【キャンペーン】THEOに10万円以上入金すると現金プレゼント(2018年8月31日まで)

ボーナスの運用先をドコにしようかな?と迷っているなら、ロボアドはいかがでしょうか?

ロボアドの二大サービスのうちの1つである「THEO」では、10万円以上入金で現金プレゼントのキャンペーンを実施中!2018年8月31日までなので、今からTHEOに口座開設しても十分に間に合います!

1万円からロボアドを始めるならTHEO(公式サイト)

記事のポイント

  • THEOでは、2018年8月31日まで、口座保有者が10万円以上入金し、10月のプレゼント付与時まで出金しないまま保持すると、最大で5,000円のプレゼントキャンペーンを実施
  • 他の金融機関との共同で運営されている「THEO+」シリーズはキャンペーン対象外なので注意
  • 仕事が忙しい。投資先を決めるのが難しい。など、資産運用を一任したい人に
スポンサーリンク

THEO夏のボーナスキャンペーンの概要

8月31日までに10万円以上を入金しよう

  • 10万円以上の入金(毎月の積み立てによる入金は不可)で現金プレゼント
  • 対象者はTHEOの口座開設者。現在、未開設者でもこれから口座開設すればOK
  • 2018年10月のプレゼント時点まで、入金した現金を出金しないこと
  • 期間は2018年8月31日まで
  • THEO+シリーズ(例えば、THEO+SBI証券)は対象外

10万円以上を入金し、そのまま出金せずに10月を迎えればプレゼント対象となるキャンペーンです。抽選制ではないので、誰でもプレゼント対象になるところが嬉しいですね。

プレゼントの額はいくら?

入金額とプレゼント額の関係
キャンペーン期間中の入金額 プレゼント額
10万円以上〜20万円未満 1,000円
20万円以上〜50万円未満 2,000円
50万円以上〜100万円未満 3,000円
100万円以上のご入金 5,000円

5,000円プレゼント!とはありますが、この手のキャンペーンよろしく、5,000円プレゼントされるのは入金額も最大限大きな額を入れたときのみです。実際には、10万円の入金で1,000円プレゼントです利回りは0.1%と考えることができますね。

もちろん、入金したお金で運用を行えば、それより損をすることも儲かることもありますので、その点はご注意ください

入金方法は?

  • 銀行振り込み
  • クイック入金(5行対応)

があります。

銀行振り込み(要手数料)

銀行振り込みは、口座開設者向けに提示される銀行口座宛の振込みです。リアルタイムではなく、入金処理から、実際に口座に反映されるまでに2時間~1営業日程度かかります。

銀行振り込みは、振込元の銀行の手数料体系に応じて、手数料が発生します

日本国内の様々な銀行からの振込に対応しています。

クイック入金(手数料無料)

  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • じぶん銀行

の5つの銀行のいずれかにインターネットバンキング口座を保有していれば、ウェブサイトやスマホからの操作で、リアルタイムに入金できます。

手数料はかかりません

資産運用でTHEOってどうなの?

手数料は生じるが、資産形成を全て一任したいあなたへ

筆者の考えは、以下の記事で述べたとおりです。

資産運用に「ロボアド」が必要ない3つの理由
WealthNaviにTHEO、楽ラップやマネックスアドバイザーなど、近年は様々な「ロボアド(ロボアドバイザー)」が登場してきました。私たち個人投資家にとっては、「どのロボアドが良いのか」が悩みの種になっている気もしますが、それ以前...
  • ロボアドの実体は投資信託やETFを束ねているだけ。何か新しい金融商品に投資しているわけではない
  • ロボアドの年間手数料は投資信託の10倍近い場合も
  • iDeCoやNISAのような節税策は一切使えない

THEOを含むロボアドの実体は、煩雑でわかりにく投資信託やETF(上場投資信託)を、フィンテックの技術を用いて、わかりやすくユーザーに提供しているものです。ロボアドという、何か新しい投資先が生まれたのではないですし、ロボアドなら絶対に損をしない、といった都合の良い商品でもありません。

THEOを含むロボアドに向いている人

  • 投資信託は種類が多すぎて意味が分からないので、資産運用の便利さを追求して、ロボアドを選ぶ
  • 仕事が忙しすぎて、資産形成に取り組む暇がないので、ロボアドに一任する
  • 自分で運用方針を決めることに自信がないので、ロボアドを頼る

THEOを含むロボアドに向いていない人

  • 1円でもお得に運用したい
  • 願わくば、税金を安くしつつ、将来に向けて資産形成したい

と考える方には、つみたてNISAやiDeCoなどをオススメします。

お互いの商品性を理解した上で、つみたてNISAやiDeCoなどとロボアドを併用するのは悪くないと思います。実際、そのように組み合わせて運用されている方はたくさんいらっしゃいます。

また、分配金や配当金を受け取りたい人にも向いていません。THEOは分配金を自動で再投資することで、将来(特に老後)に得るための利益を最大化するためのサービスです。

ロボアドにおけるTHEOの位置づけ

よく知られているロボアドにはWealthNaviとTHEOがありますが、アセットアロケーション(資産配分)が異なるため「どちらが儲かるか」を直接比較するのは難しいものです。

1つ言える点として、WealthNaviとTHEOはリバランスの頻度が異なっており、THEOのほうが頻繁にリバランスするようになっています。リバランスを行うと、その分だけETFの取引が行われるわけですから、手数料が発生し、その分だけ運用成績を押し下げる可能性があります。

その点だけを考慮すると、最終的にはWealthNaviのほうが儲かるかもしれません。

しかし、THEOは最低投資額が1万円ですし、その後も1万円から1,000円単位で投資できるなど、WealthNaviよりも少額で始めやすいメリットもあります

なお「資産形成に取り組みたい」という目的自体はWealthNaviでもTHEOでも十分に果たせます。どちらも、「長期・分散・積立」という、資産形成の王道を実現した商品ですから。

THEOの口座開設に必要なもの

証券口座の開設と同じで、住所や氏名などの必要事項を入力した上で、それを証明する身分証明書をアップロードします。顔写真のない身分証明書は、2種類を組み合わせて用意する必要があります。

  • 1種のみでOK:運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、住基カード
  • いずれか2種類:健康保険証、住民票、住民票記載事項証明書、年金手帳、印鑑登録証明書

最短で2営業日で口座開設は完了します

口座開設を行う際には、「源泉徴収あり」を選択すると簡単でオススメです。「源泉徴収なし」を選択した場合には、場合によっては翌年2~3月に確定申告の義務が生じる可能性があります。

まとめ

  • THEOでは、2018年8月31日まで、口座保有者が10万円以上入金し、10月のプレゼント付与時まで出金しないまま保持すると、最大で5,000円のプレゼントキャンペーンを実施
  • 他の金融機関との共同で運営されている「THEO+」シリーズはキャンペーン対象外なので注意
  • 仕事が忙しい。投資先を決めるのが難しい。など、資産運用を一任したい人に

とりあえず、口座開設費や維持費の類は無料ですので、関心があれば口座を開設してみてはいかがでしょうか。

筆者も1,000円狙って10万円入金してみる予定です。

THEO

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

ロボアド(ロボットアドバイザー)

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット