「楽天証券 + 楽天スーパーポイント」で0円投資を始めよう!

\シェアしてください!/

楽天証券と楽天スーパーポイントで投資信託を購入しよう

あなたが、

  • 投資信託の運用に興味がある
  • 投資ではできるだけ損をしたくない
  • 初めての投資なので、少しずつ試してみたい

といった考えを持っているなら、楽天証券がオススメです。



楽天証券のウェブサイトを見る

ご存知でしたか?今、楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できる新サービスを開始しました。

このサービス、筆者も利用し始めていますが、めちゃめちゃ初心者向きなんですよね。

  • 投資信託を現金ではなく楽天スーパーポイントで購入できます
  • ポイント購入なので、あなたの身銭は切りません(つまりゼロ円で投資できます
  • 損をしても大丈夫。もともとポイントなので

しかも、最低100ポイントから利用できますので、お試しの運用にも最適です。

試してみませんか?ポイントを利用したゼロ円投資を。

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントでの投資信託購入サービスの概要

  • 最低100ポイントから利用できます
  • 1注文あたり最大30,000ポイントまで利用できます
  • 1ヶ月あたり最大100,000ポイントまで利用できます
  • ほぼ全ての投資信託で利用できます
  • 期間限定ポイントは利用できません

楽天スーパーポイントは、オンラインショッピングモールである「楽天市場」を始め、楽天の各種サービスを利用すると、勝手にたまっていることが多いです。

「金券買って現金化」という手もありますが、一方でポイントを貯めて資産運用に利用できるようにしたのが今回のサービス。

購入後は現金で購入した投資信託と同じ扱いされますので、

  • そのまま運用し続けるもよし
  • 投資信託を売却して現金化するもよし

といったところです。

なお、楽天証券の投資信託については楽天証券で投資信託を買うメリットとデメリット、楽天証券の他の特徴については楽天証券のおすすめポイント、でも述べています。

実際に楽天スーパーポイントで投資信託を買ってみました

世界経済インデックスファンド | 
楽天証券

というわけで、ポイントを使って実際に購入しました。上記画像はポイントで購入した投資信託「世界経済インデックスファンド」です。

この話は、筆者が別に運営しているサイトでも紹介しています。

楽天スーパーポイントで投資信託を買おう!筆者は世界経済インデックスファンドを買った! | 東北神託

運用事例:投資信託「世界経済インデックスファンド」を買いました

筆者は投資信託「世界経済インデックスファンド」を10,000ポイント分購入して運用を行っています。現金で言えば、1万円相当の投資です。

前述の通り、ポイントで購入した投資信託は、その後は現金で購入したものと同じように扱われます。

楽天証券ならあなたが保有している投資信託の評価額(トータルリターン)が、毎日どのように変化したかをグラフで簡単にチェックできます。

投資信託の評価額(トータルリターン) | 
楽天証券

そもそもポイントで買っているとはいえ、それでも実際に購入してみると、評価額は気になってしまうはず。そういったときにとてもわかりやすいんですよね。

また、設定次第ですが、購入後は購入した投資信託の基準価額(投資信託の株価のようなもの)メールも届きます。

投資信託の基準価額メール | 
楽天証券

わざわざマイページにログインしなくともチェックできますから、仕事で忙しくてほったらかし気味でも大丈夫。

なぜ「世界経済インデックスファンド」を買ったの?

  • 資産形成に適している投資信託の1つ
  • 先進国と新興国にバランスよく投資できる投資信託

世界経済インデックスファンドは先進国と新興国にバランスよく投資できる投資信託で、資産形成に適しているものの1つです。

個人的には、オススメの資産運用で触れている投資信託「ニッセイ外国株式インデックスファンド」もオススメですが、

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド:先進国のみ投資
  • 世界経済インデックスファンド:先進国と新興国に投資

といった違いがあります。

新興国とは、中国やインドに代表される国々です。今後、両国の経済が発展したら、株価にも影響があると思いませんか?

ただ、新興国はリーマンショックなどの経済危機に弱いデメリットもありますので、その点ではニッセイ外国株式インデックスファンドのほうが堅実です。

正直、どちらを選んでも資産を形成したい、という目的は果たせます。

楽天証券で投資信託を購入するまでの手順

楽天銀行と楽天証券の口座開設通知書

  1. 楽天証券に口座開設
  2. 楽天証券と楽天スーパーポイント口座を連携させる(楽天証券のウェブサイトから操作可能)
  3. ポイントで投資信託を購入する

楽天証券口座の開設の流れ

  1. 同証券のウェブサイトにアクセスし、必要事項を入力します
  2. 本人確認書類をウェブサイトからアップロード
  3. 楽天証券から「書留郵便」で書類(ログインIDとパスワード記載)が届きます
  4. 楽天証券のスマートフォンアプリ「iSPEED」を使ってマイナンバーの画像をアップロード
  5. 書類の「取引パスワード」を使って取引開始
  6. 口座開設から取引開始までに必要な時間

口座開設の申し込み作業は、早い人で5~10分程度、少し時間がかかる人で20分程度かかります。

基本的に難しいことはないのですが、初めての証券口座開設なので、戸惑いながら口座開設すると20分ぐらい要すると思います。

あなたが楽天会員(オンライン上のショッピングモール「楽天市場」で利用できるアカウントのこと)の場合には、楽天サービスの登録情報をそのまま引き継げますので、かなり簡単になります。

口座開設後、最短で1営業日で取引開始できますが、書類が届くまでの時間を考えると1週間程度を見込んでおいたほうが良いと思います。

楽天証券と楽天スーパーポイント口座を連携させる

楽天証券と楽天スーパーポイント口座を連携

  1. ログイン後「設定・変更」リンクから「ポイント・楽天銀行」連携へ
  2. 「ポイントコース・ポイントによる投資信託の買付け」をクリック
  3. ポイントのご利用申し込みを行う

詳しい手順は楽天証券の操作手順に示されています。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入します

現金で投資信託を購入するのと同じ手順で購入できます。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入1楽天スーパーポイントで投資信託を購入2

申し込み画面にポイントをどの程度利用するか入力するボックスが有りますので、そこにあなたが今回の取引で利用したいポイントを入力してください。

購入操作から2~3営業日ほどで、あなたのマイページに購入した投資信託が反映されます。

このサービスをオススメできる人

  • 楽天スーパーポイントの使い道がない人
  • 初めての資産運用で、できるだけお金を損したくないと思っている人
  • 投資に身銭を切るのが怖い・不安と思っている人

基本的には、万人にオススメできる活気的なサービスだと思います。

普段、楽天証券を使わないとしても、このサービスのためだけに口座開設しておいて損はありません

筆者も、今のところ、楽天証券ではこのポイントサービスしか使っていません。

ポイントを持たない人はこれから楽天のサービスを使ってみよう!

楽天スーパーポイントを持たない人にとっては、このサービスは意味がありません。

が、「楽天のサービスを使ってないから、今後も使わない」というのは勿体ないので、ぜひポイントを貯めるために使い始めてみてはいかがでしょうか。

一番貯めやすいのは「楽天カード(クレジットカード)」ですよね。


楽天カードの詳細を見る

  • カードを作るだけでポイントプレゼント
  • 楽天カードを使って楽天市場で買い物をすると、付与されるポイントが最大4倍に
  • 楽天ポイント加盟店(Eneosや大江戸温泉物語など。車検や引越しに強い)でカードを利用すると、付与されるポイントが最大3倍に
  • 電子マネー(楽天Edy)付きカードでEdyを利用すると、200円の利用に対して1ポイント

他にも楽天トラベルとか、自動車保険・車検とか、結構貯められる機会は多いです。

ちなみに、楽天証券での投資信託保有残高が50万円を超えると、そこに楽天スーパーポイントがつくメリットもあります。

「楽天スーパーポイントで投資信託を購入し、その保有残高に応じて楽天スーパーポイントを貰う」といったため方もOKです。

まとめ

  • 楽天証券に口座を開設すれば、楽天スーパーポイントを利用してゼロ円投資ができる
  • 資産形成目的で利用するなら、世界経済インデックスファンドやニッセイ外国株式インデックスファンドなどをオススメ
  • 楽天のサービスを積極的に使ってポイントを貯めてみよう。最も貯めやすいものは楽天カード

初めても投資。損をしても大丈夫です。

なぜなら、その投資信託は現金ではなくポイントで買ったものですから。

ぜひ試してみませんか?100ポイントから。



楽天証券のウェブサイトを見る

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

楽天証券

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット