1万円で仮想通貨「イーサリアム」に投資する方法

2017年1月現在、700を超える仮想通貨が存在しています。
最も時価総額が大きい通貨がビットコイン、2番目に大きい通貨がイーサリアム(略称:ETH)です。

イーサリアムはビットコインより後発で、ビットコイン2.0と呼ばれることもあります。
取引での拡張性が高く、今後の技術開発が期待される通貨です。

イーサリアムを含む仮想通貨は、取引所を通じて売買します。
著名な取引所では、1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法で紹介したbitFlyerで取り扱っています。

2017年1月24日現在の価格は1ETH = 1,206円前後です。
今買っておけば将来の大化けが期待できる・・・かもしれません。

スポンサーリンク

イーサリアムとは?

イーサリアム(ETH)はビットコイン同様、仮想通貨の1つのです。

実は仮想通貨は1つではありません
Crypto-Currency Market Capitalizationsによれば、2017年1月24日現在でなんと700を越える仮想通貨が識別されています。

Crypto-Currency Market Capitalizations

その中でイーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額を持っています。
2017年1月24日現在の時価総額は約1,000億円で、1兆円を超えるビットコインの約15分の1です(第3位のリップルコインは約270億)。

技術的には、イーサリアムはビットコインの後発で、ビットコイン2.0と言われたりもします。
通貨にユーザー独自の付加機能(スマートコントラクト)を利用できる柔軟性が特徴です。

仮想通貨としてのイーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether)ですが、それ以外にユーザが独自に定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨です。

イーサリアム(Ethereum)とは | bitFlyer

スマートコントラクトってなんのこっちゃて感じですが、下記の説明がなんとなくわかる気がします。

スマートコントラクトは、1990年代にコンピュータ科学者であるNick Szabo氏が提唱した概念で、日本語に置き換えると「契約の自動化」だ。Szabo氏の説明を引用すると、利用者が必要な金額を投入し、特定のドリンクのボタンを押す自動販売機の販売スタイルがそれに当たる。「これをブロックチェーンの中で実現し、自動化させるのがスマートコントラクトの世界」だという。

スマートコントラクトで67兆円規模に広がるブロックチェーンの世界 – BCCC発表会 | マイナビニュース

イーサリアムを買う方法

イーサリアムに限らず、現在流通する仮想通貨の買い方は以下に集約されます。

  1. 仮想通貨の取引所に会員登録
  2. 日本円(もしくはビットコイン)を入金し
  3. イーサリアムや他の通貨を買う

よって、イーサリアムを買うためにはそれを扱う取引所へ会員登録が必要です。

1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法ではbitFlyerを利用してビットコインを買う方法などを紹介しましたが、bitFlyerではイーサリアムを売買できます。

bitFlyerではイーサリアムはビットコインでしか買えないため、日本円からビットコインへの両替が必要です。

イーサリアムはいくらで買える?

2017年1月24日時点で、1ETHは1,206円で取引されています。
1万円の投資ならば約8ETHちょっと買える計算です。

投資リスク

1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法で述べたように、仮想通貨特有のリスクがあります。

  • プログラムの問題によって意図せぬ損失が生じる可能性
  • 変動相場であり、急騰と急落の可能性
  • 実店舗での利用が難しい

これに加えて、イーサリアムはビットコインほど活発には取引されていないため、いわゆる流動性リスクがあります。
流動性リスクとは買いたい(売りたい)値段で買えない(売れない)リスクのことです。

イーサリアム時間足

1時間まったく取引が無いケースもあります

また、筆者の素人の考えですが、これだけ仮想通貨が乱立していると、取引額の少ない通貨やシステムに欠陥のある通貨は表舞台からフェードアウトするのではと考えています。
例えばVHSに敗れたベータや90年代に流行したのに消えてしまったMDのように、多くの仮想通貨は淘汰され消えていくはずです。

加えて、フロッピーディスクのように一時は標準規格でも、その後の技術革新で時代遅れになる可能性さえあります。

それらを考慮し、将来標準規格になりそうな通貨を見つけて投資できればきっと大儲けできます。
でも、使われなくなったら元本割れどころか換金さえ難しくなるはずです。

資産運用というより投機ですが、将来に向けた投資戦略の1つにはなるかと思います。

仮想通貨の儲け話に注意

やじるし

「今投資すると何倍にもなりますよ」と出資を促す話にはご注意ください。

仮想通貨に投資したいなら、あなたご自身が取引所に会員登録して通貨を買えば良いのです。

まとめ

以上をまとめると、

  • 仮想通貨は種類が700種類以上。その中で第二位の時価総額を持つのがイーサリアム(ETH)
  • 技術的にはより自由度の高い取引を定義できるのが魅力。ビットコイン2.0とも呼ばれる
  • 一部の仮想通貨は将来的に淘汰される可能性に注意

です。

積極的なオススメはできませんが、もしあなたが仮想通貨の取引に興味があればお試しください。
筆者は1万円ぐらいなら買ってもいいかな、と思いますが、あなたはいかがでしょうか。

なお、先に述べたように仮想通貨のおいしい儲け話にはご注意ください。
仮想通貨が儲かると感じるなら、他人任せにせず、あなたがご自身で買えばよいのです。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

仮想通貨

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット