ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

資産運用は「3000円投資生活」と「つみたてNISA(積立NISA)」だけでも結構なんとかなる

\シェアしてください!/

横山光昭氏が執筆された書籍「3000円投資生活」は、2016年発売ながら、2018年現在も売れ続けるベストセラーです。何より、「3000円投資生活」というキャッチーなネーミングがとても素晴らしいと思います。

本書が販売されてから、投資環境は大幅に変わっており、

  • つみたてNISA、という新しい非課税制度
  • 個人投資家に選ばれる新しい投資信託

などが次々に登場してきました。本記事では、それら新制度などと「3000円投資生活」の相性やメリット・デメリットなどを紹介します。

なお、口座開設や取引手順など、3000円投資生活の一般論的な話は以下をご覧ください。

「はじめての人のための3000円投資生活」に基づく少額投資の始め方
2016年にベストセラーになった「3000円投資生活」を利用して、あなたの資産形成を始めよう!毎月投資信託を買うだけなので簡単。今なら「つみたてNISA」を利用した非課税制度も利用できます

記事のポイント

  • 3000円投資生活とつみたてNISAの相性は抜群なので、ぜひ併用したい
  • 毎月3000円だけの積み立てでは、老後のお金にはならないので、投資経験を積んだら投資額を増やしたい。うまく行けば、老後のお金の大部分はその積立運用だけで賄える
  • 投資信託の残高に応じてポイントを貰える証券会社を利用しよう。資産運用がちょっとだけお得になる

スポンサーリンク

つみたてNISAを使って「3000円投資生活」を実行できます

結論から述べると、つみたてNISAを利用して、「3000円投資生活」を実現できます。相性もばっちり、なんです。

  • 3000円投資生活:投資信託を毎月3000円ずつ積み立てよう、という話
  • つみたてNISA:投資信託を積み立てて運用して、儲かった分には税金かけないよ、という話

なので、証券口座を開設時に、つみたてNISAの口座を開設し、その口座で3000円の投資信託の積立を設定する、という手順で取引できます。

書籍で紹介されたファンドも購入できます

「3000円投資生活」では、主に、

  • 世界経済インデックスファンド
  • eMAXIS 8資産均等型(現在は、eMAXIS slim 8資産均等型が主流)

の2つのファンドが例示されていますが、これらはいずれも、つみたてNISA対象のファンドです。ので、つみたてNISAを通じて世界経済インデックスファンドに毎月3000円投資ももちろん可能です。

3000円投資生活をつみたてNISAで始めるメリット

運用で得た利益は全額非課税になる

  1. 「つみたてNISA」を利用して、毎月3000円から少額投資を始める
  2. 1年間積み立てた(3,000円 × 12ヶ月 = 36,000円)ところ、4000円の利益が出た
  3. 本来であれば、この4,000円の20.315%(約800円)が税金になるが、「つみたてNISA」を利用すると4,000円を全て受け取れる
  4. やったー!

ただ、現実的には「3000円投資で老後安泰」には程遠い(笑)

現実的に考えれば、毎月3,000円を20年間欠かさず投資し続けたとしても、72万円にしかならないため、そこから運用で利益を得たとしても、せいぜい100万円以上になれば良い方だと考えます。もし、老後の生活費など、まとまった資産を作るための運用ならば、いずれかのタイミングで投資額を大きく増やす必要があります。

実際、書籍を参考にした筆者試算によると、「8年間で1000万円(書籍で紹介されたモデルケース)」の資産を築くためには、1ヶ月あたり毎月8万円の投資が必要です。

Amazonレビュアーに指摘された、3000円投資生活の「8年で1000万円」のカラクリを解説する – 東北投信

3000円投資生活のような、いわゆる「インデックス投資」は、最終的な利益がほぼ投資額に依存しますので、大きく儲けたいならば、投資額も大きくしなければいけないのです。

もし、3,000円の100倍の毎月30万円を投資し続ければ、老後に億万長者になるかもしれませんが、それは厳しいですよね。

月30万円ならば、年間360万円、リスクを負わずにひたすら勤倹貯蓄に励むだけで60歳までには億万長者です。

このスケールでインデックス投資を若い時からやり続ければ、億万長者の達成は余裕でしょう。

ただ、多くの人は結婚、出産、子育てなどのライフイベントが重なりますので、月30万円をコンスタントに投資に回し続けるのはまず不可能かと思います。

こうして考えてみると、インデックス投資だけで億万長者をリアルに達成するためには、並々ならぬ決意が必要と言えそうです。

そもそも、インデックス投資単独で億万長者を目指すということ自体が非効率であり、他の手法を組み合わせる方が妥当性がありそうです。

出典:インデックス投資で金融資産1億円の実現にはどの程度の本気度が必要か | 神経内科医ちゅり男のブログ

インデックス投資で金融資産1億円の実現にはどの程度の本気度が必要か - 神経内科医ちゅり男のブログ
おはようございます。 資産形成において重要なことの一つに、「十分に実現可能性のある計画を立てる」ことが挙げられます。 ゴール設定と実際の行動が合致していない人を時々みかけますが、永遠にそのゴールが達成されることはないでしょう。 投資は所詮数字のゲームですので、数字には厳格になる必要があります。 夢物語のような数字設定を...

現実的な方策としては、3000円→3万円まで増額し、老後まで継続

そこで、現実的な方策としては、

  1. 「つみたてNISA」を利用して、毎月3000円から少額投資を始める
  2. 経験を積んだら、投資額を毎月3万円(つみたてNISAの上限までアップ)
  3. 積立額をアップできないなら、収入増 or 支出見直しを行おう
  4. そのまま20年間継続する

といったプランをオススメ。これならば、老後までに800万円近い積立額になりますので、上手く運用できると、1000万円か1500万円程度の運用益となり、うち、100万円か200万円程度が非課税となります。

現在の統計に基づくと、サラリーマンの老後には2000万円程度のお金が必要とされていますので、その半額~大部分は、つみたてNISAと3000円投資生活から始めた資産運用で賄える計算です。

標準的なサラリーマン夫婦は、老後に毎月22万円程度の年金が受け取れるとされています。実際には今少し少ないかもしれませんが、いずれにしても大変心強い老後資金の柱です。そこで、一応のメドとして、退職時点で2000万円程度の金融資産があれば老後は何とかなる、と考えて下さい。もちろん、老後は何があるかわかりませんので、普通の老後だとすれば、という前提です。

出典:サラリーマンは「退職時に2000万円」がメドなワケ | WEDGE Infinity

サラリーマンは「退職時に2000万円」がメドなワケ
老後資金を考える際、何と言っても最大の問題は、どの程度長生きするかわからないこと、長生きしている間にインフレが来て老後の蓄えが目減りしてしまうことです。

3000円投資生活をつみたてNISAで始めるデメリット

これといって特にありませんが、上述のとおり、毎月3000円投資を20年間続けても、大したお金にならないってことだけですかね。

知っておくと便利なこと・役立つこと

世界経済インデックスファンド以外にも良い商品あるよ

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS slim 先進国株式インデックス
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

など、書籍「3000円投資生活」が発売後に設定された優良な投資信託もたくさんあります。投資信託の商品選びはなかなか難しいのですが、世界経済インデックスファンド以外にも良い商品はたくさんありますので、ぜひ検討候補に含めてみて欲しいです。

投資信託の残高に応じてポイントがつく証券会社を使おう

  • SBI証券(SBIポイント)
  • 楽天証券(楽天スーパーポイント)
  • カブドットコム証券(毎月ポイント)
  • マネックス証券(マネックスポイント)

この4社は投資信託の購入や保有残高に応じてポイントが付与されます。ポイントは各社のサービスで利用できたり、現金化できたり、街中のお店で使えたりといった特典があります。

特に、

  • SBI証券(SBIポイント)・・・一定ポイントで現金化可能
  • 楽天証券(楽天スーパーポイント)・・・楽天市場などのサービスで利用可能

この2証券のポイントは汎用性が高いため、貰っておいても損はありません。「どこで3000円投資生活を始めようかなー」と悩んでいたら、SBI証券か楽天証券を軸に選ぶことをオススメします。

SBI証券で3000円投資生活を始めよう。ポイントもついてちょっぴりお得
SBI証券を利用して「3000円投資生活」を始める方法を紹介。ネット証券最大手ならではの大規模なキャンペーンや、SBIポイントなどお得なポイント制度を活用し、「8年間で1000万円」目指して投資を始めてみよう
スマホでもOK!「3000円投資生活」を楽天証券で始める方法
楽天証券を利用して「3000円投資生活」を始める方法を紹介。特に楽天グループで使われている楽天スーパーポイントを上手く活用すると、資産形成のスピードは加速するんです

まとめ

  • 3000円投資生活とつみたてNISAの相性は抜群なので、ぜひ併用したい
  • 毎月3000円だけの積み立てでは、老後のお金にはならないので、投資経験を積んだら投資額を増やしたい。うまく行けば、老後のお金の大部分はその積立運用だけで賄える
  • 投資信託の残高に応じてポイントを貰える証券会社を利用しよう。資産運用がちょっとだけお得になる

貰えるポイントの汎用性だけで言えば、楽天証券で3000円投資生活を始めて、楽天スーパーポイントを貰えるのがお得です。さらに、楽天スーパーポイントを使って、投資信託の購入もできるので、資産運用にも役立ちます。

ぜひチェックしてみて!

スマホでもOK!「3000円投資生活」を楽天証券で始める方法
楽天証券を利用して「3000円投資生活」を始める方法を紹介。特に楽天グループで使われている楽天スーパーポイントを上手く活用すると、資産形成のスピードは加速するんです

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

3000円投資生活つみたてNISA資産運用(金額別)

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット