ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

投資信託のメリットとデメリット

\シェアしてください!/

投資信託は仕組みを理解しがたいデメリットがある一方で、最少500円から少額投資できるメリットがあります。特にまとまった投資可能額を持っていない私たちにとって、投資信託は魅力的な商品です。

一方、仕組みをよくわからないままに運用を始めてしまうと、よくある失敗談と同じ結末を迎える可能性があります。あなたが投資信託の仕組みを学ぶまでは、例えば1万円程度の少額投資から始めることをおすすめいたします。

よくある誤解ですが、投資信託とはある金融商品のジャンル総称で、投資信託なる1つの商品ではありません。実際にはxxファンドとか、○○ファンド(愛称:△△)といった、個別の商品(ファンド)が多数存在しています。それを理解することが重要です。

投資信託は株式や国債など、他の金融商品と一緒に保有することができます。ボーナスで株主優待銘柄を買いつつ、普段は積立投信で資産形成を目指す運用もおすすめです(おすすめの資産運用 -2017年版-)。

スポンサーリンク

投資信託のデメリット

仕組みを理解するのが難しい

仕組みを理解しがたいのがデメリットです。多くの失敗談はここに端を発するように感じます。

投資信託とはある金融商品のジャンル総称で、投資信託なる1つの商品ではありません

実際にはxxファンドや、○○ファンド(愛称:△△)といった、個別の商品が多数存在しています。投資信託で上手く運用できるか、あなたの利益獲得に繋がるかは、この商品性の違いを理解することで決まります。

運用コスト(手数料)がかかる

次に、運用期間中の信託報酬をはじめ、運用コストがかかるのも投資信託のデメリットです。このため、投資信託の運用はおすすめできないと述べる方もいらっしゃいます(筆者の観測範囲では大金を動かす個人投資家か、単に投資を知らない人のどちらかであることが多いです)。

なお、運用コストは絶対的な金額ではなく、パーセント表記される点も投資信託の仕組みをわかりにくくしています。

例えば信託報酬1%の投資信託に100万円投資し、1年間運用すると1万円の運用コスト(※)が発生します。1万円かかると言われると高額に感じますが、運用額の1%と書かれると、そんなに払っている気がしないですよね。

※このコストは運用益から引かれていますので、あなたが銀行やコンビニ等で支払うことはありません。

株主優待がない

最後に、投資信託には株主優待制度はありません。投資信託の投資先にイオンやマックスバリュのような優待銘柄が含まれていたとしても、です。

投資信託で得られる対価は金銭のみです。あなたが株主優待を欲しいと考えているなら、投資信託の運用は適しません。

投資信託のメリット

少額から投資できる

投資信託の魅力は少額から投資できる点です。私たちのように1000万円といった大金を持っていない現役世代でも、毎月1万円から資産運用を開始できます。

また、投資信託に積み立てを行う積立投信はさらに少額投資できます。証券会社経由だと毎月500円から、地方銀行などでも毎月5000円程度から積み立てを開始できます。

様々な金融商品がある中で、最も少額で投資できる商品の1つです。

投資先が幅広い(国内とは限らない)

これほど少額で投資できるのに、幅広い投資先を選択できるのも魅力です。例えば、インドやブラジルなどの新興国などにも500円から投資できるんです。

最も広範囲に投資する投資信託は、世界中の株式や債券を投資範囲に含めます(例えば世界経済インデックスファンドやeMAXIS 8資産均等型など)。一方、最も投資範囲が少ない投資信託でも複数社の企業株式を保有します(例えばトヨタグループ株式ファンドやイオングループ・ファンドなど)。

いずれも2つ以上の株式や債券を持ちますので、1つの株式を持つよりも値動きが穏やかになりやすい特徴があります。つまり、あなたが激しい値動きで金銭や精神を消耗したくないと感じるときに、投資信託はおすすめしやすいのです。

手数料を支払ってまで投資信託に任せるメリットがあるのか

先に述べたように、投資信託には運用コスト(手数料)がかかります。可能ならば投資信託など通さずに株や債券などを好きに買ったほうがお得です。

しかし、その方法を実現するのは難しいはずです。

  • 昼間働いていて株を買う時間が無い
  • どの株を買えば儲かるのか選ぶことができない
  • そもそも株を買えるだけの大金を持っていない

あなたは上記のような状況に当てはまりませんか?

株を柔軟に運用するためには、まとまったお金と時間が必要になります。さらに、将来儲かりそうな株をピックアップするだけの先見性も必要になります。

そのあたりクリアできていますか?働きながらだとちょっと大変じゃないです?

もし、あなたがそう感じるなら、手数料を支払ってまで投資信託に任せるメリットがあります。一方、「自分はいつでも自由に株を買えるし、儲かる銘柄も探せる!!」とお考えなら、投資信託を買うメリットはありません。

まとめ

  • 投資信託のデメリットは仕組みを理解するのが難しいこと
  • 投資信託のメリットは少額で世界に投資できること
  • 投資可能額が少なく、運用の時間もとりにくいなら投資信託はおすすめ

です。

ちなみに、筆者は株式から始めましたが、現在は投資信託のほうが主軸になっています。特に、毎月定額で積立投資できる点に魅力を感じています。

株も投資信託もどちらも保有することができます。例えば投資信託の積み立てと優待銘柄の売買をそれぞれ行えば、両者の良いところを享受することが可能です(おすすめの資産運用 -2017年版-)。

「どれか1つを選ぶ」必要は無いので、それぞれのメリットとデメリットから投資先を選ぶのが良いと筆者は考えます。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット