ボーナスで投資信託を買おう。何かオススメある?

\シェアしてください!/

ボーナスで投資信託を購入することに関心をお持ちですね?

それはとても良い判断です。

優れた個人投資家(投信ブロガー)は、絶えず収入を投資信託の買い付けにあて、日夜資産形成に取り組んでいます。

適当に株式の銘柄を購入するよりも、投資信託を用いた資産形成って、すごく現実的な手段なんです。

しかし、投資信託には様々な商品がありますので、何を買っても成功する・・・わけではありません。

そこで、以下の記事では、できるだけ失敗しないであろう商品を紹介します。

この記事をご覧になることで、あなたは2018年現在で売れ筋の有名な投資信託の商品名を7つ知ることができます

いずれも、商品性の良さから選ばれている投資信託ですから、初めて投資信託を購入する際にもぜひ参考になさってください。

記事のポイント

  • ボーナスの運用先として7つの投資信託を紹介。リターン重視なら株式に投資する投資信託を、安全性重視なら債券に投資する投資信託を選ぼう
  • 元本割れを防ぎたいなら、できるだけ長く運用することを考えよう。1年や2年で結果を求めるのは早すぎ
  • 投資信託の分配金はトラブルのネタになりやすい。定期的な分配金や配当金が欲しければ、ボーナスはETFやREITに投資しよう

スポンサーリンク

ボーナスで買いたい7つの投資信託

ボーナスで買いたい投資信託として、特にインターネット上で知名度のある投資信託を7つ選定しました。

以下で挙げる商品は、「投資すれば絶対儲かる」わけではありませんが、長期に渡る資産形成を目論んだ際に「使える」商品ばかりです。

株式に投資して、積極的に資産を形成する(ハイリスクハイリターンタイプ)

ボーナスを積極的に運用して高いリターンを得たいならば、株式に投資する投資信託を購入します。

ひふみプラス

主に日本の株式市場に投資するアクティブファンドで、これまで特に高い運用成績を出してきたことで有名な商品です。

全額「ひふみプラス」に投資すると、少々ハイリスクすぎる運用になるため、資産形成の中核になる商品とは別に選ぶことをオススメします。

その場合、中核部分に据える投資信託は、下記で紹介するようなインデックスファンドがオススメです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

日本・先進国(アメリカやEUなど)・新興国(中国やインドなど)の株式に投資するインデックスファンド

文字通り、全世界の株式が投資対象で、信託報酬が低く、「つみたてNISA」でもよく選ばれています。

投資信託以外の金融資産は現金・預金のみという方に向いています。

2017年の「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2017」の第1位に選ばれた商品です。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

eMAXIS slim 先進国株式インデックス

日本を除く先進国の株式に投資するインデックスファンドです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドと異なり、日本を投資対象に含めませんので、例えば国内の株主優待銘柄や高配当銘柄などを合わせて購入したいときに向いている商品です。

投信ブロガーの資産運用では「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」か、同じく先進国の株式に投資する「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を選ぶ方が多いです。

アメリカ株式に投資して、資産を形成する(ハイリスクハイリターンタイプ)

世界の経済の中心はアメリカです。

米国株式に投資する個人投資家は多いことから、ここではボーナスでも投資しやすいインデックスタイプの米国株ファンドを紹介します。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

アメリカのほぼ全ての株式に投資するインデックスファンドで、アメリカの株価が高くなることが、あなたの資産成長に繋がります。

米国株式は世界を牽引する有名企業が多く、「アメリカへの投資 ≒ グローバル企業への投資」とも言えます。

グーグルやアップル、マイクロソフトやアマゾンなど、これら有名企業の成長を享受したいなら、楽天・全米株式インデックス・ファンドは選択に値します。

世界にバランスよく投資して、資産を形成する(ミドルリスクミドルリターンタイプ)

初めての資産運用では、「あまりお金は失いたくないけど、でも少しは利益が欲しい」と、一見相反する希望を持つことが多いです。

そこで、初めてボーナスを投資する商品として、選びやすい投資信託を2つ紹介します。

eMAXIS slim バランス(8資産均等型)

日本・先進国・新興国の債券・株式・不動産投資信託(REIT)にバランスよく投資するバランスファンドの代表格

関連記事:投資信託お手軽運用術 -バランスファンド入門-

ボーナスを利用した初めての資産運用で、「あまりお金は失いたくないけど、でも少しは利益が欲しい」と感じたときには、選択肢の筆頭です。

バランスタイプの投資信託としては、「つみたてNISA」で1番目か2番目に売れている商品です。

世界経済インデックスファンド

日本・先進国・新興国の債券と株式にバランスよく投資するバランスファンドで、eMAXIS slim バランス(8資産均等型)と人気を二分するバランスファンドです。

ここで紹介した他の投資信託に比べ、新興国への投資配分が高いため、中国やインドなどの経済成長で株価が上がることを期待している方に向いています。

お金を失わないようにしつつボーナスを運用する(ローリスクローリターン)

定期預金では物足りないけど、できるだけ元本を割らないようにするならば、債券で運用する投資信託がオススメです。

関連記事:ローリスクローリターンな3つの投資信託を選ぼう!

ニッセイ外国債券インデックスファンド

日本を除く先進国の債券(国債)に投資するインデックスファンドです。

株式ものの投資信託よりも値動きが小さいため、大きな利益は見込めませんが、大きな損失の可能性も低い商品です。

「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」や「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と合わせて購入すると、株式と債券のバランスの取れたポートフォリオ(アセットアロケーション)を組むことができます。

運用のポイント

なるべく長く運用することを心がける

投資信託で成功するためには、なるべく長い期間運用し続けることが大切です。

計算上は、運用期間が長ければ長いほど、元本割れの確率が下がります。

ボーナスを投資したらすぐに結果を求めるのではなく、5年や10年、15年と続けるつもりで運用なさってください。

関連記事:投資信託の運用年数と元本が割れる確率の関係

子供のための運用なら「ジュニアNISA」という手も

例えば、そのボーナスを将来の子供の学費に充てたいならば、「ジュニアNISA」を利用する手があります。

ジュニアNISA口座で運用して得た利益は全額非課税になりますので、ただ投資信託を購入するよりもお得なんです。

ジュニアNISAは、あなたに既に18歳未満の子供がいる場合に、あなたが親権者として子供名義の証券口座を開設して利用します。

18歳になるまでは、原則取り崩しできませんので、ボーナスの長期投資先として最適な制度の1つと言えると思います。

補足:分配金が欲しいならETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)を

分配型の投資信託は、いろいろとトラブルの種になりやすいため、ここでは紹介から省きました。

例えば、ボーナスを投資して分配金や配当金を得たい場合には、国内株式やETF、REITをお選びください。

関連記事:株と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!

まとめ

  • ボーナスの運用先として7つの投資信託を紹介。リターン重視なら株式に投資する投資信託を、安全性重視なら債券に投資する投資信託を選ぼう
  • 元本割れを防ぎたいなら、できるだけ長く運用することを考えよう。1年や2年で結果を求めるのは早すぎ
  • 投資信託の分配金はトラブルのネタになりやすい。定期的な分配金や配当金が欲しければ、ボーナスはETFやREITに投資しよう

なお、困ったら「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」で良いと思います。

詳しくは「資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術」も併せてご覧ください。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット