大学生でも個人投資家になったり資産運用できたりするの?

\シェアしてください!/

あなたが20歳を超えていれば、大学生でも社会人と同じように株式投資や資産運用が出来ます(20歳未満は両親との相談が必要)。

株式投資を始めるには証券口座の開設が必要です。

オススメは、あなたの収入でも様々な商品を選択できるSBI証券です。



No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券(公式サイト)

関連記事:大学生ならSBI証券を使って投資を始めよう

あなたがSBI証券を利用した場合、

  • 国内株式の単元未満株(S株。1万円以内から)
  • 米国株式(1万円以内から)
  • 投資信託(100円から)

など、少額で投資できる商品を選択できます。

例えば2016年上場のLINEならば、S株で4,500円程度から売買出来ます。

また、株式以外の金融商品、例えば投資信託や個人向け国債も1万円程度から売買出来ます。

ネット証券はスマホアプリから取引できるため、「俺投資してるんだぜ」って友達に自慢できたりもしますよ!

関連記事:スマホで株を始める方法。取引アプリの動画も掲載!

あなたの今もっている株式などを見せれば、きっと興味を持つ友達もいらっしゃるはずです。

最初に記事のポイントだけ紹介しておくと、

  • 20歳以上の大学生なら証券口座を開設できる。20歳未満なら両親に相談してみて
  • 投資するお金はアルバイトで稼いでみよう。ETF(上場投資信託)や米国株式なら数千円から投資できる
  • FXや仮想通貨(ビットコインFX)に興味がある場合には注意。株や投資信託と異なり、借金を抱えるリスクがある

です。

スポンサーリンク

大学生でも株式投資や資産運用ってできるの?

大学生だからできる or できない、と言うよりも、あなたが20歳以上か未満かで話が変わってきます。

あなたが20歳以上の場合

あなたが20歳以上なら、大学生でも株式投資や資産運用をすることは可能です。

株や投資信託を買うためには証券口座が必要ですから、証券口座を開設しお金の入金が必要です

  1. 証券口座を開設する
  2. お金を入金する(例えば10万円)
  3. 入金した範囲内で買える株を買う

学生でもあっても、社会人と同じように口座を開設できます(口座開設時に問われる勤務先は「学生」を選びます)。

口座開設から株を買うまでの詳しい流れは10万円資産運用を行うまでの流れをご覧ください。

あなたが20歳未満の場合

あなたが20歳未満の場合、未成年口座と呼ばれる条件付つの口座を開設できます。

ネット証券の場合、未成年口座の開設には、親権者が口座開設、または親権者が申し込むなどの制限がつきます。

関連記事:大学生ならSBI証券を使って投資を始めよう

いずれにせよ、あなたの独断では開設できませんので、一度ご両親に相談なさってみてください。

投資のお金はどこから?

以下、あなたが20歳以上として話を進めます。

投資は意外と少額からでもできる!

投資には大金が必要なイメージがありますが、実際にはそうでもありません。

2017年現在、例えばみずほ銀行株が2万円程度で購入できるほか、「単元未満株制度」とよばれる少額取引向きのサービスを利用すれば、1,000円や5,000円といったお小遣い程度の投資も可能です。

このぐらいなら大学生のあなたでも用意できそうですよね?

関連記事:スマホで始める1000円株式投資。毎月の積み立てもOK!

運用するお金はアルバイトで得よう

お金を得る最も現実的な方法は、アルバイトをすることです。

時給1,000円で1ヶ月50時間働けば、税金が控除されても月45,000円程度の収入を得られます。

仮に、そのうち3万円は生活費や友達との遊興費に使ったとして、残り1.5万円を運用すれば、社会人とほとんど変わらない運用額になります。

10万円ぐらい貯めれば、「友達と利用できる株主優待オススメ3銘柄。20~30代向け!」で紹介したシダックスなどの株式も購入できます。

わずか数万円の投資であっても、十分に投資のエッセンスを味わえるんです。

奨学金を投資の資金に?

最初に述べますが、当コラムは奨学金を投資にまわすことを推奨しません。

  • 奨学金は、あなたが勉強に励むためのお金です
  • 奨学金は、あなたが大学卒業後に返済する義務があります

しかし、投資するお金がないからと、危険な学生ローンを使うよりはマシなので、一応紹介しておきます。

奨学金は毎月分割して入金されますので、将来のために残すつもりで運用するのも有りだと思います。

あまり派手なことをやらず、現実的には、生活費と学費を除いた余剰資金分で株を買ったり、投資信託で積み立てたりなど、でしょうか。

「FXで全部使ってしまった」みたいな失敗には注意してほしいです。

税金にまつわるお話

学生カリスマトレーダーみたいなものに憧れるのはわかりますが、投資で儲けすぎるのも考え物です。

一般に、大学生は両親の「被扶養者」です

「被扶養者」とは、国や自治体、企業が「あなたはご両親に養われている」と認識していることです。あなたが被扶養者であることで、ご両親の税金が減免されるメリットがあります。

あなたが年間103万円以上のアルバイト収入があると、両親の扶養を外れます。扶養を外れると「扶養控除」が無くなるために、親御さんの税金が高くなってしまいます。

さらに、年間130万円を超えてしまうと、あなた自身に税金が発生します(社会人と同じ扱いになります)。

ちなみに株式の売買で得たお金は「譲渡所得」、FXで得たお金は「雑所得」と呼ばれ、あなたに年間38万円以上の譲渡所得/雑所得がある場合にも、扶養から外れてしまいます。

投資で儲けすぎると社会人と同じ扱いをされるため、最初はやはり月1万円などの少額に留めるのがオススメです。

大学生にオススメの資産運用

さて、投資には株以外にもたくさんあります。

筆者が独断と偏見で、あなたに3つの商品をオススメします。いずれも証券口座を通じて購入するものです。

  1. ETF(上場投資信託)
  2. 投資信託
  3. 米国株式

大学生のあなたは、社会人に比べて投資にまわせる額が少なめです。そこで、1万円や2万円で購入可能なものとして、ETFや投資信託をあげました。

例えば、ETF(上場投資信託)は株式と同じように売買できる投資信託です。特に有名なETF「日経225連動型上場投資信託(証券コード:1321)」は、日経平均株価が値上がりしたら値上がりし、日経平均株価が値下がりしたら値下がりします。

これなら簡単そうでしょ?

ETFや投資信託は、あなたが投資したお金を全て失うことも借金することも絶対にありません。そのため、お金を失うリスクを避ける意味で、とても良い商品なんです。

関連記事:「日経平均株価を買いたい」を叶える株価指数を買う方法

一方、米国株式を挙げたのは、少ないお金で投資しやすいからです。例えば、パソコン関連で名高いマイクロソフトやアップルならば2万円の投資で1株以上購入できます。

あなたが10万円以上用意できるならば、国内株式も良い選択です。ただ、国内株式は「初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?」で触れた単元制度のために、満足に投資を楽しむには50万円程度のお金が必要な点も挙げておきます。

アップルの株式は2万円以内で購入できますが、富士通の株式を1単元買うには約90万円が必要なのです(2017年10
月現在)。

FXに興味がある場合

FXはでハイリスクな取引です。株式(現物株式)と異なり、あなたが投資した以上の損失、つまり借金が発生する可能性があります。

そのため、最初にFXに手を出すより、先に株式やETFなど、運用に失敗しても借金を抱えない取引から経験することをオススメします。

関連記事:大学生のFX体験者に聞いた日頃気をつけていることとは?

仮想通貨に興味がある場合

ビットコインやアルトコインと呼ばれる仮想通貨に興味がある場合は、「FX」の名の付くものに注意してください。

  • ビットコインやアルトコインをただ買うだけなら大丈夫
  • ビットコインFXは取引に失敗すると借金を抱える可能性があります

同じビットコインの名が付いていますが、取引の趣向は異なる点にご注意ください。

大学生の投資は儲からない?

夢を壊すようですみませんが、大学生の投資は多くのケースで儲かりません。理由は簡単で、投資額が少なすぎるからです。

  • 投資額は10万円です
  • 来月までに100万円にしたいです

といった条件は株でもFXでも厳しいです。かつて筆者も20万円で株式のデイトレをしていたことがありましたが、1ヶ月で1万円増えれば良いほうでした。

関連記事:【体験談】スマホ株アプリでデイトレしていました

1日や1週間、1ヶ月といった単位での投資は、ほぼ投資額の大きさが物を言います。しかも、それはギャンブル的な結果であり、よほどの才能が無ければ、短期間で投資額を数倍にすることは難しいです。

しかし、

  • 投資額は10万円です
  • 毎月1万円ずつ追加投資できます
  • 将来就職してからも続けたいです

といった条件ならば、あなたが大学生でも将来的に大儲けできる可能性があります。

筆者個人としては、あなたにデイトレも長期投資も体験してもらうのが一番良いと思います。そうすれば、投資がどの程度利益が出るものかがわかってきますし、それを踏まえて、あなたがどのような投資に向いているかも分かってくるからです。

投資詐欺に注意!

さて、あなたがあまりにも短期的な利益を求めすぎると、投資詐欺に遭う可能性があります

  • この情報を買うと毎月30万円の不労所得を獲得できます!
  • このUSBには特殊なツールがインストールされています!
  • 申し込みは3人まで。あと10時間で募集を終了します!

このような広告を見たことはありませんか?もしくは、実際に申し込もうかな、と迷ったことはありませんか?

こういった怪しい情報には、決して近づかないように注意なさってください。株式もFXも将来の価格推移を100%的中させる方法はありません

  • 怪しい情報商材や「稼げるプログラム」を信じないでください
  • 「絶対に儲かる話」を鵜呑みにしないでください

あなたの大切なお金を失わないために。筆者との約束ですよ!

まとめ

  • 20歳以上の大学生なら証券口座を開設できる。20歳未満なら両親に相談してみて
  • 投資するお金はアルバイトで稼いでみよう。ETF(上場投資信託)や米国株式なら数千円から投資できる
  • FXや仮想通貨(ビットコインFX)に興味がある場合には注意。株や投資信託と異なり、借金を抱えるリスクがある

投資を始めると、経済に関する知識も身につきますので、就職活動にも好影響を及ぼすのでは?と筆者は考えます。特に就職活動で金融・証券関係に進みたいなら、一度投資経験があると役立つと思います。

まずは、数千円や数万円といった少額から、ゆっくり試してみませんか。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

大学生

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット