ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

【体験談】米国債を1万円で運用してみた。実際に利金も受け取ってみたよ

\シェアしてください!/

米国債を実際に購入すると、どんな運用になるのか、関心がありますか?

筆者は実際に米国債を購入し、利金の受取まで体験できますので、その一部を本記事で紹介します。

書籍などで「米国債はほったらかしで運用できる」などと読んでいましたが、まったくその通りでしたよ!

スポンサーリンク

そもそも米国債を買った理由

  • このサイトのネタのため(笑)
  • 利金が欲しいから

米国債を購入した主な理由は、下記SBI証券での米国債取引の解説動画をつくるためです。

SBI証券で米国債を購入する4つの方法
様々な金融商品が揃っているSBI証券で米国債にも直接投資できたら便利ですよね! 2018年9月現在、利回り3%近い米国債を個人が購入することができます。どちらかといえば、SBI証券や楽天証券などのネット証券よりも、従来型の証券会社のほ...

この動画では、購入直前で「寸止め」せずに、ちゃんと購入まで進めています。もちろん、途中でキャンセルもできるですが、米国債の利子も欲しいのでそのまま購入しちゃったわけです。

ちなみに、調子に乗って楽天証券でも米国債購入して運用しているんですけど、そんなあちこちで似たような商品買ってどうするんでしょうね・・・w

動画で解説!楽天証券で米国債を購入する手順
ネット証券で米国債を購入したいなら、どの証券会社を選びますか?実は、楽天証券でも米国債を購入できる場合があります。 今回筆者は、楽天証券での米国債の購入手順を動画に撮影しましたので、その動画と静止画を利用した取引手順を紹介します。 ...

基本、多くの方は「米国債を運用して利金が欲しい」「願わくば生活費の足しに」といったところでしょうか。

そこで気になる利金の話も紹介します。

ちゃんと利金も貰いましたよ!

利金や税金がどのくらいか興味ある?

そもそも筆者がSBI証券で購入した米国債は、2042年(長!)満期の「US Treasury Bond(トレジャリーボンド)」です。トレジャリーボンドとは償還期間が10年を超える利付債のことを言います。

米国財務省証券のうち償還期間が10年超の利付債をいいます。
一時的な資金不足を補うために発行される短期(1年以下)の財務省短期証券のことをトレジャリー・ビル(T-Bills)、1年超10年以下の財務省中期証券のことをトレジャリー・ノート(T-Notes)といいます。

出典:トレジャリーボンド | カブドットコム証券

この債券は年2回(2月15日と8月15日。この利払い日は債券ごとに異なります)に利金を貰えます

トレジャリーボンドの中には「ゼロクーポン債」という債券も含まれます。ゼロクーポン債は償還時まで利金が支払われませんので、「債券の利金を生活費の足しに」といった運用には向いていません。

以下は実際に筆者が受け取った「利金・償還金お支払いの通知書」です。

SBI証券外国債券 利金・償還金お支払のご案内

利金は米ドルで支払われます。税金は特定口座の源泉徴収あり・なしに関係なく、日本円で20.315%相当額を源泉徴収されます。

  • 保有数量:100ドル
  • 利金額:1.38ドル(152円)
  • 所得税:0.20ドル(23円)
  • 地方税:0.06ドル(7円)
  • 税引き後の受取額:1.12ドル

利率は2.75%なので、年間2.75ドル貰える見込みです。が、そこに課税されますので、実際の受取額は2.2~2.3ドル程度になります。

この利金の支払い日は2018年8月15日で、実際に口座に入金されたのは8月17日。日本株の配当金のように入金まで3ヶ月も待たされることもありません。

年2回の利金を貰いながら、運用し続けるだけ

あとは満期まで年2回の利払いを受け取りながら「ほったらかす」だけです。株式と違って、毎日評価額の推移を追ったりはしないので、これ以上は特に何もすることがありません

米国債は基本的に〝ほったらかし〟で資産運用ができてしまう投資法なのです。株や投資信託、あるいはFXのように、投資対象の変化を気にしたり、売買のタイミングを模索したりする必要はありません。

出典:“ほったらかし”でも大丈夫⁉ 米国債投資のメリット | 幻冬舎ゴールドオンライン

“ほったらかし”でも大丈夫⁉ 米国債投資のメリット | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
世にある数多の投資の中で、知る人ぞ知ると言われているのが「米国債投資」です。本連載では、株式会社ゴールドハーツ代表・ファイナンシャルプランナーの杉山暢達氏の著書、『証券会社がひた隠す米国債投資法』(ベストセラーズ)より一部を抜粋し、米国債投資の具体的な方法について解説していきます。

ちなみに中途売却もできますが、購入時とは評価額が変わっているので、売却によって損をする可能性もあります。途中で売却して利益を狙うつもりなら、米国債の運用に関する勉強をしたほうが良いです。

SBI証券で購入した米国債の売却

運用上の注意点:デフォルトリスクには注意すること

購入後、満期まで保有するつもりなら、米国の経済状況(債券のデフォルトリスクに注意すること)だけチェックしておけば、あとはほったらかしで運用できます。

債務不履行リスク。貸したお金(社債や貸付債権の元本や利息など)を回収できなくなる可能性(不確実性)のこと。信用リスク(credit risk)、貸倒れリスク。

出典:デフォルト・リスク(Default risk) | weblio

「アメリカがデフォルトに至らない」とは言い切れませんので、投資先を米国債に集中させず、様々な金融資産に分散してポートフォリオを組むことが大切です。

議会の混乱などを理由に、アメリカのデフォルト”騒ぎ”は数年に一回ぐらいあります。

米国債はどこで購入できるの?

米国債の購入に関する話題は以下の記事で紹介しています。

米国債の買い方。1万円から取引できる大人気商品を動画付きで詳しく解説
米国債(アメリカ国債)の購入方法・投資方法に関心がありますか? 2018年9月現在、米国債(アメリカ国債)は利回りが約1~3%と、日本債券に比べて高い利回りが魅力的。しかも発行体がアメリカという、安心感もありますよね。 ...

本記事でも触れているように、筆者はSBI証券と楽天証券を通じて米国債を購入しています。

まとめ

  • 筆者が米国債を買った理由は「利金が欲しいから」。生活費の足しにしたいなら利払いのあるものを選ぼう
  • 利金の支払いは年2回。利金は米ドル建てで、日本円で20.315%の税金が控除されて支払われます
  • 一度購入したら、ほったらかしで運用できる。途中で売買もできるが、売却価格はその時点での情勢で決まる

あまり資産運用に思考エネルギーを割かずにお金を増やしたいときの投資先としていかがでしょうか。忙しい方の運用にも向いていると思いますよ!

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

米国債

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット