マネックス証券のMSV LIFEを利用したお手軽資産運用

\シェアしてください!/

MSV LIFEとはマネックス証券が運営するロボアドバイザー(ロボアド)とファンドラップを組み合わせた投資一任サービスです。
マネラップとも呼びます。

MSV LIFEではあなたの投資目標(いつまでにどのくらいお金を増やすか)や、あなたの投資に対する姿勢に基づき、あなたに適したファンドを提案してくれます。
あなたはそのファンドに毎月1万円から積立投資することで、手軽に資産形成を図ることができます。

資産運用の必要性には駆られるものの、何をどうすればわからないと思うなら、MSV LIFEや同様のサービスは助けになるはずです。

一方、あなたが自発的に投資商品を選べるなら、MSV LIFEや同様のサービスを利用するメリットは少ないです。
あなた自身が資産ポートフォリオを組んだほうがより効率的な運用を目指せるからです。

MSV LIFEの利用には、マネックス証券の口座開設が必要です。

  • マネックス証券に口座開設する
  • 口座開設後にマネラップに申し込む(MSV LIFEで利用する投資一任口座の開設)

ただ、無料お試しで資産ポートフォリオを組むことはできますので、最初はそれで遊んでみるのがオススメ。

MSV LIFEが投資する商品名(主にアメリカのETF)も出てきますので、海外ETFを買いたい時のちょっとした勉強になるかも?

スポンサーリンク

はじめに

初めての投資で、どの商品に投資すれば良いのか悩むことはよくある話です。

  • お金を増やすためには投資するしかない
  • でも下手なものに投資して運用がうまくいかないのは困る

そのような悩みを踏まえてか、証券各社も投資ハードルを下げるための新しいサービスを逐次投入しています。

今回紹介するマネックス証券のMSV LIFEもその1つ。
誰でも手軽に投資を行うためのサービスです。

ニュースや経済誌などで話題になる「フィンテック(金融 + 情報技術)」。
MSV LIFEもフィンテックから生まれたサービスなんです。

MSV LIFEとは

MSV LIFEとはマネックス証券が運営するロボアドバイザー(ロボアド)とファンドラップを組み合わせた投資一任サービスです。
マネラップとも呼びます。

ロボアドとは?

最近話題なので、あなたもきっとご存知かと思いますが、ロボアドはいくつかの質問に答えるだけで、あなたに最適な資産ポートフォリオを提案してくれるサービスです。
あなたが自発的に資産運用したいなら不要のサービスでしょうが、資産運用の必要性には駆られるものの、何をどうすればわからないと思うなら、きっとロボアドは頼りになるはずです。

大人の事情を紹介すると、大抵のロボアドは自社サービスに人を呼び込むためのツール(投資のハードルを下げるためのツール)として利用されています。
資産ポートフォリオを自由に組み合わせてはくれますが、「その組み合わせで運用するならぜひうちに!」と道案内されることが多いです。

最近はどの証券会社もロボアドを提供しているので乱立しています。

投資のハードルは低くなったかもしれませんが、一方で「どのロボアドを使えばよいのか・・・」と新しい悩みが生じている気もしますね。

なお、オススメの資産運用で紹介する方法はロボアド不要。
1つか2つの投資信託を組み合わせ運用するだけですから、困ったらそちらも。

ファンドラップとは?

ここでのファンドラップとは、ロボアドを通じて構成した資産ポートフォリオを運用してくれるサービスのことを指します。
富裕層向けの包括的(wrap。ラップ)なプライベート運用サービスを小口化して私たちが利用できるようにしたものです。

ロボアドを利用したファンドラップでは、私たちはロボアドが選択したファンドに投資することになります。
決められたファンドに毎月投資するだけですから、私たち個人投資家に特別な投資知識は求めません

その代わり、サービスを利用するためのコストが生じます。
このコストを良いととるか悪いととるかはあなた次第でしょうか。

ロボアドは過去の実績からファンドラップを組成していますから、将来も儲かるとは限りません。
ですが、投資の敷居を高く感じるなら、その手軽さは魅力になるはずです。

というわけでMSV LIFEを試してみた

というわけで、試してみましょう。
この手のサービスは試すだけなら無料です。


MSV LIFE(マネラップ) | マネックス証券

MSV LIFEを試す

図1. MSV LIFEを試す

無料お試し版は少々分かりにくい場所にあります。

マネラップの目標を設定

図2. 目標を設定

図2で目標を設定します。
金額的なもののほかにも飲食店開業や世界一周旅行など面白い選択肢もありますね。

今回筆者は500万円を選んでみました。

マネラップの積立額と期間を設定

図3. 積立額と期間を設定

図3で積立額を設定します。

  • 当初投資金額(一番最初の投資額)
  • 毎月積立金額
  • 増額月積立金額(ボーナスの設定)
  • 目標金額
  • 運用終了予定

これらの数字はあなたの状況に応じて変更することが出来ます。
変更不要だと思ったらそのまま先に進みください。

マネラップの簡単な質問に回答

図4. 簡単な質問に回答

図4では投資経験や知識に関する簡単な質問に回答します。
特別難しい質問は無いので、感じたままに選ぶのが良いです。

これらを回答すると、その結果が出てきます。

MSV LIFEが導き出した結果は!?

マネラップの資産運用シミュレーション

図5. 資産運用シミュレーション

図5が資産運用シミュレーションの結果です。
筆者の場合、目標金額が500万円なのに40年間積み立てる設定にしてしまったので、単純な積立でも500万円を超えてしまう結果に笑

それはともかく、MSV LIFEは過去の金融商品のリターンに基づき、

  • 期待以上
  • 期待通り
  • 期待される運用結果
  • 期待以下
  • 期待を大きく下回る

の5つのケースの資産額がそれぞれ色分けされて表示されます。

今回のケースでは、もっともうまくいったケースでは1億4000万円(!)、もっともうまくいかなったケースでは0円笑と触れ幅が凄いことになっています。
さすがに40年後のことは分からないですね。

どのような商品に投資を行うのか

上記の結果は、マネラップに組み込まれたETF(上場投資信託)の実績に基づいて想定されています。
無料体験時点でも、組み込まれたETFの種類をチェックできます。

マネラップの資産クラス

図6. 資産クラス

上記の結果は、マネラップに組み込まれたETF(上場投資信託)の実績に基づいて想定されています。
無料体験時点でも、組み込まれたETFの種類をチェックできます。

組み入れ上位銘柄

図7. 組み入れ上位銘柄

図7を見ると、組み入れ銘柄としてバンガード社のETF(関連記事:失敗しない資産運用を。バンガードトータルワールドストックを用いた世界分散投資)など、アメリカ市場に上場するETFが多数組み込まれています。

日本からTOPIX連動型上場投資信託(東証株価指数「TOPIX」を買う方法)も組み込まれています。

平均経費率0.07%は運用するETFの信託報酬で、実際にはファンドラップのコストもかかります。
そのコストは、同社のサービス概要では1%程度を想定されており、バランスファンド以上アクティブファンド以下の水準となっています。

MSV LIFEを利用するには?

マネックス証券への証券口座開設が必要です。

  • マネックス証券に口座開設する
  • 口座開設後にマネラップに申し込む(投資一任口座の開設)

マネラップは通常の証券口座とは別の投資サービスとして扱われます。
そのためちょっとめんどうな点が多いのが気になります。

  • 入金は証券口座から投資一任口座への振り替え(銀行引き落としなどは未対応)
  • 一般口座としての取引(特定口座やNISA口座は非対応。運用益が出た場合には要確定申告)

後者は将来ファンドを売却したときにちょっと面倒が生じます。
一般口座で運用すると私たちが税額を計算して確定申告しなければいけないからです。

将来特定口座への切り替えは行われると思いますが、筆者の想像であり根拠は無いです(他の似たようなサービスが特定口座対応しているため、普通は合わせてくるはずという理由です)。

なお、運用期間中は一般口座であることを意識することはありません。
ファンドを売却したときのみです。

いくらから利用できる?

最低1万円から、1,000円単位で追加投資出来ます。

途中解約できる?

はい、可能です。

解約は投資一任口座開設後、翌々月の1日目以降から対応しています。
約2ヶ月間は運用期間になります。

投資一任口座を解約すると、保有していたマネラップの資産は全額現金化されます。

NISAで利用できる?

いいえ、NISAでは利用できません。

まとめ

以上です。
まとめると、

  • MSV LIFE(マネラップ)はロボアドを利用したファンドラップサービス
  • お試しだけなら無料。本格的に利用するにはマネックス証券への口座開設が必要
  • 入金は証券口座から投資一任口座への振り替え(銀行引き落としなどは未対応)

です。

「ぜひ口座開設を!」とクロージングしたいところですが、筆者個人の本音はロボアドは利用不要だと思っています笑。
コストが1%程度もかかるのであれば、より低コストの投資信託を選んで積み立てたほうが良いからです。

ただ先にも述べたように、あなたが資産運用は何をすれば?と不安を感じているなら、ロボアドとファンドラップには利用価値があります
資産ポートフォリオは口座を開かずともお試しで組めますから、ぜひお気軽に試してみてください。

出てきたETFを自前で買って運用するのもありですよ!

続きは、マネックス証券「MSV LIFE」の投資先とメリットデメリットを紹介!へ。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

マネックス証券

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット