ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法

\シェアしてください!/

2016年に市場で注目された話題に「ブロックチェーン」技術を扱う銘柄があります。ブロックチェーンとは、ビットコインに代表される仮想通貨取引に利用されている「分散台帳」技術です。

2016年、日本政府はビットコインを含む仮想通貨を「財産的価値がある」と認める方針を示しました。同年5月には改正資金決済法施行(仮想通貨法)、2017年4月には犯罪収益移転防止法を改正し、通貨としての環境づくりを始めています。

最近いろんな企業がビットコインに参入しているのは、このような環境づくりのおかげです。

私たちがビットコインを買うためには、ビットコイン取引所にアカウントを開設する必要があります。取引所の代表がbitFlyer(ビットフライヤー)で、著名な企業が主要株主として名を連ねています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で | bitFlyer

bitFlyerのアカウントは2つのアカウントクラスがあります。

ウォレットクラスは本人確認不要ですがそもそもビットコインを買えないため、あなたがもともとビットコインを持っていないと取引できません。あなたが初めてのビットコイン取引ならトレードクラスをオススメします。

ちなみにビットコインっていくらから取引できるか知っていますか?

実は1万円未満でも買えるんです。

記事のポイント

  • ビットコインに投資したいなら取引所のアカウントが必要。大手の取引所「bitFlyer」などを利用してみよう
  • 1BTCは200万円前後だが、最少投資額は1万円以下でも購入できるので、少額から買ってみるのもOK
  • 現金や貴金属とともに保有しておけば、将来の資産防衛に役立つ・・・かも
スポンサーリンク

ビットコインを買う方法

YouTube

ビットコインを買うにはビットコイン取引所で日本円と交換するだけ。証券取引やFX(外国為替証拠金取引)と似ているので簡単です。

取引所と言っても、もちろん実店舗ではなくネット上のウェブサイトです。

ここでは国内初の仮想通貨ビットコイン取引所であるbitFlyerを例にご紹介します。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で | bitFlyer

上記リンク先から「取引所」を見ていただければ分かると思いますが、ビットコインは時価であり、日本円からビットコイン、ビットコインから日本円でそれぞれ交換レートが設けられています。

また、両者の間にはスプレッドが設けられており、日本円とドルを交換する外貨預金やFX(外国為替証拠金取引)とよく似ています。

1ビットコインはいくら?

ビットコインは時価で取引されています。例えば、2017年12月13日でのレートは下記です。

  • ask 1,968,424円(日本円から1BTC※)
  • bid 1,892,023円(1BTCから日本円)

※BTCはビットコインの単位

この例では、1ビットコインを買うために1,968,424円が必要で、同様に1ビットコインを売ると1,892,023円になりますので、すなわち、1ビットコインは約197万円で買えることになります。

また、askとbidの差額(1,968,424円 – 1,892,023円 = 76,401円)がスプレッドです。

2017年はバブルのような相場

ビットコインの運用始まった当初は1ビットコイン1ドル未満でした。当初から持っていた人は漏れなく大儲けできたはずです。

数年前にマウントゴックス社の事件があったとき、1ビットコインは約12万円超でした。その後しばらくは約10万円以内の価格がつくことが多かったです。

2017年に入ってからはバブルのように高値がつきやすい状況が続いています。2017年4月頭時点で1ビットコインが約12万円だったとは信じられません。

マウントゴックス社事件は何が問題だったのか

がまぐち

マウントゴックス社事件では、ビットコインの保管されたパソコンがネットワークに接続されており(ホット・ウォレット)、そこをハッキング(クラッキング)されて顧客のビットコインが流出していました。

この事件を受けて、現在ではコールド・ウォレットにてビットコインが保管されています。

コールド・ウォレットは、ビットコインを保管するパソコンをネットワークから切断し、外部からのハッキングを防ぐ方法です。

ビットコインはいくらから買える?

ビットコインの最小取引単位は、なんと0.00000001BTCです。仮に、2017年12月13日の上記相場で考えると、0.001BTCでも約1,968円ですから、実は1万円以内で買えちゃうんですよね。

0.00000001BTCのことを1 Satoshiとも表します。サトシ・ナカモトなる人物が開発したことから、その名が付いているのだと思います。

ちなみにbitFlyerでは、下記の単位から取引できますから、1万円未満でビットコインを買うことができます

  • ビットコイン販売所ならば0.00000001BTCから(1円未満)
  • 後述するbitFlyer Lightningならば0.001BTCから(約2,000円相当)

あなたがビットコインに興味を抱いているなら、まずはお試しで0.001BTC(2017年12月13日時点で約2,000円相当)から買ってみると良いと思います。

銀行や証券会社でビットコイン買える?

2017年8月3日現在では購入できませんので、bitFlyerのような「取引所」を利用してください。

銀行や証券会社が将来的に参入する可能性はありますが、特に銀行は独自の仮想通貨を持ちたがってるようにも見えるので、将来になってみないとわかりません。

参考までに、GMOグループはGMOコインを、SBIグループはsbiバーチャル・カレンシーズをそれぞれ立ち上げていますから、2017年現在の状況では仮想通貨専門のサービスを立ち上げる傾向にありますね。

bitFlyerに口座を設ける方法

bitFlyerの場合には証券口座やFX口座とほぼ同じで、ウェブから申し込み、必要に応じて公的書類を提出します。

関連記事:ビットコインの投資リスクと対処方法を紹介する

2つのアカウントクラス

bitFlyerは2つのアカウントクラスが設けられています。

  • ウォレットクラス:本人認証不要・ビットコイン購入不可
  • トレードクラス:本人認証要・ビットコイン購入可

最初に登録した時点のあなたのアカウントクラスはウォレットクラスです。

トレードクラスは本人認証が必要ですが、ウォレットクラスではビットコインを買えないため、bitFlyer登録後にトレードクラスにアップグレードすることをオススメします。

bitFlyerのアカウントクラス

bitFlyerの2つのアカウントクラス

ビットコインを購入できないウォレットクラス

bitFlyer Lightning

bitFlyer Lightning

ウォレットクラス」は、基本的に外部にビットコインを保有しているユーザー向けです。おそらく、あなたはまだビットコインを持っていないと思いますが、いかがでしょうか。

ウォレットクラスで出来ることは、

  • ビットコイン決済
  • 仮想通貨(対応通貨はビットコインとイーサリアム)の預け入れと送付(bitFlyerでの購入は不可)
  • 日本円の入出金
  • Lightning Futures(先物取引。この取引ではビットコインは入手できない)


※Lightningは株やFXに模したトレードツールのこと

と、そもそも他の取引所経由でビットコインを購入しているユーザーが、bitFlyerにもビットコインを持ち込んで取引を行うことが前提になっています。

あなたがbitFlyerでビットコインを買いたいならば、次のトレードクラスへアップグレードすることをオススメします。

ビットコインを購入できるトレードクラス

トレードクラス」はビットコインの売買を含め、bitFlyerを制限なしに利用できるクラスです。

  • ビットコインの購入と売却
  • ビットコイン決済
  • 仮想通貨(対応通貨はビットコインとイーサリアム)の預け入れと送付(bitFlyerでの購入は不可)
  • 日本円の入出金
  • Lightning 現物
  • Lightning FX(日本円とビットコインのレバレッジ取引)
  • Lightning Futures(先物取引。この取引ではビットコインは入手できない)

トレードクラスを利用するためには

トレードクラスを利用するためには、

  1. メールアドレスを登録してウォレットクラスを開設する
  2. あなたの氏名や住所を登録
  3. あなたの本人確認書類を登録(免許証など)
  4. 取引目的を登録
  5. 転送不要の書留郵便を受領

する必要があります。手っ取り早く言えば、証券口座開設と同じ手続きです。

ここまで厳格なルールに変更されたのは、2017年4月1日に改正された犯罪収益移転防止法の影響です。同法律では一定数量の取引を行う際に、本人情報や取引目的等の確認が義務付けられました

言い換えると、厳格な本人確認なしに取引できる取引所は、ある日突然取引できなくなるなどの不利益が生じる可能性があるとも言えます。

登録に抵抗があるかもしれませんが、きちんと法的ルールに従って運営されている取引所を利用したほうが安心だと思いますが、いかがでしょうか。

本人確認書類の提出方法

提出作業はすべてウェブ上で完結しますので、コピーを発送したり、といった手間は不要です。筆者はマイナンバーカードを本人確認書類として提出しました。

ちなみに、(2017年5月21日現在で廃止されました)以前のアカウントクラスでは、本人確認書類の提出時にあなたの写真付き証明書とともにあなた自身が写る写真を提出する必要がありました。

これ、証明書の文字がぼやけたりと結構大変だったんです(30分ぐらい写真を撮り直していた人)。

昔に比べると楽になりましたね笑

筆者はどのクラス?

2017年5月21日現在はトレードクラスです。制限なく取引を利用しています。

筆者も確認作業を行い、bitFlyerから書留郵便を受領しました。

bitFlyerからの書留郵便

bitFlyerのウェブサイトから簡単な質問等に答えて、はがきの送付ボタンをクリックするだけですので、この手続きはすぐに終わります。

なぜみんなビットコインを買うのか

いくつか理由があります。

発行上限があり希少性がある

ビットコインには約2100万枚の発行上限があります。

1ブロック毎に50コインからはじめて、210,000ブロックごとに得られるビットコインを半減させる。

そして、6,929,999番目のブロックが、報酬がビットコインの最小単位0.00000001 (1 satoshi)を上回る最後のブロックで、そこで最後のビットコインが発掘される。

このルールに従い、発行されるビットコインを積算すると、約2100万枚です。これがビットコインの発行上限です。

大石哲之のビットコインの仕組み入門(2)ビットコインの発行上限と、採掘量が減っていく仕組み

重要な点はビットコインに発行上限があることです。

歴史的に、生産量が限られるものには価値があります。その代表例が金や銀などの希少金属です。

限られたものを手にすることは、一種のステータスにもなります。

想像してみてください。

あなたの友達はみんな持っているのに、あなただけ持っていないという状況を。

希少性に価値を見出す人達がいる

仮に希少なものだとしても、人々がそこに共通の価値を見出さなければゴミと同じです。

例えば、画用紙に「10,000円」と書いても、誰もそれに価値を見出しません。そのため、その「お金」は使えません。

一方、日本円の10,000円札は発行体である日本国が通貨としての信用を与えています。そのため、この「紙」は様々な取引に利用できます。

ビットコインはデータを改ざんできない高いセキュリティ性で信用性を確保しています(詳しくは3ページ目で説明)。

希少性と信頼性が確保されているため、使うことができるのです。

もちろん、それでも不信感を感じる人達がいるのは事実です。しかし、すでに通貨として使っている人達がいるのもやはり事実なのです。

近年では、各国政府がビットコインを含む仮想通貨を、通貨としての価値を認めるとの方針を示しています。

日本でも2016年5月に仮想通貨法が制定され、ビットコインを含む仮想通貨の価値を認めています

また、2017年4月にも様々な法改正を行い、ビットコインを含む仮想通貨を安全に使うための環境づくりを進めています。

ビットコインは誰が買ってるの?

大富豪や中国人が買っている、と言われています。ビットコイン相場が中国人民元のチャートとしばしば類似することからも、中国人の関与はありそうです。

日本経済新聞社が発行した「デジタルゴールド(2016年発行)」によると世界で約1,400万人が利用しているそうです。世界人口を70億人とすると、その0.2%が利用している計算です。

この比率を日本人口に当てはめると、およそ25万人が使っている計算になるでしょうか。

この人数は今後もっと増えるはずです。

ビットコインはどこで使えるの?

現在はまだ普及が進んでいないために、利用できない実店舗が大半です。どちらかと言えば、日本国外において利用できる店舗がぼちぼち増えているようです。

ただし、この問題は今後解消されると筆者は考えます。例えば公共料金の支払いにビットコインを利用しようといった動きが出てきました。

例えば、リクルート系のサービスにて2017年夏にサービス開始予定だそうです。

ビットコイン対応26万店 リクルート系やビックカメラ導入 投資対象から決済へ | 日本経済新聞

2017年8月にはbitFlyerと丸井グループが提携し、ビットコインの決済サービスの提供を始めています。

ビックカメラの全店でビットコインを利用可能

ビックカメラの全店でビットコインを利用可能

ビックカメラの全店でビットコインを利用可能

メジャーな店舗では、ビックカメラの全店舗でビットコインの決済サービスが導入されています。同店でビットコインを利用するためには、iOS(iPhone/iPad)向けの「bitFlyer ウォレット」を利用します。

また、2017年12月13日、ビックカメラのインターネットショッピングにおいてもビットコイン決済が利用できるようになりました。

ビットコインの「採掘」とは

ビットコインの「採掘(マイニング)」と呼ばれる作業について紹介します。

発掘とはビットコイン取引の認証作業のことです。下記が詳しいです。

ビットコインの採掘とは実際には何をしているのか? | BLOGOS

実は、ビットコインの取引は第三者が閲覧できるようになっています。閲覧だけでなく、取引が正当なものかどうかをチェックするのも第三者です。

ただし、もちろん個人情報は見えません。見えるのはビットコインの情報を作っている英数字の羅列だけです。

取引内容を確認し承認するために、ビットコインの取引はいくつかのブロックに分けて管理されています。このブロックには番号が付いており、承認されたものから順番に連結し、鎖のように保存されていきます。

これがブロックチェーン(分散台帳技術)です。

このブロックとブロックをつなぐためには、それを結びつける「キー」を、計算にて算出する必要があります。

このキーの計算は早い者勝ちで、それを解いた人に「報酬(ビットコイン)」が与えられます。

つまり、このキーの計算のためだけにパソコンを走らせておけば、ビットコインが稼げる(かもしれない)というものです。

これが「採掘」です。

ビットコインが強固に守られている理由は、このキーにあります。

改ざんが行われると、それ以前の取引のキーも変わってしまうので、改ざんが出来ないのです。

この点がビットコインの信任性を守る点の1つになっています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で | bitFlyer

まとめ

  • ビットコインに投資したいなら取引所のアカウントが必要。大手の取引所「bitFlyer」などを利用してみよう
  • 1BTCは200万円前後だが、最少投資額は1万円以下でも購入できるので、少額から買ってみるのもOK
  • 現金や貴金属とともに保有しておけば、将来の資産防衛に役立つ・・・かも

bitFlyerのアカウントを取得するときには、トレードクラスで利用することをオススメします。

トレードクラスなら、日本円の入出金ができ、日本円でビットコインの売買ができるので、制限なくビットコインに投資することができるからです。

5年か10年後ぐらいには、証券会社やFX取引業者なんかも取引に参入しているかもしれませんね。

ビットコインで株式が買える日も近いはずです。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

仮想通貨

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット