1万円からの投資。オススメは何?

\シェアしてください!/

1万円から投資、何に投資をしますか?
実は1万円以内の投資に限ってみても、その商品選択はだいぶ幅広いのが特徴です。
利益は微々たるものになるかもしれませんが、いろいろ「遊ぶ」ことが出来ます。

投資の方針を決めるためには、あなたが「リスクを追うか1万円を守るか」を選ぶ必要があります。
もちろん両者の中間でも良いので、どの程度1万円を守りたいか考えてみてください。

積極的にリスクをとるならFXなど、1万円を守りたいなら債券物の投資信託が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

はじめに

1万円からの資産運用編では、1万円以内で出来る投資に焦点をしぼって様々な投資商品を紹介しています。
意外とたくさんあるんですよね、1万円以内の投資。

そこで、本コラムではそのどれに投資をするのが良いのか、筆者なりのオススメをご紹介してみます。
といっても、所詮1万円以内なので、どれも大人の遊びの範囲内であることはご了承ください。

なお、一般にリスクとリターンは比例の関係にあり、リスクの高い商品はリターンも高い傾向にあります。
例外的にリスクばかりが高くてリターンが低い商品もありますが、その逆の商品はまず世に出ません。

つまり、収益を大きくしたいならば、逆に大きくお金を失うかもしれない可能性があるということです。

といったリスクリターンの関係をご承知の上でご覧ください。

1万円からの投資あれこれ

1万円をきっちり守りたいあなたへ

1万円からの投資とはいえ、きっちりお金を守りたいならば、1万円から始める個人向け国債1万円でMMF!超低リスクの資産運用法で紹介している債券MMFがオススメです。
これらは銀行預金より少しだけ利回りが高いのが特徴で、元本割れの可能性がかなり低いのが特徴です(元本保証ではない)。

ただ、残念なことに2016年1月末のマイナス金利の実施に伴い、これらの利回りは極端に低くなり、募集が行われなくなる可能性があります。
金利が下がったことによって、出資者を募集してもリターンがないばかりか、そもそもファンドの運用すら出来ないからです。

ので、マイナス金利が解除されたら是非運用の候補に入れてみてください。

1万円をそれなりに守りたいあなたへ

個人向け国債やMMFよりもう少し利回りを求めると、バランス型の投資信託が視野に入ってきます。
このあたりから元本割れは簡単に生じるようになりますので、覚悟をお願いします笑

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?で触れたように、投資信託は1万円からスポット買い購入できるほか、月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資のように、毎月500円から積み立てる方法もあります。

後者は毎月積み立てることで、高値掴みしにくくなりますが、スポット買いに比べると利益が出にくくなる可能性もあります。
よりリスクを抑えるならば後者の積み立てがオススメです。

  • 世界経済インデックスファンド
  • eMAXISバランス(8資産均等型)

などはバランス型の本命です。

もし、よりリスクを低減するならば債券の割合を増やし、もう少しリスクを選好するならば株式の割合を増やすと良いと思います。

1万円でもそれなりにリスクを追いたいあなたへ

上記で示した株式や原油への投資はよりリスク選好型の投資です。
特に、2016年2月1日現在なら、原油への投資が熱いと思います。

上記記事で触れている単元未満株と原油ETFでは、後者が実際の株式のルールに則して行われます。
前者は通常の株式の売買とは若干ルールが異なっており、特にデイトレには不適です。

単元未満株も原油ETFも投資元本は守られませんが、(ETFの信用取引を除けば)借金の心配はありません。
お試しで全損したとしても、飲み屋での笑い話で済みますから安心してください。

1万円でもリスクを追いたいあなたへ

1万円で投資信託が買いたい!何か買えるの?で紹介した投資信託を通じて、新興国の株式や債券に手を出すことをオススメします。
投資信託への投資ですから、失敗しても借金は生じませんが、新興国への投資はとにかくハイリスクです。

新興国への投資が危うい理由は、資源価格に影響を受けやすい点や、内紛・汚職などカントリーリスクが高い点です。
加えて、世界がリスクオフモードになると一気に資金が引き上げられるため、通貨も株価も下落します。

特に円はリスクオフ時に買われやすい通貨ですから、円高によってさらに価値が低減してしまうのです。

ブラジル、ロシア、南アフリカ・・・筆者がお金を溶かした新興国は、かつてBRICsともてはやされた国ばかりですね笑

ある意味、新興国の成長にかけるという「ロマン」に近い気もしますね。

1万円でもリスク選好型のあなたへ

新興国への投資よりは自身の実力次第で大きな収益を生みやすいのがFXです。
1万円から大金を掴みたいんだ!と熱く考えているあなたにオススメです。

多くのFX業者はだいたい5000円程度からFXができるようになっています。
5000円が数十倍にもなったらすごいですよね。

ただ、実際のところ、5000円からFXを始めたところでちまちま過ぎて大した利益にはなりません。
1円動いても1000円の利益ですから、効率は悪いです。
可能ならば、その10倍や100倍のお金を入金して始めたほうが良いと思います。

FXは判断を誤ると借金が生じる取引です。
1万円から大金を掴もうとして5万円の借金を背負った・・・なんてこともありえますから、注意なさってください。

特に日本や海外の中央銀行が金融政策を発表する際は。

変り種が好きなあなたへ

変り種が好きなあなたは、1万円で純金投資!希少金属への投資とはで紹介した金ETFや、1万円で銀に投資する方法で紹介した銀への現物投資などはいかがでしょうか。
特に後者の現物投資では、実際の銀を買って保有することになりますから、「資産を手に入れた!」という感覚になるかもしれません。

実は、筆者は1万円で銀に投資する方法という記事を書いたことがきっかけで、現物の銀を買ってしまいました
いわゆる銀貨ですが、インゴットと同じ地金型の銀貨です。
仮に将来値上がりしたタイミングで売却すれば利益になります。

金や銀などの貴重金属は、保有していても利子や配当の類を生まないため、積極的にお金を増やす目的での運用は適していません。
どちらかという資産防衛や、通貨危機に備えるなど、守りの資産運用に向いています。

実物の金塊を買うには軽く1万円以上の投資が必要ですが、金ETFや銀ETF、地金型銀貨などはもっと安価に投資できます。

オススメは何か

冒頭の繰り返しになりますが、1万円からの投資でも、どこにどう投資するかはあなたが自由に決めることが出来ます。
本当にいろいろできるんですよね。

どう投資していくかは、あなたが1万円から投資するお金を失いたくないかなくなってもいいからもっと増やしたいかにかかっています。
あなたならどちらでしょう?

1万円なくなっても気にならないですか?それとも1万円なくしたら悲しいですか?

もし1万ぐらいと思うのでしたFXや株式、原油関係を調べてみてください。
逆に1万円がなくなったら悲しいと思うなら債券ものの投資信託を中心に投資するのがオススメです。

まとめ

何度も繰り返しますが、1万円からの投資でも出来ることは本当に多いのです。
だから、是非いろいろ資金を投じてみて、実際にどういうものなのか体験してみてください。

いろいろ体験していれば、自分なりの運用ルールが決まってきますから。

1万円からの投資と題して、1万円以内で投資できることを前提に紹介してきました。
もし、例えば毎月1万(年間10万)程度投資できるなら、もう少しできることは広がります。

インストックネットでは、~100万円程度までの少額資産運用に焦点を当てて記事を作成していますから、是非弊サイトの他のページもご覧になってみてください。
弊サイトのコンテンツがお役に立てば幸いです。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

一万円

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット