図はHSBCブラジル債券オープン(毎月決算型)の運用月報を元にインストックネットで作成しなおしたものです。

この図において、基準価額は9円の増加です。
その内訳を見ると、債券価格とその金利収入は27円のプラスと、基準価額にプラスに働いているのに対し、レアルの対円相場は-11円とマイナスに働いていることが分かります。

その他、税金や信託報酬(手数料については投資信託の選び方②。できるだけ手数料がかからない投信を選びたい!)を抜いた、最終的な損益が基準価額に反映されます。

この図が作成された運用期間(2016年4月28日~2016年5月31日)は、4月28日に1レアル30.997円を、5月31日に1レアル30.659円を付け、ほとんど変動しないながらもわずかに円高ブラジルレアル安になっていることがわかります。

また、2015年10月~2016年3月の運用状況をまとめた運用報告書(全体版)には以下のような記述も見られます。

ブラジル債券市場は、当作成期初(2015年9月26日)から2016年1月半ばにかけては、(中略)一進一退の方向感に乏しい相場展開が続きました。
その後、1月下旬以降は、(中略)債券市場は堅調となり、当作成期を通じて見ると債券価格は上昇(利回りは低下)しました

ブラジルレアル相場は対円で上下の変動を繰り返す展開となりました。2016年3月初め以降は、(中略)、レアルは値を上げ、当作成期を通じて見
ると小幅な上昇
となりました

運用報告書(全体版)2016年3月25日版 | HSBC投信株式会社

この記述により、この期間は債券価格が上昇し、円安レアル高になったことが分かります。
また、同期間の基準価額は1万口あたり3,975円から4,256 円に上昇しており、それぞれが値上がりした結果、基準価額も上昇したことがわかります。

どのような債券ファンドを選ぶか

これらを踏まえ、どのような債券物の投資信託を選ぶかを考えてみます。

とにかく低リスクを求める場合

元本の保全性を第一に運用したい場合、

  • 債券価格が変わりにくい(債券の残存期間が短い)
  • 為替の影響を受けない

という2つのポイントをおさえる必要があります。

これに合致するのが、1万円でMMF!超低リスクの資産運用法外貨建てMMFで資産運用!ローリスクさが魅力!で紹介しているMMFです。

ただ残念なことにマイナス金利下の現在は日本円MMFの募集は行われおらず、外貨建てMMFは漏れなく為替の影響を受けます。
そのため、比較的残存期間が長い日本債券ファンドを利用するか、個人向け国債を利用したほうが良いと筆者は考えます。

とにかくハイリスクを求める場合

とにかくリターンを重視したい場合、

  • 債券価格が変わりやすい(債券の残存期間が長い)
  • 債券の利回りが高い
  • 為替の影響を受ける

という3つのポイントをおさえる必要があります。

これを実現できるのは新興国債券です。

例えば、先ほどのHSBCブラジル債券オープンは、ポートフォリオの利回りが12.8%(2016年5月31日現在)と、日本債券に比べてとんでもなく好利回りです。
また、ブラジル債券ファンドの例以外にも、インドやトルコの債券ファンドは債券の利回りが高い傾向にあります。

これらはあなたにとって魅力的な金利収入をもたらしてくれる可能性があります。

しかしながら、対円での円相場は注意が必要です。
トルコやブラジルは長期に渡って円高トレンドが続いており、円換算での最終的な利益では損が出る可能性もあるからです。

また、これらの債券ファンドは毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?で示した毎月分配型が多いです。
分配過多のファンドもありますので、運用には注意を要します。

リスクとリターンのバランスを求める場合

リスクとリターンのバランスを求める場合には、米国債に代表される先進国債券がお勧めです。
筆者は株式と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!で紹介しているETFを通じて、米国債への投資もほんのり行っています。

まとめ

以上です。

ここでは単一国の債券に投資する投資信託の例を考えてみましたが、例えば三井住友・DC外国債券インデックスファンドのように、様々な国の債券に分散投資を行う商品も存在します。
単一国の債券に投資をするよりも基準価額が安定しやすいので、長期投資ではそちらのほうが好まれがちです。

あなたのリスク許容度に応じて、ぜひお気軽に運用してみてください。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット