米国株投資

友だち追加

LINE@運用方針はユーザーサポートに掲載。

海外ETFの取引は少額の1万円から。手数料負けしなくなったよ!

\シェアしてください!/

結論から述べると、海外ETFの多くは1口1万円以内で購入できます。今なら手数料も最低無料(購入金額の0.45%)とかなり低コストですので、わざわざ大金を用意する必要はなくなりました。

  • 毎月、お小遣いを利用して1口ずつ買ってみる
  • ボーナスで数口まとめ買いする

といった利用もできますね!

スポンサーリンク

海外ETFはいくらから?

1万円あれば、1口以上買えることが多い

海外ETFは1万円もあればいくつかの商品を購入できます。以下はSBI証券で扱う海外ETFのリストの一部で、「現在値」が各ETFの現在の価格(ドル建て)です。

SBI証券で扱う海外ETFのリストの一部

出典:SBI証券

例えば、BND(バンガード・米国トータル債券市場ETF)は1口84.9ドルで、1ドル = 105円の時、8,914円です。この価格ならば、手数料(約40円 = 1口84.9ドル × 0.45% × 105円)を考慮しても、このETFは1口1万円以内で購入できます

【海外ETF】バンガード・米国トータル債券市場ETF「BND」の特徴。アメリカの債券市場に幅広く投資
バンガード・米国トータル債券市場ETF「BND」は米国債を含む、米国の債券市場を幅広くカバーするETFです。記事執筆時点で米国債のカバー率は40%程度で、残りは政府保証付不動産担保証券(モーゲージ証券)や社債などから構成されています...

ちなみに筆者が購入した「EWC(iシェアーズ MSCI カナダ ETF)」は2019年8月24日時点で1口27.42ドルです。昔購入した「ICLN(iシェアーズ Globalクリーンエナジー ETF)」にいたっては、同日時点で1口10.76ドルで、購入当時は1口8ドルしかありませんでした。商品性はともかく、10ドルや20ドルで買える海外ETFも結構あるのです。

一部の商品は100ドル以上

一部の海外ETFは1口100ドル以上の価格がついています。例えば個人投資家に人気の「VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケット)」は、2019年8月24日現在で1口145.3ドル(1ドル105円の時、約15,257円)で1万円では購入できません。

【海外ETF】VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の特徴。アメリカ株を全てカバーする優良銘柄!
結論から述べると、VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)はVOO同様に米国株の成長に賭けたい投資家にとって便利な銘柄の1つです。過去の株価を比較する限りは、VTIとVOOは相関性が極めて高いので、どちらを選んでも...

そういう意味では最低でも数万円を用意したほうが良いですし、額が多ければ多いほど選択肢が広がるのは言うまでもありません。

なぜ海外ETFはこんなに安いの?

海外ETFが安いというよりも、日本の株式が「単元方式」のために高額になっている、と考えるのが妥当だと思います。日本株だって1株だけなら数千円で買えるのですから。

初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?
株を買うために必要な金額は「1株あたりの株価 × 単元」で計算できます。東証に上場する銘柄3500社超のうち、半数を超える2,177社(2018年3月6日時点)は、20万円以内の投資で株式を購入できます。約5~10万円の投資でも配当金や株主優待を貰える銘柄もたくさんあるんです!
ちなみに日本のETFも、例えばiシェアーズやUBSのシリーズは数千円から購入できます。ただ、やはり単元制度のせいで、どうしても取引価格が高くなっているETFもありますね。

人気の海外ETFはいくら?

以下はSBI証券で人気の海外ETFの価格をリストにて紹介するものです。価格は2019年8月23日時点です。
SBI証券で人気の海外ETFの価格(2019年8月23日時点)
名前価格(USD)
SPDR BBバークレイズ ハイイールド債券 ETF
(JNK)
108.02
ヴァンエックベクトルJPM新興国債券ETF
(EMLC)
33.14
Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF
(SPXL)
45.98
Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF
(SPXS)
19.75
インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET
(QQQ)
182.07
バンガード S&P 500 ETF
(VOO)
261.57
Direxion デイリー 金鉱株 ブル3倍 ETF
(NUGT)
39.89
バンガード トータルストックマーケットETF
(VTI)
145.31
SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF
(SPYD)
35.31
バンガード 米国高配当株式ETF
(VYM)
84.07

出典:SBI証券

この中では、VOO(バンガードS&P500 ETF)が1口261.57ドル(1ドル105円のとき、約27,465円)と、1口購入するために約3万円を要します。一方、個人投資家が好みそうな高配当ETF(SPYDやVYM)はそれぞれ35.31ドル、84.07ドルと1口1万円以内で購入できます。

手数料負けしなくなりました

かつてこの記事を最初に書いたときは、ETFを購入するために25ドルの購入手数料が必要でした。しかし、2019年7月にネット証券3社が相次いで手数料を引き下げたため、現在はマネックス証券、楽天証券、SBI証券を利用すると、最低手数料無料(購入価格の0.45%)でETFを購入できるようになりました

取引代金の0.45%が手数料となるが、それが1セント未満の場合、切り捨てて無料とする。具体的には、2.22ドル未満の取引の場合、手数料が無料となる。米国株を取り扱うSBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社ともが、最低手数料を大きく引き下げたことで、少額からの米国株投資のハードルが下がった

出典:SBI証券が米国株手数料の最低額をゼロに | ITmedia ビジネスオンライン

本当に良い時代になりましたね。

海外ETFの購入方法

海外ETFの取引を提供する証券会社に口座開設します。口座維持費はかかりませんので、気軽に口座開設してOKです。

一般的人気のある証券会社は以下の4社です。

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • サクソバンク証券(上級者向け)

各社の違いや、実際の取引などは詳しくは以下の記事をご覧ください。

【海外ETF】これから始める人向けの口座開設ガイド
近年の米国株投資ブームなどもあって、海外ETFを始めたい方が増えてきたように感じます。これまでは「手数料負け」の問題ゆえ、若干ハードルが高いものでしたが、2019年7月以降は海外ETFを少額で取引できる環境が整ってきました。 この記事...
【SBI証券】海外ETFの買い方。スマホアプリは無いのでPCサイトからログインして購入しよう
この記事では、SBI証券で海外ETFを購入する手順を解説します。海外ETFをSBI証券で売買するメリット・デメリットは以下の通り。 メリット:住信SBIネット銀行でドルを購入することで、為替コストをわずか4銭に抑えられる(楽天...

1万円ずつ積み立て購入もできる

SBI証券の「米国株式・ETF定期買付サービス」を利用すれば、毎月1万円ずつの積立購入も可能です。実際には、ETFは投資信託と仕組みが異なりますので、1万円きっちり利用されることはなく、「お釣り」は証券口座に残ります。

毎月少しずつ買って行くのが面倒なときには利用したいサービスですね。

まとめ

  • 海外ETF(米国上場のETF)は1口1万円以内で購入できる商品が多い。日本のような「単元株」制度がないため
  • 1口100ドルを超える商品もあり、その中には個人投資家に人気のETFも含まれる。現実的には数万円以上を用意したほうが良い
  • 個人投資家に選ばれやすい「高配当ETF」は1口100ドル以内など

昔は手数料負けを気にしていた海外ETFも、いまや少額の資産運用に利用できる便利な商品になりました。つみたてNISAやiDeCoを利用してもなお余剰資金があるようでしたら、ぜひ利用してみてください!

投資信託(インデックスファンド)への投資と異なり、分配金を貰えるのが嬉しいメリットですよ!

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

米国株投資

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット

タイトルとURLをコピーしました