ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

米国債100%で運用する投資信託(米国債ファンド)を買ってはダメ!問題点と対策を紹介

\シェアしてください!/

米国債に投資する投資信託に関心がありますか?

この記事では、米国債に投資できる投資信託の種類と特徴を紹介します。

残念ながら、現在購入できる米国債ファンドは、私たちが投資する商品としては優れていないようです。そこで、それら商品の問題と、資産運用のシチュエーション別の対策を紹介します。

ちなみに米国債って、私たち個人でも100ドルから購入できます。「個人では買えないんでしょ?」って思っていらっしゃるなら、ぜひ以下の記事もご覧ください。

米国債って簡単に購入できるんですよ!

米国債の買い方。1万円から取引できる大人気商品を動画付きで詳しく解説
米国債(アメリカ国債)の購入方法・投資方法に関心がありますか? 2018年9月現在、米国債(アメリカ国債)は利回りが約1~3%と、日本債券に比べて高い利回りが魅力的。しかも発行体がアメリカという、安心感もありますよね。 ...
スポンサーリンク

米国債ファンド(米国債100%で運用するファンド)って何がある?

筆者が認識しているものは以下の商品です。ここでは非上場のファンドに限ります。商品の中に販売機関がかなり限られるものもあるので、ネット証券でも購入しやすいファンドに限って紹介します。

以下で挙げるものは、米国債100%で運用されるファンドです。

大和投資信託

フレックスヘッジとは、金融状況に応じて為替ヘッジありと為替ヘッジなしを切り替えることを指します。

“為替ヘッジあり”は、為替変動の影響を小さく抑えるためにあるんだよ。
為替変動の影響を少なくし、投資対象の値動きのリスクで運用したい人、つまり、リスクをあまりとりたくない人や円高に進むと思う人にはおすすめだよ。

逆に、為替変動の影響を受けた大きな価格変動を受け入れられる人、つまり、リスクをとっても大きなリターンを期待したい人や円安に進むと考えている人は“為替ヘッジなし”を選んだほうがいいかもね。

出典:教えて!サギン先生 為替ヘッジあり・なしってどんなもの? | 佐賀銀行

また、5種類のファンドの中には毎月分配型が混じっていますね。

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?
毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「売れているから儲かる」とは限りません。儲からないのになぜか売れている毎月分配型もあります。

三菱UFJ国債投信

三菱UFJ国際投信のファンドはいずれも毎月分配型です。類似ファンドを複数設定した理由はわかりませんが、米国債券オープン(毎月分配型)のほうが分配金も、信託報酬もより低く設定されています(2018年9月11日現在)。

これらの米国債ファンドに投資する価値はあるか

投資する価値は無いです

ばっさり切り捨てますが、これらのファンドを利用して「分配金を貰って生活を豊かに」なんて考えないほうが良いです。以下、問題点を挙げていきます。

商品がかかえる問題点

  • 購入手数料がかかります
  • 信託報酬が高いです
  • 運用成績が良いのかわかりません

手数料(購入手数料)がかかります

上記に挙げた7つの米国債ファンドは、すべて購入時に購入金額の1.08%の手数料が発生します。つまり、最初の年は、マイナス-1.08%からのスタートで、そこを埋めなければいけません。

しかも、追加投資する際にも1.08%の手数料がかかりますので、毎回1%ずつ損失を抱えた状態からのスタートになります。

せっかくリスクの低い米国債を選んでいるのに、毎回損失からのスタートってイヤじゃないですか?

手数料(信託報酬)が高いです

信託報酬とは、投資信託を管理・運用してもらうための経費として、投資信託を保有している間はずっと投資家が支払い続ける費用のことです。ただし、別途支払うのではなく、信託財産の中から「純資産総額に対して何%」といった形で毎日差し引かれます。
投資信託の種類によって信託報酬は異なりますが、年0.5~2.0%程度が一般的です。

出典:信託報酬 (しんたくほうしゅう) | SMBC日興証券

以下は各ファンドの信託報酬です。

  • 米国国債ファンド 為替ヘッジあり(年1回決算型):1.1232%/年
  • 米国国債ファンド 為替ヘッジなし(年1回決算型):1.1232%/年
  • 米国国債ファンド 為替ヘッジなし(毎月決算型):1.1232%/年
  • 米国国債ファンド 為替ヘッジあり(毎月決算型):1.1232%/年
  • 米国国債ファンド フレックスヘッジ(年1回決算型):1.2096%/年
  • 米国債券インカムオープン (愛称:夢咲月):1.134%/年
  • 米国債券オープン(毎月分配型):1.08%/年

例えば、2018年9月11日現在で、米国債10年の金利は年間2.88%です。

米国債・金利
ブルームバーグでは米国債(10年債、30年債、5年債など)の利率、債券価格をご提供。米国国債の利回り、米国インフレ連動債・地方債、FOMC金利誘導目標など、米国債の債券利回り、クーポン、価格がご覧いだけます。

仮に、この米国債を上記の信託報酬で運用すると、金利収入2.88%のうち、約1.08~1.2096%はファンドの運用コストとして消えてしまいます。つまり、あなたの取り分は残りの1.8%前後と減ってしまうんですよね。

この1%って勿体ないと思いませんか??

ベンチマークがないので、成績が良いのかどうかが分からない

上記に挙げた7つの米国債ファンドは、どのファンドもベンチマークを設定していません

市場平均を表す指標。
投資信託の運用実績の良し悪しを判断するための基準値となるものです。例えば、日本の株式市場であれば、日経225種平均株価や東証株価指数(TOPIX)がベンチマークに相当します。一般的に日本株に投資する投資信託の場合、これらをベンチマークとしてファンドの運用実績の良し悪しを判断します。

出典:ベンチマーク | weblio

ベンチマークがないので、そもそも現在の運用成績が良いのか悪いのかが評価できないのです。

たしかに、毎月分配金を貰えたらうれしい。

でも、他の商品に投資するともっと儲かっているとしたら?

対策:どのように米国債に投資するか

分配金が欲しいなら、「米国債ETF」がいい

国内上場商品では種類が限られるものの、米国債ETFのほうが良い商品が揃っています。個人的には、上記に挙げた投資信託を買うよりかは米国債ETFを購入したほうが良いと思います。

米国債ETF(東証上場 + 海外ETF)の比較と実際に買うまでの流れ
1万円以内というリーズナブルな価格で米国債(+米国社債)に投資を行うならば、日本市場に上場するETFや投資信託へ投資するのが良いです。よりリスクを抑えるならば、為替ヘッジが行われているファンドを選択します。

海外ETFの場合には、ドル建てですが、毎月分配金が出ます。国内ETFの場合にも年4回程度の分配金があるので、それらを生活の足しにするのはどうでしょうか。

例えば、SBI証券なら1日10万円以下のETF取引なら手数料無料で購入できます(アクティブプランの場合)。わざわざ、毎回1%の購入手数料を支払うよりも、こっちのほうが絶対にお得ですって!

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!
SBI証券の口座開設の流れを紹介。NISAは開く?預り金自動スィープサービスって何?など口座開設時に難しく感じるところを丁寧に紹介します

投資額が許すなら、利払い日の異なる債券を保有する

米国債の利払い日は、その債券の発行月に依存するので、利払い日の異なる債券を6種類保有すれば、毎月15日をいずれかの債券の利払い日にできます

ドル建てでの取引になるので、生活費や小遣いに利用するためには、毎回円への交換が必要になる点がデメリットですね。

【体験談】米国債を1万円で運用してみた。実際に利金も受け取ってみたよ
米国債を実際に購入すると、どんな運用になるのか、関心がありますか? 筆者は実際に米国債を購入し、利金の受取まで体験できますので、その一部を本記事で紹介します。 書籍などで「米国債はほったらかしで運用できる」などと読んでいましたが...

資産形成目的なら、「先進国債券のインデックスファンド」がいい

あなたが分配金不要で、将来のために資産を増やすために米国債ファンドを選ぼうとしているなら、

など、2018年現在で主流の先進国債券インデックスファンドの選択をオススメ。コストも安く、米国債を中心に、先進国債券へ程よく分散されたポートフォリオを組んで運用されているので、下手に先に挙げた米国債ファンドを買うよりも安心して運用できます。

手数料無料で購入できますよ!

どうしても米国債ファンドを買いたければ

証券会社のキャンペーンを利用すれば購入手数料をお得に

証券会社の「投資信託購入手数料キャッシュバックキャンペーン」を利用すれば、購入手数料分をお得に取引できる場合があります。キャンペーンなので、やってないときもあるのがデメリットです。

筆者が見てきた感じは、楽天証券はたまにやってますね。SBI証券はあまりやっておらず、積み立てでのキャッシュバックが多い気がします。

楽天証券の口座開設手順とその流れ。疑問に思いやすい点を解説します
楽天証券はポイントを利用した投資信託への投資や、楽ラップなど、独自のサービスがたくさん。資産形成にも利用しやすい大手ネット証券の口座開設手順を紹介します

まとめ

  • 2018年9月現在で、投資対象として優れた米国債ファンドは見当たらない。数年前に設定された高コストの投資信託ばかり
  • 米国債ファンドに投資する目的が「分配金」なら、米国債ETFを利用しよう。利払い日の異なる米国債を組み合わせても良い
  • 米国債ファンドに投資する目的が「将来のための資産形成」なら、先進国債券もののインデックスファンドを利用しよう。米国債中心に投資できる

今のところは、米国債ファンドには優れた商品がないですね!eMAXIS slim 全米株式(S&P500)のような、優れた米国債インデックスファンドが欲しいところです。

オススメは米国債ETFの利用ですので、SBI証券や楽天証券でそれらのファンドを買うことを考えてみてください。ドル建てでよければ、すぐれた商品がたくさんあります。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!
SBI証券の口座開設の流れを紹介。NISAは開く?預り金自動スィープサービスって何?など口座開設時に難しく感じるところを丁寧に紹介します
楽天証券の口座開設手順とその流れ。疑問に思いやすい点を解説します
楽天証券はポイントを利用した投資信託への投資や、楽ラップなど、独自のサービスがたくさん。資産形成にも利用しやすい大手ネット証券の口座開設手順を紹介します

冒頭写真:https://www.pexels.com/photo/aerial-view-of-city-buildings-1115880/

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託米国債

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット