ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

投資信託は買うな!?あなたの疑問にお答えします

\シェアしてください!/

かつての投資信託は評判の悪い商品でしたが、現在は法整備も進んだおかげで優れた商品も登場しています。
適切な商品を選べば、投資信託を利用した資産形成も可能です。

投資信託は5000本以上が設定されており、その中から適切なものを選ぶのは難しいかもしれません。
金融機関でアドバイスを受けたくなるのも分かります。

しかし、以下のような点を押さえておけば、それだけで質の悪い商品を選ぶ可能性は下がるはずです。

  • 高額な手数料を支払って商品を選ぶ必要はない
  • カバードコールのような複雑な運用をするものは選ばない
  • 金融機関に言われるがままに過当売買(頻繁な商品乗り換え)しない

なお、どんなに優れた商品であっても、それは必ず損をしないと同義ではない点に留意します。
損をするかもしれないことを前提に、どの程度その損失を許容できるかを考え、商品を選択できるようになるのが理想的です。

個人的には困ったら資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術あたりで紹介する投資信託への積み立て投資をオススメします。
絶対に損をしないとはs言えませんが、下手な投資信託を選ぶよりは良い結果になると思います。

スポンサーリンク

はじめに

インストックネットでは資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術でも紹介するように、投資信託での運用が手軽でベストな運用方法だと紹介しています。
もちろん、筆者も投資信託での運用を行っています。

しかし、特に投資信託全般にあまり良いイメージをお持ちになっていない方もいらっしゃるようです。

  • 投資信託はダメ
  • 投資信託はゴミ
  • 投資信託は買うな

あなたがこのページをご覧になっているならば、きっと上記のような疑いのイメージをお持ちなのではないでしょうか。

そこで以下では、あなたが投資信託にお持ちなネガティブな印象に対して、必ずしも投資信託は運用に適さない商品ではないことを示したいと思います。
買ってはいけない、ゴミみたいな商品ばかりではないんです。

なぜ投資信託は評判が悪いのか

最近でこそ優れた商品も多い投資信託ですが、バブル時代にはたしかにゴミと呼ばれるような商品性だったとされています。

セゾン投信の中野氏の書籍では、投資信託のかつての商品性がしばしば話題に挙がります。

投資信託は手数料稼ぎに使われていた

投資信託を販売する証券会社は、次々に自社の系列である投資信託会社(投信を設定して運用する会社)を設立し、自分たちが手数料をかせぐための投資信託(ファンド)をどんどん設定するようになったのです。

投資信託の闇歴史。昔は「ゴミ箱」と呼ばれていた!|投資信託はこの9本から選びなさい|ダイヤモンド・オンライン

運用会社が損失を投資信託に付け替えていた

証券会社の自己勘定取引や機関投資家などの大手客の運用で失敗したとき、その損をした取引を、投資信託に付け替えるという行為が平気で行われていた。(中略)バブル相場で上昇する個別銘柄には(運用成績が)大きく負けていたこともあり、投資信託には「儲からない」というレッテルが貼られるようになりました。

入門投資信託のしくみ

と、運用に問題があったことと、投資信託が手数料稼ぎに使われたことが投資信託のイメージの悪さに繋がっています。

さすがに、今はルールが整備され、自己売買で損をこうむった株を投資信託に付け替えるというような無法行為は行われなくなりましたが、それでもファンド=手数料稼ぎの道具、という側面は色濃く残っています。

投資信託の闇歴史。昔は「ゴミ箱」と呼ばれていた!|投資信託はこの9本から選びなさい|ダイヤモンド・オンライン

加えて、バブル崩壊やリーマンショックでの急落等で発生した運用失敗談がしばしば週刊誌をにぎわせます。
これもまた投資信託のイメージを悪く要因であると筆者は考えます。

現在の投資信託はどうか

では、現在の投資信託はどうかについて考えてみます。

上記引用のポイントは以下になります。

  • 手数料稼ぎに使われている
  • 運用会社が損失を投資信託に付け替える

現在も投資信託は手数料稼ぎに使われているのか?

残念ながら、これは現在もあります。

例えば、金融機関窓口で購入すると販売手数料が3%を超える商品もよくあります。
3%と言えど、100万円の3%は3万円ですから、投資額が大きくなるほど無視できない額になります。

しかし、手数料の問題はクリアできます

例えば、資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術で紹介する投資信託は買付手数料が無料(ノーロード)です。
投資信託の積み立て!何かオススメある?で紹介する投資信託もいずれもノーロードです。

残念ながら、優れた手数料体系の投資信託は限られます
しかし、その投資信託を選ぶことで、私たちは無用な手数料を支払う必要がなくなります

商品の選び方で回避できるのです。

現在も運用会社が損失を投資信託に付け替えているのか?

これは現在はできません。
法律で財産の分別管理が決められているからです。

良い投資信託を選ぼう

これらを踏まえると、投資信託には良い商品と悪い商品が混在している、と言えます。
私たちにできることは、その混在した中から良い商品を選び出すことです。

なお、ここでの「良い」とは「必ず儲かる」との意味ではありません。
投資信託の時価は、投資信託が保有する株や債券から算出されるため、市場価格が下落すると、必ず投資信託の基準価額も下落します

どんなに優れた投資信託で、市場の下落には勝てません。

しばしば誤解されますが、「プロが運用する = 1円も損しない」ではない点を把握しておくべきです。
リーマンショックのような事態では、どんな投資信託でも価格は下落します。

そのため、私たちが投資先を選ぶ際には、

  • どの程度下落に耐えられるか
  • 資産全体の下落を緩やかなものにできるか

なども考慮する必要があります。

将来、投資信託の時価が下落した時に効果がでる、損失を抑える方法には以下があります。

など、投資地域と投資タイミングを分散する方法です。

他にも個人向け国債を購入したり、金などを保有することもちょっとしたリスクヘッジになるかもしれません。

最後に、

  • 金融機関のアドバイスは絶対ではない

ことも忘れないでください。

過当売買で収益がマイナスに・・・

がまぐち

金融庁が2014年7月に発表した「金融モニタリングレポート」では、金融機関を通じて投資信託を買った投資家は2年か3年程度で別の投資信託に乗り換えているとの考察が示されています。
投資信託の資産残高は増えないのに対し、金融機関の販売手数料収入だけは増えているためです。

また、2年ごとに人気の投資信託へ乗り換える回転売買を10年(2003年~2013年)続けたとき、その運用リターンはマイナス3%だったことも示されました。
分配金に対する課税と、高額な販売手数料(3.15%)が収益を圧迫したためです。

図から読み取ると、仮に手数料無料(ノーロード)の投資信託を選ぶと、リターンは10%ほど改善(つまりプラスのリターン)になるはずです。

まとめ

以上です。
まとめると、

  • 高額な手数料を支払って商品を選ぶ必要はない
  • カバードコールのような複雑な運用をするものは選ばない
  • 金融機関に言われるがままに過当売買(頻繁な商品乗り換え)しない

などをおさえておけば、ゴミと呼ばれるような投資信託を掴む可能性は減ります。
加えて、回転売買で手数料分だけ損失を重ねることも防ぐことが可能です。

なお、投資先として優れた投資信託は、投資信託ブロガーに選ばれやすく、ネット上のコンテンツも豊富な傾向にあります。
例えば、世界経済インデックスファンドやeMAXIS 8資産均等型などのバランスファンド(投資信託お手軽運用術 -バランスファンド入門-)はその代表例です。

一方、投資信託ランキングではよく名前が挙がるのに、ネット上では批判的コメントが多い投資信託には注意を要します。
それらは売買に高額な手数料が必要かもしれないからです。

筆者個人としては、困ったら

  • 世界経済インデックスファンド(投資対象は日本 + 先進国 + 新興国)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(投資対象は先進国)
  • 三井住友DCつみたてNISA全海外株インデックスファンド(旧:DC全海外株式インデックスファンド)(投資対象は先進国 + 新興国)

からどれか1つを選んでおくのが良いと思っています(詳細は資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術)。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット